TOP > アイドルマスター > あずさ「バレンタインは雪降る宿で」

あずさ「バレンタインは雪降る宿で」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:47:04.84 ID:xRFxj8lz0

2月12日
午後8時13分

律子「遅くまでお疲れ様です、あずささん」

あずさ「普段は伊織ちゃんや真美ちゃんが私を助けてくれていますから、こういう時は私が頑張らないと、ですもの」

律子「丁度二人とも学校のテスト期間に入ってるんで」

あずさ「うふふっ、学生さんですからね、勉強も大事ですもの」

律子「そうですね…あっ、そういえば。今日のお仕事はこれで終わりですけど、どこかよりたい場所はありますか?」

あずさ「そうですねぇ、それじゃあ、ちょっとスーパーに余って頂いてもいいですか?」

律子「え?晩御飯の準備ですか?」

あずさ「ええ、それもあるんですけれど…その」

律子「ははぁん…成程、分かりました、良いですよ」


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:47:32.47 ID:xRFxj8lz0

律子「バレンタインでしょ、分かってますよ、誰に渡すかは」

あずさ「あ、あらあら、何の事かしら」

律子「友チョコにしては気合が入り過ぎですもん、その顔。さしずめ相手は」

あずさ「り、律子さん!」

律子「あはははっ、ごめんなさい、つい」

あずさ「んもうっ…」

律子「…やっぱり手作りですか?」

あずさ「そうですねぇ…やっぱり渡すなら手作りで、私の気持ちを伝えたいですもの…プロデューサーさんに」

律子「あ、やっぱりプロデューサーだ」

あずさ「あっ…律子さん!今のは聞かなかったことにしてください!」

律子「あはははははっ、分かってますよ、ホントあずささんってば分かりやすいんだから…」

あずさ「…」

律子「頑張ってください、私はあずささんが幸せになってくれることを望んでるんですから…運命の人、でしょ?」

あずさ「…それは、まだわかりません…」

律子「…大丈夫ですよ、きっと、プロデューサーは最後の最後には、あずささんの気持ちに応えてくれると思いますから」

あずさ「…だと良いんですけれど…」

律子「…春香、美希、それに真ちゃんってところですかね?」

あずさ「春香ちゃんが、きっと作ってくるんでしょうねぇ…」

律子「あずささん、気持ちですよ、気持ち」

あずさ「…そうですね、私、頑張ってみます!」

律子「その意気ですよ!」

あずさ(うふふっ、そうよね…気持ちでは多分…ううん、絶対に負けないわ!)

律子「あ!あずささん!レジはこっち!」

あずさ「あ、あらあら…」


3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:48:35.42 ID:xRFxj8lz0

2月13日
午後12時29分

あずさ(とは言ったものの…)


亜美「ねえねえはるるん。亜美達もはるるんのチョコがほしいよぅ」

真美「ベターで蕩けて甘々な奴が食べたいよぅ」

春香「ビターでしよ、それを言うなら。しかもビターで甘々ってどういう事?」

真美「あははっ。そうとも言うね!」

亜美「いーなー、に~ちゃんは皆からチョコが貰えてさー」

真美「え?亜美、作んないの?」

亜美「に~ちゃんに?うん、作るけど」

真美「そっか」

春香「千早ちゃんはどうするの?」

千早「わ、私はあまり、そう言うのは得意じゃないし…」

春香「大丈夫だよ!私が教えてあげるよ!」

千早「そ、そう…。なら」

あずさ(そうよね…皆、作るのよね…)


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:49:10.57 ID:xRFxj8lz0

春香「あずささんは、どうするんですか?」

あずさ「ええっ?!わ、私は?さあ?どうかしら~」

春香「あっ!ズルいですよあずささん!」

亜美「あずさおねーちゃんのチョコも食べたーい!」

伊織「アンタ達、頂戴頂戴言うだけじゃなくて、自分で作るって気はないわけ?」

春香「そう言う伊織はどうするの?」

伊織「べ、別に私はプロデューサーに」

春香「え?私はプロデューサーさんのことは言ってないよ」

伊織「~!」

亜美「あーっ、いおりん真赤になってるー!」

真美「さては兄ちゃんに甘々なチョコレートを渡すつもりだったんですなぁ」

伊織「うっさいわね!ちょっと黙ってなさい!誰があんなボンクラにチョコを渡さなきゃいけないのよ!」

亜美「そっかー、そんなにに~ちゃんの事が嫌いだったら、渡さないよねぇ」

真美「兄ちゃん悲しむだろうなぁ…」

伊織「あっ…だから、その…」

亜美「ほらー、やっぱり上げるんでしょ?」

真美「プロデューサー…し、仕方がないわね、このウルトラスーパーハイスペックな伊織ちゃんがウルトラ甘いチョコレートを上げるわよ!って」

千早「…!」

伊織「千早!アンタもそんな隠れて笑わないでよ!それに真美は微妙に似ててなんか鬱陶しい!」


5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:49:37.75 ID:xRFxj8lz0

真美「わーい、いおりんが怒ったー」

あずさ「うふふっ、確かに、今の物真似は結構似てたわねぇ」

伊織「ちょっとあずさ!アンタも笑うんじゃないわよ!」

あずさ「あらあら、ごめんなさい、伊織ちゃん」

伊織「ちょっとあずさ抱きしめないでそんなそこ違うにゃー!」

P「何だ?何か賑やかだな。律子は?」

伊織「そろそろ帰ってくるんじゃないかしら」

P「そうか。ああ、あずささん、丁度いい所に」

あずさ「はい?」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:50:13.95 ID:xRFxj8lz0

P「えーとどれだこの手帳だっけ?あ、れ?ああ、あった、これだ。実は、急遽今から取材とスチール撮りが入って、おまけにBBSの「あず散歩」が急遽ロケが決まって、明日から何ですけど大丈夫ですか?」

あずさ「あら…急ですね」

P「今週末雪が降るかもって事で、スケジュールを前倒ししてのロケなんです、申し訳ないですが…」

律子「ただいま戻りました」

P「ああ、律子、実は赫赫云々で」

律子「えーと、明日は………あ、私、局側との打合せがあって、こっちを離れられないんですよ…」

P「え?そうか、弱ったな…」

あずさ「私一人でも行けま」

律子「プロデューサー、あずささんの付添、お願いできますか?

P「え?俺?」

律子「はい、何せほら、山の中ですし、何かあった時あずささん一人じゃ、ね?」

あずさ(あれ?律子さん、もしかしてこれって)

P「えーと、俺の明日の予定は…うん、いける…明日の7時ごろ、あずささんの家まで迎えに行きます」

あずさ「は、はい、分かりました」


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:50:54.72 ID:xRFxj8lz0

2月13日
午後10時39分

あずさ「…はぁ…この時間じゃ、もうチョコを作る時間も無いわね…もっと早くに作っておくべきだったかしら…でも、せっかく上げるなら出来たての方が…はぁ…寝ましょう、明日も早いし…」


あずさ(…何だか、悔しいわぁ…春香ちゃん、美希ちゃん、伊織ちゃん、真ちゃんや雪歩ちゃんが、どんなチョコレートを用意するのかしら………)



2月14日
午前6時55分

P「ああ、あずささん、少し早いですけれど、おはようございます」

あずさ「…おはようございます」

P「あ、あの、あずささん、どうかしたんですか?」

あずさ「え?」

P「何だか、その、元気がないって言うか」

あずさ「え?あ、あの、そんな事、無いですよ、うふふっ、ちょっとまだ、眠くって」

P「そうですか…なんせ今度は山奥の温泉郷の取材ですからね。ちょっと朝が早いですけど…スイマセン、向こうに押し切られる形になっちゃって」

あずさ「そんな、プロデューサーさんの所為じゃないですよ」

P「はい…そう言っていただけると助かります…それじゃあ、行きましょうか」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:51:22.39 ID:xRFxj8lz0

2月14日
午前7時22分

『――――天気予報です。これから関東甲信越地方では、午後から雪が降り始め、山間部では吹雪くところもあるでしょう。平野部でも午後から明日の昼に掛けて、多い所で20cm近い積雪を予測しています。次のニュースです』

P「…もしかして、泊まりになるかな…」

あずさ「え?」

P「…いえ、山奥だし、吹雪出したら道路も封鎖だろうしなぁ…」

あずさ「あら…」

P「…ま、そうなったら、丁度いい休暇ですね」

あずさ「ふふっ、律子さんが怒りますよ」

P「俺は兎も角、あずささんは少しくらい休んだって、誰も怒れませんよ、いつも頑張ってますからね」

あずさ「それは、他の子達だって…」

P「あずささんは、1人で気負うところがある気がするんです」

あずさ「私が?」

P「自分が、大人だから、最年長だからって」

あずさ「…そう見えますか?」

P「俺には、見えます…もう少し、気楽に構えてくれてもいいのになって」

あずさ「…そう、でしょうか?」

P「ええ、あずささん、やっぱりみんなのお姉さんだなって、いつも思いますよ」

あずさ「うふふっ、私は、皆の事、妹みたいだなぁって思うときもあれば、歳の近い友達みたいに感じる時もあるし、私よりも年上に感じるときだってあるんです…だって、皆しっかりしてますから…」

P「…あ…」

あずさ「雪、降ってきましたね…」

P「…雪景色での撮影になりそうですね…楽しみではありますね。あずささんが雪景色の中歩いてるの、凄く絵になりそうですから」

あずさ「あ…あらあら、褒めても何にも出ませんよ」

P「本当ですって!だから―――――」


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:52:07.81 ID:xRFxj8lz0

2月14日
午後6時00分

あずさ「はい、雪景色がきれいな、温泉郷でのあず散歩、いかがでしたでしょうか?皆さんもぜひ、ふらりと立ち寄られるのも、良いかも知れませんねぇ。という訳で、今日のあず散歩はここまでで~す、また次回も、お楽しみに~」

D「はい、オッケーです!」

あずさ「ありがとうございました~…凄い雪ですね」

D「いやぁ、お蔭で良い絵が取れてますよ。この番組も中々視聴率が上がってきて、本当に三浦さん様様ですよ」

AD「でも、大丈夫なんですか?今日は宿取りました?」

D「うちは全員、こっちに泊まってく積りだったんですが」

あずさ「そうなんですか…大変ですね」

P「あずささん!すいません、やっぱり今日は泊まりになりそうです」

あずさ「ええっ?!どういう事ですか?」

P「これを…」ケータイトリダシポパピプペ

『関東甲信越地方では各地で観測史上最高の積雪を予想しており、鉄道各社でも既に運休を発表しており、高速道路も――――』

あずさ「あら…」

「ええ、高速使えないし、そもそもここまでの道も雪で通行止めだし…今、事務所にも電話してました」

D「しっかし、765さんは最近すごいですね。これならその内、アイドルアワードも目指せるんじゃないですか?」

P「いやぁ、まさかそれは」

D「いやいや、最近すごいじゃない、特に映画が3本目でしたっけ?凄いらしいじゃないですか、楽しみだなぁ」

P「ありがとうございます」

あずさ(皆、頑張ってますものね…)

D「そういえば、どこに宿取ったの?どこも満室じゃ無かった?」

P「ああ、あそこの旅館に」

D「おっ、良いところを取りましたねぇ、高いんじゃないですか?」

P「まあ、押しも押されぬ竜宮小町の三浦あずささんを、ビジネスホテルじゃかわいそうですからね」


10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:52:34.20 ID:xRFxj8lz0

D「お、言うねぇ、プロデューサーさん。最近、プロデューサーさんも週刊誌に出てたし」

P「えっ?!」

D「ま、有名なゴシップ専門の画像コラ誌だから、誰も信じちゃいないけどさ。それに、プロデューサーさん、女に手を出すような事無さそうだし」

P「な、なんかそれはそれで傷つくなぁ」

D「手が早いよりはいいですよ、特にこの業界はね、それじゃ、今日はお疲れさんです」

P「お疲れ様でした…あっ、あずささん、すいません、寒かったでしょう…これ、着てください」

あずさ「でも、これじゃあプロデューサーさんが寒いんじゃ」

P「俺は大丈夫ですよ、さ、行きましょう。すぐそこの旅館が何とか部屋が取れましたんで」

あずさ「あら…大丈夫なんですか?」

P「…何とかなりますよ、たぶん」

あずさ「もし、何かあったら私も」

P「いえ、これは俺の責任ですから」

あずさ「…プロデューサーさん、やっぱり寒いんじゃないですか…手」

P「あ、あははは、いや、こんなの大したこと」

あずさ「まあ、こんなに冷やして…」ギュッ

P「あ、ああああああずささん?!」

あずさ「…こうして、手を繋いでいれば、温かいですよ」

P「…そ、そうですね、は、ははっ…むしろ、降ってくれてありがたかったですよ、下手に帰ってる途中で降りだしたら危なかった…おっと、ここです」


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:53:02.28 ID:xRFxj8lz0

2月14日
午後6時34分


P「あ…そういえば、その…あずささん、一つ、言い忘れていたんですけど」

女将「すいません、この旅館、お部屋数が少なくて…」

P「あ、いえ、当日なのに無理を言ってお願いしたんですから…」

女将「そういえば…お二人は、婚約者?」

あずさ「?!」

P「?!」

女将「いえいえ、何だかその、お似合いだわぁ、と思ってまして」

P「あー、いやその、あずささ…彼女とは」

あずさ「そそそそうですよねプロデュー…Pさん」

女将「おほほほほほっ、そんな慌てなくても大丈夫ですよ、この旅館はそう言うカップルの方が大勢いらっしゃいますから」

P「あー!そ、そう言えば、夕食の時間は」

女将「7時でよろしいですか?今から板長が腕を振るって準備しますので」

P「お願いします」

女将「では、仲良く、ごゆっくり」


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:53:28.22 ID:xRFxj8lz0

P「…心臓が飛び出るかと思った」

あずさ「…私は…別に、嫌じゃないですよ?」

P「え?!」

あずさ「な、な~んて」

P「も、もう、驚かさないでくださいよ…」

あずさ「うふふっ」

P「…でも、なんかすいません…相部屋になってしまって」

あずさ「うふふっ、良いですよ、私は…その…」

P「…」

あずさ「…」

コーイーヲーユメーミールオヒメサマハー♪

P「ああ、律子か、どうした…え?あ、うん、相部屋に…っ!声大きい…!分かってるよ、変な事なんて…分かってる分かってる…すまないな、律子、あとの手配頼むぞ…明日の昼過ぎにはそちらに着けると思うから、うん、あずささん疲れてるだろうから、オフに出来るか?…それは明後日に延ばせるだろう?うん、すまない。それじゃ」

あずさ「律子さん、怒ってました?」

P「さあ、般若の面でもかぶってたかな…」

ヴーッヴーッ

あずさ「あら?メール…律子さんから?」


律子『あずささん、折角作ってあげたチャンス、無駄にしないでくださいね!雪が降ったのも計算の内ですよ!頑張って!』

あずさ(ええええっ?!まさか律子さん、こうなる事を予想して?!)

P「どうかしたんですか?」

あずさ「い、いえ、何でもありません」

P「…あっ、そ、そうだ、テレビを付けましょうか!」

あずさ「そ、そうですね」

春香『じゃあね何て言わないで!』
美希『またねって言って』
春香/美希『『私の物にならなくていい、傍に居るだけで良い!』』

P「ホント、まさかこんなゴールデンタイムの番組に出演するアイドルになるなんて、皆、成長しましたよね」

あずさ「そうですね…あの頃は皆まだ、全然お仕事も無くて、律子さんが竜宮小町を立ち上げてくれたお蔭で、私や亜美ちゃん、伊織ちゃんは先にhitしてくれたんですけど、春香ちゃんや美希ちゃん達はまだまだ全然で…それが今では、こんなに皆…」

P「皆の、努力や実力のお蔭ですよ。本当に頑張ってくれました」

あずさ「私だって、頑張ったんですよ…その」

P「そうですね…あずささん、いつも皆の半歩後ろに居て、皆の事を見ていてくれましたもんね…お姉さん、って感じですよ」

あずさ「そうですね、私は皆より、年上ですから」

P「ただ、年上と言うだけでは出来ないですよ、皆の背中を見つめて、優しく諭したり励ましたり…なんていうか…愛、ですかね?」

あずさ「愛?」

P「はい、愛だと思います…羨ましいなぁ」

あずさ「どういうことですか?」

P「…俺も、その…あずささんに励まされたりしたら、もっと、頑張れるかなって…なんていうか、その…俺!」

仲居『お待たせいたしました、お食事をお持ちいたしました』


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:54:17.04 ID:xRFxj8lz0

2月14日
午後7時04分

あずさ(結局、さっきの続き、何だったんでしょう…)

P「おお、流石に豪華だなぁ、頂きます!」

あずさ「あ、そうだ、はいプロデューサーさん、ビール」

P「いえ、仮にも仕事中ですから」

あずさ「あら…私と、こうしてご飯を食べるのは、お仕事だから、ですか?」

P「そ、そんな事はありません!寧ろ、その…凄く、うれしいんです」

あずさ「だったら、良いじゃないですか♪」

P「…頂きます。あずささんもどうぞ」

あずさ「良いんですか?」

P「誰も見ていないですからね」

あずさ「あら、じゃあ、2人だけの秘密、ですね」

P「そうですね…では、乾杯!」

あずさ「乾杯~♪」

P「美味しいですねぇ、あずささんとこうしてゆっくりと話す事も無かったし…最近は特に」

あずさ「そうですね、竜宮小町になってからは私とプロデューサーさんとはあまり話していませんでしたから」

P「ええ、そういえばあずささん、最近は――――」


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:54:43.57 ID:xRFxj8lz0

2月14日
午後8時23分

P「…料理、美味しかったですか?」

あずさ「はい、とても…うふふっ、何だか不思議な感じです、プロデューサーさんと二人でこうして食事なんて」

P「こんな急じゃなくて、前から予定してあれば…」

あずさ「私は、とっても楽しいですよ…こうして、プロデューサーと二人で…」

P「あずささん…」

あずさ「うふふっ…いっつも、美希ちゃんや春香ちゃんがいて、私は中々…」

P「…あずささん」

あずさ「…あ、あらやだ、私ったら…忘れてください。あ、そうだ、そろそろお風呂もすいてるんじゃないですか?行ってみましょうか」

P「…」


15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:55:14.84 ID:xRFxj8lz0

午後8時35分

P「今なら、人も居ないですね」

あずさ「そうですね…あ、でもどうしましょう、

P「それじゃあ、あずささん、もし先に出たら部屋に戻っててください。はい、カギ」

あずさ「でも、そうなると私が後で出て来たとき、プロデューサーさんは…」

あずさ「良いですよ、俺はその辺で待ってますから」


あずさ(温泉…そういえば、温泉なんて去年の夏、皆で旅行に行ったきりかしら…)

あずさ(なんだかお肌もツルツルになってる気がする…小鳥さんにも教えてあげようかしら)


あずさ(雪の勢いも少しは収まったのかしら…?露天風呂…出てみようかな…)


16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:55:43.26 ID:xRFxj8lz0

あずさ(寒いわね…あ、でも、何だかきれいな景色…)

P『へー…綺麗なもんだなぁ』

あずさ「…プロデューサーさん?」

P『あれ?あずささん、居たんですね』

あずさ「何だか、照れちゃいます…」

P『な、何がですか?』

あずさ「…何でもありません」

P『変なあずささんだなぁ…しかし、いやー、いい湯加減だ。少し時間をずらした甲斐がありましたね』

あずさ『プロデューサーさんと、竹垣一枚隔てて同じお風呂に入っている、というのもなんだか不思議な感じがしますねぇ…』

P『あずささん、良い景色ですね』

あずさ「ええ…」

P「…雪に感謝しなきゃいけませんね」

あずさ「え?」

P「…さっきも言いましたけど、あずささんとこうしてゆっくり話す機会が出来て、逆に良かったんじゃないかと思ってますよ…覚えてますか?一番最初、俺がこの事務所に来たとき…あずささん、事務所に来れなくて、俺が探しに行ったこと」

あずさ「ええ、もちろん覚えてますよ。あの時、慌てた顔で肩で息してプロデューサーさんが私を見つけに来てくれたこと…竜宮小町になってからはそんなに話す時間も取れなかったけど、少し情けない、でも優しい表情は今でも忘れることはありません。だって、あなたは私の…」

P『…運命の人、か』

あずさ「…」

P『…ねえ、あずささん…運命の人、俺にもいると思いますか?』

あずさ「私は…信じています、どんな人にも、必ず、運命の人がいるって…」

P『…そろそろ、上がりましょうか』


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:56:15.00 ID:xRFxj8lz0

2月14日
午後9時21分

あずさ「ごめんなさい、お待たせして…寒く、ありませんでした?」

P「構いませんよって…へっくしゅっ」

あずさ「あら、大丈夫です…かっ?」フラッ

P「あずささん、大丈夫ですか?すいません、何だか長々と突き合わせてしまったようで…」

あずさ「いえ、良いんですよ。私も、楽しかったから…」

P「…俺につかまってください。ゆっくり戻りましょう」

あずさ「…はい…プロデューサーさん、大きいんですね」

P「えっ!?」

あずさ「背…こんなに差があるなんて、思ってませんでした」

P「あ、あははは…背の高さだけは、人並み以上で」


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 22:00:27.88 ID:xRFxj8lz0

2月14日
午後9時29分


P「…そうか、相部屋だった…あー、あ、あの、その、俺、そっちの椅子で寝ますから」

あずさ「そんな、私と隣の布団じゃいやですか?」

P「そ、そんな事はありませんけど、その」

あずさ「私は…その、嫌じゃないですよ…」

P「そ、そんな事言われたら…俺、もう抑えられないじゃないですか、この気持ちを!…あずささん…俺は…その…やっぱり、あずささん、あなたの事が…」

あずさ「…私が、どう思っているのか、聞きたいですか?プロデューサーさん」

P「待って!……俺、あずささんの事が…好きなんです…プロデューサーと言う自分の立場は分かっているつもりです、でも…貴方の事が好きなんです!俺が、あなたの運命の人だって、そう言いたい…言いたいんだけど…俺は…俺には…」

あずさ(そんな悔しそうな声で、どうしたんでしょう…?)

P「俺は…頼りにならないし、仕事でもまだまだ律子や社長にも迷惑を掛けているし…」


19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 22:03:19.26 ID:xRFxj8lz0

あずさ「そんなことないですよ、プロデューサーさんは頑張っていらっしゃるじゃないですか…そんな、自分を責めることは無いと思いますよ」ギュッ

P「…あずささん」

あずさ「私は、プロデューサーさんを信じています、直接私がプロデューサーさんとお仕事をする事は少なくなってしまいましたけれど、でも、私はプロデューサーさんの事を信じていますから…」

P「…ありがとうございます…ごめんなさい、俺がこんな弱気じゃ駄目ですよね!」

あずさ「…でもそれ以上に、私はうれしいんですよ?プロデューサーさんから、好きって言って貰えたこと…」

P「…あずささんは…その、俺の事…いえ、すいません、忘れてください」

あずさ「…何故ですか?」

P「…もし、嫌いだって言われたら、俺は立ち直れませんから」

あずさ「…ホント、鈍感な人ですね…」


『チャンスですよ!あずささん!』


20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 22:04:47.09 ID:xRFxj8lz0

あずさ(ちょっとずるいかも知れないけれど…ね)

P「…あ、あの、あずさささん?」

あずさ(…行きます!)チュッ

P「えっ…」

あずさ「どうですか?プロデューサーさん…これが、私の答えです…」

P「…あずささん…愛してます」

あずさ「私もですよ…チョコは用意できなかったけれど…これで、良かったのかもしれませんね…!」ダキッ

P「ちょっ、あずささん!」

あずさ「うふふっ、プロデューサーさん顔真赤ですよ」

P「そ、それは!」

あずさ「うふふっ…プロデューサーさん…好きです」

P「…俺もですよ、あずささん…」


21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 22:05:42.15 ID:xRFxj8lz0

2月15日
午前11時39分

P「しかしまあ、無事に帰って来れて良かった…」

美希「良くないの!」

春香「そうですよ!」

P「うわぁっ?!どうした?」

美希「折角ハニーの為にチョコレート準備して待ってたのに!」

春香「しかも…」

あずさ「あ、あらあら」

春香「二人でお泊りですよ!お泊り!」

P「ま、まて、部屋は別々で」

美希「嘘を言っても無駄なの!ねー律子…さん!」

律子「すいません、大声出したら丸聞こえでした」

P「あー」

伊織「ま、何となく予想はしてたわよ」

真美「そういいつつも」

亜美「実はちょっと焼きもちを焼いてるいおりんであった」

伊織「別に妬いてなんかないわよ!」


22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 22:06:11.84 ID:xRFxj8lz0

千早(…あずささん、嬉しそう)

雪歩(真ちゃんに何時渡そうかな…)

真(あ、相部屋ってもしかしてあずささんとプロデューサー…うわぁ!ボクは何て事を考えてるんだ、でも、もしかしたらでもそれは)

やよい「あっ、プロデューサー!昨日皆にも配ったんですけど、かすみと一緒に作ったんです、良かったら食べて下さーい」

P「お、おお、ありがとなやよい」

美希「ちょっと待つの!やよいだけ抜け駆けは許さないの!ハニー、美希のチョコレートだよね、最初に食べるのは」

春香「私のですよね?プロデューサーさん」

伊織「あ、アンタが食べたいって言うんなら、私のを」

あずさ「…えいっ!」ギュッ

P「え?!」

あずさ「…皆には、負けませんよ!」

美希「あずさの宣戦布告なの!」

春香「あわわ…一番手ごわい人が…」

貴音「まこと、面白い事になってまいりましたね」

響「何々、何の話?」

亜美「あずさお姉ちゃんの目がマジだよ真美」

真美「これは楽しくなりそうですなぁ、どうですか解説のりっちゃん先生」


23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 22:08:53.77 ID:xRFxj8lz0

律子「あずささん…頑張ってください」

やよい「何だかよく分からないけど、皆さん頑張ってくださーい!」

千早「あずささん…きっと、大丈夫ですよ。ね、律子」

律子「プロデューサーもまんざらじゃなさそうだし、やっぱり二人で止まらせて正解だったわね」

千早「確信犯だったの?」

律子「さあ、全ては雪の所為よ」



小鳥「…はぁ…賑やかね、あずささんも幸せそうで、本当に良かった……はぁ…私にも運命の人、来ないかなぁ…」




25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 22:14:38.14 ID:xRFxj8lz0

何だか何が書きたいのかよく分からなくなったけど、とりあえずこれでチョコを貰ったことにする。脳内変換素晴らしい。



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿