TOP > シンデレラガールズ > モバP「杏ーポッキーゲームしようぜー」

モバP「杏ーポッキーゲームしようぜー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 16:33:24.78 ID:C1AaftBP0

杏「えーポッキー長いし噛む必要あるし面倒だなー」

P「飴もあるぞ」

杏「本当?それならやってあげてもいいよ」

P「んっ」

杏「んー」

二人は幸せなキスをして終了


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 16:38:35.09 ID:C1AaftBP0

P「っ………っ……っ」

杏「んー」

P「…なあ杏、お前ももっと動いてくれないか?」

杏「気のせいじゃない?」

P「いや明らかに動いてるのは俺だけだ」

杏「…っぷ、あはは、ごめんごめんプロデューサーが必死にしてるの楽しくて」

P「こいつめー」
グリグリ

杏「うあー」

ちひろ「………………」
カタカタ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 16:44:57.70 ID:C1AaftBP0

P「こんの怠け者め」

杏「あはははは」
ジタバタ

P「そうか、解ったよ」
ガバッ

杏「あっ…」

P「そんなに楽なら好きなだけ俺が弄ってやるよ!」

杏「きゃー」


ちひろ「…そういうのは家でやってくれませんかねえ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 16:51:21.29 ID:C1AaftBP0

P「ポッキーゲームをしてるだけじゃないですか」

杏「そうそう」

ちひろ「は?(威圧)」

ちひろ「まずアイドルとポッキーゲームの時点でもうアレですよ?解ってます?んん?」

P「アイドルとの付き合いもプロデューサーの仕事ですキリッ」

杏「ちょっとしたお遊びじゃん、やましい事何て何も無いよ」

P「そのとおり、まして杏相手じゃそういう気持ち何かならな…」

杏「……………」

P「ちょっとはなるけど大丈夫ですよ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 16:58:59.11 ID:C1AaftBP0

杏「ちょっと?」

P「ちょっとじゃないな、凄いそういう気持ちになる」

ちひろ「駄目駄目じゃないか(呆れ)」

P「しょうがないですよ、俺そんな趣味無いですけど…杏、可愛いですもん」

ちひろ「そう…」

杏「そうそう杏は可愛いからね、プロデューサーがそういう気持ちになるのもしょうがないんだよ」

杏「で、そんな気持ちにしちゃった杏にも責任があるから我慢してプロデューサーに付き合ってあげる」

P「すまん、こんなんじゃ俺プロデューサー失格なのに」

杏「ううんいいよ、プロデューサーの駄目な所も受け入れてこそのアイドルだからね」

P「杏…んもうっ!杏はえらいなー可愛いなー」
ナデナデ

杏「えへへ」


ちひろ「何だこの茶番」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 17:07:07.96 ID:C1AaftBP0

ちひろ「つーかそもそもポッキーじゃないですよね?」

P「だって、なあ?」

杏「うん、ポッキー長いもん」

ちひろ「あのさぁ」

P「すぐに折れてゲーム終わっちゃうし」

杏「その点飴って凄いよね、短くて折れないからずっと遊べる」

P「ああ、杏とできるだけ遊んでたいからな」

杏「杏だってプロデューサーとできるだけ一緒に…」

P「俺だって時間が許す限りはお前と…」

ちひろ「はいはいはいはい、で、そのゲームはいつ終わるんです?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 17:16:55.94 ID:C1AaftBP0

P「それは考えてなかった」

杏「困ったね」

P「ああ、困った、どうするか…っん」

杏「んー」

P「……っ……さっぱり…だな……んっ」

杏「んんっ」

ちひろ「悩むかイチャつくかどっちかにして下さい」

P「っは…ティンと来た、飴が無くなるまで続ければいいんじゃないか?」

杏「ぁ……はぁ…プロ、デューサーあったまいいー」

P「んー」

杏「んー」

ちひろ「おかしい…こんな事は許されない…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 17:23:33.46 ID:C1AaftBP0

P「っ……っ…はっ……甘いなー杏は」

杏「プロデューサーだって…んん」

ちひろ「……………」

ちひろ「ああああああ!もし他の子に見られでもしたらどうするんですか!」

P「どうするって…別に見られても、ポッキーゲームですし」

ちひろ「まだポッキーゲームのつもりだった事に私は驚きが隠せませんよ」

杏「杏も別に見られたっていいからねー」

杏「…むしろ見せ付けてもいいよ杏は」

ちひろ「それだけはやめて」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 17:30:13.03 ID:C1AaftBP0

P「流石に見せ付けるとまで行くとちょっと恥ずかしいな」

杏「プロデューサーの意気地なしっ!」

P「一緒に遊んで友達に噂とかされると恥ずかしいし…」

杏「残念ながら杏様は気にしないのだ、んー」

P「んっ」

ちひろ「お前ら精神状態おかしいよ…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 17:38:49.30 ID:C1AaftBP0

P「だけどいい加減止めないとな」

杏「えー?」

P「明日も仕事あるだろ?いつまでもダラダラしてたら終われない」

杏「…まだ飴残ってるのに」
コロコロ

P「しょうがないって、家になら飴ならまだいっぱいあるしまた後でだ」

杏「でも…あ」

P「そういうな…帰ったら好きなだけ続きしてやるから、な?」
ナデナデ

杏「うんっ!」

ちひろ「口から砂糖吐きそう…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 17:51:23.80 ID:C1AaftBP0

ちひろ「ん?というか今家で続きって」

P「あ、今杏の家で寝泊りしてるんですよ」

ちひろ「気は確かですか?」

P「勿論です、むしろ滾ってますよ」

杏「や、やだプロデューサー…何言って」

P「ははは」

ちひろ「もう突っ込みたくも無いんですがそれって同棲じゃ」

P「違います」

杏「違うよ」

ちひろ「どういう事なの」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 17:58:23.90 ID:C1AaftBP0

P「いえ、杏の生活を改善させようとしたのは始まりでして」

P「コイツ以前は食べる物から寝る時間まで全てが無茶苦茶で」

杏「人間は寝たいときに寝て食べたいときに食べるのが一番正しいんだ…」

P「んな事してるからちっこい体なんだっての」

P「アイドルの体調管理もプロデューサーの仕事ですし」

P「始めのうちは口出したり家事を手伝ったりだったんですが」

P「一時的に良くなっても俺がいない時はサボってしまうんです」

P「という訳でやむを得ず今は同じ家で住んでるんですよ」

ちひろ「その理屈はおかしい」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 18:09:08.25 ID:C1AaftBP0

杏「本当お節介だよ、杏のニートライフがどんどん真人間に染まって…」

P「感謝してるのか厄介と思ってるのかどっちなんだよ」

杏「JKと一緒に暮らせてるんだから感謝してよね!」

P「炊事洗濯掃除から何までやってるの俺でもか!」

杏「杏はだらけるのが仕事だもん!」

P「私生活まで仕事しなくていい!」

杏「私生活でもプロ意識を忘れないのが杏なんだよ」

P「ぐぬぬ…」

杏「それに杏にはお家で大事な仕事が一つあるじゃん」

P「ん?」

杏「プロデューサーに…愛されるって仕事がさ」

P「……………カァ」


ちひろ「えんだーいやー」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 18:15:14.64 ID:C1AaftBP0

P「…そうだな」

P「杏の仕事はそれでいい…惚れた弱みって奴だ」

杏「うんうん、それでこそ私のプロデューサー」

P「その代わり」
グイッ

杏「わっ」

P「今日もそのお仕事頑張ってもらうからな?」

杏「………それだけは、頑張ってあげる」

P「楽しみにしてるぞ…」

杏「うん…」


ちひろ「式には呼んでくださいね」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 18:22:27.81 ID:C1AaftBP0

P「それじゃ帰るか」
ヒョイ

杏「うむ苦しゅうない」

P「はいはい」

杏「えへへー」
ギュウウ

ちひろ「ナチュラルにお姫様抱っことは」

P「ちひろさんお疲れ様です、上がりますね」

杏「お疲れ様ー」

ちひろ「お疲れ様でしたー外ではソレ止めて下さいねー」

P「外ではおんぶにしますから大丈夫ですよ」

杏「うん」

ちひろ「そうですね、私もそう思います」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 18:31:42.34 ID:C1AaftBP0

P「それでは」

バタン

アンズ、キョウハナニガタベタイ?

アメカナー

タベモノダタベモノ…トシソウオウノカラダニナルマデガンガンクワセルカラナ

プロデューサーヤッパリオオキイホウガイイ?

ソ、ソウイウコトイッテルンジャ

アハハ、ソレトモイマノママノホウガイイトカ?

オマエナァ…



ちひろ「………………」

ちひろ「はあ、二人は幸せなキスをして終了、ね」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 18:40:56.26 ID:C1AaftBP0



P「ただいまー」

杏「ただいまーおやすみー」

P「待て」
グイッ

杏「うぐ」

P「それじゃ料理といくか、手伝いよろしく」

杏「インスタントでも飴でも何でもいいのに…」

P「あ、ん、ず、?」

杏「はーい…」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 18:47:17.74 ID:C1AaftBP0

杏「ごちそうさま」

P「お粗末様」

杏「あーおいしかった、プロデューサーはいいお嫁さんになれるよ」

杏「じゃ、今度こそだらけて」

P「の前に風呂入ろうな?」

杏「…昨日入ったじゃん」

P「女の子としてそれはどうなんだよ」

杏「いいのいいの、杏は汗かかないしおトイレも」

P「よし、剥ごう」

杏「きゃー襲われるー」
ジタバタ

P「ええい暴れるな!パンツを脱がせにくいだろ!」

杏「きゃー」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 18:55:02.06 ID:C1AaftBP0

杏「上がったよー」

P「おう、じゃ俺も入るか」

杏「それじゃ今度こそ、今度こそ」

P「歯磨いた?」

杏「…やるよ、やればいいんでしょ!」

P「よしよしお前も解ってきたな」

杏「だってやらなきゃプロデューサーが磨いてくるし」

P「あれ?嫌だったのか?楽でいいやとか言ってたのに」

杏「楽は楽だけど…その、アレやられてると…その…」

P「?」

杏「って何だっていいでしょ!お風呂行ってこれば!」

P「あ、ああ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 19:04:07.07 ID:C1AaftBP0

杏「これで全部終わった!できたぁ!全部できたぁ!!褒めてよプロデューサー!」

P「ああ終わったな、偉い偉い」
ナデナデ

杏「うんうん!それじゃ溜まってたゲームでも」

P「明日は早いからもう寝ような」
デントウパチッ

杏「」

P「…こっそりやってても気づくからな?」

杏「救いは無いんですか」

P「おやすみ」

杏「オヤスミ」


46: >>45良くわかったな 2012/11/03(土) 19:10:56.82 ID:C1AaftBP0

杏「……………」

杏「ねえプロデューサー、まだ起きてる?」

P「……………」

杏「その…事務所の続き…」
ゴソゴソ

P「……………」

杏「して欲しいなって」
モゾモゾ


P「ああしまったなーもう歯磨いたから飴は駄目だなー残念だなー」

杏「……………」

P「……………」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 19:17:02.42 ID:C1AaftBP0

杏「杏って魅力ないかな?」

P「いいや超可愛いぞ」

P「ただ…」

杏「ただ?」

P「俺にも色々とあるんだよ、アイドルとプロデューサーだとか未成年だとか」

杏「ここまでしておいてまだそういう事言うんだ」

P「ここまでしたからこそだ」

杏「ヘタレ…」

P「違うわ!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 19:24:02.29 ID:C1AaftBP0

P「それに歳相応とは言わずとも、もっと大きくなってくれないとな」

杏「やっぱりもっとムチムチしてる方がいい?」

P「そのままでも俺は充分いける」

杏「…変態」

P「ゴホン、だがなそれ以上に俺はお前の体が心配だ」

P「だからこれ以上はしない」

杏「………………」

杏「…解ったよ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 19:29:02.53 ID:C1AaftBP0

杏「ヘタレでバインバインが好きなプロデューサーだもん」

杏「頑張ってご飯食べて大きくなるよ…今更成長しないと思うけど」

P「それでいい、楽しみにしてるからないろんな意味で」

杏「…やっぱりそういう方が好きなんじゃ」

P「はいおしまい、明日も仕事だぞ」

杏「え?明日は休みじゃなかったかな?」

P「俺が起こしてやるから安心して眠っていいからな」

杏「眠りから覚めたくない…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 19:35:04.54 ID:C1AaftBP0

P「それじゃ今度こそおやすみ」

杏「おやすみ」
ゴソゴソ

P「杏、自分の布団に」

杏「…これくらいいいでしょ」

P「…………」

杏「じゃないと眠らない」

P「それは困るな」
ナデナデ

杏「…………」
ギュウ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 19:39:38.87 ID:C1AaftBP0

P「眠れないなら仕方ないからな、今日だけは特別だ」

杏「これから毎日一人じゃ眠れないかも」

P「杏は手がかかるな」

杏「それこそ今更言うの?杏は手のかかる女だよ」

P「知ってた」

杏「捨てる?」

P「まさか、お前をスカウトした時から気持ちは変わらないさ」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 19:44:39.71 ID:C1AaftBP0

杏「……………」

P「…………」

杏「プロデューサー」

P「ん?」

杏「…ありがとう」

P「こちらこそ」




杏「おやすみなさい」

P「おやすみ」







おわり


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 19:48:35.17 ID:C1AaftBP0

会話もう少し続けようかと思ったけどあんま続けるのも蛇足っぽいので
支援や保守ありがとうございました





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿