TOP > アイドルマスター > P「首……ですか」 高木「ああ」

P「首……ですか」 高木「ああ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 15:53:44.72 ID:BVCznoj90

765プロ事務所(朝)

P「よし、レッスン行くぞ!」

真「え~。またですか~?」

真美「兄ちゃんが来てからまだレッスンしかしてないよー」

P「そうだ。お前らはまだまだ未熟だからな」

真「そんな事言ってもう3ヶ月もレッスンしかしてないじゃないですか!」

P「まだ3ヶ月しか、の間違いだろ?まだ後3ヶ月はレッスンを続けてもらうつもりだぞ?」

美希「美希そろそろオーディション受たいの!」

響「そうだぞ!今の自分達なら絶対受かると思うぞ」

P「確かにお前たちなら受かるかもしれないな」

美希「なら!」

P「だが、このまま受かって多少人気出たところで、今のお前らならせいぜいCランク止まりなのは目に見えている」

P「Aランクを目指せるレベルになるまではオーディションを受けさせるつもりはない」

真「仕事しながらでもレッスンはできますよ!」

P「それではどちらも中途半端になるだろう?」

美希「そんな事ないの!竜宮小町だってちゃんと出来てるの!」

P「竜宮がトップアイドルになれるとは限らないだろう?そういう事は竜宮がトップアイドルになってから言え」


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 15:55:18.44 ID:BVCznoj90

律子「ちょっと!それはどう言う意味ですか?私達がトップアイドルになれないって言いたいんですか!?」

P「そう言う事ではなくてだな……」

律子「じゃあどう言うことなんですか?P殿なんてまだ一人もデビューさせて無いのにわかった様な事言わないで下さい!」

P「なんだと!」

春香「ま、まあまあ二人共!落ち着きましょうよ。Pさんだって悪気があったわけでは無いですよ。ね?Pさん!」

P「あ、ああ。悪かった律子」

律子「いえ、私も言いすぎました……」

春香「ほら、みんなレッスン行こう?私達が未熟なのは事実なんだから、ね?」

真「まあ、春香がそう言うなら……」

美希「わかったの……」

響「けどプロデューサー。オーディションの事考えといてね!」

P「ああ、お前たちがもっと成長したらな」

春香「よし、じゃあ行きますか~!」

皆「オオ~!」バタン




高木「ふむ……」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 15:56:39.76 ID:BVCznoj90

765プロ事務所(夕方)

P達「「ただいま帰りました~(なの~)」」

小鳥「はい、おかえりなさい。あ、プロデューサーさん。社長が呼んでましたよ。話があるとかで……」

P「社長が?分かりました」

春香「なにかあったんでしょうか?」

P「う~ん、わからんな」

春香「もしかして、給料上がるとかですかね!」

P「ハハハッ。それだったら最高だな!」

春香「給料上がってたら何か美味しいもの食べさせて下さいね!」

P「ああ。皆に何でも好きな物食わせてやるよ!」

真「へへっ、やっりぃ~」

やよい「うっうっー!弟達も連れてっていいですかー?」

P「ああ、もちろんだ!」

美希「美希はおにぎりをお腹いっぱい食べたいの!」

P「おう!いくらでも食わせてやるよ」

春香「二人で行きたかったんだけどな……」ボソ

P「ん?春香何か言ったか?」

春香「い、いえ!何でもありませんよ!?そ、それより早く社長室行かないと!」

P「そうだな!じゃあ行ってくる」

春香「はい、行ってらっしゃい」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 15:59:35.42 ID:BVCznoj90

765プロ社長室(夕方)

コンコン

高木「入りなさい」

P「失礼します。話ってなんでしょうか?」

高木「うむ。言いづらいんだがね……」

高木「P君。君は今日限りで首だ。」

P「首……ですか」

高木「ああ」

P「理由を聞いてもいいでしょうか」

高木「君はアイドル達に今まで一度もオーディションを受けさせていないじゃないか」

P「はい。ですがそれはまだアイドル達が未熟だからでして……」

高木「未熟なのは君の腕の方なんじゃないのかね?」

高木「今日君がアイドル達に話しているのを聞いていたが、君は何か勘違いをしているよ」

P「勘違い、ですか?」

高木「そうだ。君の仕事はアイドルをプロデュースする事だ。その中には当然アイドルの日程調整も含まれている」

高木「君はそれを放棄している。それではいかんよ」

P「ですが、仕事が増えればレッスンに費やせる時間も減ってしまします!」

高木「それを何とかするのが君の仕事なんだよ!」

高木「時間がないなら作るんだよ。気合と根性で!」


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:00:19.11 ID:BVCznoj90

P「そんなの無理に決まってますよ!それよりも地力を蓄えてから……」

高木「無理ではない!無理と言うから無理になるんだ。私が現役の頃は少しでも時間を作るように努力したものだがねえ……」

P「そんな事言ったって……」

高木「とにかく、君のやり方は認められん。変える気が無いならすぐ出て行き給え」

P「明日からアイドルのプロデュースはどうするんですか?」

高木「後任は既に呼んである。では話は以上だ。まあ、ひと月くらいは次の生活の為の準備のためにも在籍してても構わんよ」

P「……いえ、明日からはもう来ません」

高木「そうか。ならアイドルへは明日私から言っておこう」

P「……わかりました」

高木「うむ。では今日業務が終わり次第帰宅したまえ。」

P「はい。失礼しました」

高木「君の第二の人生が成功する事を祈ってるよ」

P「ありがとう、ございます……」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:03:08.04 ID:BVCznoj90

765プロ事務所(夕方)

P「失礼しました」ガチャ

春香「あ、プロデューサーさん!どうでした?」

P「あ、ああ。特に何もなかったよ……」

春香「大丈夫ですかプロデューサーさん。なんか元気無いですよ?」

P「まあ給料上がらなかったからな!」ハハハ

春香「あんまり落ち込んじゃダメですよ!また頑張ればいいんですから」

P「そうだな。ありがとう春香」

春香「いえいえ!じゃあ私はそろそろ帰りますね」

P「……そうか」

春香「お疲れ様でしたー」ガチャ

P「春香!」

春香「はい?」

P「これからも頑張れよ!お前ならトップアイドルも夢じゃないぞ」

春香「はい。がんばりますね!」

P「じゃあ気をつけて帰れよ」

春香「わかってますよ~。じゃあお疲れ様でしたー」バタン


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:04:13.19 ID:BVCznoj90

P「(これで春夏ともお別れか……)」

小鳥「どうしたんですか?プロデューサーさんまるで今生の別れみたいでしたよ?」

P「い、いやそんな事ないですよ?」

小鳥「そうですか~?ハッ、まさかプロデューサーさん、春香ちゃんに惚れちゃったとか?」

P「違いますよ。そんな事より、仕事して下さい。また残業になりますよ?」

小鳥「反応薄くありません!?」

P「音無さんの妄想に付き合うのは疲れますからね」

小鳥「ひ、ひどいですよ!」

P「さ、早く仕事しましょ」

小鳥「プロデューサーさんが冷たい」シクシク


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:05:40.31 ID:BVCznoj90

765プロ事務所(夜)

P「一区切り付いたし今日はもう帰りますね」

小鳥「あら、早いですね。いつもなら最後まで残ってるのに」

P「そうですか?まあ、僕も成長したってことですよ」

P「(明日の事やる必要もないしな)」

小鳥「それは頼もしいですね。明日からも期待してますよ?」

P「……そうですね。ではお疲れ様でした」ガチャ

小鳥「はい。お疲れ様でした」

バタン

小鳥「(なんか落ち込んでるように見えたわね。どうしたのかしら?)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:09:13.45 ID:BVCznoj90

P宅(夜)

P「なんで首なんだよ!俺の今までの努力はなんなんだよ!畜生!!」

P「(あいつらをトップアイドルにしてやるって、それだけの為に今まで自分を犠牲にしてやって来たのに。)」

P「(まだあいつらの実力ではトップアイドルには成れない。そんな事もわからんのか!あいつは!!)」

P「(これからどうしよう。俺、明日から無職なのか……)」

P「(まあいいや。今日は酒でも飲んで今後の事は明日から考えよう……)」プシュ

P「(そう言えば最近は忙しくて酒も飲めてなかったな)」ゴクゴク

P「(休みなんて無かったしな。録画してるドラマとかも全く見れてないや)」プシュ

P「(明日は溜まってるドラマ見て過ごそうかな)」ゴクゴク

P「(それとも風俗でも行くか?最近ご無沙汰だったしな)」プシュ

P「(ともあれ、暫くは休暇だと思って自由に過ごそう)」ゴクゴク

P「(仕事は、もうどうでもいいや)」プシュ

P「(貯金が無くなったら考えよう)」ゴクゴク

プシュ、ゴクゴク、プシュ、ゴクゴク、プシュ、ゴクゴク、プシュ、ゴクゴク、プシュ、ゴクゴク


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:10:39.73 ID:BVCznoj90

765プロ事務所(朝)

春香「おはようございまーす!」

小鳥「おはよう春香ちゃん。今日は早いのね」

春香「日曜日ですからね!今日も張り切ってレッスンしますよー!」

春香「ところでプロデューサーさんは?」

小鳥「そう言えばまだ来てないわね」

春香「そうですか。どうしたんだろ?いつもならもう来てるのに……」

小鳥「まあ多分そろそろ来るんじゃないかしら」

真美「おやおや~?はるるんは兄ちゃんが来なくて落ち込んでる様子ですなあ」

亜美「これはきっと……恋ですな」

春香「ち、ちがうよ!これは、そう!昨日プロデューサーさんが少し落ち込んでたからで……」

真美「んっふっふ~、言い訳なんて見苦しいですぞはるるん」

亜美「素直に認めちゃいなYO!」

春香「だから違うって!」

ガチャ

高木「みんなおはよう!」

全員「おはようございまーす(なのー)」

高木「全員揃っているようだね」

小鳥「なにかあったんですか?」

高木「うむ。実はだね、今日から新しいプロデューサーが来るんだ」


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:11:33.36 ID:BVCznoj90

高木「うむ。実はだね、今日から新しいプロデューサーが来るんだ」

千早「新しいプロデューサー……ですか?」

真「プロデューサーさんがいるのにですか?」

高木「P君はもう来ないよ」

春香「どういう事ですか!?」ガタッ

高木「P君は昨日限りで首だ」

春香「そ、そんな!?」

春香「(プロデューサーさんが、首!?……だから昨日元気がなかったのかな)」

雪歩「首だなんてひどすぎますぅ」

伊織「そうよ!どうして首になるの?」

美希「そんなのってないの!」

高木「P君が一向に成果を残さないからだ」

春香「プロデューサーさんはちゃんと働いてましたよ!」

小鳥「そうですよ。毎日一番遅くまで事務所に残って仕事していたんですよ?」

高木「彼は君たちにオーディションすら一度も受けさせていないじゃないか」

春香「それは、私たちが未熟だからですよ!」

高木「君たちの実力ならCランクは目指せる。それは彼も認めていたよ」

高木「だが彼はオーディションすら受けさせなかった。だから首にしたのだよ」

春香「プロデューサーさんが首だなんて……」

雪歩「かわいそうですぅ」

高木「オホン!とにかく、君達に新しいプロデューサーを紹介しよう。入り給え」

ガチャ

新P「今日から君たちの担当になった新Pです。よろしく」


19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:12:09.94 ID:BVCznoj90

皆「……よろしくおねがいします(なの)」

新P「前回のプロデューサーはオーディションすらやらなかったみたいだが、俺は一週間ほど君達の力をみたらすぐに受けさせるつもりだ。準備しておく様に」

響「オーディションうけるのか!?」

真「へへっ、やっりぃ~」

美希「はやくキラキラしたいの!」

新P「とりあえず今日は君達の実力を見るからすぐにレッスンにいくぞ」

皆「わかりました!(なの~)」

春香「……プロデューサーさん」

千早「春香、大丈夫?」

春香「う、うん大丈夫だよ!さ、早くいこ!」

千早「……春香」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:13:29.68 ID:BVCznoj90

レッスン場(昼)

春香「はあ……」

春香「(プロデューサーさん大丈夫かな?昨日も落ち込んでたし、心配だな……)」

春香「(うん!やっぱりプロデューサーさんの所に行こう!様子だけでも見に行きたいし)」

春香「新Pさん」

新P「ん?どうした春香」

春香「具合が悪いので今日はもう帰っていいですか?」

新P「大丈夫か?無理して体壊しても困るしな。今日は帰りなさい」

春香「ありがとうございます!」

新P「ちゃんと休んで体直せよ」

春香「はい。お疲れ様でした~」

千早「(春香、大丈夫かしら?心配だわ……)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:14:20.82 ID:BVCznoj90

P宅(昼)

ピンポーン

P「誰だ?こんな時間に……ってもう昼なのか」

ピンポーン

P「はいはい今出ますよー」

ガチャ

春香「こんにちはプロデューサーさん!」

P「春香!?どうしてここに?」

春香「プロデューサーさんが首になったって聞いて心配になってきちゃいました!」

P「……そうか。ありがとな。けど大丈夫だぞ!」

春香「プロデューサーさん、ホントにやめちゃうんですか?」

P「ごめんな、春香。社長は俺のやり方が認められないらしい……」

春香「そんな……」

P「なあ春香、俺のやり方は間違ってたのかな……?」

春香「そんな事ないですよ!私はプロデューサーさんは正しかったと思いますよ!」

P「一度くらいオーディション受けさせれば良かったのかな……?」

春香「そんなに落ち込まないでくださいプロデューサーさん!何とかなりますって!」

P「俺は!!首になったんだよ!!!もうやり直しなんて無理なんだよ!!!」

春香「落ち着いて下さいプロデューサーさん!大丈夫ですから!」

P「……すまん春香。今日は帰ってくれないか?」

春香「嫌ですよ!今プロデューサーさんから離れたら何処かに消えちゃいそうじゃないですか!」

P「少し……落ち着きたいんだ。大丈夫、何処にも行かないよ。落ち着いたら連絡するから」

春香「嫌です!プロデューサーさんが元気になるまでそばにいます!」

P「春香、気持ちは嬉しいんだけど」

ピンポーン

P「またか……。今度は誰だ?」

春香「千早ちゃんとかかも知れませんね」

ピンポーン

P「とりあえず出てくるよ」

P「どなたですかー?」ガチャ


23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:15:36.86 ID:BVCznoj90

黒井「やあ、765プロのへっぽこプロデューサー。いや、”元”だったか?」

P「黒井社長!?なんであなたがここにいるんですか?」

黒井「高木から君を首にしたと聞いてな。様子を見に来てやったんだよ。光栄に思い給え」

P「要は嫌がらせに来たって事ですね?」

黒井「嫌がらせ?何を言ってるのかね。君にとってとってもいい話を持ってきてやったのに」

P「いい話?」

黒井「ウィ。我が961プロで君を雇ってやろう」

P「どういうことですか?」

黒井「君は言葉ができないほど馬鹿だったのか?もう一度言う、君を961プロで雇ってやる」

P「ああ、トイレ掃除とかで雇うって事ですか?結構です。まだ金はあるんで」

黒井「ノンノン。君はプロデューサーとして961プロで雇うつもりだよ」

P「……なぜそんな情けをかける様な事をするんですか?」

黒井「面白いじゃないか」

P「面白い?」

黒井「考えて見た前?首にしたプロデューサーがトップアイドルをプロデュースしてるのをあいつが見てるところを」

P「それは……確かに面白いですね」

黒井「そうだろう?」

P「でも、俺にトップアイドルをプロデュースできますかね」

黒井「できる。君のアイドルを育てる能力は中々の物だ」

P「そ、そうですかね?」

黒井「ウィ。この私が言うんだ、間違いない」

P「けど、誰をプロデュースすればいいんですか?961プロの娘ですか?」

黒井「君が見つけてスカウトしてきたまえ」

P「俺がですか?」

黒井「そうだ。誰でも構わんから君がトップアイドルになると思う娘を連れてきたまえ」

P「わかりました。探してみます」

黒井「よろしい。見つかったら連絡したまえ」ガチャ

P「拾っていただき、ありがとうございます!」

黒井「期待しているよ」バタン


24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:18:37.87 ID:BVCznoj90

春香「よかったですね!プロデューサーさん!」

P「ああ、やったよ春香!今度こそ絶対トップアイドルをプロデュースしてやる!」

春香「その意気です、プロデューサーさん!あ、けど……」

P「どうした?春香」

春香「これからは、敵同士なんですね、私とプロデューサーさん……」

P「その事なんだが……」

春香「なんですか?」

P「春香も一緒に961プロに来ないか?」

春香「……本当に私でいいんですか?美希とか千早ちゃんとか、もっといい娘一杯いますよ?」

P「春香がいいんだよ。俺は、春香をプロデュースしたい!」

春香「後悔しても、知りませんよ?」

P「後悔なんてしないさ。春香は絶対トップアイドルになれる。いや、俺が絶対トップアイドルにしてやる!」

春香「歌も踊りもまだまだですけど、こんな私でいいなら、これからもよろしくおねがいしますね、プロデューサーさん!」

P「ああ!こちらこそ、これからもよろしく、春香!」

春香「じゃあ私は事務所に辞めることを伝えてきますね」

P「わかった、すまないな春香」

春香「全然大丈夫ですよ!それより明日はさっそく961プロに行きましょうね!」

P「そうだな。じゃあまた明日な」

春香「はい!また明日です。プロデューサーさん!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:19:22.48 ID:BVCznoj90

765プロ事務所(夕方)

春香「こんばんは~」

小鳥「春香ちゃん!?体は大丈夫なの?」

春香「はい、大丈夫ですよ。それより社長は今どこですか?」

小鳥「社長室にいると思うけど、まさかプロデューサーさんの件を社長に直談判するつもり?」

春香「いえ。私、765プロをやめて961プロに入ろうかと思うんです」

小鳥「ええ!?一体どうして?」

春香「プロデューサーさんが961プロに行くので……」

小鳥「そっか。春香ちゃんプロデューサーさんの事好きだものね」

春香「ち、違いますよ!私は別にそんな……」

小鳥「と言うか、プロデューサーさん961プロに行くの?」

春香「え?あ、はい。黒井社長に直接誘われてました」

小鳥「そうなんだ。プロデューサーさんにおめでとうって言っておいて貰える?」

春香「わかりました。じゃあ私は社長室行ってきますね!」

小鳥「はい。行ってらっしゃい」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:20:17.29 ID:BVCznoj90

765プロ社長室(夕方)

トントン

高木「入りたまえ」

春香「失礼しま~す」ガチャ

高木「おお、春香君か!体は大丈夫なのかい?

春香「はい、大丈夫です」

高木「それはよかった。ところで、何か用かね?」

春香「今日でこの765プロを辞めさせて頂きたいんです」

高木「……それは、P君がやめたからかな?」

春香「……はい、そうです」

高木「やめてどうするのかね?アイドルの夢は諦めるのかい?」

春香「いえ、プロデューサーさんと一緒に961プロに行きます」

高木「……そうか。向こうでも頑張りなさい」

春香「今までありがとうございました」ガチャ

バタン

高木「また黒井か……」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:21:22.48 ID:BVCznoj90

P宅(朝)

春香「プロデューサーさん、おはようございます!」

P「おはよう、春香」

春香「じゃあ早速961プロに行きましょうか!」

P「嬉しそうだな春香」

春香「だってまたプロデューサーさんと仕事できるんですよ!嬉しいに決まってますよ!」

P「そ、そうか!俺も嬉しいよ」

春香「これから頑張りましょうねプロデューサーさん!」

P「そうだな。絶対トップアイドルにしてやるからな」

春香「期待してますね!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:22:34.45 ID:BVCznoj90

961プロ社長室(朝)

P「おはようございます黒井社長」

黒井「おはよう。君が来たと言う事は決めたんだな?」

P「決めました」

黒井「ウィ。で、それは誰だね?連れてきているのか?」

P「春香です」

黒井「そうか、まあ好きな様にしろと言ったのは私だし、文句は無いよ。彼女はなかなか素質もありそうだしな」

P「ありがとうございます」

黒井「だが、彼女は承諾したのか?765プロを辞めることになると言うのに」

P「承諾してくれました。今は部屋の外に待たせています」

黒井「そうか。折角だ、連れてきたまえ」

P「わかりました」

ガチャ

P「春香、黒井社長が呼んでるぞ」

春香「失礼しまーす」

黒井「よく来たな。961プロは君を歓迎するよ」


32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:23:17.01 ID:BVCznoj90

春香「これからよろしくお願いしますね!」

P「これからどうすればいいんでしょうか?」

黒井「君達には基本的に自由にしてもらって構わない。何か希望があれば私に言ってくれ」

P「分かりました。ではレッスン場を用意してもらいたいんですが……」

黒井「ウィ。では用意しておこう」

P「ありがとうございます!」

黒井「ああ、そうだ。このビルの一室に君たちの為の部屋を用意してあるから自由に使いたまえ」

P「わかりました。事務所代わりに使わせて頂きますね」

黒井「そうしたまえ」

P「では俺たちはさっそくレッスンに行ってきます」

黒井「P君」

P「なんですか?」

黒井「期待しているよ?」

P任せてください。必ず春香をトップアイドルにして見せます!」

P「では、失礼しました」ガチャ

春香「失礼しましたー」バタン


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:23:51.35 ID:BVCznoj90

961プロ社長室前(朝)

春香「緊張しましたね~」

P「そうだな」

春香「それにしても私たちの為に部屋まで用意して貰えるなんて凄いですね!」

P「よし、レッスンの前に部屋を見に行ってみるか!」

春香「そうですね!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:25:15.54 ID:BVCznoj90

961プロ事務室(朝)

P「おお!結構広いな!」

春香「そうですね!765プロの事務所くらいあるんじゃないですか?」

P「確かにそれくらいあるな……。二人で使うとなると少し寂しいな」

春香「そうですね……。けどプロデューサーさんと一緒なら私は十分ですよ!」

P「ハハハッ。なんか照れるな」

春香「いや、その!変な意味じゃないですよ!!」カー

P「わ、わかってるよ!」

春香「……」

P「……」

P「よ、よし!じゃあそろそろレッスン行くか!」

春香「そ、そうですね!頑張りましょう!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:26:04.43 ID:BVCznoj90

961プロ事務所(朝)

P「(俺達が961プロに来てから3ヶ月がたった。)」

P「(この3ヶ月の間に765プロのアイドル達は様々なオーディションに合格し、Cランクアイドルになったらしい)」

P「(春香は765プロのアイドルが華々しい活躍をしている中でも文句も言わずレッスンについてきてくれた)」

P「(今では春香の歌やダンスはAランクアイドルのそれと比較しても遜色ないレベルにまで達している)」

P「(そろそろいいかも知れないな。オーディション、受けてみるか……)」

P「春香!」

春香「どうしました?プロデューサーさん」

P「今まで文句も言わずにレッスンについてきてくれてありがとうな」

春香「ど、どうしたんですかいきなり?」

春香「(まさか、とうとう961プロも首になっちゃたの!?ど、どうしよう!)」

P「オーディション、受けてみないか?」

春香「本当ですか!?」

P「ああ。今のお前ならAランクアイドルも夢じゃないぞ!」

春香「ありがとうございます!私、頑張りますね!」

P「ああ!それじゃあ黒井社長にこの事を報告しに行こうか」

春香「そうですね!きっと社長も驚きますよ!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:27:21.69 ID:BVCznoj90

961プロ社長室(朝)

P・春香「失礼します」

黒井「何か用かね?」

P「実は、春香にオーディションを受けさせようと思いまして」

黒井「そうか!頑張りたまえよ」

P「はい。すぐに765プロを追い抜いて見せますよ!」

黒井「もちろんだ。期待しているぞ」

P「ありがとうございます!では失礼しました」

バタン

黒井「やっとか……。おそらく彼らならAランクも遠くは無いな」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:28:06.32 ID:BVCznoj90

数日後・オーディション会場(昼)

審査員「では次の方どうぞー」

春香「はい!エントリーナンバー72番、天海春香です!よろしくお願いします!」

審査員「えっと曲はGO MY WAY!!ですね。では、どうぞ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

数分後・オーディション会場(昼)

春香「この指にとまれ~」

春香「ありがとうございました~」

審査員「……。(この娘だけ他の参加者と格が違う)」

春香「あの~?」

審査員「あ、えっとありがとうございました。結果は後ほど伝えますので控え室でお待ちください」

春香「はい!ありがとうございました!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:29:28.34 ID:BVCznoj90

オーディション会場控え室(昼)

P「お疲れ様!最高だったぞ!」

春香「ありがとうございます!」

P「他の参加者とはレベル違ったよ。合格間違い無しだ!」

春香「褒めすぎですよ~プロデューサーさん!」

P「いやいや、本当のことだよ!」

春香「けど今緊張してますよね?」

P「そんな事はないぞ!俺は春香を信じてるからな」

春香「けど、足震えてますよ?」

P「うっ。ま、まあとにかく結果発表まではあと少しだから大人しく待つぞ!」

春香「あ、今誤魔化しましたね?」

P「誤魔化してなんてないぞ!」

春香「本当ですか~?」

P「ああ、もちろんだ!」

スタッフ「え~オーディション参加者の皆様、お待たせしました。合格者を発表させて頂きます」

全員「……」ドキドキ

スタッフ「合格者は」


41: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:30:11.58 ID:BVCznoj90

スタッフ「エントリーナンバー72番 961プロ所属天海春香さんです」

P「よっしゃああああああ」

P「やったな春香!」

春香「はい!……これ、夢じゃないですよね……?」

P「ああ、現実だぞ!本当におめでとう」

春香「ありがとうございますプロデューサーさん!これもプロデューサーさんのおかげです!」

P「いや、これは春香がレッスンをずっと頑張ってきたからだぞ!」

スタッフ「合格おめでとうございます天海さん、Pさん」

P・春香「ありがとうございます」

スタッフ「3日後にここで収録です。詳しいことはこの書類で確認して下さい」

P「わかりました」

スタッフ「それと、審査員から伝言です」

P「なんでしょう?」

スタッフ「『参加者のなかで天海さんだけ格が違いました。今後の活躍を楽しみにしています』だ、そうです」

P「わざわざありがとうございました。では、お疲れ様でした」

スタッフ「はい、お疲れ様でした」

P「やったな春香!すごいぞ!」

春香「まさかこんなことまで言ってもらえるなんて、感動です!」

P「ああ。黒井社長にも報告しに行くか」

春香「そうですね!きっと喜びますよ!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:30:47.72 ID:BVCznoj90

961プロ社長室(夕方)

P・春香「失礼します」

黒井「君達か。オーディションどうだった?」ソワソワ

P「合格しました!」

黒井「本当か!?よくやったお前達!!」ガタッ

P「はい、ありがとうございます!」

黒井「ウィ。だが慢心するなよ?これからが本番だ」

P「わかってます。明日もレッスンはする予定ですよ」

黒井「よろしい。では今日はもう帰って休みたまえ」

P「では、失礼しました」

バタン


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:33:02.55 ID:BVCznoj90

1週間後・765プロ事務所(昼)

小鳥「凄かったですね~春香ちゃん」

社長「ついに彼もオーディションを受けたのか」

小鳥「けどそれも納得できるくらい凄かったです」

社長「ああ……。(私はとんでもない逸材を手放してしまったのかも知れないな)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


44: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:34:18.31 ID:BVCznoj90

1月後961プロ事務室(朝)

P「(春香の初テレビ出演から1月がたった)」

P「(春香はまさに破竹の勢いで芸能界を駆け上がり、今やCランクアイドルだ)」

P「(765プロのアイドル達は練習不足がたたりCランクで伸び悩んでいた)」

P「(俺の危惧していた通りの結果になって高木社長も後悔しているかも知れないな)」

ガチャ

黒井「失礼するよ」

春香「あ、黒井社長!おはようございまーす」

黒井「おはよう」

P「なにかあったんですか?」

黒井「ウィ。来週君達にはフェスに出てもらうことになった」

P「フェスですか?他にどんな人達がくるんですか?」

黒井「765プロだ」

春香「765プロですか!?」


46: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:36:15.09 ID:BVCznoj90

黒井「そうだ。高木から挑戦が来たんでな。喜んで受けてやったよ」

P「向こうから来たんですか……」

黒井「恐らく、Cランクから伸び悩んでいる現状を何とかしたいんだろうな」

P「確かに、今のままだと厳しいですもんね」

黒井「いいかお前達。古巣だからと言って容赦はいらん!叩き潰してこい!!」

P・春香「わかりました!」

黒井「期待しているぞ」

バタン

春香「765プロが相手ですか……」

P「ああ、絶対勝つぞ」

春香「わかってます!プロデューサーさんのやり方が正しかったって事を高木社長に分からせてやりましょう!」

P「じゃあ来週のフェスに向けてレッスン行くぞ!」

春香「はい!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


47: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:38:58.84 ID:BVCznoj90

フェス会場(フェス当日の朝)

春香「プロデューサーさん!フェスですよ!フェス!」

P「よし、練習の成果を見せつけるぞ!」

春香「わかってます!」

高木「おはようP君、春香君。久しぶりだね~」

P「高木社長!」

高木「今日はお手柔らかに頼むよ~」

P「ええ、今の春香なら手加減しても勝てますからね」

春香「ダメですよプロデューサーさん!落ち着いて下さい!」

高木「ハッハッハ。言うねえ~。成長した春香くんを見るのは私も楽しみだったんだよ。頑張ってくれたまえよ」

P「もちろんです。きっと驚くと思いますよ?春香はとても成長したので」

高木「うむ。ではフェスが終わった頃にまた会おう」

P「ええ。さようなら」

春香「もう!プロデューサーさん。気持ちはわかりますけど……ね?」

P「悪かった春香。冷静になるよ。ありがとう」

春香「いえいえ!とにかく、頑張って高木社長をギャフンと言わせてやりましょう!」

P「そうだな!じゃあ春香、準備しろ」

春香「わかりました!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


49: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:40:06.69 ID:BVCznoj90

フェス会場(夕方)

観客「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

春香「みんなありがとー!!!」

P「(結果から言えば、春香の圧勝だった)」

P「(全力を尽くしてきた765プロだったが中盤以降は殆ど春香に客を取られてしまっていた)」

P「(練習不足だった765プロの娘達は序盤からミスを連発してしまったのだ)」

P「(今回の件でやはり練習は何よりも大切だなと改めて実感させられた)」

春香「プロデューサーさん!」

P「お疲れ様!よかったぞ!」

春香「これで高木社長もプロデューサーさんを認めてくれますかね!?」

P「う~んそれはわからんな。ただ、わかってくれるとう嬉しいな」

春香「そうですね~。来ますかね?高木社長」

P「来るんじゃないか?朝来るって言ってたし……」

高木「やあ!お疲れ様P君、春香くん」

P「お疲れ様です高木社長」

高木「今日は見事だったよ。完敗だ」

P「ありがとうございます。僕が前に言ったこと、わかっていただけましたか?」

高木「ああ、私が間違っていたよ。すまなかった!!」フカブカ

P「やめてださい高木社長!わかってもらえればそれでいいんですから」


51: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:41:34.56 ID:BVCznoj90

高木「P君」

P「なんですか?」

高木「もう一度、春香君と一緒に765プロでやり直さないか?」

P「高木社長……。すいません。折角の申し出ですが、黒井社長には拾ってもらった恩があります。少なくとも春香が引退するまでは961プロをでる気はありません」

高木「そうか……。ならば君はここで頑張りたまえ」

P「はい」

高木「春香君」

春香「は、はい!」

高木「君がトップアイドルになるのを楽しみに待っているよ。頑張りたまえ!」

春香「はい!これからもっともっと頑張って行きますよ!」

高木「その意気だ!では、失礼するよ」

P「お疲れ様でした!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


52: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:43:08.95 ID:BVCznoj90

961プロ社長室(夜)

黒井「よくやったお前達!期待通り、いや期待以上だよ!」

P「これも黒井社長が拾ってくれたおかげです」

黒井「これからもトップアイドル目指して頑張りたまえよ!」

P「はい!」

黒井「うむ。では今日は休み給え」

P「はい。お疲れ様でした!」

バタン

黒井「彼らを雇って正解だったな。高木の悔しがる顔が目に浮かぶ!」ククク


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


54: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:46:26.74 ID:BVCznoj90

年末・NHKホール(夜)

春香「プロデューサーさん!紅白ですよ!紅白!」

P「そうだな!この番組が成功すれば名実共にトップアイドルだ!」

春香「とうとうここまで来たんですね……」

P「ああ。今までついてきてくれて本当にありがとうな!」

春香「こちらこそ、ここまで連れてきて貰って本当にありがとうございました!」

スタッフ「天海さーん!準備お願いします!」

P「さあ春香、出番だぞ!」

春香「じゃあプロデューサーさん、行ってきますね!」

P「春香!」

春香「なんですか?プロデューサーさん」

P「楽しんでこい!」

春香「はい!!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


55: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:48:46.14 ID:BVCznoj90

NHKホール(深夜)

P「お疲れ、春香」

春香「私の歌、どうでしたか?」

P「最高だった!流石春香だ」

春香「ありがとうございます!」

P「楽しかったか?」

春香「はい!とっても楽しかったです!今夜は寝れないかも」

P「これからもっと忙しくなる。気を引き締めて行くぞ!」

春香「わかってます!これからもよろしくお願いしますね!プロデューサーさん」

P「ああ、お前が引退するまでずっと付き合ってやるよ」

春香「引退するまで、か」ボソ

P「え?」

春香「いえ、何でもないです!さあ、早く打ち上げ行きましょう!」

P「それもそうだな」

春香「あ、そうだプロデューサーさん!」

P「どうした?」

春香「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますね?」

P「あけましておめでとう、春香。こちらこそ、今年もよろしくな」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


57: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:52:38.58 ID:BVCznoj90

1年後・日本武道館(夜)

P「(春香が名実共にトップアイドルになってから二年が経過した)」

P「(そして、今日は日本武道館で春香にとって人生最後のライブが行われている)」

P「(春香は今日のライブで引退する事になっているのだ)」

春香「ファンのみんな!今まで本当にありがとう!!」

春香「私は今日で引退します!」

ファン「やめないでえええ」

春香「最後はこの曲で締めますね!聞いてください!」

春香「GO MY WAY!! GO 前へ!! 頑張ってゆきましょう」

春香「一番大好きな 私になりたい~」

ファン「うおおおおおおおおお!!!!!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


58: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:56:36.39 ID:BVCznoj90

961プロ事務所(深夜)

P「今までお疲れ様、春香」

春香「プロデューサーさん、とうとう終わっちゃいました……私の芸能生活」

P「ああ、そうだな……」

春香「色々ありましたけど、私とっても楽しかったです!」

P「春香、俺お前をプロデュースできて本当によかったよ。ありがとう!」

春香「私もプロデューサーさんにプロデュースして貰えて、本当によかったです。けど……」

P「けど?」

春香「これからは、あんまり会えなくなっちゃいますね……」

P「……ちょっとだけ、話を聞いてくれないか?」

春香「いいですよ」

P「春香、俺は……俺はお前のことが好きだ!これからも一緒にいよう!」

春香「……本当に私でいいんですか?他にいい娘一杯いますよ?」

P「春香がいいんだ、俺は春香と一緒にいたい!」

春香「後悔しても、知りませんよ?」

P「後悔なんてしないさ」

春香「こんな私でいいなら……こちらこそ、よろしくお願いしますねプロデューサーさん!」

P「ハハハッ。なんかこんなやり取りやった事ある気がするな」

春香「961プロに入る時ですね!懐かしいです……」

P「そうだな……。そうだ、俺黒井社長に話があるんだった」

春香「私達が付き合う事を言うんですか?」

P「いや……。俺、独立しようと思うんだ」

春香「独立ですか!?」

P「ああ、黒井社長には恩がある。だけど、どうしても自分の力を試してみたいんだ」

春香「プロデューサーさんが決めたことなら、私は反対しません。これからも頑張りましょうね!」

P「よし、なら早速報告にいこう」


59: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 16:59:05.38 ID:BVCznoj90

961プロ社長室(深夜)

P「失礼します」

黒井「やあ君達、今までご苦労だった!それで、今日は何か用かな?」

P「実は、黒井社長にどうしても話したいことがありまして」

黒井「話したいこと?」

P「俺は、今日限りで961プロを辞めたいんです」

黒井「……やめてどうするのかね?」

P「独立しようと思っています」

黒井「……そうか。事務所はもう決まっているのか?」

P「いえ、まだですけど……」

黒井「ウィ。なら私がこの間かった事務所がある。そこを使いたまえ」

P「いいんですか!?」

黒井「大きさは765プロの事務所くらいしか無いが、初めはそれくらいで十分だ」

P「なぜ、そこまでしてくれるんですか?」

黒井「君と天海春香のおかげで高木の悔しがる顔を見れたからな。その礼だよ」

P「今まで、ありがとうございました。黒井社長!」

黒井「フンッ。潰れない努力をするんだな」

P「では、失礼しました」

バタン


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


63: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 17:03:12.78 ID:BVCznoj90

Pの事務所(朝)

P「春香、あの書類どこにしまったかわかるか?」

春香「あれはそこの机にしまってありますよ」

P「おお、あった。ありがとな春香」

春香「もう、しっかりしてくださいよ?もう社長なんですから」

P「わかってるよ!それより、うちの娘達のでるテレビがそろそろ始まるぞ!」

春香「もうそんな時間なんですね。今行きます!」

P「あの娘達もとうとうデビューか~嬉しいなあ」

春香「そうですね!……いつかこの子もアイドルになってくれないかなぁ」オナカサスサス

P「ああ、きっと母親に似てとっても可愛い子が生まれるからな。トップアイドル間違いなしだ」

春香「今から楽しみですね!」

P「そうだな~」

春香「これからも頑張りましょうね。あなた!」



おわり


68: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 17:08:37.30 ID:BVCznoj90

ここまで見ていただいて本当にありがとうございました
キャラ崩壊や無理やりな展開等が多々あったと思います。
初めての作品なのでどうかお許し下さい!
質問なのですが、HTML化依頼はすぐに出したほうがいいんでしょうか?
それとも少し放置した方がいいんですかね?





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿