TOP > 中二病でも恋がしたい! > 勇太「ん?丹生谷、具合悪いのか?」

勇太「ん?丹生谷、具合悪いのか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 07:57:32.24 ID:EhqgRla60

森夏「……」

勇太「おい、聞こえてるか?」

森夏「あぁ、うん……。大丈夫……」

勇太「って言ってもお前めっちゃしんどそうな顔してるぞ」

森夏「平気だってば……。健康よ健康……」

勇太「平気な人間はそんなテンション低くならないだろ。どうしたんだ?熱でもあるのか?」

森夏「うっさいわね……。平気だって言ってるでしょ……」イライラ

くみん(あぁ、モリサマちゃんあの日かなー)

六花(ブラッディウィーク……)

凸守(血の月齢祭デースね……)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 08:09:26.27 ID:EhqgRla60

勇太「つーか朝から辛そうだったぞ」

森夏「気のせいでしょ……」ハァ

勇太「とりあえず体調悪いなら無理して部室いなくてもいいぞ?元々活動なんてしてないようなもんだしな」

森夏「だから別に体調悪くないっつーの……」

勇太「でもなぁお前」

森夏「あーもー……しつこいわね……。何?私が部室にいたら嫌なわけ?」イライラ

勇太「そうじゃなくてだな。俺は丹生谷を心配して……」

森夏「だから何とも無いって言ってんでしょ。呪い殺すわよアンタ」イライラ

勇太「まぁ……何とも無いならいいんだけどさ。ていうか何怒ってんだよ」

森夏「はぁ?別に怒ってないっての……」イライラ

勇太「怒ってるじゃん」

くみん(モリサマちゃん、毎回重そうだもんなぁ)

六花(恐らくこの私をも凌駕する苦しみを背負いし者)

凸守(咎人にふさわしい痛みデース)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 08:18:22.05 ID:EhqgRla60

森夏「怒ってないって言ってんでしょ。何なのよさっきから。喧嘩売ってんの?」

勇太「いや……そういうわけじゃ……」

森夏「……ふん」

勇太「……」

森夏「……」ハァ…

勇太「あの……やっぱ辛そうに見えるんだけど」

森夏「うるさいわね。仮に辛かったとしても富樫くんに何の関係があるのよ」

勇太「そりゃ、だって……なぁ。一応同じ部活の仲間なわけだし放っておくわけにもいかないだろ」

森夏「お気遣いどうも。私は平気だからいい加減黙ってて。次私に何か言ったら本当に怒るわよ」

勇太「お、おう……すまん……」

森夏「……ねぇ、ちょっと。バファリン持ってない?」

くみん「ごめんね。私、薬とか必要になったことあんまり無いから携帯してないんだ」

森夏「そう……」

勇太「……バファリン?って痛み止めだよな?やっぱどこか痛いのか?」

森夏「……」イライラ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 08:26:20.47 ID:EhqgRla60

勇太「なぁ、どこか痛むんだろ?」

森夏「……」イライラ

勇太「おい丹生谷」

森夏「……チッ」

森夏「小鳥遊さん、持ってない?」

六花「闇の秘薬は眷族の一部にのみその使用を許されている。一般人においそれと渡すわけには行かない。もし闇を御す事の出来ない者が口にすればたちどころに」

森夏「あーそういうのいいから。今そんな余裕ないから。持ってんの?持ってないの?」

六花「……持ってない。ごめん」

森夏「そう……」ハァ

森夏「厨房は……まぁ持ってないわよね」

凸守「あっ!今凸守を子供扱いしたデスね!?」

森夏「あーはいはい。悪かったわよ。今日はアンタに構ってらんないの。見てればわかるでしょ」

凸守「まぁ……そうデスね。今日のところは勘弁しといてやるデス」

勇太「ん?なんだ?凸守は何か知ってるのか?俺には全然話が見えてこないんだが」

くみん(富樫くん鈍いなぁ)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 08:34:29.81 ID:EhqgRla60

ガチャ

一色「うーす。わりぃ、遅くなっちまった」

勇太「おう」

一色「ん?何かこの部屋変なニオイしないか?」スンスン

森夏「……」

勇太「そうか?俺は別に何も臭ってこないけど」

一色「んー?何ていうか、こう、鉄臭い?ような」

勇太「鉄?いや、全然」

一色「ええ?絶対におうって。くみん先輩、鉄の臭いしてますよね?ここ」

くみん「うーん、よくわからないなぁ(棒)」

一色「おっかしーなぁ。確かに臭うんだけどなぁ」

森夏「……」

くみん(モリサマちゃんのはニオイでわかっちゃうからなぁ)

六花(一色に血のセンサーが備わっていたとは)

凸守(今後は凸守もコイツには用心する必要があるデスね)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 08:42:34.80 ID:EhqgRla60

一色「あ、それより丹生谷。お前朝から具合悪そうだったけど大丈夫か?」

森夏「はぁ?何よアンタまで。なんともないわよ」ギロ

一色「うっ……。な、なんだよ、睨むなよ……」

森夏「……」イライラ

一色(ようよう勇太、何かあったのか……?)ヒソヒソ

勇太(それが俺にもさっぱりなんだ。何かさっきから丹生谷のヤツ、すげーイラついてるんだよ)ヒソヒソ

森夏「何ヒソヒソ話してんのよ。丸聞こえなんだけど」イライラ

一色「あ、あはは……」

森夏「ちっ……」

森夏「……うっ」ズゥゥゥン

くみん「モリサマちゃん、保健室行った方がいいんじゃない?」

森夏「……そうね。さすがにしんどくなってきたわ……」

勇太「あ、ほら、やっぱり体調悪いんじゃないか」

森夏「」イラッ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 08:51:59.79 ID:Fslni1Fi0

勇太「全く、変な意地張らんでもいいのに。じゃあ俺が保健室まで付き添うよ。立てるか?」

森夏「いいっての。余計なお世話よ……」

勇太「無理すんなって。ほら」スッ

森夏「いいから放っときなさいよ」バシッ

勇太「いてっ」

勇太「……お前なぁ。こっちは心配して言ってるんだぞ」

森夏「だからそれが余計なお世話だって言ってんの。何度も言わせんじゃないわよ。私の事は放っておいて」イライライライラ

勇太「な……そんな言い方はないだろ!」

森夏「あーもう大声出さないでよ……。お腹に響くから」ズゥゥゥン

勇太「ん?あ、お腹が痛いのか?」

森夏「……そうよ。もういいでしょ。保健室行くからこれ以上構わないで」

一色「よくわかんねーけどよ、腹痛いなら無理しないで最初から普通に保健室行けば良かったんじゃ……」

一色(ん?お腹……?それと鉄のニオイって……)

一色「あっ///」

森夏「……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 09:05:31.91 ID:oIAUIWHr0

勇太「?なんだ、どうしたんだよ」

一色「あ、うん、いや、ええと……つまりだな……丹生谷は今日」

くみん「一色くん、それはあんまり言わないほうがいいと思うなぁ」ニコリ

一色「へっ?あ、あぁ!そ、そうですよね!失礼しました!」

一色「あ、え、えーと……その、すまん丹生谷……。なんていうか、えっと……///」

森夏「っ……///」

森夏「と、とにかくそういうわけだから放っときなさいよね!わかった!?」

一色「は、はい……」

勇太「え?え?何?どういうことだ?全然わからんぞ?教えてくれよ一色」

くみん(富樫くん結構子供だなぁ)

六花(私もさすがにどうかと思う)

凸守(見てるこっちがイライラしてきたデス)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 09:16:03.32 ID:R7rRkAfw0

一色「教えてって言われても……」チラッ

くみん「ダメだよぉ、一色くん」ニコニコ

一色「ですよねー」

勇太「な、なんですかそれ。何で俺には教えちゃダメなんですかくみん先輩」

くみん「うーん、まぁ、色々とねぇ。この事はもうあんまり考えなくてもいいんじゃないかなぁ」

勇太「わけわかんないですよ……。なぁ六花?これじゃ逆に気になるよな?な?六花も知りたいよな?」

六花「……」イラッ

勇太「六花?」

六花「勇太。勇太は知る必要が無いという事。それだけ理解できればいい。ていうかなんかもう私も勇太にむかついてきた」

勇太「は?なんだそりゃ。知る必要が無いって……何で俺だけ?」

凸守「お前は本当にブヮカデースか。察しがつかないならこれ以上口を開かない方がいいデースよ」

勇太「お、おいおい……。何だよ皆して……。俺が何したってんだよ……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 09:30:52.40 ID:R7rRkAfw0

森夏「……とにかくマジでしんどくなってきたからもう保健室行ってくるわ……」

勇太「ま、待てよ丹生谷!何だよこれ!何で俺だけ仲間はずれにされてるんだよ!」

森夏「だから……アンタは知らなくていいって今小鳥遊さんが言ったでしょ……」

勇太「俺はただ丹生谷が具合悪そうだから心配しただけだぞ!?何でこんな……これじゃ俺が悪者みたいじゃないか!」

くみん「富樫くん、いつか富樫くんにもわかる日がくるから、今はもう忘れようよ」

勇太「無理ですよ!さっきも言ったけど逆に気になっちゃいますよ!なぁ丹生谷!教えてくれよ!何なんだよ一体!どういう事なんだよ!お前がお腹痛いってだけで何でこんなことになっちゃうんだよ!」

六花「勇太、もう黙って」

勇太「嫌だ!教えてくれ!誰か教えてくれ!!丹生谷のお腹!丹生谷のお腹がっ!なんでっ!なんなんだよおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

森夏「アンタ本当にいい加減にしなさいよ……」

勇太「いやだああああ!!!教えてくれえええええええええええ!!!!」

中学時代のぼっち生活を高校で心機一転して改善した勇太にとって、ハブられるという状況は何よりも耐え難いものだったのである。


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 09:39:24.67 ID:R7rRkAfw0

一色「ゆ、勇太、落ち着けって」

勇太「ああああああ!!!!」

勇太「おあああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

六花「丹生谷、勇太の事はいいから早く保健室に行った方がいい」

森夏「……そうさせてもらうわ」

六花「凸守」チラッ

凸守「御意。マスターの命令とあらば保健室でもどこでも連れて行ってやるデス」

森夏「悪いわね……。いつもはここまで重くならないんだけど……」

凸守「……まぁこればっかりは仕方ないデス。借しにはしないデスよ」

勇太「んおあああああああああああああ!!!嫌だぁあああああああ!!!教えてくれよおおおおおおおおおお!!!!!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 09:50:02.92 ID:R7rRkAfw0

六花「勇太、私達は別に勇太を仲間はずれにしたいわけじゃない」

勇太「じゃあ教えてくれよおおおおおおおおおお」

くみん「ごめんね富樫くん、それはちょっと、恥ずかしいというか、女の子は男の子には話したくないような事なの」

勇太「そうやって!適当なこと言って!俺をのけ者にするんだ!そうなんだあああああああああああ!!!!」

勇太「うわああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

凸守「……あれはもうダメデスね。完全にただの駄々っ子デース」

森夏「ったく……。じゃあもう行くわね……」

勇太「やあああだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

――その時である。
むせび泣く事で酸欠状態になり、弾けたシナプスはこれまで理性の制御下にあった思考では辿り着けなかった正解を一瞬にして、奇跡的に導き出した。

勇太「あっ、そうか」


勇太「生理か」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 09:59:58.01 ID:R7rRkAfw0

森夏「っ!?///」

くみん「あ……」 

六花「うわ……」

凸守「……口に出しやがったデス」

一色「ゆ、勇太……お前なぁ……」

勇太「あ……あー……そ、そっかそっか……ははは……」

森夏「……っ///」

勇太「い、いやー……ま、まぁ生理なら、うん、な。仕方ない、な……。あ……アハハ///」

勇太「う、うんうん。悪かった丹生谷。その、気が回らなくてさ……///」

森夏「ーーッ///死ね!!!」ガチャ バタン タタタ

一色「……やっちまったな勇太」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 10:12:26.72 ID:R7rRkAfw0

かくして勇太は大人の男へと一歩近づく事が出来た。
男女の間には、推して知るべし、そして口にする事なかれ――こういった物事が日本海溝のようにいくつも横たわっているのである。
それは恋人であろうと友人であろうと、身体の作りを異として産まれた男と女に未来永劫続く、『デリカシー』という名の宿命なのだ。
しかし勇太が一つ学ぶために身と心を裂かれた森夏の脳裡に過るは、『復讐』の二文字であった。

一週間後。

日直「きりーつ、れーい」

七瀬「じゃあ今日の授業はここまでね」

勇太「ふー、終わった。……っと、あ……ヤベ……」

森夏「ねえ、富樫くん」ズイ

勇太「ん?」

森夏「何でアンタ前屈みになってんの?」







『中二病でも恋がしたい!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿