TOP > 中二病でも恋がしたい! > 森夏「とーがし君っ♪」勇太「うおっ!?」

森夏「とーがし君っ♪」勇太「うおっ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:19:29.09 ID:QzMy/SCCO

森夏「へへー♪びっくりした!?」ウニウニ

勇太「や、やめろやめろ」バッ

森夏「えーそんな必死に抵抗しなくてもいいじゃん」

勇太「するわっ!」

森夏「友達がいる前だと、恥ずかしい?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:29:30.26 ID:QzMy/SCCO

勇太「友達が見てる見てないの問題じゃなーいっ!ひゃっ!?」

勇太「や、やめろっ!やめっ」

森夏「んふふ」コチョコチョ

勇太「やっやめーっ!・・・はっ・・・はっ」

森夏「相変わらずそこ敏感ね♪」

勇太「重ね重ね勘違いされる言い方をするんじゃない!」

森夏「えー何それっ。今時この程度のスキンシップでなんかキモーい。だよね?」

勇太友一同「で、ですよねー」

森夏「ほら!」

勇太「お前ら・・・チクショウ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:34:43.58 ID:QzMy/SCCO

森夏友「森夏ちゃーん!」

森夏「あ!はーい!今行く~!」

森夏「じゃあね富樫君♪皆も!」バイバイ

勇太「・・・はぁ、全く・・・」

勇太友A「勇太・・・お前って幸せ者だな」

勇太友B「羨ましい」

勇太友C「代われ、代われ、代われ~」

勇太「どこがだよ・・・所構わず見かけたらあれだぜ?堪らん」

友A「成る程これが」

友B「所謂」

友C「やれやれ系か・・・」

友D「ゴートゥーヘル!」

勇太「はぁっ・・・」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:40:02.10 ID:QzMy/SCCO

喫茶店

キャッキャキャッキャ

ワイノワイノ

森友A「けどさぁー森夏ちゃんってほんと彼と仲いいよね~」

森夏「ん?なんのこと?」

森友A「まぁたまた、とぼけてこの娘は」

森友B「富樫君よっ!」

森夏「あぁ、腐れ縁だからね~」

森友B「にしても親密よねぇ?」

森夏「えぇーなにそれ~っ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:46:35.99 ID:QzMy/SCCO

森友C「だって腐れ縁の男子ったってさ、ねぇ」

森友B「うんうん。普通あそこまで絡まないよ」

森友A「私が見掛ける限り見掛ける度に必ず"ちょっかい"出してる気がします!」

森夏「ちょ、ちょっ!ただあいさつしてるだけじゃん!」

森夏「高校で仲良かった男子だしさ。見かけて知らぬ顏は普通無いでしょ~?」

森友A「普通は態々コチョコチョなんてしていきません」

森友B「後ろから肩叩いて頬っぺた指でプニッなんてしません」

森友C「声掛で済む距離を態々身体触りに行きません」

森夏「う・・・」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:50:55.57 ID:QzMy/SCCO

森友一同「ねぇ」ニヤニヤ


森夏「ぐ・・・そ、そこはほら!腐れ縁だから、ね?」

森夏「ただの顏見知り男子って、わけじゃないし!」

森夏「部活も一緒だった仲だし」

森夏「気心知れまくってるし」

森夏「あの程度のスキンシップは・・・肩ポンってやるのと、さほど変わらないのよ!」

森夏「そんな、意識するようなもんじゃ無い無い」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:57:37.87 ID:QzMy/SCCO

森友A「ふぅ~ん」ニヤニヤ

森夏「なによー」

森友B「けど富樫君の方はどうなのかなぁ~?」ニヤニヤ

森夏「え?」

森友C「いつもヤメテクレ~って懇願してない?」ニヤニヤ

森友A「顏真っ赤だよねー。可愛い♪」

森夏「か・・・」

森友B「少なくとも、森夏ちゃんとおんなじ認識では無いよねー」

森友C「うんうん。あれは本気で対処に困ってる反応だ」

森友A「見てて飽きないけどね~あんなあたふた必死な富樫君、新鮮で可愛いし♪」

森夏「あ、ぅ・・・」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:02:39.36 ID:QzMy/SCCO

森友B「普段あんなに焦るとこ、見せないもんね~」

森夏C「基本、他の男子よりも落ち着いた雰囲気だよね」

森友A「面倒見いいし、率先力もあるし」

森夏「(な、なんたろこの感じ・・・)」ムズムズ


森友B「結構男らしいんだよね」

森友A「そうそう、見た目の軟らかさに反してね」

森友B「だから実は結構人気あるんだよね」

森夏「!!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:12:45.14 ID:QzMy/SCCO

森夏「え」

森友「ん?」

森夏「あ・・・そ、そうなんだ。人気あるんだ富樫君て」

森友A「あったり前じゃないのー!」

森友B「結構あちこちから評判の良さが入るよ」

森友C「少なくともモテない理由は無いよねー」

森夏「ふ、ふぅん。でも、そこまでかなぁ~」

森夏「面倒見が良いのは知ってるけど、彼に限らないし」

森夏「顏だって、確かに、整ってるけどカッコイイってほどじゃなくない?」

森夏「それに結構、あたふたするとこあるし、声デカイし」

森夏「女の子に普通に拳骨とかもするわよ?」


森友一同「(後半は貴女が原因で貴女以外が受けたとこ見たこと無いですけどね)」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:19:23.66 ID:QzMy/SCCO

森夏「そんな、人気だなんて、会話の流れかなんかで言ってるだけだよぉ、きっと」

森夏「現に今も彼女なんていないでしょ?」

森友A「と、言われましてもねぇ」ニヤニヤ

森夏C「私たち自身は、そこまで"親密"な関係じゃないし」ニヤニヤ

森友B「(ナイスC!ナイスワードチョイス!)」

森夏「し、・・・き、聞かないでしょ?いないのよ!耳に入って来ないでしょ?」アセアセ

森友B「(だいぶ我を忘れつつありますな)」


森友A「つまり、そこいらの男子と変わらんと」

森友C「(かわいい・・・)」


36: ちょいミスったがまあいいか 2013/02/02(土) 01:25:16.68 ID:QzMy/SCCO

森友A「つまり、そこいらの男子と変わらん、と」


森夏「そうよそう!面倒見はいいからね、パッと見で良い印象が評判になってるだけ」

森友A「じゃ・・・森夏ちゃんも、別に好きなわけじゃないんだよね?」キリッ


森友B「(さ、さすがA!我らがエース!)」
森友C「(〇〇高の切り込み隊長の名は健在か!)」


森夏「っ!!な、」な、・・・っ!!


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:31:31.11 ID:QzMy/SCCO

森夏「あ、ああったり前じゃないのっ!別に好きでも何でもないわよっ!」

森夏「・・・ゴクゴク」ティーカッププルカチャ

森友「(なんというテンプレ反応・・・)」


森友A「じゃあ、誰かが富樫君狙っても問題ないんだね」

森夏「そ、そんなのぜーん然ないわよ。お好きにどうぞって感じだわ」

森友A「そう良かった。じゃあ、そう伝えとくね」

森夏「はい?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:37:25.57 ID:QzMy/SCCO

森友A「知り合いの先輩にね、好きって人がいるんだ」

森夏「」

森友A「誰かはこの段階で勝手に出すのはあれだから無理なんだけど」

森夏「へぇ・・・」

森友A「前々から気になってはいたらしいんだ。けどほら、森夏ちゃんがさ」

森友A「傍目には結構親密で、彼女っぽく映ってるわけじゃない?」

森友A「それで無理かな、って、結構色々、もやもやしてたらしいのよ」

森夏「」ポケー

森友BC「(脳まで届いてるのか・・・?あれ)」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:45:07.82 ID:QzMy/SCCO

森友A「実際のとこ私もね、二人は付き合ってんのかぁ~?って勘繰ってたわけよ」

森友A「なんやかんやであれは恋人のじゃれあいかな、って」

森友A「けど今日話して、二人が恋人じゃないって判ったし」

森友A「森夏ちゃんも別にその気があっての行動じゃないって、はっきり判ったから」

森友A「これで先輩に富樫君がフリーだと伝えることが出来るわ」

森夏「あ・・・」

森夏「その、先輩って・・・そんなに好き、なの?富樫君・・・」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:48:09.71 ID:QzMy/SCCO

森友A「たぶん」

森友A「大人しい人でさ、いつも物静なんだけど」

森友A「そんな先輩が自分から私に相談してきたくらいだから、たぶん」

森友A「たぶん相当想いが募ってるんだと思うよ」

森夏「・・・そう、なんだ・・・」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:52:59.83 ID:QzMy/SCCO

森友A「だから応援してあげたいのよー」

森友A「せっかく勇気を出して恋に向かって前進しようとしてる訳だし」

森夏「うん」

森友A「だから森夏ちゃんにも、その時は手伝って貰いたい!」

森夏「その時?」

森友A「先輩が富樫君とお近づきになりたいってなった時よ!あるいは」

森友A「先輩が今すぐにでも告白するってなったら、ね」

森夏「」


58: 森友Aの独壇場っすよ! 2013/02/02(土) 01:56:34.96 ID:QzMy/SCCO

森友A「まあ流石にそんな大胆にはなれないだろうけどね」

森友A「けど先輩が知り合うことから始めたいってなったらさ」

森友A「やっぱ私より、私も勿論手伝うんだけど」

森友A「架け橋は森夏ちゃんに頼みんだ方がスムーズだろうなって」

森夏「あぁ、そういう事ね・・・」

森夏「(なんだろう・・・この感じ・・・)」


62: 先輩はくみんさんじゃないよ? 2013/02/02(土) 02:02:56.58 ID:QzMy/SCCO

森夏「(脈が凄いな・・・・・・凄いのに・・・)」

森夏「(・・・物凄く冷たい気がする・・・)」


森夏「(・・・景色が・・・傾くような感じ・・・)」

森夏「(頭が、痛みの無い殴打を受けたみたい・・・・・・そんな殴打受けたこと無いけど・・・)」


勇太「コォラッ!」ゴチン!

森夏「ったぁーい!なもぅ!・・・ンフフッ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:05:57.95 ID:QzMy/SCCO


森夏「・・・・・・ぁははっ・・・」ボソッ


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:52:15.21 ID:QzMy/SCCO

森友A「!!」ビクッ

森友BC「(いやぁぁぁぁぁぁぁっ!!まさかやり過ぎて壊れた!?)」



森夏「女の子の頭に拳骨なんてサイテー!モテないわよっ!」

勇太「大丈夫だ。こんなことお前以外にはやらん!」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:54:46.15 ID:QzMy/SCCO

森夏「(もうあんなやり取りも、出来なくなっちゃうんだなぁ・・・・・・)」

森夏「(・・・お前以外には・・・か・・・)」


森夏「(富樫君にとって・・・私は本当に煩わしいだけだったのかな・・・・・・)」

森夏「(そんなのも・・・もう・・・意味無いか・・・)」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:58:02.88 ID:QzMy/SCCO

ツツー

森夏「」

森友「!!」


森夏「え?・・・あれ・・・なんで・・・・・・?」

森友B「森夏ちゃん・・・」

森夏「ごめ、・・・ちょっ、と・・タンマ・・・・・・ね?」グスッ


森友A「・・・・・・」

店員「?」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:59:34.23 ID:QzMy/SCCO

森夏「(なんで、なんで・・・涙が止まらない・・・)」

森夏「」ウッ・・・ヒクッ・・・


森友A「・・・はぁ~~~~~・・・」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:02:31.22 ID:QzMy/SCCO

森友A「森夏ちゃん」

森夏「!」

森友A「くさいさぶいセリフが大嫌いな貴女に、私から飛びきりのセリフをプレゼントするわ・・・」

森夏「・・・?」


森友A「いい加減素直に成りなさい!その涙が、正真正銘の貴女の気持ちなのよっ!!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:09:01.43 ID:QzMy/SCCO

森夏「・・・Aちゃん・・・」

森友A「泣く前に何が浮かんでた?何が嫌だった?悲しかった?辛かった?」

森夏「・・・」

森友A「富樫君のことでしょう?」

森夏「!!」

森友A「・・・このまま今気持ち無かった事にしたら・・・絶対後悔するよ?」

森友BC「森夏ちゃん・・・」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:18:27.57 ID:QzMy/SCCO

森夏「・・・・・・好き・・・」ジワッ


森夏「こん、なっ・・・・・・ひぐっ・・・何いってんだって・・・おもっ、思われるかもだけどぉっ・・・」

森友A「ん」

森夏「とがっ、し君の・・・こと・・・好きな人いるって・・・きいてぇっ・・・」

森夏「きいてっ・・・ぐっ、嫌だなぁっ、でっ・・・」

森友「うん」

森夏「今までっ、・・・みたいにもう・・・ダメになるんだな・・・って」

森夏「もう構ったりっ・・・ひぐっ・・・しちゃダメになるっ・・・って・・・ひぐっ・・・」

森友A「うん」

森夏「今ざらかよっ、て・・・思うかもだけど・・・好きなんだって・・・気付いてっ・・・辛くてっ・・・」ヒグッ


森友A「思わないよ、そんなこと思わない」

森友BC「思わない」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:20:25.08 ID:QzMy/SCCO

店員「」コトッ

森友C「あ」

店員「落ち着いたら飲ませてあげて下さい」

森友A「すみません」

店員「いえいえ」ニッコリ


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:24:19.24 ID:QzMy/SCCO

―森夏が落ち着いて―


森夏「なんか、ゴメンね。皆」

森友一同「気にしなくていいよ」

森夏「・・・あの、私」

森友B「わかってますよ」
森夏「」

森友C「そわそわし過ぎっ。判るって」

森友A「行くんでしょ?富樫君のとこ」

森夏「!!うんっ!」


一同「行ってこいっ!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:29:51.72 ID:QzMy/SCCO

森夏「あ・・・Aちゃん・・・」

森友A「ん?」

森夏「その、ごめんね・・・先輩のこと」

森夏「なんか、うまく言えないんだけど・・・こんな」

森友A「あーもぅ!なに気にしてんの!」

森友A「何かズルしたわけでもなし、あんたが気を病む事じゃないわよっ」

森夏「!う、うんっ!!」

森夏「Aちゃん、ありがとう!Bちゃんも、Cちゃんもっ!」

一同「おぅ」

森夏「行って来ますっ」ダッ


店員「!」

森夏「あ」

店員「行ってらっしゃい」ニコッ

森夏「ありがとう!」

カランカラン


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:39:41.94 ID:QzMy/SCCO

ヴヴヴ・・・ヴヴヴ・・・

勇太「ん?」

勇太「(丹生谷?)はい」


森夏「あ、と、富樫君?今、大丈夫?」

勇太「ああ」

森夏「今から、大丈夫?その・・・来て欲しいとこがあるんだけどっ!」

勇太「?なんだ?電話じゃダメなのか?」

森夏「だめ」キッパリ

勇太「(うおぅ・・・)そうか・・・まぁ、問題無いが・・・」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:40:59.01 ID:QzMy/SCCO

森夏「そう、良かったぁ。じゃあ、〇□×に来てください」

勇太「あぁ、あそこな。確認にきくが■☆橋の横の、ベンチのとこってことだよな?」

森夏「うん、そう」

勇太「わかった。じゃあ今から向・・・」

森夏「あ!一つ」

勇太「ん?」

森夏「必ず一人で、来てね」

勇太「お、おぅ・・・」ドキッ

森夏「じゃ」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:43:21.88 ID:QzMy/SCCO

森夏「・・・」ドキドキドキドキ

勇太「おまたせ!」

森夏「!!お、おぅっ!」

勇太「ハァ、ごめん、待ったか?」

森夏「い、いやっ?!大丈夫だ」

勇太「なんだどうした・・・」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:48:28.25 ID:QzMy/SCCO

二人「・・・・・・」


勇太「・・・で?用ってなんだ?」

森夏「あっ!その・・・ねっ・・・」

勇太「おう」

森夏「(ど、どうしよう・・・完全に勢いで出てきて・・・)」

森夏「(なんにも考えてないっ!)」


森夏「(どういう風に切り出せばいいのかがわからない・・・)」

森夏「えと・・・そのね・・・」

勇太「?」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:50:47.20 ID:QzMy/SCCO

「・・・・・・・・・」


森夏「(だめっ沈黙が長すぎるっ・・・な、何かしら言わなきゃっ)」

森夏「と、とぎゃしゃく・・・」

勇太「!?」

森夏「・・・///(ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!)」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:56:33.06 ID:QzMy/SCCO

森夏「」 ガックリ

勇太「お、おい?大丈夫か?」

森夏「(もうやだぁ・・・)」

森夏「(何言えば・・・なんて言えばいいかわかんないよ・・・)」


―「素直な気持ち」―


森夏「!!(・・・・・・)」

森夏「(・・・そうよ。言いたいことを言えばいいじゃない)」

森夏「(言うしか無いじゃないっ!)」

森夏「わたしね!恥ずかしいけど、こういう時どうすればいいかわからないわっ!」キリッ

勇太「ん!?(なんだどうした?いきなりこの強気オーラは)」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:00:38.08 ID:QzMy/SCCO

森夏「だからね、もう雰囲気だの手順だの、・・・手順なんかあんのか知らないけどっ」

森夏「はっきり一言で言いますっ!」ジッ

勇太「」ドキッ

森夏「富樫君!私は貴方の事が好きですっ!」

森夏「私と付き合って下さいっ!!お願いしますっっ!!」カァァ

勇太「な・・・!!」カァァ


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:05:27.75 ID:QzMy/SCCO

森夏「(言った・・・言ったわ・・・)」

森夏「(言っちゃったっ!!)///」カァァ

勇太「あ、・・・えと・・・」

森夏「どうですかっ!?」キッ

勇太「う」タジロッ

森夏「今すぐは答えられませんか!?時間要りますか?それとも私とは無理ですか!?(えぇぃ、ままよっ!)」ズィズィ

勇太「ちょ、ちょっと待て、待て!」

森夏「・・・・・・はい」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:11:46.41 ID:QzMy/SCCO

勇太「・・・その、本気、なんだよ・・・な?」

森夏「っ!当たり前じゃないのっ!」

森夏「こんな事っ!ふざけてなんてやらないわよっ!」

勇太「すいませんすいませんすいません!」

勇太「告白されたのなんて初めてだったもんでっ、ビックリしてるんだ!」

森夏「そう」

森夏「・・・・・・今のすみませんは、謝罪のすみませんだよ、ね?」

勇太「!あ、ああ!断ったわけじゃない」

勇太「・・・・・・///」

森夏「!・・・///」

森夏「で、どうなのよっ!こたえっ!」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:18:28.49 ID:QzMy/SCCO

勇太「・・・うん・・・」

勇太「その、・・・ホントに俺でいいのか?」

森夏「なぁによっ、それっ」肩でドンッ

勇太「いや、だってさ・・・俺、丹生谷に釣り合わない気がして・・・」

勇太「お前可愛いし・・・高校の時と同じで、やっば男の人気相当高いからさ・・・」

森夏「///」カァァ

勇太「あ・・・///」カァァ


118: 二人はベンチ座ってます 2013/02/02(土) 04:23:40.03 ID:QzMy/SCCO

森夏「な、何よその、情けない感じっ・・・///」

勇太「だ、だってさ・・・・・お前なら、もっとカッコいい奴といくらひゃっっっ!?」

森夏「」ワキバラコチョコチョコチョコチョ

勇太「ちょっ!やめっ!はひゃっひゃっ!!」

森夏「」コチョコチョ+ウナジミミウライジイジリ-

勇太「ひうっ!ひゃっひゃっ!たっ、タンマっ!タンマっ!」

森夏「」

勇太「はぁっ・・・はぁっ・・・おま」

森夏「」ダキッ

勇太「」ドキッ


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:26:55.51 ID:QzMy/SCCO

森夏「ばか」ギュウッ

勇太「」

森夏「こうゆうことしてたいのよっ」

勇太「丹生谷」

森夏「あんたとこうゆうこと、これからもしてたいのよっ!」


森夏「わたし以外の人とは嫌なのっ!」


勇太「・・・・・・うん」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:32:44.78 ID:QzMy/SCCO

勇太「丹生谷」

森夏「ん」

勇太「これからは人前ではやらないって約束出来るか?」

森夏「え・・・・・・?」

森夏「・・・それって嫌って、こと・・・?」

勇太「アホ、違うよ」

勇太「んんっ・・・その・・・あれだ・・・うん」


勇太「これからは、人前でやると、だ・・・」

勇太「ホントにただのいちゃつき合いになっちまうわけだからな///」

森夏「!!・・・はいっ!///」


おわり


125: 補足おまけ 2013/02/02(土) 04:37:26.03 ID:QzMy/SCCO

―喫茶店―

森友B「うまくいったかなぁ・・・」

森友C「いってて欲しい」

森友A「大丈夫だとは思うんだけどねー」

森友A「富樫君も満更じゃなかったでしょうし」

森友BC「やっぱそうだよね?」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:45:24.46 ID:QzMy/SCCO

森友A「他に意中の相手がいたりしたなら、彼ならもっとキッパリ止めさせてたろうし」

森友A「ですよね?くみんさん」

くみん「だと思うよ~」

くみん「それに高校時代からなんやかんやで好きだったと思う」

森友A「さっきはすみませんでした」

森友A「ちょっと肩押すつもりがいつのまにやら熱くなってしまって」

森友A「こっちがムキになっちゃってました」ハンセイ

森友B「お水、ありがとうございました」

くみん「気にしなくていいよぉ~」

くみん「いいお友達持ったよ。モ、森夏ちゃんは」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 05:00:08.46 ID:QzMy/SCCO

森友C「(モ・・・?)なんか私達二人は茶化すくらいしか出来なかったけどね」
森友B「ほんとほんと、情けないです」

森友C「ほとんど斬り込みのAのお手柄です」

森友A「その呼び名やめてぇ!ってか、私のやったことなんて、まんま煽動よ・・・」

森友A「友人として最低・・・」

くみん「そうかなぁ~素直になれない娘にはこれくらいが調度いいと思うけどな~」

森友C「実際、富樫君にアプローチかけそうな娘もいたんでしょ?」

森友B「その娘如何じゃ、ホントに取られてたかも知れなかったしね」

森友C「森夏ちゃんは想いを伝えられないまま」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 05:20:04.36 ID:QzMy/SCCO

くみん「森夏ちゃんって、高校時代から普段はハキハキした娘だったけど」

くみん「肝心な気持ちは周りにひた隠そうとする感じもあったからねぇ~」

くみん「(中二病って過去を一際汚点として引き摺ってたのも関係あるのかな・・・)」

森友C「富樫君への気持ちのこととかですね」

森友B「隠して隠して意地張る内に気持ちも隠れた感じかな」

森友A「富樫君に対するあの接し様自体は、傍目には丸判りだったんですけどね」

くみん「きっと募った気持ちが無意識的にそうさせてたのかもね~」

森友B「見てますねーくみんさんはおっとり系なのに結構スキない人ですよねー」

森友AC「(ばかっ!!)」

くみん「」ジッ

くみん「んふふ~」

森友B「ははは・・・ゴクゴク」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 05:21:45.48 ID:QzMy/SCCO

蛇足おわり


これにて終わりに候



『中二病でも恋がしたい!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿