TOP > 進撃の巨人 > ネス「ハゲを隠したい」エルヴィン「それならば」

ネス「ハゲを隠したい」エルヴィン「それならば」

2018/02/11 15:05 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:14:00 ID:XJ9fx6po

エルヴィン「好きなものを使うといい」ドサドサドサッ

ネス「え?」


※エルヴィンの机上


 大小さまざまな瓶 数本

 広告多数

 怪しげな整髪剤 一缶

  …etc


エルヴィン「遠慮はいらない」

ネス「……はぁ」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:18:55 ID:XJ9fx6po




ネス「エルヴィン団長からいろいろ貰ったはいいが」

ネス「どれをどう使ったらいいんだろうか」

ネス「えっと……これは?」


→発毛剤リ〇ップ


ネス「毛を生やす薬なのか?」

ネス「どれどれ……」


ピトピト


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:23:12 ID:XJ9fx6po

ネス「……」

ネス「うーん」

ネス「流石にすぐに効果が出る、なんてことはないか」

ネス「ん? 似たような瓶がいくつかあるな」


→育毛剤

→養毛剤

→増毛剤


ネス「何がどう違うんだ?」

ネス「……まぁいいか」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:25:50 ID:XJ9fx6po

ネス「こっちは大きい容器だな。これは?」


→育毛シャンプー


ネス「シャンプーか」

ネス「そういやちょうど汗かいたな。午前は新兵の訓練に付き合ってたし」

ネス「試しに使ってみるか」


~30分後~


ネス「ふう、さっぱりした」

ネス「しかし、これで毛が生えるのか?」

ネス「……ん?」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:29:55 ID:XJ9fx6po

ネス「俺さっき、この瓶のやつ頭にかけたよな」→リ〇ップ

ネス「でも今シャンプーしちまったってことは」

ネス「これ、水で流れちまったんじゃねぇか?」

ネス「……」

ネス「まぁ、いいか」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:34:33 ID:XJ9fx6po

ネス「さて、今度はこっちの紙の束も見てみるか」

ネス「どれも広告、だよな?」


→ア〇ランス

→リー〇21


ネス「えっと、こっちがカツラで、こっちがえっと、発毛クリニック?」

ネス「よくわからないが、クリニックというところに直接行かないといけないようだな」

ネス「えっと場所は……内地か」

ネス「団長なら内地に行く機会もあるだろうが、俺はなぁ……」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:37:24 ID:XJ9fx6po

ネス「なんか、食い物っぽいのもあるな」


→レバー


ネス「これも効果あるものなんかな。食っていいのか?」


ヒョイパク


ネス「……」モグモグ

ネス「見た目の割にうまい」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:39:34 ID:XJ9fx6po

ネス「最後はこれか」


→怪しげな整髪剤


ネス「これも髪につければいいのか?」


ペタペタ


ネス「うわっ!? ひっどい臭いだな」

ネス「……ん?」


ツヤツヤ


ネス「ほう」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:43:28 ID:XJ9fx6po

ネス「心なしか髪に艶が出た」

ネス「あと、髪がなんというか、自由に動かしやすい」

ネス「なるほど、これで長い髪を持ってきてハゲた部分を隠すことができるのか」

ネス「ふむ」

ネス「……」

ネス「あんまり意味はないな」

ネス「さっきのシャンプーで流そう」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:47:09 ID:XJ9fx6po




ネス「ふー、さっぱりした」

シス「ネス班長!」

ネス「ん? シスか、どうした」

シス「どうしたじゃないですよ。これから俺たちの班が訓練じゃないですか」

ネス「はっ、すまん、そうだった!」

シス「班長は新兵の訓練も出られたので、お疲れだとは思いますが」

ネス「馬鹿言うな。このくらいで疲れていられるか。行くぞ!」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:51:22 ID:XJ9fx6po

~1時間後~


ネス「ふぅ……また汗かいちまったな」

シス「班長、お疲れ様です。これどうぞ」

ネス「タオルか。助かる」

シス「ネス班長、この後どうしますか?」

ネス「んー……」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:53:45 ID:XJ9fx6po

シス「ここからもとの位置にそのまま戻るにしても、長距離索敵陣形の配置を考えると――」ペラペラ

ネス(まずい。汗が止まらな過ぎて話が進められない)

シス「班長?」

ネス「すまん、ちょっと待ってくれ――ええと」

ネス(頭皮が寂しいところほど汗が吹き出るな……ん?)ピコーン


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:54:48 ID:XJ9fx6po

ネス(じゃあ、こうしたらどうだ? タオル広げて――)バサッ


キュッ


シス「あぁ、バンダナにしたんですか」

ネス「おう。こうすれば顔を上げて目に汗が垂れることも」

シス「似合いますね」

ネス「……え?」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:55:52 ID:XJ9fx6po

ネス「似合う、のか? これ」

ネス(単に実用性を重視しただけなんだが)

シス「はい」

ネス(そうなのか……)

ネス(……)

ネス(あれ?)


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:57:07 ID:XJ9fx6po

ネス(よく考えたらこれ……ハゲ隠れてね?)サスサス

ネス「……」



ネス「まぁ、いいか」





終わり


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/10(木) 00:58:54 ID:XJ9fx6po

短いですが終わりにします。

読んでくださった方、支援してくださった方ありがとうございます。



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿