TOP > ワンピース > シャンクス「失せろ」白雪「やめてお父さん!!」

シャンクス「失せろ」白雪「やめてお父さん!!」

2018/01/28 00:03 | ワンピース | コメント(0)
1: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:18:54.08 ID:A8fq1wTy0

ラジ「鏡よ鏡、この世で一番美しい娘は……誰だ」

イガラム「王子、彼は鏡ではなく情報屋です」

ラジ「う、うるさい!! 見たまんまを伝えるから鏡でいいのだ!! 情報屋、お前もさっさと教えろ!!」

情報屋「は、はい! その女性は世にも珍しい赤髪の娘でして……」

ラジ「赤髪……?」

※シリアスを求めてはいけない


2: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:20:08.35 ID:pMpp7LdCO

ルフィ「薬くれ! 宝払いで!!」

シャンクス「はっはっはっ!! お前なんかが宝払いなんぞできるか!!」

ルフィ「うるせえ!! おれは絶対海賊王になって宝払いするんだ!!」

白雪「ふふ……ルフィ君ならできるかもよ?」

ルフィ「おう!!」

シャンクス「やめろよ白雪、そんなこと言うとこいつすぐに調子に乗るんだからよ」

白雪「お父さんったら……はいルフィ君、薬どうぞ」

ルフィ「ありがとう白雪!!」ダッ

シャンクス「はぁ……やっぱりお前には敵わないな」


3: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:20:43.59 ID:pMpp7LdCO

ガチャッ

白雪「!」

イガラム「失礼します」

シャンクス「お! お客さん、ここは初めてだね」

イガラム「……白雪さんでいらっしゃいますね?」

白雪「……? はい……」

イガラム「ラジ王子の愛妾になっていただきたくお迎えに参りました」

白雪「!!」

シャンクス「なんだと……?」


5: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:21:19.63 ID:pMpp7LdCO

イガラム「王子は貴方の赤髪を大層気に入ってるようです」

白雪「そ、そんな!! 私のような町娘が……」

シャンクス「赤髪が珍しいなら俺を愛妾として連れて行けばいいだろ」

白雪「お父さん!!?」

シャンクス「いやー実はおれ、女なんだよねー」

イガラム「ご冗談はそこまでにしてください……お父さん、ご理解いただけるでしょうか」

シャンクス「……白雪、お前はどうしたい?」

白雪「私は……ええと……」

シャンクス「……分かった」

白雪「……?」

シャンクス「悪いがうちの娘をバカ王子の愛妾にするわけにはいかないな」

イガラム「そうですか……ならば力づくで……」

シャンクス「……?」

イガラム「死ね!! イガラッパッパ!!」

シャンクス「!」

ドドドドド!!

白雪「お父さん!」

シャンクス「安心しろ、大丈夫だ」

イガラム「ほう……今の弾を躱すか」

シャンクス「……おい」

イガラム「……?」

シャンクス「失せろ」

イガラム「!!!!!!!」

バタッ

イガラム「」

白雪「た、倒れた……」


7: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:21:54.58 ID:pMpp7LdCO

シャンクス「白雪、弾が当たってたりしてないか?」

白雪「う、うん……私は大丈夫」

シャンクス「これ以上ここにいるとまずいな……辛いかもしれないが……」

白雪「……?」

シャンクス「この国から逃げるぞ」

白雪「!!」

シャンクス「……嫌か?」

白雪「う、ううん! しょうがないもんね!!」

シャンクス「すまないな……今、思いつく選択肢はこれしかない」

白雪「……」

白雪(お父さんがやってくる人全員を覇気で近づけさせないっていう選択肢もあるようなないような)

白雪「……あ、ちょっと待って」

シャンクス「……!! そのハサミは……まさかお前……髪を切るのか!!?」

白雪「……うん」

シャンクス「……分かった。 お前が覚悟を見せてるんだ。 おれも覚悟を見せよう」

白雪「お父さん……」

チョキ……

ザシュ!!

白雪は長い赤髪を、シャンクスは左腕を家に残して国を旅立った。

白雪「!!!???」


8: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:22:38.36 ID:pMpp7LdCO

白雪「お父さん……本当に腕、よかったの?」

シャンクス「安いもんだ、腕の一本ぐらい。 しかしだいぶ遠くまで来たな……」

白雪「そうだね……」

シャンクス「参ったな……どこかに泊めてもらおうと思ったが……」

白雪「……! お父さん、あそこに家が!!」

シャンクス「おお!!」

コンコン!

白雪「す、すいません! 誰かいますか!?」

シーン……

白雪「留守だ……どうしよう」

シャンクス「……ここで寝よう」

白雪「ええっ!?」

シャンクス「なーに、そのうち家の主が来て泊めてくれるさ、はっはっは」

白雪(お父さん、相変わらず気楽だなぁ)


9: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:23:20.86 ID:pMpp7LdCO

チュンチュン……

白雪「zzz……」

シャンクス(朝になっても来ないか……)

タッタッタッ……

白雪「……足音?」

シャンクス「お、起きたのか。 確かに足音が聞こえるな」

??「よっと!!」バッ

シャンクス・白雪「!!」

??「!!」

ガンッ!!

??「いって!!!」

白雪「だ、大丈夫ですか!!?」

ミツヒデ「おいベン!! 大丈夫か!?」

木々「怪我は?」

??「あ、ああ……平気だ」

シャンクス「おいおい、折角かっこつけたのに台無しだな」

??「……つい珍しいもんがあったから見惚れちまってな……それで転んだ」

白雪(珍しい……赤髪のことかな?)

??「珍しいなーその左目の傷」

シャンクス「昔、黒ひげの前でドジしちゃってなー、うっかりうっかり」

白雪(違った……)


10: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:23:53.54 ID:pMpp7LdCO

白雪「!! 血が出てる!!」

??「ああ、別に大したことねえよ」

白雪「あの……私、塗り薬持ってます」

??「おいおい、見知らぬ誰かの薬をそう簡単に受け取れるわけないだろう。 いらねえよ」

シャンクス「……おい」

??「?」

シャンクス「失せろ」

白雪「やめてお父さん!!」

シャンクス「! しかしだな白雪、折角のお前の好意を踏みにじるようなやつを……」

白雪「で、でも!! この人の言ってることは間違ってないよ!!」

??「そうだな。 それにお前……」

シャンクス「なんだ」

ミツヒデ「」

木々「」

??「おれの部下を気絶させたろ」

シャンクス「あらら、覇気をコントロールし忘れた」

白雪(……あれ、この人だけ気絶していない……ていうことは強い人なのかな?)


11: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:24:28.24 ID:pMpp7LdCO

木々「覇気使いなんて初めて見た……」ヨロ

ミツヒデ「俺もだ……」ヨロ

シャンクス「お、もう復活したのか。 思ってたよりやるな」

白雪「ほ、ほら見て! 私今、怪我した部分に塗ったけどなんともないよ!!」

??「……分かった、信じよう。 名前は?」

シャンクス「シャンクス……こっちは娘の白雪」

白雪「し、白雪です……」

??「どうしておれたちが使ってる空き家の前に?」

シャンクス「その前にお前も名乗ったらどうだ?」

??「おっと、そうだったな」

??「おれの名前はベン・ベックマン。 ベンと呼んでくれ」


12: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:24:55.19 ID:pMpp7LdCO

ベン「なるほどね……泊まるところがなかったと」

シャンクス「ああ、おれも娘も風呂に入ってない。 風呂はあるか?」

ベン「ああ、確か風呂は……」

超スズメ「チュンチュン」

ベン「ん?」

木々「なにか届けてきたね」

ミツヒデ「カゴだな……手紙が入ってる」

シャンクス・白雪「!!」

ベン「どうした」

白雪「そ、そのカゴについてるリボン……私が家を飛び出した時においていったリボン!!」

シャンクス「そしておれが家を飛び出した時においていった左腕の人差し指の爪!!」

ベン「手紙と一緒になにかあるな……」

木々「水だね」

ベン「どれ、一杯……」ゴク

白雪「……お父さん。この手紙、ラジ王子からだ」

シャンクス「水のプレゼントとはどういうつもりだ……」

ベン「……うっ!!!」バタッ

シャンクス「!」


13: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:25:44.28 ID:pMpp7LdCO

ミツヒデ「ベン!! どうした!!」

ベン「む、胸が……苦しい」

シャンクス「! これはただの水じゃない……豪水だ!!」

イガラム「おやおや、飲んだのは白雪さんではなく貴方でしたか」

白雪「!! 貴方は……」

シャンクス「……おい」

イガラム「……?」

シャンクス「失せろ」

イガラム「!!!!!」

バタッ

ベン「はぁ……はぁ……」


14: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:26:14.11 ID:pMpp7LdCO

白雪「だ、大丈夫ベン!? 待ってて、解毒の薬を……」

ミツヒデ「おい……確か豪水って毒じゃなかったよな? それを使っても……」

白雪「た、確かに……」

シャンクス「いや、それで治るぞ」

白雪「えっ!?」

木々「根拠は?」

シャンクス「ベン・ベックマンだからさ」

白雪「??」

ベン「その薬貸せ」バッ

白雪「あっ……」

ゴクン

ベン「……治った」

白雪「ええっ!?」

ミツヒデ「あんた……よく治るって分かったな」

シャンクス「ああ、因みにおれが飲んでも死ななかったな」

木々「……シャンクスだからって言いたいわけ?」

シャンクス「ああ、もしも飲んだのがお前ら二人か白雪だったら死んでたな」

ミツヒデ「どうして分かる?」

シャンクス「お前らにはワンピース補正がないからな」

ミツヒデ・木々「??」


15: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:26:46.54 ID:pMpp7LdCO

ベン「……つまり豪水を使ってまで無理矢理お前を連れて行こうとしたわけか、あの馬鹿王子は」

白雪「うん……」

ベン「全く……同じ王子として恥ずかしい」

シャンクス「同じ王子……?」

ベン「……ああ、そうか。 言ってなかったな。おれはクラリネス王国の第二王子なんだ」

白雪「ええっ!?」

ベン「ほら、この煙草についてる紋章が証拠だ」

白雪(煙草に紋章つけれるスペースなんてあるんだ……)

シャンクス「……タンバルンに戻るぞ」

白雪「お父さん……?」

シャンクス「どんな理由があろうと……おれは娘を気づけるやつは許さない!!」

ベン「付き合うぜ。 お前らもいいだろ?」

ミツヒデ「ああ」

木々「もちろん」


16: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:27:20.23 ID:pMpp7LdCO

ヒグマ「王子……イガラムのやつ、まだ帰ってきませんね」

ラジ「ええい!! あの男は何をしているのだ!!」

部下「王子!! 侵入者が!!」

ラジ「何だと!? だったら城内にいる部下全員で阻止しろ!!」

部下「そ、それが……部下全員がやられたとの情報が!!」

ラジ「!!?」

部下「……ぐはっ!!」バタッ

ラジ「!!!」















シャンクス「……」

ラジ「……」

ラジ「相変わらず……すげえ覇気だ」

バタッ

ラジ「」

ミツヒデ「なあベン、俺達が来た意味は……」

ベン「ねえな、折角おれの煙草技を披露したかったんだが」


17: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:28:12.71 ID:pMpp7LdCO

シャンクス親子がクラリネスへ移住して数日後

シャンクス「クラリネスの宮廷薬剤師に?」

白雪「うん! ベンの役に立ちたい!」

シャンクス(あんな老け顔の王子のどこがいいんだが)

白雪「これから試験があるんだ!! 行ってくるね!!」

シャンクス「ああ、頑張れよ」

シャンクス「……」

シャンクス(不安だな)


18: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:28:46.90 ID:pMpp7LdCO

Dr.くれは「ヒィ〜ヒッヒッヒッ!! ハッピーかいお前ら?」

白雪(この人が薬室長のDr.くれはさん……)

Dr.くれは「それじゃあテストを始めるよ!!」

白雪(昨日まで一生懸命勉強したんだ……合格してみせる!!)

Dr.くれは「お前ら覚悟しなぁ!!」ブンブンブンブン!!

白雪「ほ、包丁を投げてきた!?」

Dr.くれは「5分間当たんなかったら合格だよ!!」

白雪「ま、待ってください!! 薬剤師との関係は!?」

Dr.くれは「あたしの腹いせ以外に理由がいるかい!! そもそも薬剤師はあいつだけで充分なんだよ!!」

白雪(めちゃくちゃな理由だ……)

ブン!!

白雪(!! しまった、当たる!!)

キイン!!

白雪「……?」

シャンクス「……」

白雪「お父さん!!?」


19: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:29:15.57 ID:pMpp7LdCO

シャンクス「白雪……当たってないか?」

白雪「う、うん……お父さんが助けてくれたから……」

Dr.くれは「何者だいアンタ!! 部外者は立ち入り禁止だよ!!」

シャンクス「……おい」

Dr.くれは「?」

シャンクス「失せろ」

Dr.くれは「!!!!!」

バタッ

Dr.くれは「」

白雪「お、お父さん!! 何やってるの!!?」

シャンクス「こんな死んでもおかしくないような試験を受けてまで薬剤師になる必要はない」

白雪「で、でも……!!」

ベン「第二王子の特権を使ってお前を宮廷薬剤師に任命する」

白雪「」


20: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:29:48.08 ID:pMpp7LdCO

Dr.くれは「この部屋に今日からあんたの上司になるやつがいるよ」

白雪「は、はい……失礼します」ガチャッ












チョッパー「……」

白雪「……」

チョッパー「……」

白雪「……トナカイ?」

チョッパー「タヌキじゃねえ!! トナカ……ええっ!!?」

白雪「……?」

チョッパー「お、お前……おれがトナカイに見えるのか?」

白雪「は、はい……」

ガシッ

チョッパー「ウオオオオオオオオオオ!!!」

白雪「な、なんで泣いてるんですか!?」

チョッパー「ウオオオオオオオオオオ!!!」

Dr.くれは「バカ息子が……」


21: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:30:18.58 ID:pMpp7LdCO

白雪「第一王子が帰ってくるの!?」

ベン「ああ、おれの兄貴だ」

白雪(ベンのお兄さんってどんな人なんだろ……やっぱり老けてるのかな?)

ベン「おっ、帰って来たぞ」

白雪「!! あ、あれが……」











キャベンディッシュ「久しぶりだな、弟よ」

ベン「よう兄貴」

キャベンディッシュ「……相変わらず老けてるな」

ベン「よく言われるぜ」

白雪(兄弟なのに全然似てない……)


22: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:31:02.12 ID:pMpp7LdCO

\キャベンディッシュ殿下が帰って来たぞーーー!!/

\キャーキャベンディッシュ殿下ーー!!/

\キャベンディッシュ殿下結婚してーーー!!/

\弟のベン殿下もいるぞ!!/

\ベン殿下老け過ぎーーー!!/

\キャベンディッシュ殿下ーーー!! ベン殿下ーーー!!/

白雪「……」

白雪(なんでベンは苗字で呼ばれてるんだろう)


23: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:32:04.68 ID:pMpp7LdCO

別の日

白雪「行ってきます!」

シャンクス「どこに行くんだ?」

白雪「今日は見張り台に行くんだ!」

シャンクス「見張り台? なんでそんなところに」

白雪「うん……鳥が伝言の手段として使えるかどうかのテストをやるんだ。 鳥は城からスタート、西に10キロ離れた見張り台に着いて、その鳥が持ってる文書に私達がサインをする。 そして鳥はまた城に戻る……これを25分以内にできれば鳥を採用するんだって」

シャンクス「ほう……それでそんな鈴を持ってるんだな」

白雪「うん……鳥はこの鈴の音を覚えてるから、この音を鳴らせば来るんだ」

シャンクス「重要な仕事を任されたな……気をつけて行ってこいよ」

白雪「うん!!」ダッ

シャンクス(……ん? 待てよ、西の見張り台って確か……)

シャンクス(……白雪が危ない!!!)


24: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:32:41.80 ID:pMpp7LdCO

西の見張り台

白雪(そろそろ来る頃かな……)

ブレッカ「白雪殿。 この試験、鳥は来なかったということにしよう」

白雪「!!? 何をおっしゃるんですか子爵!!」

ブレッカ「うるさい!! このままだと鳥が住んでる島の領主である私が鳥を狩ることができなくなってしまうんだぞ!! あれ程珍しい羽はないというのに!! それに鳥の有益性が認められれば今まで狩っていた私は笑い者だ!!」

白雪「酷い……自分の私利私欲のために……」

ブレッカ「こんなもの!!」

ブチッ!!

白雪「!! 鈴が!!」

ブレッカ「そぉら!!」ブン!!

白雪「!!」

ポチャン!!

白雪「海に……!!」

ブレッカ「はっはっはっ!! 鈴が来なければ鳥も来まい!!」

白雪「……」

バッ!!

ブレッカ「なっ……海に飛び降りただと!!?」

ボチャン!!

ブレッカ「正気か!? この海には……近海の主がいるんだぞ!!」


25: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:33:09.92 ID:pMpp7LdCO

白雪(探さなきゃ……どこかにあるはず!!)

白雪(……)

白雪(……あった!!)











白雪「……ぷはっ!!」

白雪「早く陸に上がって……」

ゴゴゴゴゴ……

白雪「……?」

近海の主「……」ゴゴゴゴゴ

白雪「!!!」

白雪(どうしよう……こっちに来る!! 早く逃げなきゃ!!)

近海の主「……」ゴゴゴゴゴ

白雪(ダメだ……間に合わない!!)

白雪(私……こんなところで死んじゃうのかな……)

バクン!!


26: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:33:41.93 ID:pMpp7LdCO

白雪「……」

白雪(……あれ?)

白雪(生きてる……なんで……?)

シャンクス「……」

白雪「!! お父さん……」

シャンクス「大丈夫か?」

白雪「お父さんが……助けてくれたの?」

シャンクス「ああ、西の見張り台と聞いて近海の主がいることを思い出してな。 不安で後を追いかけたらお前が食われそうなのを見てな」

シャンクス「海に落ちた鈴を見つけたのか……偉いぞ白雪」

白雪「……」

シャンクス「泣くのを我慢しなくていいんだぞ、男じゃないだろ?」

白雪「だって……お父さん……」

















白雪「髪がっ!!!」

シャンクス「安いもんだ、髪の一本や二本ぐらい……無事でよかった」ツルツル

白雪「う……」

白雪「うわあああああああああああん!!!」


27: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:34:11.41 ID:pMpp7LdCO

ブレッカ「おのれ……親子揃って私の邪魔を!!」

シャンクス「……おい」

ブレッカ「……?」

シャンクス「失せろ」

ブレッカ「!!!!!!!」

バタッ

ブレッカ「」

白雪「う……うう……」

シャンクス「白雪、泣いてもいいが鈴は鳴らさなくていいのか?」

白雪「!! そ、そうだ!!」

リンリン……

シャンクス「……ん? あそこにいる鳥は……?」

白雪「!! あれだ!! あれだよお父さん!!」


28: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:34:47.77 ID:pMpp7LdCO

シャンクス「……おいちょっと待て。 あいつが持ってるやつ……あれは文書にしちゃ大きすぎないか?」

白雪「!! 確かに……」

シャンクス「それに……やけに丸っこいな」

白雪「!!! あ、あの鳥が持ってるのは……文書じゃない!!!」

シャンクス「まさか……」

シャンクス・白雪「爆弾!!!?」

鳥(……)バサバサ

鳥(……我、守護神・ファルコン)バサバサ

鳥(王家の敵を……討ち滅ぼすものなり)パッ












AA


29: ◆LYNKFR8PTk 2015/10/19(月) 21:35:13.33 ID:pMpp7LdCO

シャンクス「いや〜お前がいなかったら死んでたよ」

バルトロメオ「お役に立てて光栄だべ!! ベン殿下の命令でずっとスタンバッてたべ!!」

ベン「ブレッカ子爵がなんか企んでると思ってな……そこであいつを始末しようと鳥に爆弾を持たせたんだ」

白雪「だからって5キロ規模の爆弾を持ってこさなくても……」

シャンクス「いーじゃねーか白雪!! おれ達助かったんだしよ!!」

白雪「でも……お父さんの髪が……」

ベン(左腕を気にしろよ)

シャンクス「気にすんなって!! そのうち生える生える!!」

シャンクス「それより飲もうぜ!! おれ達の勝利をお祝いして!!」

ベン「ああ」

ルフィ「宴だぁーーーーーーーーーー!!!」

一同「うおおおおおおおおおおおお!!!」

クラリネスに平和が訪れた。

〜終わり〜





『ワンピース』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿