TOP > シンデレラガールズ > 薫「せんせぇにプレゼントするためにクッキーつくったよ!」

薫「せんせぇにプレゼントするためにクッキーつくったよ!」

4: 即興でちょっと書く しかしCERO Aだ 2012/10/16(火) 01:35:11.92 ID:UXxGrO7X0

じむしょ

がちゃり

薫「せんせぇ、おはよう!」

P「今日も薫は元気だな、おはよう!」

ちひろ「おはよう、薫ちゃん」

薫「あのね、きのうね、かおるね!」

P「よし薫一旦落ちつけ!」

薫「えっと……せんせぇにプレゼントするためにクッキーつくったよ!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:40:58.66 ID:UXxGrO7X0

P「本当か!? ありがとう!」

薫「せんせぇにはいつもお世話になってるから、何かお返しがしたいなぁっておかあさんにそうだんしたの」

P「薫は健気だなぁ」

薫「そしたら、おかあさんが「クッキーでも作って持っていってあげなさい」っていったの!」

P「うんうん!」

薫「えへへ……食べて?」

P「いただきます!」

薫「ちひろさんも、食べて?」

ちひろ「いただきます!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:44:26.89 ID:UXxGrO7X0

P「旨い! 旨いよ薫!」

ちひろ「本当においしいわよ薫ちゃん!」

薫「えへへ……ほめられちゃった……」

P「うめぇ……うめぇ……」

ちひろ「おいしい……本当においしいわ……もしかしたら私より……ぶるぶる」

薫「ちひろさんさむいの?」

P「んぐっ……ああ、多分焦ってるんだよ」

薫「ちひろさん、なにかいそいでるの?」

P「それはけ――」

ギンッ

P「ひぃっ!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:49:10.22 ID:UXxGrO7X0

薫「せんせぇ、どうしたの? さむいの?」

P「いや……こわーいひとに……にらまれたんだ」

薫「こわいひと? どこにいるの?」

P「すぐそこに鬼や悪魔よりも怖いちh」

ちひろ「プロデューサーさぁん……?」

P「なんでもないよ、薫」

薫「…………?」

P「しかし薫はお菓子作りも上手なんだな」

薫「ううん、しっぱいばかりだったよ?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:56:12.39 ID:UXxGrO7X0

P「じゃあ、一杯練習したのか?」

薫「うん!」

P「まさか、俺にクッキーを作るために?」

薫「うんっ!」

P「ありがとう薫、すごくうれしいよ」

なでなで

薫「えへへ……」

P「さて、お返しは何がいいかな?」

薫「おかえし? せんせぇへのおれいだからおかえしいらないよ?」

P「薫がいっぱい頑張ってくれたからさ、薫のために何かしてあげたいんだよ」

薫「えーっと……むー…・…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:59:27.40 ID:UXxGrO7X0

ちひろ「真剣に悩んでますね、薫ちゃん」

P「誰も一つしかかなえないなんて言ってないんだけどなぁ?」

薫「あれも……だめ……これも……だめ……」

P「そんなに頼みたいことあるんですかね?」

ちひろ「私にはわからないですねー」

P「でしょうね」

ちひろ「どういう意味なんでしょうね……?」

P「言いません。 ですのでその黒いオーラをしまってください」

ちひろ「…………もう」

P「薫ー、決まったかー?」

薫「きまったよ! せんせぇ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:04:00.98 ID:UXxGrO7X0

P「おお、何だ?」

薫「えっとねー、かおると……」

P「と?」

薫「いっしょにおでかけしよう!」

P「何だお安い御用……って」

薫「せんせぇ? どしたの?」

P「おでかけ?」

薫「うん!」

P「薫と?」

薫「そぉだよ?」

P「どこ行くの?」

薫「どうぶつえん!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:10:04.76 ID:UXxGrO7X0

P「うーん……」

薫「せんせぇ、どしたの?」

P「薫のお父さんとお母さんはOKするのかなって」

薫「せんせぇなら大丈夫だっていってたよ!」

P「oh...」

ちひろ「薫ちゃんは遠慮がちな子ですから……たまの我侭くらいいいんじゃないですか?」

P「それもそうですね……いいぞ、一緒に動物園行こうか!」

薫「わぁい! せんせぇとどうぶつえんだ!」

P「しかしどうしましょう」

ちひろ「何がです?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:15:24.27 ID:UXxGrO7X0

P「2人で行くべきかと思いまして」

ちひろ「大丈夫ですよ。 薫ちゃんの親御さんも信用してくださっているみたいなので」

P「では一応ご両親に連絡を入れてきます」

ちひろ「わかりました」

薫「わーいわーい! あれ?せんせぇは?」

ちひろ「薫ちゃんのお父さんとお母さんにクッキーのお礼の電話をしてくるって」

薫「なんで?」

ちひろ「このクッキーは薫ちゃん1人で作れたの?」

薫「ううん、てつだってもらったよ」

ちひろ「そうしたら、手伝ってくれた人にもお礼を言うよね?」

薫「……そっか!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:21:19.74 ID:UXxGrO7X0

ちひろ「うん。 だから、お電話しに行ったの」

薫「そっかぁ……かおるも、お礼を言わなきゃ」

ちひろ「薫ちゃんはえらいね♪」

なでりなでり

薫「えへへ~♪」

P「薫ー、ご両親も喜んでたぞ!」

薫「うん! かおるもお礼するんだー!」

P「お礼?」

薫「てつだってもらったから、そのおれいをするの!」

P「薫は偉いなぁ」

なでりなでり

薫「きょうはいっぱいなでなでしてもらえ~♪」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:27:39.25 ID:UXxGrO7X0

P「ご両親へのお礼は、動物園のお土産にしよう!」

薫「さんせぇ~!」

P「よし! 今日はレッスンだけだから、支度しておいで」

薫「はぁい!」

がちゃり  ばたん

P「さて……」

ちひろ「お手伝いします」

P「はい……スケジュールをちと強引にズラしましょう」

ちひろ「薫ちゃんはすぐ取れますけど、問題はプロデューサーさんですからね……」

あーでもない

こーでもない

薫「せんせぇ、じゅんびできたよ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:31:07.08 ID:UXxGrO7X0

P「おお、それじゃあ行くか」

薫「うん!」

P「ちひろさん、それでは行ってきますね」

ちひろ「はーい」

P「薫!」

薫「なぁに?」

P「今日も、頑張ろう!」

薫「うん!」


続けますか?  ニア はい
              いいえ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:34:52.49 ID:UXxGrO7X0

       はい
    ニア いいえ


なんてね、即興だし今日はここで終わり。

そのうち気まぐれで続き書くよ。

読み返してくる。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿