TOP > とある魔術の禁書目録 > インデックス「アンハッピーバレンタインだねとうま」上条「ヂョゴぼじぃ」ゲホ

インデックス「アンハッピーバレンタインだねとうま」上条「ヂョゴぼじぃ」ゲホ

1: ◆3rfPz4lVbmKs 2018/02/15(木) 00:19:03.60 ID:5U2nAfDd0

・上条×インデックス

・遅刻したけど短めバレンタインSSだよ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:19:46.60 ID:5U2nAfDd0

~2/14、上条宅~




上条「ゴホッゴホッ!ゲホゲホゲホゲホ!」

インデックス「大丈夫?とうま」

上条「大丈夫じゃな、ゴホッゴホッ!」

インデックス「おかゆチンしてあげよっか」

上条「爆発させんなよ?」

インデックス「させないんだよ!さすがに私も学習するんだよ!」

上条「じゃぁ…だのむ」ゲホゲホ

インデックス「わかったんだよ。ちょっと待っててね」

上条「あと冷蔵庫からポカリ」

インデックス「はいはい」トタトタ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:20:12.50 ID:5U2nAfDd0

オティヌス「やれやれ」ヒョコ

オティヌス「お前もツいてないな。まさかバレンタインデー当日にインフルエンザとは」

上条「ぐず。ああ、不幸ですよチクショウ!」

オティヌス「あーあ。お前なら今日学校へ行けばたくさん貰えただろうになぁ」ニヤニヤ

上条「いやそんな事はないと思うけどさ…美琴とかなら土下座して頼み込めばくれそうな気がするし」

オティヌス「…そんな事しなくてもアイツなら顔真っ赤にして手作りのを渡しに来ると思うが」

上条「無い無い。けどさ、他にもおこぼれに預かるチャンスとかありそうだし…」

オティヌス「…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:21:12.78 ID:5U2nAfDd0

上条「…魔神様からとか無いのか?」

オティヌス「悪いな、私は貢ぐより貢がれる側の人間でな?」

上条「チッ」

オティヌス「まぁ、お前の態度次第では来年以降にくれてやる事を考えないでもないぞ?ん?」

上条「どうせなら今年からくれよ…」

オティヌス「まぁバレンタインを楽しめなかった愚痴ぐらいなら聞いてやるさ。光栄に思え」チョコン

上条「そりゃどーも」ゲホゲホ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:23:04.78 ID:5U2nAfDd0

上条「俺もチョコ欲しがっだなー…」ズビッ

上条「…くそっ!俺だって『朝の登校のタイミングで誰かが「学校で渡すと恥ずかしいから」って渡されないかな』ってソワソワしたり!」

オティヌス「ん?」

上条「『下駄箱に入ってねーかなぁ!でも衛生面的に大丈夫かコレ』ってドキドキしながら下駄箱開けてガッカリしたり!」

オティヌス「ん?ん?」

上条「『教室の自分の机の中とかに何か入ってないか確かめて何も入ってなくてガッカリ』して、『「ならロッカーなら!」って確認してガッカリ』したり!」

オティヌス「待て、お前なんかズレて」

上条「『女子に話しかけられる度に変な声出る』、『女子をずっと見つめる』『友チョコ渡しあってるヤツに(俺にもくれェ!)』とか」

上条「『やたらとずっと遠くを見てる』とか『ひたすら男グループで固まってバレンタインやり過ごす』とか!」

上条「SNS系でも普段あんま絡まない人とチョコ画像貰い合う、送ってみる』とか!」

上条「『ソシャゲとかのバレンタインイベントでキャラから貰うチョコで癒す』とか!」

上条「『下校時にも欠かさず下駄箱覗く』とか!『最後の希望でダラダラ教室だの学校のあちこちだのぶらつく』とか!」




上条「あーあッッ!!!上条さんだっでインフルで頭がボーッとしでなけりゃぁあなぁあああああ!!!」ズビッ

オティヌス「わかったお前熱で意識朦朧としてるだろ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:23:59.33 ID:5U2nAfDd0

インデックス「とうまー出来たよー」トコトコ

上条「んー…」ズビッ

インデックス「はい。スプーン。」つ

上条「…」

インデックス「熱いから気をつけて…どうしたの?とうま」




上条「…食べさせてくれたり…とか…は?」チラッ

インデックス「…どうしたのとうま?急に甘えてきて」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:24:44.59 ID:5U2nAfDd0

上条「いや…ほら?今日バレンタインだろ?」

インデックス「え?う、うん」

上条「チョコは体調的にちょっと絶対マジで無理なんだけど」スビッ

インデックス「うん」

上条「せめてチョコぐらい甘いシチュエーションが欲しい」ゲホゲホ

インデックス「…えーと、うん…」チラッ

オティヌス「無理するな。そいつ今は熱に浮かされておかしくなってるから」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:26:18.88 ID:5U2nAfDd0

インデックス「…」チラッ

上条「ヘイカモン!ヘイが、ケボッ、ヘイカモン!」

インデックス「で、でも…ちょっと恥ずかしいかも…///」フイッ

上条「じゃあインデックスさんが『あーん』してくれないと上条さんはごはん食べません!」プイッ

インデックス「ええ!?なんで!?」

上条「はんっ」プイッ

インデックス「もう!ダメだよとうま!」

インデックス「食べれるならごはん食べないと良くならないかも!」

上条「嫌デス。食べさせてくれないなら上条さんはずっと体調悪いままでいてそのまま病死か餓死してやる!」

インデックス「う~っ!///そんなのダメなんだよっ」プルプル





インデックス「…どうしようオティヌス…」チラッ

オティヌス「あー?そいつはそのまま死ねばいいんじゃないか?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:26:51.37 ID:5U2nAfDd0

インデックス「む~っ///」プクゥ

上条「…」ワクワク

インデックス「…///」モジモジ

インデックス「じ、じゃあ…///」

インデックス「はい。あーん…///」つ

上条「あーんっ!///」

上条「…」モグモグ

インデックス「じゃあ…つ、次…///」つ

オティヌス「はぁ…」




・・・・。


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:28:29.04 ID:5U2nAfDd0

オティヌス「おい禁書目録」トコトコ

インデックス「?」

オティヌス「良かったのか?お前、今日の朝から色々用意してたじゃないか」

インデックス「…何のことかわからないかも」プイッ

オティヌス「とぼけるな。バレンタインチョコだ」

インデックス「…とっくに全部自分で食べちゃったもん」

オティヌス「ほう?」





オティヌス「では冷蔵庫の奥に隠されてたコレは製作者不明の謎のチョコ菓子というわけか」ヒョイ

インデックス「あー!?いつの間に!?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:30:04.23 ID:5U2nAfDd0

オティヌス「フン。大方ヤツの『インフルエンザでチョコ食えない』で涙を飲んで隠したのだろうが私の目は誤魔化せん」

インデックス「…だって」

オティヌス「別に今食べなくとも渡すくらい良いだろ。」

インデックス「でも…」

オティヌス「中身が生チョコタルトだから、か?」

インデックス「!」

オティヌス「…いいからとりあえず渡しとけ。んで冷蔵庫に入れておけ」

オティヌス「明日以降で『すぐ側に女の子居るのにバレンタインZEROだった…不幸だー!』とか抜かして延々鬱陶しくなるよりマシだ」

インデックス「…///」モジモジ

オティヌス「…よし」






オティヌス「今すぐ私に食われるか渡すか選べ」ビリビリ

インデックス「ぎゃー!!?!ちょ、何包装破っ、ダメ!渡す!渡すんだよ!だめだめ!ノーッ!!」

オティヌス「フン」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:30:49.04 ID:5U2nAfDd0

・・・・・。



上条「…はぁ~今年はいくつか貰えるかなーって希望を抱いてた上条さんがバカでした」イジイジ

上条「…カミサマどうか世の異性からチョコがもらえたやつ全員腹を下しますように」ゲホゲホ





インデックス「あの…とうま?ちょっといい?」モジモジ


上条「?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:31:46.11 ID:5U2nAfDd0

インデックス「…///」モジモジ

上条「どうしたー?晩御飯なら悪いけど今日は冷蔵庫にあるものでなんとか」






インデックス「は、はいっ!!///ハッピーバレンタイン
!///」

上条「」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:33:55.53 ID:5U2nAfDd0

インデックス「今食べなくていいから…受け取ってくれるだけでいいの。貰ったらすぐ冷蔵庫に入れておいて欲しいかも」

上条「…」

インデックス「…その、ちゃんとまいかに手伝って貰ったから」

インデックス「…その、ちゃんと味見もしたんだよ!」

上条「…」

インデックス「美味しいと思うから。…日頃の、お礼なんだよ…///」プイ

インデックス「とうま?」

上条「(///ω///)」


インデックス「///」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:34:30.84 ID:5U2nAfDd0

上条「あ、え…?あ、お、おお…///」

上条「あ…う、えっと、…はは…マジで?…ありがとな/////」

上条「…あー、///ごめん、今こっち見ないでくれるか?」

インデックス「そっ、そんなに照れられると私も照れちゃうかも!!///」パタパタ!


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:35:23.78 ID:5U2nAfDd0

上条(今食べたら絶対吐くから今は食えないけど。)


上条(すげー嬉しい…!///)



上条(カミサマごめんなさいさっきのは取り消しで───)




上条「うっ…?」ピキッ…





ぶぅりぶりぶり。ぶりゅりゅりゅりゅ。





上条「」


インデックス「?」

オティヌス「」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:36:56.29 ID:5U2nAfDd0

インデックス「えと、とりあえずとうまの喜ぶ顔見れて良かったかも///」

上条「」

インデックス「あ、あとね、私ね?自分のぶんも用意してるんだよ」

上条「」

インデックス「とうまと一緒に美味しいの食べたくて…///」

上条「」

インデックス「だからね、」

上条「」

インデックス「早く治して、美味しい内に一緒に食べてほしい…かも。///」モジ

上条「」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:37:50.31 ID:5U2nAfDd0

インデックス「あ、あくまで『日頃のお礼』なんだよ!他意は…」


上条「…」


インデックス「…///」チラッ

インデックス「…そんなには、ないから///」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:39:01.01 ID:5U2nAfDd0

上条「…」

インデックス「わ、忘れて!恥ずかしいから今のは忘れて欲しいかも!」ブンブン

インデックス(あうう。自分も今のは忘れたいのに完全記憶能力で忘れられないのが恨めしいんだよ///)


上条「…」

オティヌス「…」

オティヌス「…」オソルオソル…

オティヌス「…」クンカクンカ

オティヌス「…」オゥェッ


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:39:41.17 ID:5U2nAfDd0

インデックス「あっ!あーっ!私まいかにお礼ちゃんと言ってなかったかも!///」ポンッ

インデックス「ちょっと行ってくるから!///」ダッ


ぱたたたたた…バタン。





上条「…」

オティヌス「…」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:41:14.86 ID:5U2nAfDd0

上条「…」

オティヌス「…」

上条「…」

オティヌス「…」ヨチヨチ


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:41:40.82 ID:5U2nAfDd0

オティヌス「…とりあえず換えのパンツとってきてやろうか?」ハァ

上条「お願い…します…」シクシクシクシク


23: ◆3rfPz4lVbmKs 2018/02/15(木) 00:42:39.17 ID:5U2nAfDd0

おしまい。みんなっ☆ハッピーバレンタイン☆

依頼出てきMars





『とある魔術の禁書目録』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿