TOP > 進撃の巨人 > アルミン「僕が可愛いだって?」

アルミン「僕が可愛いだって?」

2018/02/25 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 00:38:51 ID:wGDUEBIM

キャラ崩壊注意
ネタバレもあるかも


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 00:39:23 ID:wGDUEBIM

モブA「そうそう!童顔で小柄だしー」

モブB「他の男子と比べると声も高めで女の子みたいだよねー」

アルミン「あはは…そうかなぁ…」ヒクヒク

モブA「そうだよー下手したら私達より可愛いよね!」

モブB「分かるー」

キャイキャイ

アルミン「…」

エレン「アルミンー…ってこんなところにいたのか。食堂いくぞ」

アルミン「あ、うん…じゃあね二人とも」

モブA「バイバイー」

モブB「また訓練でねー」

アルミン「うん…」

エレン「?」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 00:40:33 ID:wGDUEBIM

テクテク

アルミン「…はぁー…」

エレン「どうしたんだよアルミン?なんかあったのか?」

アルミン「別に…よくあることだし…」

エレン「オレに話してみろよ。できることなら協力するぞ?」

アルミン「いや…大丈夫」

エレン「お前なぁー…そうやって溜め込むのはお前の悪い癖だぞ…」

アルミン「うん…でも本当に下らないことなんだ…」

エレン「そうは言っても…ん?」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 00:42:07 ID:wGDUEBIM

ライナー「…それなら体重移動の仕方を変えてみるといい。大抵それでうまくいくはずだ」

トーマス「うーん…頭では分かっていてもなかなか感覚が掴めなくて…」

ライナー「まぁ、理屈だけではなかなか難しいよな」

トーマス「そうなんだよ。どうしたものか…」

ライナー「…よし、それなら今度自主練に付き合うか?」

トーマス「本当に!?それじゃあよろしく頼む!」

ライナー「あぁ、任せておけ」

ワイワイ

エレン「おー、ライナーは今日も兄貴やってるな」

アルミン「…エレン」

エレン「うん?なんだ?」

アルミン「僕、ライナーになる」

エレン「!?」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 00:43:46 ID:wGDUEBIM

エレン「え?なに言ってんだよアルミン?」

アルミン「僕は漢(おとこ)になるんだ!」

エレン「もとから男(おとこ)だろ!?」

アルミン「もう可愛いなんて言われたくないんだ!」

エレン「あ、やっぱり気にしてたのか…じゃなくて!」

エレン「なんで!それが!ライナーになるってことに繋がるんだ!?」

アルミン「…エレン…君はライナーが可愛いと言われてるところ見たことあるかい?」

エレン「え…ないけど…」

アルミン「可愛いなんて言葉はライナーに似合わないだろ?そういうことだよ」

エレン「あ、うん(どういうことだ?)」

アルミン「じゃ、そういうことでよろしく」

エレン「あ、うん…なにを?」

アルミン「え?僕に協力するにきまってるだろ?」

エレン「!?」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 00:44:46 ID:wGDUEBIM

アルミン「え、なんでビックリしてるのか分からないんだけど」

エレン「え、え、いつ決まったんだ?」

アルミン「いつって…ついさっきできることなら協力するって言ったじゃないか」

エレン「あ、うん…え、でもこの展開は予想外だった」

アルミン「エレンしっかりしてよー自分が言ったことには責任持たなきゃ」

エレン「いや、オレが考えてたのはもっとこう…悩みを吐き出す的な…そっからこう…」

アルミン「もう…なにを言ってるの?」

エレン(お前がなにを言ってるんだよ)


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 00:59:19 ID:79C0hyS2

アルミン「ということでぼk…俺はライナーを目指す」

エレン(早速一人称変えてきた…)

アルミン「まずは髪を切ろうと思う」

エレン「アルミン…お前、そんな形から入るタイプだっけ?」

アルミン「同じ金髪だからいけるよ!…ぞ!」

エレン(わざわざ言い直すなよ…ていうか話聞いてねぇ…)

アルミン「よし!早速やるぞ!エレン!」ズルズル

エレン「えぇー…飯食ってからじゃ駄目かー…?」ズルズル


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 08:41:36 ID:uE3PfQsU

裏庭

アルミン「ということでよろしく頼む!エレン!」ドン

エレン「オレが切るのかよ…」

アルミン「ほら!早く!」ワクワク

エレン「はぁー…とりあえず短くすればいいか?」

アルミン「そうだな。ライナーみたいな感じで頼む」

エレン「はいはい…」チョキチョキ

アルミン「…」ワクワク

………


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 08:42:40 ID:uE3PfQsU

十数分後

エレン「はい、終わったぞ」バサッ

アルミン「ありがとう!どうなった?」ワクワク

エレン「こんな感じだけどいいか?」つ鏡

アルミン「さすがエレン!ライナーっぽいかも!」

エレン「まぁアイツもたぶんセルフカットだしな…適当に切ったらそれっぽくなった」

アルミン「よし!これで一歩ライナーに近づいたぞ!」グッ

エレン「う、うーん…どうだろうな…(髪短いと違和感がすごい…)」

アルミン「さぁ!エレン!次のステップに行くぞ!」ズルズル

エレン「まだ続くのかよ…」ズルズル


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 08:45:04 ID:wGDUEBIM

アルミン「ふん!ふん!ふん!」グッグッ

エレン「明日も訓練あるんだぞー程々にしとけよ」

アルミン「ライナーみたいな!強靭な肉体を!手に入れるには!それなりの!筋トレを!しなければ!」グッグッ

エレン「いきなりそんなやって筋肉つくわけないだろ…それにライナーレベルは相当厳しいって…」

アルミン「百里の道も!一歩から!」グッグッ

エレン「自分の体力も考えろー」

アルミン「俺は!これくらいで!へこたれる漢じゃ…」グッグー…

エレン「おい。上がらなくなってきてるぞ」

アルミン「…ひとまず今日はここまでだ…」

エレン「はい。腹筋24回、腕立て18回な。お疲れー」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 15:30:08 ID:79C0hyS2

食堂

アルミン「なにはともあれ今日だけでかなりライナーらしくなったはずだ!」

エレン「まぁそうかもな(棒)」

アルミン「このまま継続していけば可愛いと言われることもなくなるはず!」

エレン「そうだなー頑張れ」

アルミン「エレンにもしばらく付き合ってもらうからよろしく!」

エレン「うん。そんな気はしてた」

アルミン「よーし!希望が見えてきた!」

エレン(楽しそうだな)

ミカサ「!アルミン髪を切ったの?」

アルミン「あ、ミカサ。…俺は生まれ変わるんだ」

ミカサ「??」

エレン「ミカサ、カクカクシカジカ」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 15:30:59 ID:79C0hyS2

ミカサ「…なるほど。そういう…」チラ

アルミン「もう可愛いと言われる自分とはさよならだ!」グッ

エレン「ずっとこんな調子なんだよ」

ミカサ「仕方ない。…アルミン、もし私にもできることがあったら協力すr」

アルミン「本当!?ありがとうミカサ!」

ミカサ「即答だった」

エレン「ミカサ、お前…」

ミカサ「?」

エレン「アルミンがこうなったとき意外と厄介だって知ってるだろ…」

ミカサ「…!あ、アルミン!私やっぱり…!」

ガシッ

エレン「…お前も道連れだ…」

ミカサ「」

アルミン「二人が協力してくれるなんて助かるなー」ルンルン


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 09:19:35 ID:S60uNkI.

数日後

エレン「アルミン…もういいんじゃないか…?」

ミカサ「うん…もういいと思う…」

アルミン「まだまだ!こんなんじゃ男らしくなるには程遠い!」グッグッ

ミカサ「エレン…私は正直見てられない…」

エレン「あぁ…似てないライナーのモノマネずっと見せられてるのと同じだしな…」

アルミン「ふん!ふん!ふん!」グッグッ

ミカサ「確かに筋肉は少しずつついてきてるようだけど…」

エレン「モノマネすることによる周りの目がなぁ…」

ミカサ「目付きを鋭くすると言って半目で過ごそうとしたときは流石に焦った」

エレン「あれな…」

ミカサ「サシャが眠たいのかと聞かなかったら完全にアウトだった」

エレン「あのときはパンいくら差し出してもいいと思ったな」


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 09:20:25 ID:S60uNkI.

ミカサ「こうなったら適当にその気にさせて止めさせるしかない」

エレン「だな…よし、いくぞ」

アルミン「ふん!ふん!ふん!」グッグッ

ミカサ「コホン…アルミン、貴方はとても男らしくなった。もう誰も可愛い等と言わないと思う」

アルミン「え?そ、そうか?」

エレン「そうそう!スゲー格好よくなった!兄貴って感じ!」

アルミン「そ、そうか…」テレテレ

ミカサ「そう…なのでもうこれ以上やらなくても大丈夫」

エレン「ミカサの言う通りだな!うん!」

アルミン「二人がそういうなら仕方ないな…分かった。これ以上は止しておく」

ミカサ「ヨッシャ」

アルミン「?なんか言ったか?」

エレン「えー!?なんだろうなー!?とにかく腹減ったから食堂行こうぜ!!」

アルミン「?あぁ…」


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 09:21:21 ID:S60uNkI.

食堂

エレン「今日のパンはなんか美味しく感じるな!」ムシャムシャ

アルミン「いつもと同じじゃないか?」

ミカサ(最近はアルミンの挙動が心配で食事を楽しむどころじゃなかった)

ライナー「すまないがここに座ってもいいか?席が埋まっててな」

アルミン「おう!いいぞ!」

ライナー「!?」

エレン(あ、なんか一番ヤバそうなのが来た)


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 09:23:47 ID:G4/1kyA.

ライナー「アルミン…なんだその口調…あと最近になって急に髪型変えたよな」

エレン「あぁーこれはちょっと…」

ミカサ「そう、これはちょっと…いろいろ…」

コニー「なんか若干ライナーっぽいよな!」

ライナー「え?」

エレン「バッカ!お前!バカ!もう!バカ野郎!」

コニー「え?オレなんかしたか?」オロオロ

ミカサ(嫌な予感がする)


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 11:54:46 ID:tFFCXJ0E

アルミン「そう!コニーの言う通り、俺はライナーみたいな漢に生まれ変わったんだ!」

ライナー「俺みたいな…?」

アルミン「そうだ!」

エレン(あぁー…本人に…)

ライナー「プフ」ワシッ

アルミン「?」

ライナー「お前は可愛いなー」ナデナデ

エレン「」

ミカサ「」

アルミン「え…?」ピクッ


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 11:55:25 ID:tFFCXJ0E

ライナー「そうかそうか…それは嬉しいなぁー」ニコニコ

コニー「ま、ライナーは男子訓練兵のあこがれだからな」

アルミン「……あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」

ライナー「」ビクッ

コニー「」ビクッ

エレン「あ゛あ゛ぁ!もうバカ!大バカ!この!ああああ!」

ライナー「え?え?」オロオロ

ミカサ「アルミン!ライナーが言ったのは弟的な意味での可愛いであって見た目のことでは…」オロオロ

アルミン「どっちでも一緒だよ!あ゛あ゛あ゛あ゛!!」

ライナー「え?なんか不味いこと言ったか?」オロオロ

エレン「言ったよ!激マズだよ!こんなとこで兄貴スキル発揮すんなよ!糞ゴリラ!」

ライナー「え、なんで俺は罵られてるんだ
…?」

ミカサ「アルミン…」オロオロ

ギィ…


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 11:56:09 ID:tFFCXJ0E

キース「なにやら騒がしいが…誰か説明しろ」

エレン「アニが放屁した音です!なんでもないです!」

アニ「!?」

サシャ(私じゃなかった!)ホッ

キース「…そうか…しかし時間をわきまえて静かにするように」バタン

アニ「」

アルミン「フーッ!フーッ!…」

ミカサ「落ち着いた…?アルミン…?」

ライナー「…なんかごめんな…?」


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 11:57:03 ID:tFFCXJ0E

アルミン「ううん…僕が悪かったよ。冷静じゃなかった」

エレン「!アルミン…!お前…!」

アルミン「よくよく考えたら僕とライナーは体格からなにから全然違うもんね…」

アルミン「髪色が同じだけじゃ到底不可能だったんだ」

エレン「まぁ…(他にも突っ込みどころはあるけど…)」

アルミン「僕はもうライナーを目指すのを止めるよ」

ライナー「あ、そうなのか…」

ミカサ「アルミン…やっといつものアルミンに…」ジワッ

アルミン「僕はライナーになり損ねた。これから僕は…いや、私は…」

エレン(…ん?)


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 11:57:48 ID:tFFCXJ0E

アルミン「キース教官を目指す」

エレン「」

ミカサ「」


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:26:00 ID:l5X1Cdi2

エレン「ライナーよりも共通点が見つけられないのはオレがバカだからか…?」

アルミン「逆に中途半端に共通点があったのがいけなかったのかもしれない。今度はあえて逆を行ってみる」

ミカサ「ごはんおいしい」モグモグ

ライナー「おい、ミカサしっかりしろ」

コニー「アルミンは何をしたいんだ?」

アルミン「そうだな…まずは髪を剃ろう」

コニー「あ、じゃあオレがやるか?いつもやってるし」

アルミン「スプリンガーの頭とキース教官の頭は似て非なる」

コニー「え?どっちも一緒だろ?」

アルミン「私が望むのはキース教官のようなツルツル頭だ。スプリンガーのジョリジョリ頭ではない」

コニー「あ、はい」


49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:27:26 ID:l5X1Cdi2

アルミン「それではイェーガーとアッカーマン、頼んだぞ」ズルズル

エレン「呼び方それでいくのかよー…」ズルズル

ミカサ「…」モグモク゛ ズルズル

ライナー「…」

コニー「…」

ライナー「ま、飯食うか…」

コニー「だな…」


50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:28:36 ID:l5X1Cdi2

以下ダイジェスト

アルミン「私は教官のような漢になりました!」ツルピカーン

キース「なにお前可愛い」

エレン「あ゛あ゛あ゛ぁ!」

ミカサ「なんの成果も得られませんでした!」

アルミン「彼女もちのフランツを参考にする!」

フランツ「よしよし。可愛いねー」

ハンナ「ねー」

エレン「爆発しろ!」

ミカサ「頭がジョリジョリ!気持ちいい!」ジョリジョリジョリ


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:29:41 ID:l5X1Cdi2

アルミン「大人なハンネスさんなら!」

ハンネス「相変わらずお前たちは可愛いなぁー」

ミカサ「えへ…」テレテレ

エレン「アルミン!そういう可愛いじゃない!落ち着け!」

アルミン「噂のエルヴィン団長なら!」チャキッ

ミカサ「折角生えてきたのになんでカミソリを!?」

エレン「どんな噂だ!!」


53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:30:39 ID:l5X1Cdi2

エレン「」グッタリ

ミカサ「」グッタリ

アルミン「なんでだ…なんで皆僕を可愛いと言うんだ…」

エレン「アルミン…もういいだろ…」

ミカサ「…アルミンはアルミンでいい…と思う…」

アルミン「…ちょっと図書室に行ってくる…」ガタン

エレン「あぁ…」

ミカサ「いってらっしゃい…」


54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:31:53 ID:l5X1Cdi2

アルミン(やっぱり僕は無理なのかな…)トボトボ

アルミン(でも僕だって男だし…可愛いなんて言われたくないな…)

アルミン(…なんか本でも読んで気分転換しよ…)

アルミン(何にしようかな…ん?)

クリスタ「ん、うーん、ん!」ピョンピョン

アルミン「クリスタ…?どうしたの?」

クリスタ「あ、アルミン…?ちょっとあそこの本を取りたいんだけど私じゃ届かなくて…」

アルミン「あ、これかな?(これぐらいなら僕でも背伸びすれば届くな)…はい、どうぞ」

クリスタ「わぁ!ありがとう!」

アルミン「どういたしまして」


55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:32:41 ID:l5X1Cdi2

クリスタ「…アルミンって優しいね」

アルミン「え?そうかな?普通だよ」

クリスタ「だって困ってる人がいたら放っておけない性格じゃない?今のだって見てみぬふりだってできたのに」

アルミン「うーん…意識したことないなぁ」

クリスタ「いつもエレンとミカサのことよく見てるし、よくいろんな人に勉強教えてあげてるじゃない?」

アルミン「…」

クリスタ「そういう事が自然に出来る人って意外と少ないよ」

アルミン「そうかなぁ」

クリスタ「アルミンは謙遜してるけど…そういうところ凄く格好いいと思う」


56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:33:28 ID:l5X1Cdi2

アルミン「…え?」

クリスタ「あ!ごめんなさい!なんか偉そうだったね」

アルミン「…ううん。こちらこそありがとう」

クリスタ「…?私なにかした?」

アルミン「最近の悩みが一気に吹っ飛んだよ」

クリスタ「?」

アルミン「僕、エレン達の所にいかなきゃ。じゃあね!クリスタ!」

クリスタ「あ、うん。ばいばい!」


57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:34:20 ID:l5X1Cdi2

アルミン「エレン!ミカサ!」ズザザッ

エレン「…今度は誰だ?そろそろリヴァイ兵長に行くか?」

ミカサ「…」ボー

アルミン「僕は…もう誰にもならないよ」

エレン「」ガタッ

ミカサ「」ガタッ


58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:35:13 ID:l5X1Cdi2

エレン「そ、それは本当か…?」

アルミン「うん。外見より中身を磨くべきだと気づいたんだ」

ミカサ「アルミン…」ポロッ

アルミン「なんか二人にはいろいろ協力してもらっといてごめんね」

エレン「そんなそんな!全然気にしてない!な!ミカサ!」

ミカサ「アルミンはアルミンのままが一番だと気づいてくれればそれでいい」

アルミン「えへへ…ありがとう」

ミカサ「…そういえばどうして急に?」


59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:36:21 ID:l5X1Cdi2

夕食・食堂

クリスタ「ユミルー!あ、いたいた」ストン

ユミル「おうクリスタ。本は無事見つけられたか?」

クリスタ「うん。ちょっとアルミンに手伝ってもらったけど」

ユミル「そうか…にしても最近あいつはいろいろと面白いな」

クリスタ「もう!ユミルっ」

エレン「…」スッ

ミカサ「…」スッ

ユミル「!?」

クリスタ「!?」


60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:37:06 ID:l5X1Cdi2

ユミル(え、なにこいつら無言でつっ立ってんの?)

エレン「…」

ミカサ「…」

クリスタ「ほらっユミル謝って…!」ボソボソ

ユミル「え…?あぁ…」

エレン「…クリスタ」スッ

クリスタ「!?え?私?」

ミカサ「…」スッ

クリスタ「え?え?え?」オロオロ

ユミル「おい…お前ら一体…」

バッ


61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:37:57 ID:l5X1Cdi2

エレン「クリスタ!ありがとう!」ギュー

ユミル「!?」ガタッ

ライナー「!?」ガタッ

ミカサ「もうクリスタ大好き!愛してる!!」ギュー

ジャン「!?」ガタッ

クリスタ「」ムギュギュ

ミカサ「貴女のおかげでアルミンが戻ってきた!本当にありがとう!」ギュギュー

エレン「もうパンでもなんでもやる!神様!女神!天使!」ギュギュー

クリスタ「」ギュムム

サシャ「なんかクリスタの顔色変わってきてません?」

アニ「エレンのパン貰お」ヒョイ

ミーナ「わー!二人とも一旦離れて!クリスタ死んじゃう!」


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:40:09 ID:l5X1Cdi2

ワイワイ ガヤガヤ キャーキャー

ジャン「…なぁマルコ…」

マルコ「ん?なに?」

ジャン「…オレ、クリスタになるわ」

マルコ「…」

ジャン「…」

マルコ「恥を知れよ」

おわり


63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 23:41:43 ID:l5X1Cdi2

振り回されるエレンとミカサが書きたかった

ここまでありがとうございました





『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿