TOP > やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 > 雪乃「平塚先生、風邪を引きますよ」 平塚「…………ああ、雪ノ下か」

雪乃「平塚先生、風邪を引きますよ」 平塚「…………ああ、雪ノ下か」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 01:00:44.05 ID:N/Zq6zVCo

雪乃「早めに授業が終わったので来てみれば……まったく、部室を仮眠室か何かと勘違いされているのですか? 椅子はベッドではありませんよ」

平塚「許してくれ……最近疲れてるんだ。職員室は教職員連中がうるさくてな、タバコの一つもろくに吸えやしない」

雪乃「またタバコですか……体に悪いですよ」

平塚「吸ってる連中は皆理解してるさ――っと」ムクリ

雪乃「それならいいのですが……ああ、もう少しゆっくりしていっても構いませんよ。比企谷君も由比ヶ浜さんも今日は遅れるそうなので」

平塚「そうか……不純異性交遊じゃあるまいな」

雪乃「嫉妬は見苦しいですね」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 01:10:28.68 ID:N/Zq6zVCo

平塚「そういえば、比企谷は上手くやれているか? アレであの男、中々に友人想いだからな。行き過ぎて反感を覚えていないか心配だが」

雪乃「…………一時期は、すれ違いもありましたね」

平塚「一時期、か。含ましげだな?」

雪乃「ノーコメントで」

平塚「ふふ、上手くやれているようで何より。ああ、教え子たちの仲睦まじい話を聞いているとタバコが進むんだが…………」チラッ

雪乃「……ふぅ、まったく。由比ヶ浜さんが部室に来たら、すぐに消してくださいよ」

平塚「ああ、言われるまでもないさ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 01:15:10.07 ID:N/Zq6zVCo

平塚「……雪ノ下」

雪乃「何でしょうか」ペラ

平塚「構ってほしい」

雪乃「子供ですか」ペラ

平塚「あと寒い」

雪乃「抱きついて暖めろと?」

平塚「やめろ、スマホを取り出さないでくれ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 01:29:36.48 ID:N/Zq6zVCo

平塚「それにしても、今日は本当に寒いな。部室や職員室はともかく、廊下なんぞ人の住む空間じゃないぞ」

雪乃「それはまあ、行き来するだけの場所ですからね。住むところではありません…………あっ」

平塚「おい待て雪ノ下。勘違いだ、普通に家で寝泊まりしているからな。憐れむような目を向けるな、おい」

雪乃「……冗談はさておいて、お仕事は大丈夫なんですか? 結構サボってるように見受けられますが」

平塚「ああ……あまり大丈夫じゃないけど、今日は休ませてくれ。結構マジな感じで疲れてる」

雪乃「若者言葉が出るくらいには、ですか――――まあ、今日くらいは優しくしてあげますよ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 01:53:18.52 ID:N/Zq6zVCo

雪乃「どうでしょう」モミモミ

平塚「悪くない……と言うよりも、良い。かなり良いぞこれは。願わくば由比ヶ浜のような大きな……いや、敢えては言うまい。まだ両腕は惜しいからな」

雪乃「賢明ですね」モミモミ

平塚「あー……たまらん」

雪乃「淑女の声じゃありませんね」モミモミ

平塚「君くらいだ、私を淑女と言ってくれるのは」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 02:00:53.68 ID:N/Zq6zVCo

平塚「雪ノ下……」

雪乃「何でしょう」トントン

平塚「……君は奉仕部に入って、何か変わったか? 入って良かったと思えているか?」

雪乃「……」トントン

平塚「……」

雪乃「分かりません」トントン

平塚「……」

雪乃「でも、何かは変わったと思います。以前の私なら、平塚先生は追い出してるでしょうから」トントン

平塚「ふふ、そうだな」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 02:02:17.58 ID:N/Zq6zVCo



きっとこんな一幕もあるのではないだろうかと思って書いた
山無し谷無しオチ無し
おやすみ





『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿