TOP > 名探偵コナン > コナン「灰原の好きな人」

コナン「灰原の好きな人」

2018/02/18 22:38 | 名探偵コナン | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:19:15.28 ID:29DT7ED70

コナン「死ぬまでに一度はしてみたいことってあるか?」

灰原「どうしたのよ急にそんなこと言い出して」

コナン「いや、なんかオレの周りって殺人事件ばかり起きるだろ?」

コナン「なんか人がバタバタと死んでいくのを見てるとさ、オレもいつ死んでもおかしくねーなって、、」

灰原「そうね」

コナン「だからせめて死ぬ前にさ、一度はしてみたいことって何かあるかなーとふと思ってさ」

灰原「そう」

コナン(オレはやっぱり、いつか蘭とちゃんと付き合って、そして結婚して、、くふふ)

灰原「どうせあなたはあの彼女と付き合って、結婚したいとか考えているんでしょ」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:21:26.31 ID:29DT7ED70

コナン(ギクッ!)

コナン「バ、バーロー! んなことじゃねえよっ!///」

灰原(ホント分かりやすい人ね・・)

コナン「そ、そんなことより、オメーはどうなんだよ? なんか思いつくことあるか?」

灰原(・・・死ぬまでに一度はしてみたいこと、か・・)

コナン(相変わらず鋭いやつだな・・でもいつか絶対に蘭と・・くふふ)

灰原(・・・)


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:24:24.42 ID:29DT7ED70

コナン「まあそもそもオメーは生きることにあんまり執着なさそうだけどな」

灰原「・・・」

コナン「な、なんだよこっちをじっと見て。冗談だよ冗談」

灰原「・・・そうね。私は、、」

灰原「・・死ぬまでに一度は、好きな人とデートでもしてみたい、、かしら」

コナン「ふーん、そうか・・」

コナン「・・は?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:26:47.46 ID:29DT7ED70

コナン「え、なんて言ったの今」

灰原「好きな人と一度でいいからデートしてみたいって言ったのよ」

コナン「・・・ぷっ!」クスクス

コナン「オメーが!? 好きな人と!? デート!? ぷっはっはっはっ!!」

灰原「あら、そんなにおかしいかしら」

コナン「おかしすぎるっつーの!!だってあの灰原が! 灰原だよ! ぷっ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:28:40.96 ID:29DT7ED70

コナン「あー腹いてー。すまんすまん。ちょっと笑い過ぎちまった」

灰原「もう満足かしら」

コナン「いやすまん。バカにしてるつもりじゃねーんだが」

コナン「まさかオメーの口からそんな乙女チックな言葉が出てくるとは思ってなかったからよ」

灰原「あら、私だって一応女の子よ」

コナン「確かに、一応な。そうか・・オメーがなぁ・・好きな人とねぇ・・」

コナン「つーかオメー、好きな人がいるのか!?」

灰原「ええ、いるわよ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:30:40.58 ID:29DT7ED70

コナン「マ、マジかよ・・オメーに好かれる奴も大変だな・・」

灰原「・・・」

コナン「で、誰なんだよ好きな人って?」

灰原「あなた名探偵なんでしょ。当ててみなさいよ」

灰原「まああなたには絶対に分からないでしょうけどね」

コナン「おいおい!オレの推理力をなめんじゃねーぞ!」

灰原「じゃあ賭ける?」

コナン「え?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:33:27.16 ID:29DT7ED70

灰原「私の好きな人を当てられたら、あなたの勝ち。当てられなかったら、あなたの負け」

灰原「負けた方は勝った方の言うことをなんでも聞く、っていうのはどう?」

コナン「ちょっと待てよ。そしたらオレが当ててもオメー嘘ついて否定するだけだろ!?」

灰原「そんな卑怯なことしないわよ」

灰原「それに、悪いけど工藤君には絶対当てられないから、そんなことする必要すらないわ」

コナン「」ピキッ

コナン「よーし分かった!!受けて立ってやろうじゃねえか!!」メラメラ

灰原(ホント単純な人・・)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:36:42.79 ID:29DT7ED70

コナン「絶対に当ててやるよ! 覚えとけよ灰原ぁ!」

コナン「・・といいつつ、実はもう答えはわかってるんだ」

灰原「えっ?」ドキッ

コナン「冷静になって考えたら、推理するまでもなく簡単だよ」

コナン「これまでに灰原が好きな素振りを見せているのは、たった一人に対してのみ」

灰原(ウソッ・・鈍感なフリして、全部気づいてたっていうの?//)ドキドキ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:39:03.46 ID:29DT7ED70

コナン「答えは比護さん。はい、オレの勝ち。」

灰原「」

コナン「さーて、約束どおり、灰原に何してもらおーかなぁ」

灰原「ちょ、ちょっと待ちなさいよ」

コナン「往生際が悪いぞ灰原。答えは比護さんしかありえないんだから」

灰原「確かに私は比護さんのことは好きだけど、それはファンとしてであって」

灰原「恋愛対象としての好きではないわ。答えは比護さんじゃない」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:41:16.36 ID:29DT7ED70

コナン「なんだと!?・・つまり、もっと別の人が答えなのか?」

灰原「ええ」

コナン「その、恋愛対象としての好きな人っていうのが本当にいるんだな?」

灰原「・・ええ」

コナン「そもそも恋愛対象ってなんだよ。オメーの恋愛は絶対フツーじゃねえだろ」

灰原「ホント失礼な人ね。私だって普通の恋愛くらいするわよ」

コナン(・・マズイな)

コナン(比護さんじゃねぇとなると、誰なのか全く検討もつかねえ・・)


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:43:39.37 ID:29DT7ED70

コナン「ヒ、ヒントをくれねえか?」

灰原「あら、もう降参なの?」

コナン「うっせえ。降参じゃなくてヒントだよ!」

灰原「そうねぇ・・」

灰原(まあどうせ分からないだろうし、いっか)

灰原「・・頭はいいんだけど、キザでかっこつけたがりで目立ちたがり屋さん、かしら」

コナン「お、おい。それってまさか・・」

灰原(ドキッ)

コナン「ウソだろ・・まさかオメーが・・」

灰原「・・・」ドキドキ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:47:42.99 ID:29DT7ED70

コナン「服部のことを好きだったなんて・・」

灰原(そうなるわよね)

コナン「マジかよ・・服部だったのか・・」

灰原「違うわ」

コナン「ウソつくなよ。頭が良くて、キザでかっこつけたがりで目立ちたがり屋なんだろ!?」

コナン「そんな奴、この世に服部しかいない!」

灰原(鏡をみろよ鏡を)


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:51:09.09 ID:29DT7ED70

コナン「でもよ、服部には和葉ちゃんがいるのは知ってるだろ? どうすんだよオメー・・」

灰原「だから違うって言ってるでしょ。まあ、叶わない恋っていう点では同じだけど」

コナン「オメーの好きな人はもう別の人と付き合ってるってことか?」

灰原「そうなの?」

コナン「は?」

灰原「・・まあ、要はそういうこと。相手は私のことは何とも思ってないから」

コナン「そんなこと、相手に直接聞いてみなきゃ分かんねえだろ」

灰原「そうなの?」

コナン「は?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:56:10.62 ID:29DT7ED70

灰原「・・まあ、別にそれでいいのよ。私ももうとっくの昔に諦めているから」

コナン「別に諦めることはねえんじゃねえか?」

灰原(・・・)

灰原「で、もうあなたの負けでいいわよね?」

コナン「ちょ、ちょっと待てよ。まだ・・・」

・・・・・・

コナン「・・だめだ。分からねえ。降参だ」

灰原(ふふ・・ごめんね工藤君・・この勝負、最初からあなたに勝ち目はないのに)

灰原「さて、工藤君に何してもらおうかしら」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:58:41.33 ID:29DT7ED70

コナン「つーかよ、オメーが好きな人なんて本当はいないんだろ?」

灰原「・・どうして?」

コナン「いるふりして、賭けをふっかけて、オレになんか雑用押し付けたいだけだろ?」

灰原「・・・」

灰原「・・そんなに私が誰かを好きになっちゃいけないの?」

コナン「えっ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 21:02:04.40 ID:29DT7ED70

コナン「い、いやそんなつもりで言ったわけじゃ」

コナン「た、ただ本当に意外だったからよ・・」

灰原「・・・」

コナン「・・でもさ、なんかちょっと安心したよ」

コナン「オメーにもそういう人間らしい感情がまだちゃんと残ってるんだなって」

コナン「その気持ち、大事にしろよな」

灰原「・・・」

コナン「ど、どうした?オレの顔になにかついてるのか?」

灰原(ホンット、生意気で腹立つ顔ね・・)

灰原(・・でも悔しいけど、ずっと眺めていたい顔なのよね・・)


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 21:04:26.69 ID:29DT7ED70

コナン「は、灰原?」

灰原「あらごめんなさい。工藤君に何をしてもらおうかずっと考えていたから」

コナン(ちっ、なかったことにしようとしてたのに)

灰原「でも、やっぱりいいわ。元々あなたには勝ち目のない、卑怯な賭けだったから」

コナン「おい、その言い方ひっかかるんだけど」

灰原(本当は何か適当な口実をつけて、工藤君と一緒に過ごしたいと思っていたけど)

灰原(やっぱりそんなの卑怯よね・・)


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 21:10:52.51 ID:29DT7ED70

コナン「まあ賭けは賭けだしなぁ・・」

コナン「・・・よし、じゃあオレがオメーの恋を応援してやるよ!」

灰原(どうやって応援するつもりなのかしら・・)

コナン「実はついこの前、園子にトロピカルアイランドの年間パスポートを2枚もらったんだ」

---
(回想)

園子「はいガキンチョ、園子お姉さまからのバレンタインデープレゼント」

コナン「なにこれ、・・トロピカルアイランド?」

園子「そ。年間パスポート。2枚あるからガールフレンドでも作って、子供らしく一緒に遊んできなさいよ。ぷぷぷ」

蘭「えーいいのこんな豪華なものもらっちゃって?」

園子「いいのよ。こんなもの、ウチに掃いて捨てるほどあるから」

蘭「よかったねコナン君!」

コナン「ハハハ・・ありがとう園子お姉ちゃん(いらねーよこんなもん)」

---


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 21:15:17.77 ID:29DT7ED70

コナン「つーことで、2枚ともオメーにあげるから」

コナン「その好きな人誘って行って来いよ」

灰原「・・・」

コナン「どした?ほらやるよ」スッ

灰原「あ、ありがとう・・」

コナン「ま、後はオメーが勇気を出して、相手を誘えるかどうかだけどな」

灰原「・・・」

コナン「それじゃオレはそろそれおっちゃんの家に帰るとするか」

コナン「じゃあまたな灰原。頑張れよ!」

灰原「・・ちょ、ちょっと待って」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 21:22:45.22 ID:29DT7ED70

コナン「ん?」

灰原「・・1枚、あなたに返すわ」

コナン「え? いやいや、オレにくれたって意味ないだろ」

灰原「い、意味があるのよ・・//」ドキドキ

コナン(・・ハッ!)

コナン「まさか・・灰原、オメー・・」

灰原(・・いや、どうせ気付いてないわ)ドキッ

コナン「オレを・・」

灰原(えっさすがにバレたっ・・?)ドキドキ


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 21:56:34.41 ID:29DT7ED70

コナン「下見に付き合わせるつもりだな!!」

灰原「・・」

コナン「これは年間パスポート、つまり何度でも使える」

コナン「そしてオメーはオレに1枚渡してきた」

コナン「そこから導かれる結論はただ一つ!」

コナン「オメーはまず好きな人と行く前に下見に行くつもりで、それにオレを付き合わせるつもりだろ」

灰原(・・ホント、私のことなんて頭の片隅にもないのね)

灰原(ま、いっか・・)クスッ


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 21:59:51.69 ID:29DT7ED70

灰原「ええ、そういうつもりよ」

コナン「でもめんどくせーなー」

灰原「・・もし付き合ってくれるなら、アポトキシン4869の解毒剤もあげるわよ」

コナン「マジッ!? でもなんで?」

灰原「小学生二人だけで遊園地に行くわけにはいかないでしょ」

灰原「どちらか一方は大人の体にならないとね」

コナン「確かに。よっしゃー!久々に工藤新一に戻れるぜ!」

灰原(扱いやすい人ね)

コナン「つーかオメー、自分に都合のいい時にはあっさり解毒剤くれるんだな」

灰原「う、うるさいわね//」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 22:04:02.15 ID:29DT7ED70

コナン「まあいいや。灰原、オメーも解毒剤のむだろ?」

灰原「えっ」

灰原「私は飲む気はないけど」

コナン「いや、冷静に考えてみろ。高校生の男子に女子小学生っていう組み合わせはやべーだろ」

灰原「そうかしら。あなたなら大丈夫じゃない?」

コナン「どーいう意味だよ!・・万が一職質でもされたら、それこそ一巻の終わりだぜ!?」

灰原「そ、それもそうね」

コナン「二人とも元の体に戻ったほうが色々と安全だと思うんだ」

灰原「わ、分かったわ・・」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 22:08:29.81 ID:29DT7ED70

コナン「それじゃ今週の日曜日な!付き合ってあげるんだから感謝しろよ!またな!」

バタンッ


灰原(・・・)

灰原「・・ふふっ//」


おわり





『名探偵コナン』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿