TOP > 月刊少女野崎くん > 瀬尾「そういやもうすぐバレンタインデーか」

瀬尾「そういやもうすぐバレンタインデーか」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:11:39.94 ID:oyfRjLvQ0

佐倉「うん、そうだよ!! 結月は誰かにあげないの!?」

瀬尾「えー、めんどくせーよ誰かにあげるとか」

鹿島「まぁ先生はそうだよねー。 千代ちゃんはやっぱり野崎?」

佐倉「うん!! 鹿島くんも堀先輩に作るでしょ?」

鹿島「勿論! 市販のやつそっくりのチョコを作るよ!!」

瀬尾「なんでみんな手作りなんだろーな。 そんなん市販のでいいんじゃねーの?」

佐倉「もー結月は分かってないなー。 手作りの方が愛情も深いし男の子は喜ぶんだよー?」

瀬尾「でも下手くそだったら市販のがよくね?」

佐倉「! だ、大丈夫だもん!! 下手くそじゃないもん!」

鹿島「ち、千代ちゃん落ち着いて!!」


2: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:12:31.34 ID:oyfRjLvQ0

瀬尾「あ、そうだ!! 若にあげよーっと」

佐倉「若松くんに?」

瀬尾「うん」



















若松『うわーん!! チョコ一個ももらえなーい!!』

瀬尾『そんな可哀想なお前に作ってやったぜ!!』

若松『瀬尾先輩……!! なんて優しいんだ……!!』

瀬尾『欲しかったらなんでも言う事聞けよ!!』

若松『はい! なんでも聞きます!! ありがとうございます!!』


3: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:13:18.28 ID:oyfRjLvQ0















瀬尾「みたいな」

佐倉「作る動機に愛情が一切ないよ!!?」

瀬尾「あいつさー、最近反抗的なんだよなー」

鹿島「うーん……チョコが一個ももらえないなんて……それってあり得るのかな」

瀬尾「?」

鹿島「だって若松くんって運動神経いいし……ルックスも悪くないし……」

鹿島「一個も貰えないって事はないんじゃないかな?」

瀬尾「うーん……そっかー……じゃあいっか」


4: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:14:00.45 ID:oyfRjLvQ0

鹿島「じゃあ私達は千代ちゃん家でチョコ作りに行くから!」

佐倉「じゃあね結月ー」

瀬尾「おー」









瀬尾「はーチョコねー」スタスタ

瀬尾「……」

瀬尾「……つーか若ってチョコ欲しいのかな」

若松「……」スタスタ

瀬尾「お、噂をすれば若」

若松「げっ!! 瀬尾先輩……」

瀬尾「『げっ』てなんだよ『げっ』て」


5: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:14:49.84 ID:oyfRjLvQ0

若松「俺の噂って……何の話してたんですか?」

瀬尾「! そうそう。 お前さ、チョコ欲しい?」

若松「そういえば……バレンタインでしたね」

若松「まぁ……いらないって言ったら嘘になりますね」

瀬尾「……」

若松「そんなの聞いてどうするんですか?」

瀬尾「……よし、可愛い後輩の為だ」

若松「?」

瀬尾「私、お前の為に作ってやるよ」

若松「ええっ!!?」


6: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:15:21.74 ID:oyfRjLvQ0

若松「せ、瀬尾先輩ってチョコ作れるんですか?」

瀬尾「おいおい私を舐めるなよ? その気になればめっちゃ美味いの作れるからな?」

若松(不安でしかない……)

若松「だ、大丈夫です!! 間に合ってますから!!」ダッ

瀬尾「あっ、行っちゃった……」

瀬尾「なんだよあいつ、照れなくてもいいのに」

瀬尾「……」


7: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:20:58.31 ID:oyfRjLvQ0

プルルルル……

佐倉「あ! 結月から電話だ!!」

鹿島「どうしたんだろう?」

ピッ

瀬尾『ねー千代。 やっぱ私もチョコ作りに行くわ』

佐倉「えっ!!?」









若松『瀬尾先輩の作ったチョコなんて美味しい訳ないじゃないですか!!』

瀬尾『いいから黙って食べてみろって』

パクッ

若松『!! お、美味しい……なんて美味しいんだ……』

瀬尾『まだいっぱいあるぜ!! 欲しかったら私の言うことを聞け!!』

若松『はい!! なんでも聞きます!!!』













瀬尾『みたいな』

佐倉「やっぱり動機それなの!!?」


8: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:31:54.26 ID:oyfRjLvQ0

佐倉家

鹿島「じゃあ始めよっか!!」

佐倉「よろしくお願いします、鹿島先生!!」

瀬尾「お願いしまーす」

鹿島「えっと、じゃあまずはね……」




















鹿島「そしたら次は……」

佐倉「う、うん……」












佐倉「できた!!!」

鹿島「やったね千代ちゃん!!」

鹿島「先生はできた?」

瀬尾「うん、できたんだけどさ」

瀬尾「ぱっと見ウンコだよなこの色」

鹿島「食べる気失せるような事言わないで!!」


9: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:32:22.51 ID:oyfRjLvQ0

バレンタイン当日

女「若松くん! これあげる!!」

若松「本当!? ありがとう!!」

山村「若松お前、地味に結構もらってんなー」

若松「そ、そうかな」











瀬尾「えーっと……若はどこかなっと……」

若松「……」スタスタ

瀬尾「あ! いた!」


10: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:35:01.02 ID:oyfRjLvQ0

瀬尾「おーいわ……」

若松「でも……ちょっと残念だな」

山村「何が?」

若松「いや……実はいうとローレライさんから欲しいなって思ってて」

若松「けど話した事ないし、貰えるはずないよなって……」

山村「お、おう……」










瀬尾「……」


11: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:35:33.38 ID:oyfRjLvQ0

瀬尾「……」

瀬尾「……」

瀬尾「~♪」

バタン!!

若松「zzz……」

山村「若松!!?」

瀬尾「お前さ、ペンと紙持ってる?」

山村「へ?」


12: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:42:54.57 ID:oyfRjLvQ0















若松「……はっ!!!」

若松「そうだ……俺、寝てて……」

若松「……! 俺の目の前にチョコが……」

『若松くんへ ローレライより』

若松「!!!!!!」


13: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:43:30.81 ID:oyfRjLvQ0

若松「ロ、ローレライさんが……俺に……?」

若松「……」

若松「やっ……」

若松「やったああああああああ!!!」









瀬尾「……」

瀬尾「ホント世話のやける後輩だなー」


14: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:44:42.95 ID:oyfRjLvQ0

次の日

瀬尾「若ー、お前ローレライからチョコもらったんだって?」

若松「はい!! そうなんです!! まさか貰えるなんて……」

若松「しかも手作りですよ手作り!! めちゃくちゃ美味しかったんですよこれが!!」

若松「……はぁ~もう一回食べたいなぁ~///」

瀬尾「感謝しろよ? お前、私からもらうの嫌がってたから仕方なくコンビニで売ってるやつにしたんだから」

若松「は、はい……ありがとうございます」

若松「それにしてもローレライさんが俺にくれるなんて……///」

瀬尾「あ、それも私に感謝しろよ? お前がローレライローレライ言うから私があいつに『若に作ってやったら』って言ったんだよ」

若松「そ、そうだったんですか!!?」

瀬尾「どうだ、私優しいだろ」

若松「ありがとうございます!! 俺……瀬尾先輩を見直しました!!」

瀬尾「んじゃ、今日はお礼に私の言う事なんでも聞けよ?」

若松「はい!!! なんでも聞きます!!」


15: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:45:09.22 ID:oyfRjLvQ0

別の日、とあるデパート

野崎「すまないな、道具を買うのに付き合ってもらって」

若松「気にしないでください……あ、俺本屋寄っていいですか?」

野崎「別にいいぞ。 何か少女漫画でも買うのか?」







若松「あった、『女性が喜ぶホワイトデーのプレゼント特集』……」

野崎「? ホワイトデーに誰かあげるのか?」

若松「はい、瀬尾先輩に……」

野崎「瀬尾に!!?」

若松「だってあの人に何もあげなかったら何されるか分かりませんよ!!? 執拗にいじめられるかもしれないし……」

若松「だからとっておきのプレゼントをあげるんです!! やっぱり食べ物がいいよな……あとは……」

野崎「……もうお前がただのツンデレにしか見えない」

終わり





『月刊少女野崎くん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿