TOP > ミリオンライブ! > 【ミリマス】奈緒「キング風花の話をするとしよう。」

【ミリマス】奈緒「キング風花の話をするとしよう。」

1: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 00:42:55.73 ID:Iy4pxdkG0

【超ビーチバレー撮影現場の砂浜】

風花「私が超ビーチバレーのキング役…。」

風花「そんな大役ができるか分からないけれど、選ばれたからには頑張らないと!」

ドォォォォォォォォン!!!!!

風花「えっ?何かしら…今、向こうからすごい音がしたような?」

海美「くぅ~~!!きっもちいいねーー!!」

紗代子「いいよいいよ!もう一球いこうか!」ポイッ

海美「どぉぉぉぉぉりゃぁぁ!!!」ズドォォォォン!!!!

紗代子「うん!!良い球キテるよ!!」

風花「……何あれ?」

奈緒「あれは海美のスーパースパイクや。」


2: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 00:44:52.68 ID:Iy4pxdkG0

風花「奈緒ちゃん!?一体どういうこと!?」

奈緒「海美のやつ、新入生役に抜擢されてめちゃくちゃ張り切ってんねん。」

奈緒「それで、紗代子を巻き込んで猛特訓しているんや。」

奈緒「気合と根性…もはや誰もあの2人を止めることはできん。」

風花「そんな…でもどうしてあんなにスパイクの練習を?」

奈緒「そんなん決まってるやろ。キング風花を倒すためや。」

風花「ええっ!?さっきから砂浜にクレーターを作っているボールって、私を倒すための武器なの!?」


3: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 00:47:05.03 ID:Iy4pxdkG0

奈緒「本番ではアレよりさらに強いボールが飛んでくるやろうな。」

風花「無理無理無理!あんなの受け止めたら怪我じゃ済まないわ!」

奈緒「せやな。でも、だからと言って今更役を降りるわけにもいかん。」

風花「じゃあ、一体どうすれば…?」

奈緒「決まってるやろ…特訓や!」


4: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 00:57:56.88 ID:Iy4pxdkG0

風花「奈緒ちゃん、特訓って何をするの?」

奈緒「そこは右腕クイーン役に抜擢された名相方、横山奈緒に任せとき。」

奈緒「私らの最大の脅威は、あの怪物スパイクや。あれを拾わな話にならん。」

奈緒「ならばやることは一つ!スパイク相手にひたすらレシーブの練習や!」

風花「なるほど…でも、誰がスパイクを打ってくれるの?」

昴「その役、オレに任せてくれよ!」

風花「その声は…昴ちゃん!」


5: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 00:59:17.58 ID:Iy4pxdkG0

昴「765プロの野球アイドル、永吉昴だよ。」

奈緒「私が呼んでおいたんや。」

昴「オレさ、新入生役に選ばれなくて、そのことはすっげーショックだったんだ。」

昴「でも、超ビーチバレーを盛り上げたい気持ちは変わらないからさ!」

昴「だから…オレにも手伝わせてくれよ!」

風花「昴ちゃん…ええ、もちろんよ!」

奈緒「(それから地獄のレシーブ特訓が始まった…のだが。)」


6: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:00:25.52 ID:Iy4pxdkG0

昴「もういっちょ行くぞー!」ドンッ!

風花「きゃっ!!」ボ-ン

奈緒「どこ上げてんねん。さっきから全然成功してないやん。」

奈緒「海美のスパイクはこんなもんやないで?」

風花「それはわかってるけれど…うう、もう一回!」


7: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:01:49.04 ID:Iy4pxdkG0

奈緒「いくでー。」ポイッ

昴「せーーのっ!!」ドンッ!!

風花「え、えーい!」

ボインッ 

奈緒「お、おっぱいレシーブ…って、どこで受けてんねん!」

風花「不可抗力よ!」

昴「でも、今までで一番良いレシーブだよ!すっげーな風花!」

風花「えっ?」

奈緒「確かに…風花の胸の柔らかさが、スパイクの勢いをほどよく打ち消し、最高のレシーブを生んだんやな。」

風花「えっ?えっ?」

奈緒「まさにキングオブバストレシーブ…よし、これでいったろ!!」

風花「えええーーーー!?」


8: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:03:01.44 ID:Iy4pxdkG0

奈緒「(こうして、おっぱいレシーブの特訓が始まった。)」

奈緒「(私の狙いは的中!風花のレシーブは見違えるほど良くなっていった。)」

奈緒「(……あの時までは。)」

風花「ごめんなさい、ちょっといいかしら…。」

奈緒「どないしたん?今めっちゃ調子ええのに。」

風花「あのね……胸が苦しいの。」

昴「えっ…それって…恋?」

奈緒「そんな、いくら夏の海で開放的になる言うても…。」

風花「物理的に胸が痛いのよ。」

奈緒「(ボケ潰された…。)」


9: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:04:00.65 ID:Iy4pxdkG0

風花「正直な話、レシーブを受けるたびに胸が千切れそうよ。」

昴「でも、海美のスパイクを受け止める方法はこれくらいしかないよ?」

風花「そうかもしれないけれど、もっとまともな方法を探してもいいでしょう。」

ロコ「そんなことではベリーバッドです!!」

奈緒「その声は…ロコ!?」


10: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:05:08.24 ID:Iy4pxdkG0

ロコ「765プロのミラクルアーティスト、ロコです。」

ロコ「フウカ。あなたのそのキング役は、ロコや他のアイドルから勝ち取ったもの。」

ロコ「それなのにギブアップするとは何事ですか!?」

風花「いや、何もそこまで言ってないけど…。」

ロコ「フウカの最大のウエポンはそのバストのはず…ならば、それを活かすべきです!」

ロコ「ドゥーユアベストですよ、フウカ!」

風花「…確かに、その通りかもしれないわね。」

風花「ありがとうロコちゃん。私、目が覚めたわ。」

ロコ「フウカ!」

奈緒「(だいぶ毒されてきたなー。)」


11: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:06:23.54 ID:Iy4pxdkG0

奈緒「しかしロコもたまにはええこと言うな。」

ロコ「たまに、は余計です!」

ロコ「確かにロコは、このキャスティングから漏れました。」

ロコ「でも、この超ビーチバレーをサクセスさせたい気持ちは変わっていません!」

昴「それ、さっきオレも言った。」

奈緒「しかし、問題はどうやって痛みを和らげるかやな。」

ロコ「ショックを和らげるならば、クッションの厚みを増やすことがマストかと。」

昴「つまり…キングバストを更に大きくするってことか。どうやるんだ?」

奈緒「……揉む、とか?」

未来「ちょーーっと待ったーーー!!」

奈緒「未来!?」


12: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:07:15.81 ID:Iy4pxdkG0

未来「765プロの未来系ドリーマー、春日未来です。」

未来「あのね、私も新入生役では負けちゃったけれど、この超ビーチバレーを盛り上げたい気持ちは」

奈緒「それはもうええわ。」

未来「というわけで風花さん!顔を埋めさせてもらいます!」

風花「きゃっ!?ちょ、未来ちゃん!?」

未来「ああ~、これがキングバスト~♪」

風花「やめ……もーー!」

奈緒「これは酷い。」


13: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:09:23.17 ID:Iy4pxdkG0

奈緒「(それから地獄のバスト強化特訓が行われた。)」

奈緒「(未来の頑張り?のおかげで、風花の胸はキングバストを超えたキングバストに生まれ変わった。)」

奈緒「(キングバスト2ってところやな。)」

奈緒「(そして……)」

奈緒「ほないくでー!」ポイッ

昴「てやぁっ!!」ズドォォォン!!!!

風花「ふっ!」ポヨン


14: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:11:18.06 ID:Iy4pxdkG0

ロコ「なんてソフトなボールタッチ!あのスパイクをパーフェクトにレシーブしています!」

ロコ「これがキングバストを更に超えた、キングバスト3!キングフウカ!」

未来「私が育てた。」

奈緒「それやで風花ーーー!!」

昴「カッケーーー!!」

風花「待たせたわね…私もようやく…飛べる!!」

海美「あれー?何か面白いことやってるねー。」

風花「ッ!?」


15: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:13:21.01 ID:Iy4pxdkG0

紗代子「よかったら私たちも混ぜてよ。」

風花「海美ちゃんに…紗代子ちゃん!」

奈緒「ようやくラスボスの登場やな。風花!特訓の成果を見せたれ!」

風花「う、うん!海美ちゃん、私にスパイクを打ってちょうだい!」

海美「なんかよくわかんないけれど、いいよ!」


16: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:15:02.12 ID:Iy4pxdkG0

紗代子「それじゃあボール出すねー。」ポイッ

風花「(…来る!!)」

海美「せーー……のっ!!!」

カッ!!!

風花「えっーーーーーー」



奈緒「(その瞬間、コートが吹き飛んだ。)」


17: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:16:09.13 ID:Iy4pxdkG0

風花「あ……あう……。」ピクピク

奈緒「風花ー、生きてるかー?」

昴「オレさ、人があんなに吹き飛ぶの、初めて見たよ!すげーな!」

未来「でも、完璧にスパイクを捉えていましたよ!」

ロコ「ナイスレシーブでしたよ、フウカ!」

風花「みんな……。」



風花「……本番はCGでお願い。」
【終わり】


18: ◆BRZinuuIIfwI 2018/02/19(月) 01:16:58.27 ID:Iy4pxdkG0

以上です。
超ビーチバレーがどんなシナリオになるのか、今から楽しみですね。





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿