TOP > アイドルマスター > P「貴音、やめてくれ」

P「貴音、やめてくれ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 18:33:23.77 ID:6SVyWS8b0

P「……」カタカタカタ

貴音「っ、っ、っ。 っ、っ、っ。」

P「……貴音」

貴音「っ、っ、っ、っ、っ、っ、っ。」

P「おい貴音、やめてくれ」

貴音「なんでしょうか」

P「三三七拍子でヘッドバンギングするのはやめてくれ」

貴音「何故ですか貴方様」

P「仕事中だ。視界の端でチラチラするのが目につく」

貴音「……申し訳ありませんでした……」

P「……」

P「シャンプー、変えたんだな」

貴音「!」

P「良い匂いだ。こっちのほうが俺は好きだよ」

貴音「あ、貴方様……!」ジーン


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 18:39:55.17 ID:6SVyWS8b0

貴音「~♪」タッタッタッ

P「……」カタカタカタ

貴音「ふっ!」スッ ズダンッ!

P「……貴音」

貴音「なんでしょうか」

P「雑巾がけの途中で倒立ブリッジするのはやめてくれ」

貴音「何故ですか貴方様」

P「仕事中だ。音が気になるだろ」

貴音「……申し訳ありませんでした……」

P「……」

P「その雑巾、お前が作ったのか?」

貴音「! こ、これはその……響に教えて貰って……初めて縫った物なのですが……」

P「初めてにしてはよく出来てる。綺麗なもんだ」

P「頑張ったな、貴音」

貴音「あ、貴方様……!」ジーン


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 18:44:28.28 ID:6SVyWS8b0

P「………」カタカタカタ

貴音「……」....スッ

ピンッ クルクルクルクル....

貴音「……ほぅ……」

P「……貴音」

貴音「……なんでしょうか」

P「机の上で100円玉を回すのはやめてくれ」

貴音「何故ですか貴方様……」

P「仕事中だ。銭の音は耳につく」

貴音「……申し訳ありませんでした…………」

P「………」

チャリンッ

貴音「! あ、貴方様、これは?」

P「買ってこいよ、チキンラーメン。 これなら足りるだろ」

貴音「あ、貴方様……!!」ダッ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 18:52:23.16 ID:6SVyWS8b0

P「……」カタカタカタ

貴音「……ふっ」ポイッ

貴音「ふっ、ふっ、ふっ、ふっ」スッスッスッスッ

P「……貴音」

貴音「なんでしょうか」

P「卵をつかってジャグリングするのはやめてくれ」

貴音「何故ですか貴方様」

P「仕事中だ。卵が割れるのが心配になるだろ」

貴音「……申し訳ありませんでした……」

P「……」

P「貴音、卵貸せ。 ここでいいのか?」

貴音「! そこです!そこの卵ポケットです!」

P「全く……いい加減卵割りくらい出来るようにならんか」パカッ

貴音「あ、貴方様……!!」ジーン

P「ちゃんと三分待つんだぞ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 19:00:28.02 ID:6SVyWS8b0

P「……」カタカタカタ

貴音「……」

貴音「……」スッ

トントントントン

P「……貴音」

貴音「なんでしょうか」トントントントン

P「誕生日占いの本を使って俺の肩を叩くのはやめてくれ」

貴音「な、何故ですか貴方様」

P「俺はそれほど肩凝っちゃいない。それに意外と分厚くて痛い」

貴音「……申し訳ありませんでした……」

P「……」

P「俺は○月×日生まれだぞ」

貴音「!」

P「相性、調べといてくれ」

貴音「あ、貴方様……!」ジーン


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 19:07:11.27 ID:6SVyWS8b0

P「……」カタカタカタ

~♪ ~♪

貴音「すぅぅぅぅぅ……」

貴音「……はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」

P「……貴音」

貴音「なんでしょうか」

P「俺の隣でラジオ体操の深呼吸だけを何度も続けるのはやめてくれ」

貴音「何故ですか貴方様」

P「仕事中だ。耳の中に息が入ってなんとも言えん気分になるだろ」

貴音「……申し訳ありませんでした……」

P「……」

P「大丈夫だ。もうラーメンの臭いはしない」

貴音「!」

P「いつもの貴音の良い匂いしかしないよ」

貴音「あ、貴方様……!!」ジーン


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 19:14:33.15 ID:6SVyWS8b0

ペラッ ペラッ.....

貴音「……」

P「………」カタカタカタ

貴音「~♪ ~♪」ペラッ

P「……貴音」

貴音「なんでしょうか」

P「ここでラーメン特集の本を読むのはやめてくれ」

貴音「何故ですか貴方様」

P「よだれが垂れてるんだよ」

貴音「!!」バッ

P「仕事中だ。可愛すぎて集中できん」

貴音「も、申し訳ありませんでした……」

貴音「…………」

貴音「えっ!?」バッ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 19:22:30.02 ID:6SVyWS8b0

貴音「……」

P「……」カタカタカタ

貴音「……う……」ウズ....

P「………」カタカタカタカタ

貴音「……むぅ……」ウズウズ....

P「……貴音」

貴音「! な、なんでしょうか!」バッ

P「俺の方を見ながらうずうずするのはやめてくれ」

貴音「な、何故ですか貴方様っ」

P「仕事中だ。集中できん」

貴音「………申し訳―」

P「あと5分待ってろ」

貴音「!」

P「さっさと片付けるから」カタカタカタカタカタ

貴音「あ、貴方様……!!」ジーン


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 19:31:06.44 ID:6SVyWS8b0

―某ラーメン屋


貴音「―――!!! ――!!」ジタバタ

P「わかってるわかってる。やっぱり美味いなここは」

貴音「―――!! ―――!!! ――!!」ジタバタ

P「そうだな、この鶏ガラがたまらんな」

貴音「――!!! ―――!! ―――!!!」ジタバタ

P「……貴音」

貴音「―?」

P「今日は色々待たせて悪かったな」

貴音「―!」

P「明日からは少し仕事が楽になる。だからこうやって食べまわる時間がもっと増えるハズだ」

貴音「!」

P「色々、見て回ろうな」

貴音「あ、あにゃふぁふぁま………」ジーン


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 19:33:06.57 ID:6SVyWS8b0

P「ところで貴音、そろそろ替え玉はやめてくれ」

貴音「!!」ガーン
 
 
 
 
 
おわり。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿