TOP > シンデレラガールズ > 凛「プロデューサーが子供達に救出されてる」

凛「プロデューサーが子供達に救出されてる」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 00:15:52.53 ID:Cl4ysF0NO

未央「ありすちゃんって、名古屋から来たんだよね」

ありす「はい、Pさんの面接を経て今に至ります……後、名字で読んでください」

未央「えへへ、ありすちゃん私はね、スカウトの後、即だよ☆」ニコッ

ありす「…流石先輩ですね、私も先輩を目標に精進します、後橘って呼んでください」イラッ

未央「それほどでもないよ!ありすちゃんかわいいしね!あ、でも」

未央「プロデューサーは渡さないぞ☆」ニコニコ

ありす「…」イライラ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 00:21:25.92 ID:Cl4ysF0NO

雪美「……おはよう」

桃華「ごきげんようですわ!」

未央「あ、雪美ちゃんに桃華ちゃんおは――」

桃華「そうだ雪美、イベントの仕事が入ったんでしたわね、おめでとうですわ」

雪美「…うん……今度は……サンタの……プレゼント………」

桃華「ウフ!流石のライバルですわ、なら4つ目の仕事は私が先に頂きますわよ」

雪美「……負けない!」



未央「………そう言えばさ!CDデビューもしたんだよ?皆!聞いてみる?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 00:32:44.31 ID:Cl4ysF0NO

桃華「申し訳ないですわ、小日向さんと十時さんからは歌の基本を習っているところですの」

雪美「……ロック……かっこいい」

未央「な~んだ、なら仕方ないよね~。………と言うことはよかったね、ありすちゃん!アイドル本田未央の歌声を独り占め出来るよ☆」

ありす「私は――」




ありす「川島さんからアンチエイジングを教わりました、もう十分ですよ?」ニヤ

未央「………」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 00:41:39.20 ID:Cl4ysF0NO

――

凛「おはようございます」パタン

未央「うわあぁああん!りぃ~ん~!」タタタッ

凛「未央、どうしたの?」

未央「慰めてよ~!」ガバッ

凛「分かった」さっ

未央「びょへッ!?」バタン

未央「……」ゴロンゴロン

凛「そのまま、話は聞いて上げるね」

未央「……うう~もうやだよぉ!子供達は陰険だし、凛は変態だし!」

凛「何度も言うけど私はまともだよ、ま・と・も」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 00:54:58.53 ID:Cl4ysF0NO

凛「今日は一段と荒れているね、子供達が何かやったの?」

未央「私には……もう個性が無くなったって」

凛「…あぁ」

未央「納得しないでよ!」

未央「……あぁスケベな凛と一緒よりも、プロデューサーと一緒にもう一回仕事出来ないかな~」

未央「そして帰りにデートしちゃったりして☆えへへ♪」

凛「未央もここの事務所アイドルなんだから、ご法度だってこと、いい加減慣れた方がいいと思うよ」

未央「前科2犯が言うの?」

凛「冤罪だってば」イラ

未央「しかし、罪か~。事務所と契約中は決まりはあるもんね」

未央「……抜け道はないのかなぁ」

未央「ん?…事務所と契約中はダメ」




未央「……」ニタァ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 01:02:34.48 ID:Cl4ysF0NO

未央「……なんでこんなことに気づかなかったんだろう」

未央「プロデューサーを独り占めしたらいいんだ!」

凛「事務所法第三条プロデューサーを独占してはならない、だよ」

未央「確かにここじゃダメ、だけど全く別の会社ならどうかなぁ?」ニヤ

凛「移籍のことを言ってるの?でも、元々アイドルと恋仲を認めてくれる会社なんて………」

凛「!?………まさか!」




未央「そう!なかったらプロダクションを作ればいいんだよ☆私達のね♪」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 01:08:43.04 ID:Cl4ysF0NO

休憩室

桃華「Pちゃま~、今日の桃華印の桃尻枕はいかがですの?」

P「……ンン~!」モガモガ

桃華「ウフ!気に入ってくれて私も嬉しいですわ!」


雪美「……」こすこす

仁奈「雪美おねーさん、なにしやがってるんですか?」

雪美「……キノコの、原木……撫でてる………」ナデナデ

仁奈「見たら分かりますよ、なんで撫でやがってるんですか?」

雪美「きょう…抱き枕は、ありす……これは…変わり……」

雪美「…中身は……出ない、けど…にてるから……」ギュッギュッ

早苗「うん、今日も異常無し!お姉さん安心だよ☆」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 01:14:41.15 ID:Cl4ysF0NO

仁奈「Pとキノコ……で、やがりますか?」

雪美「……こたつ…中、入って……手……伸ばして」

仁奈「分かったですよ!」モゾモゾ

P「………んっ…ンン!?」ビクッ

雪美「………股の方……キノコ……にたもの、入ってる」

仁奈「?……ないですよ」サワサワ

P「ンンンン~ッ!!」ビクッビクッ

雪美「……嘘?……ちょっと、待ってて」さわさわ

雪美「……」くりくり

P「ンッ!?んんんん!」ビクンビクン


雪美「……」




雪美「…Pの、突起物…無い…………」ガーン


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 01:20:22.19 ID:Cl4ysF0NO

ありす「んん、うるさいですね、静かに――」

P「……ぷはぁ!はぁっはぁっ」パキッ

ありす「ひぃっ!?Pさんの頬にヒビが!」

P「はあっはあっ、やっと……喋れるように……なったよ」パキッパキッ

桃華「Pちゃまの顔が!」

仁奈「どんどん崩れていくですよ!」

雪美「…P、じゃない?」

P「そうだよ……ん、Pであってるのかな?」パリン

桃華「そ、その声は…」

P「…PはPでも」ゴゴゴゴゴ




凛「リンの方だけどね」バーン


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 01:24:20.98 ID:Cl4ysF0NO

仁奈「なんで、りんおねーさんはPに……」

桃華「頭の整理が落ち着きませんわ!どういうことですの!?」

凛「その説明をするために、確認があるんだけど未央に何か言った?」

桃華「?」

ありす「…あぁ」

凛「その顔はやっぱりあるんだね」

ありす「…えぇまぁ」

凛「分かったよ、じゃあ仁奈ちゃんも雪美ちゃんも話を聞いてくれる?」

仁奈「分かったですよ!」



雪美「…不思議……Pの、突起物…違う……なのに…手、濡れてる」

凛「雪美ちゃん、その手はさっさと洗おうね」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 01:30:17.48 ID:Cl4ysF0NO

――説明中

桃華「ゆ、許せませんわ!Pちゃまを私利私欲の為に独占しようだなんて!」ゴゴゴ

ありす「その上、凛さんを蝋人形に変えるなんて……」

凛「…だけどさ、未央があんなことになるのも、非はこっちにもあるかもしれないんだ」

ありす「……確かにやり過ぎかもしれませんでしたね」

凛「うん偉い、だからさ、みんなで未央を止めようよ!」

桃華「もちろんですわ」

ありす「分かりましたよ」

仁奈「しかたねーやつですね」




雪美「…この液……P、同じ……粘ってる……どこから?…………」

凛「雪美ちゃん、私と一緒に洗面所行こう?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 01:47:20.83 ID:Cl4ysF0NO

桃華「それで、行くアテはありますの?」

凛「それはまだ無………しっ……なにか聞こえない?」

「……うう~、グスッグスッ」

雪美「……すすり泣く、声?」

凛「アテが出来たね、行ってみよう」

――事務所

ちひろ「……うう…凛ちゃん」グスッグスッ

凛「ちひろさん?どうかしたの」

ちひろ「……見てください、この書類の山」グスン

仁奈「みごとな書類タワーですね、首が回らなくなりますよ」

ちひろ「200枚近くあるんです」

ありす「200?……何の数ですか?」




ちひろ「これ全部………辞表なんですよ」ブワッ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 02:02:48.80 ID:Cl4ysF0NO

――


『――じ、冗談ですよね』

『もううんざりなのよ、P君と一緒の空間を制限されるのは、私はP君の側に居ることを誓ってるのよ?』

『わかるわ』

『ごめんなさい!どうしても、Pさんのお世話をしたいんです!』

『わかるわ』

『だから、まゆ移籍しますよぉ、そして新しい会社に移籍して、そこを愛の巣にするんです』

『わかるわ』

『…移籍!?……そ、そんな……一体どこに行こうって言うんですか!』

『どこって決まってるじゃない』グビグビ




『――シンデレラミオーズプロダクションに』

『わかるわ』


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 02:15:39.31 ID:Cl4ysF0NO

ちひろ「お願い……私の私の大好きなモバマスプロを助けて…………」ポロポロ

凛「ちひろさんは安心していいよ、私達が絶対なんとかするから」

ちひろ「……ありがとう、未央ちゃんは屋上にいるわ」

凛「……行こう、未央を止めないと」ガチャ

桃華「分かってますわ」

ありす「はぁ…Pさんも未央先輩も他の先輩後輩も、みんなしょうがない人ですね」

雪美「……Pと…みんな……助ける………」

仁奈「そーですよ!仁奈もみんなが居なくなるのは嫌ですからね」バタン





ちひろ「……ふぅ、いいですよ」

和久井「…演技とは言え、随分とありもしないこと言ってくれたわね」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 02:28:05.13 ID:Cl4ysF0NO

ちひろ「うふふ、未央ちゃんはプロデューサーさんの辞表も作ってるんですよ?」

和久井「…たとえ、未央ちゃんがP君の辞表を持ってきても、P君は絶対に止めないってこと私は知ってるわ」

和久井「……P君はそう私に誓ってくれたもの」

まゆ「私は言ってなくても分かってますけどねぇ」

和久井「…今日は何に限って何も言わないわ、何の用?」

まゆ「和久井さんレッスンの準備出来ましたよぉ」

和久井「あら、ありがとう。頼んでおいたサンドバッグよね」

まゆ「はい、今日は本田未央ちゃんのソロライブですから」


――

きらり「にょわー☆きらりんぱわー☆」ゴスッゴスッゴァシャアン

幸子(サ、サンドバッグが壊れた!もしもあれがボクのお腹だったら……)プルプル


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/07(金) 02:38:21.12 ID:Cl4ysF0NO

夜遅いし一区切りついたので、一端切る感謝

続きは土日あたりに
凛「プロデューサーを掛けて私と子供達で決闘している」
で書く





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿