TOP > 中二病でも恋がしたい! > くみん「モリサマちゃんて付き合ったことあるの?」

くみん「モリサマちゃんて付き合ったことあるの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:07:02.84 ID:Wxo7bxF50

くみん「………」

森夏「………」

森夏「……は?」

くみん「?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:07:34.58 ID:Wxo7bxF50

~数分前~

森夏「しっかしあの二人…完全にデキてるわよね」

くみん「?デキてるって?」

森夏「ちょっと…少し考えればわかるでしょ?それぐらい…」

凸守「何の話Deathか?」

森夏「あんたには関係ないの」

凸守「?…とりあえず、残りのお皿提げてきちゃいますネ」

くみん「あっ、ごめんねぇありがと~」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:08:25.55 ID:Wxo7bxF50

~数分前~

森夏「しっかしあの二人…完全にデキてるわよね」

くみん「?デキてるって?」

森夏「ちょっと…少し考えればわかるでしょ?それぐらい…」

凸守「何の話Deathか?」

森夏「あんたには関係ないの」

凸守「?…とりあえず、残りのお皿提げてきちゃいますネ」

くみん「あっ、ごめんねぇありがと~」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:09:24.63 ID:Wxo7bxF50

森夏「まぁひっつくのも時間の問題だろうとは思ってたけど…」

森夏「こんな時間に二人で抜け出して、どこ行ってんだか」

くみん「どこに行ったの?」

森夏「そんなの知らないわよ!//」

くみん「はうっ、どっ、どうして怒るの~…?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:10:31.99 ID:Wxo7bxF50

森夏「まったく…」

くみん「……顔赤いよ?」

森夏「うるさい!//」

くみん「はぅぅ」

森夏「………」

くみん「………」

くみん「…あっ、そうだ!それじゃあ…」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:11:48.56 ID:Wxo7bxF50

~そして冒頭~

森夏「…い、いきなり何言い出すのよ」

くみん「そこはほら…ねぇ?流れ的に」

森夏「流れ的にって…そ、そんなの、あんたに関係ないでしょ」

くみん「え~?気になるよ~」

森夏「付き合ったことなんて…そんな…」

森夏「………」

くみん「?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:12:53.37 ID:Wxo7bxF50

森夏「…そ、そういうあんたはどうなのよ。いたの?彼氏」

くみん「うん、いたよー」

森夏「ほらやっぱりあんたも…って、えっ?!」

くみん「?どうかした?」

森夏「嘘…えっ?ホ、ホントに?」

くみん「うん、ホントだよ~」

森夏「………」ぼーぜん


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:14:22.70 ID:Wxo7bxF50

森夏「……ご、ごめんなさい。ちょっと…いや、かなり意外だったから」

くみん「?そうかなぁ」

森夏「え、えぇ。てっきりそういうことには疎いもんだと…」

くみん「なんだかねぇ、知らない間にできてたんだぁ」

森夏「知らない間に?何それ」

くみん「私が居眠りしてる内に告白をおっけーしちゃってたみたいで…」

森夏「すごい状況ね、それ…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:15:21.44 ID:Wxo7bxF50

くみん「少しだけデートして、すぐに別れちゃったんだけどねぇ」

森夏「ふーん、そうなんだ」

森夏(…でも何にせよ、この人には恋愛経験があるんだ…)

森夏(あの二人もどうせすぐひっつくだろうし、となると、恋愛経験が無いのは…)

凸守「これで全部Death!」

くみん「凸ちゃんありがと~」

森夏(私とこいつだけか……)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:16:28.08 ID:Wxo7bxF50

凸守「…で?二人してこそこそと何の話Deathか?」

凸守「…はっ!もしや、画策してこの私を倒そうと…?!」シュバッ

森夏(……ま、こいつは無いわね)

森夏「あんたにはまだ早いわよ」

くみん「凸ちゃんは昔付き合ってたこととかある?」

森夏「ちょっ、ちょっと!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:22:45.40 ID:Wxo7bxF50

凸守「…で?二人してこそこそと何の話Deathか?」

凸守「…はっ!もしや、画策してこの私を倒そうと…?!」シュバッ

森夏(……ま、こいつは無いわね)

森夏「あんたにはまだ早いわよ」

くみん「凸ちゃんは昔付き合ってたこととかある?」

森夏「ちょっ、ちょっと!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:27:14.53 ID:Wxo7bxF50

凸守「?付き合ったこと…Deathか?」

森夏「…ふぅ。聞くだけ無駄だって」

凸守「………」

森夏「いーわよ。無理して答えようとしなくても」

凸守「……かつて、私の右腕として働いていた男なら、いました……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:27:58.37 ID:Wxo7bxF50

森夏「ほらね?こいつに惚れた腫れただなんてのは…」

森夏「…って、え?」

くみん「そうなんだ~」

凸守「はい」

森夏「ちょ、え、う、嘘でしょ?」

凸守「嘘などではありまっせんこのニセモリサマっ!」

森夏「なっ…!だ、誰が…!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:28:51.24 ID:Wxo7bxF50

凸守「奴も中々良いセンスを持っていましたが…残念Death」

森夏「ねっ、ねぇ!それも、いつもお得意の妄想なんでしょ?!」

凸守「?何を言っているDeathかニセサマー…」

凸守「全て、本当のこt」

森夏「嘘うそうそ!!!!そんなの絶対嘘よ!!!」がくがくがく

凸守「のわわっ…!な、ななな何をするでででDeathかぁー!」ぐわんぐわん

森夏「お願いだから嘘って言ってぇぇええ!!!!!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:29:41.67 ID:Wxo7bxF50

凸守「…ふぅ、酷い目にあったDeath…」

くみん「あはは…」

森夏「うぅ…こんな、こんなのって…」

森夏「…そうだ。それで?前に付き合ってた子はどうしたのよ」

凸守「ふふん、聞きたいDeathか?」

森夏「いいからさっさと話す」

凸守「うぐっ…牛乳を出してくるとは卑怯な…いいDeath、教えてやりましょう」

くみん「わー」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:30:58.52 ID:Wxo7bxF50

凸守「ーーーそして、私の右腕となったその数日後、彼が私の真の姿に気付いた途端!…突然、連絡が途絶えたのDeath…」

森夏「………」

森夏「…ま、そりゃそうなるわよね」

凸守「きっと彼は私とは敵対していた組織のうんたらかんたら」

森夏「あーはいはいそこまでね」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:31:39.95 ID:Wxo7bxF50

くみん「それで、モリサマちゃんは?」

森夏「へっ?」

くみん「もうみんな言ったし、後はモリサマちゃんだけだよ」

森夏「うっ、わ、私は…」

くみん「ほらほら、早く早くぅ~」

森夏(…この流れで「私だけ付き合ったことがありません~」だなんて…そんなの、恥ずかしくて言えるわけないじゃない!)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:32:58.20 ID:Wxo7bxF50

くみん「………」きらきら

森夏(…うっ、でも、ここはやっぱり正直に言った方が)

森夏「……わっ、私はまだ」

一色「丹生谷に彼氏がいないわけないだろ!!」

「「??!!」」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:34:12.08 ID:Wxo7bxF50

森夏「いっ…一色?!」

くみん「一色くん…起きたの?」

一色「えぇさっき……ってそんなことより、そんな質問、丹生谷にしたって自慢話になるだけっすよ!!」

くみん「モリサマちゃん恋愛経験豊富そうだもんねぇ…」

森夏(うぐっ…一色の奴、余計なことを…)

凸守「…ん?でもさっき「まだ」って言ってるのが聞こえ」

森夏「ふんっ!」ごすっ

凸守「のわうっ!」きゃいんっ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:35:25.60 ID:Wxo7bxF50

森夏「いっ…一色?!」

くみん「一色くん…起きたの?」

一色「えぇさっき……ってそんなことより、そんな質問、丹生谷にしたって自慢話になるだけっすよ!!」

くみん「モリサマちゃん恋愛経験豊富そうだもんねぇ…」

森夏(うぐっ…一色の奴、余計なことを…)

凸守「…ん?でもさっき「まだ」って言ってるのが聞こえ」

森夏「ふんっ!」ごすっ

凸守「のわうっ!」きゃいんっ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:36:29.54 ID:Wxo7bxF50

凸森「い、痛いDeath…」

一色「で、どうなんだ?!いたのか?!」

森夏「へ?そ、そりゃあ、もちろん…」

一色「もちろん?」

森夏「………」

森夏(…言え!言うのよ森夏!私に恋愛経験はありませんでしたと!)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:38:12.43 ID:Wxo7bxF50

森夏「わ、私には」

くみん「あれ?もしかしてモリサマちゃん…」

森夏「………」

森夏「…もちろんいたに決まってるでしょ」

くみん「わぁ、やっぱりそうなんだ~」

一色「ほらなー!」

森夏(やってしまった…orz)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:39:38.79 ID:Wxo7bxF50

一色「それじゃあさ、今までに何人ぐらいと付き合ったんだ?!」

森夏「へ?に、人数?……そ、そうね……に、20人…とか?」

一色「20?!20人なんて聞いたことねーぞ!」

くみん「モリサマちゃんすごーい!」

森夏「ま、まぁね…!当然よ」
(やばいちょっと言い過ぎたたかも…)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:40:58.06 ID:Wxo7bxF50

一色「それじゃあやっぱり男に物貢がせたりとかもしたのか?!」

森夏(貢がせ?!いつの時代の話よ!)

一色「なぁ、どうなんだ?」

森夏「……そ、そんなのさせてたに決まってるじゃない」(私の馬鹿ー!)

くみん「じゃあ~、今まで貰った中で一番高かったものは?」

森夏(えぇっ?!何その質問!)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:42:10.47 ID:Wxo7bxF50

くみん「………」きらきら

森夏(…こ、ここは無難な返答を…)

森夏「え?と……車?とか…」

一色くみん「車??!!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:43:02.70 ID:Wxo7bxF50

一色「すげー!車貢がせるとかお前何年生まれの人だよ!」

くみん「すごいねぇ~!今度乗せて~!」

森夏「えっ?あっ、まっ、待って待って!やっぱ今のナシ!消しゴム!消しゴムにしよう!」

一色「な、なんか急にショボくなったな…」

くみん「ま、まぁ学生だし…」

凸守「…この嘘つきめが」ぼそっ

森夏「………」じろっ

凸守「………」ささっシュバッ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:43:53.97 ID:Wxo7bxF50

六花「今帰った」

凸守「おぉマスター!よくぞ帰られた!」

勇太「みんなして盛り上がって…何の話?」

一色「おぉ勇太、聞いてくれよ、丹生谷の恋バナが凄くてよ…!」

勇太「恋バナ…?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:44:54.28 ID:Wxo7bxF50

勇太「…あれ?丹生谷、付き合ったことなんか無いとか言ってなかったっけ?」

森夏「」どきっ

勇太「そもそも中学時代があんなでどうやって…」俺が言えたことじゃないけど

森夏「………」

凸守「………」にや

くみん「……?」

一色「………」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 01:45:45.88 ID:Wxo7bxF50

森夏「………」

一色「…お、おい」

森夏「………」

一色「それってどういう…」

森夏「……は」

一色「は?」

森夏「…爆ぜろ、リアル!」シュバッ

一色「?!」

凸守六花「…!」

凸守六花「弾けろ、シナプス!」シュババッ


凸守森夏六花「バニッシュメント・ディス・ワールドッッ!!!!」



おわり



『中二病でも恋がしたい!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿