TOP > 中二病でも恋がしたい! > 森夏「冨樫くんの手、あったかいね」

森夏「冨樫くんの手、あったかいね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 01:58:38.37 ID:ItboVF/C0

森夏(体育倉庫の一件以来、どうも冨樫くんを意識しすぎる嫌いがあるわね)

森夏(……良くない傾向、なのかしら)

森夏(そうよね。冨樫くんには小鳥遊さんがいるもの)

森夏(……でも、付き合ってないのよね)

森夏「……」

森夏(考えるの、やめ)

森夏(厨房が帰ってからも人っ子一人部室に来ないし、帰りまし――)

ガララ……

勇太「あっ」

森夏「あっ」

勇太「……」

森夏「……」

森夏(もう少しだけ、ここにいよう)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:03:40.29 ID:ItboVF/C0

勇太「誰も居ないな」

森夏「そうね……何か知ってる?」

森夏「厨房はさっき帰ったけど」

勇太「六花は風邪で寝込んでる。一色は……くみん先輩とデート、だそうだ」

森夏「へぇ、デート。あの坊主、いつの間にそんな約束を取り付けたんだか」

勇太「俺にも分からん」

森夏「……」

勇太「……」

森夏(うわー、気まずい。なにか、なにか話題っ)

勇太(やっべ、話題、なにか話題は……)

グゥー

勇太「ハッ!?」

森夏「……」

勇太「……///」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:09:52.19 ID:ItboVF/C0

森夏「お昼、ちゃんと食べたの?」

勇太「もちろん」

勇太「購買のパン一個」

森夏「すくなっ、ダイエット中の乙女じゃあるまいし」

勇太「……なんか、食欲湧かなくてさ」

勇太(最近、丹生谷のことを考えることが多い)

勇太(考えてると、最後はいつも決まって、ネガティブな気分になっちゃうんだよなぁ)

森夏「食欲がねぇ……体調、悪いの?」

勇太「いやいや、そんなことはないぞ」

勇太(丹生谷の事考えてると食事もおぼつかない――なんて、いえないよな)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:13:21.73 ID:ItboVF/C0

森夏「……」チラッ

森夏(これは、好機?)

森夏(……何考えてるんだろ、私)

森夏(でも、……)

勇太「……丹生谷?」

森夏「ねぇ、冨樫くん。今は食欲、あるの?」

勇太「えっ」

勇太「……まぁ、腹の虫も鳴ったし、多少はあるかな」

森夏「……私のお弁当、食べる?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:18:46.12 ID:ItboVF/C0

勇太「……」

森夏「冨樫くん?」

勇太「ハッ!」

勇太(いかんいかん。動揺しすぎだ、俺)

勇太(そう、あくまでもクールに。がっつきすぎないように……)

勇太「いただきまひゅっ」

森夏「……」

勇太(やっちゃった!)

森夏「ふふっ……ちょっと待ってね」

ガサゴソ

勇太「……///」

森夏「はい」スッ)

勇太「……じゃあ、遠慮なく。改めて、いただきます」パカッ

勇太(おおっ、これが女の子の――丹生谷の弁当っ)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:24:36.22 ID:ItboVF/C0

勇太「……って、これ、殆ど手付かずじゃないか」

勇太(いや、殆どどころじゃ……全く手が付いてない))

勇太「丹生谷こそ、ちゃんと食べてるのか?」

森夏「……当たり前じゃない。ほらっ、さっさと食べろっ、いらないなら返して!」

森夏(いえない。冨樫くんの事を考えてたらご飯を食べるのを忘れただなんて)

勇太「わぁあああ食べる、食べますっ、はいっ」パクッ

勇太「……」モグモグ

森夏「……」

勇太「この卵焼き、美味い……」

森夏(……よかった)ホッ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:27:40.78 ID:ItboVF/C0

勇太「これ、全部食べていいのか?」

森夏「どうぞ」

勇太「……食べるぞ? ホントに、全部」

森夏「えぇ」

勇太「……じゃ、そうする」パクパク

森夏「……」ジーッ

勇太「あの、見られると、食べづらいんだけど」

森夏「あぁ、ごめん。あっち向いてるね」クルン


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:32:20.73 ID:ItboVF/C0

勇太「……」モグモグ

森夏「……」

勇太(うめぇ……うめぇよ……感動だよ)ウルウル

勇太「爆ぜないでよかったリアル……っ」グッ

森夏「えっ?」

勇太「いや、なんでもない」パクパク





勇太「いやー、美味かった……」

森夏「お粗末さま」

森夏(異性に料理を褒められる……中々悪くないわね)

勇太「後でお返ししなきゃあな」

森夏「そんなのいらないわよ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:38:07.91 ID:ItboVF/C0

勇太「……そうか?」

森夏「そうよ」

勇太「んんー……いや、ダメだ。何かしないと気がすまない」

森夏「……そこまでしたいのなら、好きにすれば」

勇太「そうだな……ふぅむ」

森夏「……」

勇太「どこか行きたい場所へ連れて行――今のなし」

森夏(なしなんだ……)

勇太「んんんん……」

勇太「やっぱ、食い物の恩は食い物で返すべきだな」

勇太「よしっ、今度、俺の手作り弁当をご馳走してやるっ」ドヤ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:43:20.02 ID:ItboVF/C0

森夏「……冨樫くん、料理できるの?」

勇太「……多少は」

森夏「じゃあ、とびっきり美味しいの、期待しとくねっ」

勇太「……くそっ、首を洗って待っているがいい。頬が消失するような供物を用意してやろう」

森夏「中二病、でてるわよ」

勇太「ハッ!?」

勇太「とにかく、期待しとけっ」

森夏「うん、期待してる」

勇太「……じゃ、これ。ごちそうさま。返すよ」スッ

森夏「ん」

サワッ

勇太「……」

森夏「……」バッ

森夏「……っ」ガサゴソ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:47:52.42 ID:ItboVF/C0

勇太「……」

勇太(丹生谷の手、触った。触っちゃった)

森夏(冨樫君の手、触った。触っちゃった)

勇太「……なぁ」

森夏「……なに」

勇太「ちょっと、手、触らせて」

森夏「!?」

勇太「あーいや、誤解するな。俺、こう見えて手相占いが得意なんだ、だから見てやろうって話っ」アセアセ

勇太(なんてみえみえな嘘をっ、もっと上手い嘘を言え、俺!)

森夏「……ふぅん、そう」

森夏「……じゃあ、お願い……しちゃおっ、かな?」スッ

勇太(あれ、マジで? 通じた? 信じちゃった?)

勇太「お、おう。任せろ」

ニギッ……


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:52:25.51 ID:ItboVF/C0

勇太「……」

森夏「……」

森夏「冨樫くんの手、大きいね」

勇太「……そうかな」

森夏「うん、そう」

勇太「汗ばんでたり、してないか?」

森夏「そんなこと……私は? 私の手、汗ばんだりしてない?」

勇太「いや……」

森夏「……そう」

森夏「で、占いは?」

勇太「い、今みてる」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 02:56:36.07 ID:ItboVF/C0

勇太「……」

勇太「あー、その……」

森夏「結果、でた?」

勇太「……幸せな生涯を送れるでしょう」

勇太(適当にらしいこといっておけば、なんとかなるか……?)

森夏「そうなんだ」

勇太「いえす」

森夏「……」

勇太「……」

勇太(やべぇ、離さないとダメなんだろうけど、離したくねぇ……)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 03:01:45.75 ID:ItboVF/C0

森夏「ねぇ、冨樫くん」

勇太「……なんだよ」

森夏「私、こうしてるの、嫌いじゃないわ」

勇太「……」

勇太「俺も――」

ガララッ

一色「勇太ぁああああああ!!」

森夏「!?」バッ

勇太「!?」バッ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 03:06:01.52 ID:ItboVF/C0

一色「うわぁああああああん、慰めてよぉおおおおん」ギューッ

勇太「うわ気持ちわるっ、坊主に抱きつかれるの気持ちわるっ」

一色「ひどいわっ!」ウルウル

勇太「はなれろっ」ゲシゲシ

一色「ふぎゃっ」

森夏「……デートじゃなかったの」

一色「それ聞く。聞いちゃう? 聞けよお前ら」

勇太「いや、なんとなくオチは分かるから聞きたくないな」

森夏「同じく」

一色「それがな、」

勇太(こいつ、聞いてねぇ)

一色「くみん先輩が待ち合わせ場所にこなかったんだよぉおおおおおお」

勇太「分かってた分かってた。どうせあれだろ、寝過ごしたとかそこらへんだろ」

一色「……う゛ん」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 03:11:55.83 ID:ItboVF/C0

勇太「帰れ」

一色「今日はやけ食いだっ、付きあえ勇太っ」グイッ

勇太「ちょ――まてっ、引きずるな!」

勇太(えっ、なにこの坊主の力。逆らえない。逞しすぎぃ!)

勇太「あーれー」


森夏「……」

森夏(あれ、なんか既視感)


ズルズル……

勇太(この前もこんな展開があったような……)

勇太(……デジャヴって奴か)




くみん「……」zzZ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 03:18:28.46 ID:ItboVF/C0

――次の日、放課後、教室

キーンコーン

勇太(昨日は散々だったな……なんだよ、ケーキのやけ食いって)

勇太「……」チラッ

丹生谷「……」

勇太「丹生谷」

森夏「……なに?」

勇太「一緒に帰ろうっ」

勇太(言った、言ったぞおらぁああ!)

森夏「……どうせなら、手を繋いだり、して?」

勇太「えっ」

森夏「……いやなの」

勇太「いやいやいや」

勇太「人前で、そういうのは……」

森夏「……」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 03:22:04.49 ID:ItboVF/C0

――帰路


スタスタ……

勇太「……」キョロキョロ

森夏「……」

勇太(今なら、人もいない)

勇太「……」ソーッ

森夏「……」

勇太(掴め、その手を掴んじまえ、DFM!)ソーッ

森夏(……もう、焦れったいっ)ガシッ

勇太「!?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 03:24:11.79 ID:ItboVF/C0

森夏「……なによ」

勇太「いや、なんでも……」

勇太「……」

ギュッ

森夏「……ふふっ」

勇太「なんだよ、急に笑ったりして」

森夏「私が今なに考えてるか、わかる?」

勇太「……さっぱり」

森夏「……」クスッ



森夏「富樫くんの手、あったかいね」


おわり





『中二病でも恋がしたい!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿