TOP > アイドルマスター > 千早「ついてない一日」

千早「ついてない一日」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 15:55:07.81 ID:Khldiu0N0

ピリリリリリ…ピ

千早「ん…はい」

P『千早か?今どこにいる』

千早「…まだ自宅ですが…」

P『何やってんだ!今日は朝から収録だって言ってただろう?』

千早「え…ですがまだ時間は…5時…」チラ

P『もう7時だぞ』

千早「え!?」

P『はぁ…何にせよ急いでくれ、先方にはすこし遅れることを伝えておくから』

P『千早の家からなら事務所に来るより直接行ったほうが早いだろうからそのまま行ってくれ』

P『必要なものは持っていくから』

千早「は、はい…わかりました…すみませんでした」

P『ああ、出来るだけ早くな!だが怪我をしないように気をつけろよ』

千早「はい」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 16:00:47.54 ID:Khldiu0N0

千早「…はぁ」

千早「どうして目覚ましは鳴らなかったのかしら…」カチャ

千早「……電池切れしてるわね」

千早「あ…急がないといけないわ」ゴソゴソ

千早「朝は…食べてる時間ないわね」

千早「とにかく着替えましょう…」

千早(帰りに電池を買わないといけないわね)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 16:11:46.29 ID:Khldiu0N0

千早「早く出ましょう」

千早「あら…靴紐が…」

千早「……」

千早「他の靴にしましょう」トントン

千早「行ってきます」

千早「…履きなれてない靴って歩きにくいわね」

千早「でも急がないといけないわ…!」タッタッタ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 16:20:17.56 ID:Khldiu0N0

千早「え…交通規制…?」

千早「困ったわ…これじゃいつもの道が使えない…」

千早「こんな日に限って…」

千早「仕方ないわ別の道を使いましょう」

千早(どの道が一番早いかしら…)

千早「あっちね…」

ティロリン

千早「メール…かしら」

P『あとどれくらいで着きそうだ?』

千早「……」カチカチ

千早『すみません、交通規制のため、もう少しかかります…』

千早「…はぁ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 16:35:47.20 ID:Khldiu0N0

千早「やっと着いたわ…」

千早(あれから赤信号に何回も引っかかったし、通学中の小学生の列を抜けなくて時間かかってしまったわ…)

P「おお千早…やっと着いたか」

千早「あ、プロデューサー…遅れてしまって申し訳ありません…!」

P「謝るなら待っててくれたスタッフさんに謝らないとな」

千早「はい」

千早「ちょっと謝ってきます…きゃっ!!」ドテッ

P「あ、おい…大丈夫か…?」

千早「……はい」

P「…ほら、一緒に謝りに行くぞ」

千早「すみません…」

千早(まさか春香みたいに何もないところでこけるなんて…)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 16:55:35.66 ID:Khldiu0N0

千早「申し訳ありませんでした…!」

「次からは無いようにしてね、とりあえず時間押してるからさっさと準備してちょうだい」

千早「は、はい!」

P「頑張れよ」

千早「はい!」

――――――――――――
ズットネムッテイラレタラ コノカナシミヲワスレラレルー

司会「如月千早さんでした」

千早「ありがとうございました」ペコ

司会「いやぁそれにしても千早ちゃんは歌が上手だね~」

千早「ありがとうございます」

司会「アイドルって踊りながら歌わないといけないから大変だよね」

千早「そのためにみんな反復練習をこなして―…」

P(遅刻はしてしまったが、問題なく終わりそうだな)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 17:27:15.08 ID:Khldiu0N0

司会「そういえばアイドルってライブのときに変顔とかしてみんなを笑わせたりするんでしょ?」

司会「千早ちゃんもなんか変顔してみてよ」

千早「え…?」

司会「あれ?出来ないの?みんなやってるんじゃないの?」

司会「いつもみたいにやってみてよ」

千早「え…えっと…」

P(やばい…これ千早怒るんじゃないか…)ハラハラ

千早「えいっ!」プク

司会「…」

P(え…!?)

千早「お、可笑しくなかったでしょうか…?」

司会「千早ちゃんそれただ可愛いだけじゃーん」

司会「でもなるほどね、ライブを見に行く人たちにの気持ちがなんとなく分かったよ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 17:55:24.86 ID:Khldiu0N0

千早「お疲れさまでした」

P「お疲れさん」

千早「あ、プロデューサー」

P「よくあの無茶振りに応えたな」

千早「今日遅刻してしまったのは私ですし…春香ならどうするだろうって考えたらああなりました」

P「なるほどな」

P「今日のスケジュールはこの後一度事務所に戻って、ボイスレッスンか」

千早「はい」

P「じゃあ車取ってくるから待っててくれ」

千早「分かりました」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 18:07:18.15 ID:Khldiu0N0

千早(ふぅ…喉が渇いたわ)

千早「確かこっちに自販機があったわよね…」

千早「あったわ」

千早「…コーヒーにしようかしら」チャリン…ピ

千早「…」

千早「?」

千早「…」ピ

千早「出てこないわ…壊れてるのかしら…」ガチャガチャ

千早「…小銭も出てこないわ」

千早「……」

P「おーい…千早~?帰るぞー」

千早「あ…プロデューサー」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 18:19:03.84 ID:Khldiu0N0

P「ん?昼時か」

千早「そうですね」

P「どこかで食べようか…どこか行きたいとことかあるか?」

千早「私は別に…」

P「じゃあ適当に入るか」

千早「はい」

P「んじゃああのファミレスに寄るな」

千早「分かりました」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 18:30:07.21 ID:Khldiu0N0

P「好きなの頼んでいいぞ」

千早「すみません…」

P「俺はどれにしようかな~」

千早「……」ジー

P「よし決まった、千早は?」

千早「私も決まりました」

P「じゃあ店員さん呼ぶな」ピンポーン

店員「ご注文はお決まりですか?」

P「俺はこのハンバーグセットを」

千早「私はこのランチセットで…」

店員「かしこまりましたー」

店員「あ、お客様大変申し訳ありません…このランチセットについてくるヒヨコのキーホルダーですが」

店員「現在品切れですが、ご了承ください」

千早「は、はい!大丈夫です」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 18:36:06.41 ID:Khldiu0N0

P「…残念だったな」

千早「い、いえ…別にヒヨコさんが欲しかったわけでは…」

P「そうか」

千早「はい!そうです」

P「…」

千早「…」カァ

店員「お待たせしましたー!」

P「お、きたな」

千早「そうですね」

P「いただきます」

千早「いただきます」

千早「ん…美味しいです」

P「そうだな」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:10:00.10 ID:Khldiu0N0

P「よし、事務所についたぞ」

千早「あろがとうございます」

P「ああ、じゃあ車入れてくるな」

千早「はい」

P「冷蔵庫にプリンあるから食べたかったら食べていいぞ」

千早「分かりました」

コツコツ

千早「おはようございます」

亜美「あ!千早お姉ちゃん!!」

真美「おはおは→」

小鳥「おはよう千早ちゃん」

千早「おはようございます」

小鳥「お茶飲む?千早ちゃん」

千早「いただきます」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:20:05.80 ID:Khldiu0N0

小鳥「はい、千早ちゃん」

千早「ありがとうございます」

小鳥「それと冷蔵庫にプロデューサーさんが買ってきたプリンがあったはず…あら?」

亜美「ふっふっふ」

真美「プリンは真美たちが頂いた!!」

小鳥「え?人数分あったはずよ?全部食べちゃったの?」

亜美「え?亜美たち一個しか食べてないよ?」

小鳥「あらぁ?」

千早「別にプリンが無くても大丈夫ですよ」

小鳥「ごめんね、千早ちゃん」

千早「いえ、お茶美味しいです」

真美「ごめんね千早お姉ちゃん」

千早「大丈夫よ」ニコ

P「ただいま戻りました」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:26:34.35 ID:Khldiu0N0

亜美「あ!兄ちゃん!!」

真美「今すぐ千早お姉ちゃんにプリンを買ってくるのだ→」

P「え?みんなの分あっただろ?」

小鳥「それがもうないみたいで…」

P「えーおかしいなぁ」

真美「さあ早く買ってくるのだ→」

亜美「その間ゲームしてようよ!いいでしょ?千早お姉ちゃん!」グイ

千早「しょうがないわね」

P「お前たちもまだ仕事残ってるんだからあんまりのんびりはしてられないぞ?」

真美「分かってるってばYO」

P「はぁ、じゃあ買ってきますね」

千早「あの、プロデューサー無理に買ってこなくてもいいんですよ?」

P「いやせっかくだし買ってくるよ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:45:03.77 ID:Khldiu0N0

亜美「人生ゲームしようよ!」

千早「どんなゲームなの?」

真美「大丈夫!すっごく簡単だよ千早お姉ちゃん!」

小鳥(あれ?まだ仕事が残ってるんじゃないの?そんな長くなるゲームやって大丈夫なのかしら…)

亜美「まずキャラクターを決めて」

真美「サイコロふっていろんなイベントこなして」

亜美「一番お金持だった人が勝ちだよ!」

千早「簡単そうね…それなら出来そうだわ」

亜美「よし!じゃあ始めるよ~」

千早「ええ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:07:38.37 ID:Khldiu0N0

P「ただいまー」

亜美「……」

真美「……」

千早「……」

小鳥「うそ…でしょ…」

P「…?」

P「おーい!買ってきたぞ~」

P「…どうしたんだ…みんな固まって…」

亜美「あ…兄ちゃん」

真美「お帰り」

千早「……」

P「なんだゲームしてたのか」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:22:58.06 ID:Khldiu0N0

P「人生ゲームか…懐かしいな」

P「ん?千早が最下位か…頑張らないとな」

真美「兄ちゃん…問題はそこじゃないんだよ」

P「ん?」

亜美「千早お姉ちゃんの止まるマスが問題なんだよ」

P「どういうことだ?」

小鳥「実際に見てみたほうが早いです」

P「?」

真美「次千早お姉ちゃんの番だよ」

千早「ええ…」ポチ

カナシミマスー!

P「お、マイナスマスか…まあこんな時もあるよな」

真美「違うんだよ兄ちゃん!」

亜美「千早お姉ちゃん…さっきからずっと悲しみマスにばっか止まっちゃうんだよ!!」

P「へ?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:31:22.42 ID:Khldiu0N0

真美「そのせいでステータスも全然上がらなくて」

亜美「今の千早お姉ちゃんの職業フリーターだよ」

P「そんなことあるわけ…」

小鳥「公平性を出すためにカードはランダムにしてるんですけど」

真美「いじわるなカードは全部千早お姉ちゃんに当たっちゃうよね…」

千早「さっきは喜びマスに止まったけどお金が減らなかっただけね」

P「そんなバカな…」

亜美「千早お姉ちゃんもう借金が5億いってるよ…」

真美「フリーターじゃあ返せっこないよ…」

小鳥「そう簡単に人生は上手くいかないものね…」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:41:17.61 ID:Khldiu0N0

律子「ただいまー」

亜美「あ、律ちゃん!」

真美「ってことはもう仕事の時間だね…」

小鳥「し、仕事仕事!」カタカタ

P「もうそんな時間か」

真美「千早お姉ちゃん…また一緒に遊んでくれる?」

千早「ええ、また遊びましょ」ニコ

律子「二人ともー準備出来てるー?」

亜美「出来てるYO!!」

真美「真美も!」

律子「それでは行ってきますね」

P「ああ、気をつけてな」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:48:46.65 ID:Khldiu0N0

千早「あ…私もそろそろ」

P「お、そうか」

千早「それでは行ってきますね」

P「ああ、気をつけてな」

千早「はい」

P「あ…千早」

P「…まあいいか」

小鳥「どうかしたんですか?」

P「いや、せっかく買ってきたプリンを渡し忘れてたので」

小鳥「ああ、それなら帰ってからですね」

P「そうですね」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:12:05.84 ID:Khldiu0N0

千早「きゃっ」ドテ

クスクス…

千早「また転んでしまったわ…」パタパタ

千早「早くこの靴にも慣れないといけないわ」

千早(レッスン終わったあとは確か何もなかったはずだから…)

千早(電池を買って帰りましょう)

千早「あ…」

千早(今日のレッスンで使う曲の資料を家に忘れてしまったわ…)

千早「……」

千早「とりあえず向かいましょう…」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:24:40.25 ID:Khldiu0N0

レッスン後

千早「はぁ…怒られてしまったわ…」

千早「でも悪いのは自分だから文句は言えないわね…」

千早「……」

千早「はぁ…」

千早「必要なもの買って帰りましょう」

ポツ…ポツ・・ザァアアアアアアアアアアアアアア

千早「……」ビッショリ

千早「……傘も買わないといけないわ…ね」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:29:31.10 ID:Khldiu0N0

アリガトウゴザイマシター

千早「あ…上がってる…」

千早「……」ガサ

千早「…帰りましょう」

ブーン…ビシャァアア

千早「きゃっ」

千早「……」フルフル

千早「……」

千早「……」

千早「はぁ…」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:39:54.41 ID:Khldiu0N0

千早「ただいま…」ガチャ

千早「お風呂は…まだ洗ってなかったわね」

千早「とにかく着替えましょう」ヌギヌギ

千早「はぁ…今日はあまりついてなかったわ」

千早(お風呂掃除して沸かしている間に洗濯を済ませて…)

千早(ご飯は…どうしましょう…)

千早「…」

千早「まずはお風呂ね」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:46:35.87 ID:Khldiu0N0

千早「お風呂も沸かしてるし、洗濯も終わったわ」

千早「あとは…電池をかえないと…」

千早「……」カチャ

千早「あら…?」

千早「……」カチャカチャ

千早「……」

千早「……」

千早「電池が合わないわ…」

千早「……」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:55:56.41 ID:Khldiu0N0

千早「もう…何なのよ!今日は…!」

千早「はぁ…もういいわ…そろそろお風呂も沸く頃ね…」

千早「もうお風呂に入ってさっさと寝ましょう」ガラ

千早「……」

千早「栓が……」

千早「……」

千早「……」フルフル

千早「……」

千早「……」ポロ


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:06:58.55 ID:Khldiu0N0

千早「……」グス

千早「あー…ダメね…今日は」グシグシ

千早「……」キュ

千早「ちゃんと閉めたわ…」ジャー

千早「お風呂入ったら…すぐ寝ましょう」

千早「……」

千早「……」

千早「……」グシ


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:11:04.86 ID:Khldiu0N0

千早「……」チャプ

千早「……」

千早「……」

千早「……」

千早「……」

千早「……」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:15:27.69 ID:Khldiu0N0

千早「……」ザバッ

千早「……」ガラ

千早「……」フキフキ

千早「……」

千早「……」シュルシュル

千早「……」

千早「……」ブオー

千早「……」サラサラ


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:25:54.93 ID:Khldiu0N0

千早「……」モゾ

千早「あ…目覚まし…」

千早「……」

千早「確か…携帯に目覚ましの機能があった…気が…」

千早「携帯…」ゴソゴソ

千早「……」パカ

千早「あら…メール…?」カチ

P『千早ー忘れ物してるぞ 事務所に取りに来い』

千早「忘れ物…?」

千早「……」カチカチ

千早『すみません…明日でもいいですか?』


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:45:08.92 ID:Khldiu0N0

ピリリリリリ

千早「!?」

ピ

千早「…はい」

春香『あ!千早ちゃん!?もしもーし!春香だよー』

千早「春香!?なんで春香がプロデューサーの携帯に?」

春香『そんなことよりなんで事務所これないの?体調悪い?大丈夫?』

千早「いえ…体調は悪くないわ…ただ」

春香『ならこれるよね!あ、でももう遅いからプロデューサーさんが迎えに行くね!!』

P『え!?』

千早「え?」

春香『プロデューサーさんもオッケーだって!』

千早「あの…話を…」

春香『んじゃ、待っててね!あ、私は待ってるんだった…待ってるね千早ちゃん!』ピ

千早「あ、はる……一体何を忘れたのかしら…」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:58:12.23 ID:Khldiu0N0

千早「……」

千早「……」

千早(ううん…何を忘れたのか見当もつかないわ…)

千早(でも春香やプロデューサーが連絡するくらい重要なもの…)

千早(何かしら…)

ピリリリリ

千早「!」

千早「はい」

P『着いたぞー』

千早「あ、分かりました…すぐ降りますね」

P『おう』


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:03:36.20 ID:Khldiu0N0

千早「あの…」

P「どうした?」

千早「忘れ物って…?」

P「んー?」

千早「……」

P「今はプリンとしか言えないな」

千早「プリン…ですか?」

P「ああ」

千早「それなら明日でもよかったんじゃないですか?」

P「そうだな…」

P「プリンだけならな」ボソ

千早「え?」

P「なんでもない!とにかく急ぐぞ」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:07:58.11 ID:Khldiu0N0

P「着いたぞ」

千早「はい」

P「先に入るから…少し経ってから入ってくれ」

千早「?」

千早「何でですか?」

P「いいから」

千早「…わかりました」

P「いいか?絶対だぞ!」

千早「分かりましたから早く入ってください!」

P「よし」

P「じゃあ後でな」

千早「はい」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:14:51.97 ID:Khldiu0N0

千早「……」

千早「…もういいかしら」

千早「……」ガチャ

パン!!パパーン!!

「「「お誕生日おめでとうー!!!」」」

千早「……」ポカーン

春香「おめでとう千早ちゃん!!」ギュ

美希「千早さんおめでとうなの!」ギュウ

やよい「うっうー!!おめでとうございますー!!千早さん!」

千早「みんな…」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:24:56.18 ID:Khldiu0N0

小鳥「お誕生日おめでとう、千早ちゃん」ニコ

律子「おめでとう…遅くに呼び出してごめんなさいね」

真「おめでとう千早!」

雪歩「千早ちゃんおめでとう…はい…お外寒かったでしょ?お茶どうぞ」

亜美「おめでとう!千早お姉ちゃん!!」

真美「ほら!いつまでもそこの突っ立ってないで中に入ってよ!千早お姉ちゃん!」

千早「え…ええ」

貴音「真、めでたい日ですね…千早」

響「千早!!お誕生日おめでとう!プレゼントはもう少し待ってね」

伊織「おめでとう千早…それにしても連れてくるの遅すぎよ!」ゲシ

P「いてて…」

あずさ「あらあら…ダメよ伊織ちゃん…千早ちゃん、お誕生日おめでとう」ニコ


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:33:15.99 ID:Khldiu0N0

社長「いやー実にめでたいねえ」

P「ほら千早」

千早「こんなにたくさんの花…」

P「おめでとう千早」

千早「ありがとうございます…」ウル

P「!」

亜美「あ!兄ちゃんが千早お姉ちゃんを泣かした!!」

真美「いーけないんだいけないんだ!!」

P「す、すまん千早…!」

千早「い、いえ…これは嬉しくて…それに泣くつもりなんて…!」

千早「……」

千早「本当は…今日…一日全然ついてなくて…」

千早「事務所に呼ばれた時もまた何かあるのかって少し憂鬱でした」

千早「でも…こんな…」ウル


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:44:22.83 ID:Khldiu0N0

春香「そうだよ~、千早ちゃん!こんな大事なもの忘れてたんだよ」

春香「私たちに祝われもせずに帰っちゃうんだから!」

千早「春香…」

やよい「千早さん、お腹空いてませんか?」

やよい「たくさんご飯作ったので、ぜひ食べてください!」ニコ

千早「高槻さん…ありがとう、いただくわ」

伊織「千早、ケーキもあるんだから食べすぎちゃダメよ」

真美「はるるんとやよいっちとひびきんが作って」

亜美「亜美たちが飾り付けしたんだよ→」

千早「食べるのが楽しみね」フフ

P「プリンもあるぞ」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:53:08.98 ID:Khldiu0N0

響「そのあとはみんなからのプレゼントがあるぞ!」

貴音「やよい…このお肉はもうないのですか?」

あずさ「美味しいわね~」

小鳥「乾杯しましょう!乾杯!!」

雪歩「千早ちゃんご飯よそったよ~」

美希「このおにぎりはミキが握ったんだよ!」

真「貴音食べすぎだよ!僕もその肉食べたかったのに」

律子「あんたたち明日もあるんだからあんまり遅くまではいられないのよ」

ワイワイ

千早「ふふ」ニコ


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 00:00:03.79 ID:RL7kIPJX0

千早「ありがとう…みんな」

春香「千早ちゃん?」

千早「今日はずっとついてない最低な一日だったけど」

千早「こんなに祝ってもらって…最高の一日になったわ」

千早「本当…ありがとう」ニコ

春香「ふふ、どういたしまして」

千早「忘れないわ…今日祝ってもらっらこと」

春香「喜んでもらえてよかったぁ」ニコ

春香「お誕生日おめでとう」

春香「千早ちゃん!」

ハッピーバースデイend


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 00:03:03.56 ID:RL7kIPJX0

千早「あ、春香…」

春香「ん?何千早ちゃん?」

千早「携帯電話の…目覚まし機能の使い方教えてくれない?」

春香「いいよ~!」

春香「携帯を使いこなせてない千早ちゃん可愛い」

本当におわり


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 00:06:15.40 ID:RL7kIPJX0

最後入りきらなかったか…千早お誕生日おめでとうございました





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿