TOP > シンデレラガールズ > 晶葉「超能力開発装置だ!」

晶葉「超能力開発装置だ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/12(月) 23:52:02.95 ID:S9taK9KR0

晶葉「出来たぞ助手! 新発明だ!」

P「超能力が使えるようになる装置かぁ…」

晶葉「効果範囲はまだ1人だが… 研究が進めば徐々に増やしていけるだろう」

晶葉「今回は裕子に研究を手伝ってもらった」

P「その裕子はどこにいるんだ?」

裕子「はいはーい! さいきっく登場! ユッコです!」

P「どうしてボストンバッグの中に」

裕子「エスパーですから」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:12:47.47 ID:2wrsMXPk0

P「それで、俺は何をすれば良い?」

晶葉「簡単な透視の実験をしよう。早速助手にはゼナー・カードを試してもらう」

P「ただのESPカードだろ? そのくらい楽勝だ!」

晶葉「そうだな… まずは丸と四角の2種類だけでやってみるか。目標は50回中40回だ」スイッチオン

ーーー

P「嘘だろ…」

晶葉「まさか50回全て外すとは…」

P「充電はちゃんとしてあるよな?」

晶葉「………」

裕子「晶葉ちゃん?」

晶葉「…忘れていた」

P「道理でダメだったわけだ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:13:34.84 ID:2wrsMXPk0

晶葉「充電完了。今度こそ上手く行くはずだ」

P「頼むぞ晶葉」

晶葉「対象を助手にして… よし」スイッチオン

P「ッ! これは…まるで……!!」

晶葉「始めるぞ。このカードに描かれている模様は何だ?」

P「丸だ!」

晶葉「正解だ。これはどうだ?」

P「四角だな」

晶葉「正解。 次は…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:14:44.05 ID:2wrsMXPk0

晶葉「全問正解だ!よくやった!」

P「これで俺も超能力者の仲間入りだ!」

裕子「むむっ!エスパーユッコにライバル誕生の予感です!」

P「そういえばESPって結局何なんだ? 裕子」

裕子「よくぞ聞いてくれました! ESPとは
『五感や論理的な類推などの通常でありきたりの手段を用いずに、外界に関する情報を得る能力』※
の事です!」

P「お前wikiコピペしただろ」

裕子「コピペじゃありません! さいきっく引用です!」


※出典: 「超感覚的知覚」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年8月22日17:39 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:16:10.86 ID:2wrsMXPk0

裕子「プロデューサーにさいきっくアドバイスをしてあげましょう!」

裕子「イメージをすることが超能力の基本なんです!」

裕子「イメージできなければサイパワーは自由には使いこなせませんよ!」

裕子「視覚的なイメージだけでなく五感全てでイメージすることが大事です」

裕子「最終的には五感を越えたイメージが必要になります!」

P「そんなこと言われたってなあ」

晶葉「ふむ… そもそも超能力と言っても色々種類があって、それらは大きく二つに分けられるんだ」

P「というと?」

晶葉「念力や念写、瞬間移動といった現象系と透視や未来予知、精神感応などの感覚系だな」

晶葉「精神感応というのは考えていることが直接他人に伝わる能力だ」

晶葉(いわゆるテレパシーの事だな)

P(こいつ直接脳内に)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:17:47.02 ID:2wrsMXPk0

P「何はともあれ、この装置を使うと超能力者になれるんだな」

晶葉「それだけじゃない。この装置は更に能力を高める事も出来るんだ」スイッチオン

裕子「ムムム…キテます!キテます!」

裕子「サイキック・ブレイク!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:19:32.95 ID:2wrsMXPk0

P「レベルの上がったユッコの超能力を見せてもらおうか」

裕子「どんとこいです!エスパーユッコの本領発揮ですね!」

ーーーーーー

裕子「うーん、見えます。プロデューサーの記憶が… 箱マスが好きなようですね」

ーーーーーー

裕子「テレポーテーション! 今です! 掴まってください!」シュイーン

*いしのなかにいる*

P「このままでは動けない!?」

ーーーーーー

裕子「絶対加蓮! だから負けない! スリルが…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:20:47.14 ID:2wrsMXPk0

小梅「プロデューサーさん…」

P「お、どうした小梅」

小梅「この前の… 約束…」

P「ああ、ホラー映画を観る約束をしてたな」

晶葉(待て助手、行かない方が良い)ヒソヒソ

P(どうして)ヒソヒソ

晶葉(裕子を見てみろ)

裕子「」チーン


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:22:10.66 ID:2wrsMXPk0

P「どうした裕子! 大丈夫か!」

裕子「」

小梅「さっきあの子が入って来て… 急に寝ちゃったよ…?」

P「そういえば寒気がするな」

晶葉(エスパーはゴーストに弱い …そういうことか)

P「ゴメンな小梅。その約束は延期に出来ないか?」

小梅「でも… 初めて一緒に観てくれるって…」

P「今度野菜スープの怪人の話をしてやるから」

小梅「…分かった…?絶対ね…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:26:09.04 ID:2wrsMXPk0

P「超能力者も良いことばかりじゃないんだな」

晶葉「メリットのある所には必ずデメリットもあるものだ」

晶葉「装置の電源は切ってしまおう」

P「良いのか?」

晶葉「ああ。 重大な欠陥も見つかったからな」



数日後、小梅と一緒に映画を観たプロデューサーは見事に気絶してしまいましたとさ



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 00:27:47.84 ID:2wrsMXPk0

能力者は能力者にひかれ合う…という訳で4人の能力者のお話はこれでおしまいです

駄文失礼しました。



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿