TOP > 咲-Saki- > 照「台風が来て雷が鳴っているので」

照「台風が来て雷が鳴っているので」

2018/03/01 00:02 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:17:17.58 ID:GT+fYfbe0

照「もしかしたら咲が雷を恐れて私と寝たいと言うかもしれない」

照「……私と寝たいというかもしれない」

照「」ワクワク

咲「……お姉ちゃん」

照「!? ……な、何、咲?」

咲「……ここ、私の部屋」

照「……」

ピカーンゴロゴロ

照「ひっ……」ブルブル

咲「……お姉ちゃん。雷怖いの?」

照「……べ、別に」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:23:35.95 ID:GT+fYfbe0

ピカーンゴロゴロ

照「」ビクッ

咲「……怖いの?」

照「怖くない。急に来るとびっくりするだけ」

咲「……そうなんだ。じゃあお姉ちゃんは自分の部屋に戻って寝てね」

照「……い、いや、でも咲が怖がるといけないし」

咲「私は怖くないよ?」

照「……で、でも」

咲「さ、お姉ちゃん。自分の部屋に戻って寝てね?」

照「……い、嫌どす」ビクビク

咲「……やっぱり怖いんじゃ」

照「怖くはない!」

咲「……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:26:36.48 ID:GT+fYfbe0

咲「分かったよ、お姉ちゃん。怖くはないんだけど、この部屋を離れたくないんだよね?」

照「そ、その通り」

咲「じゃ、私はリビングで寝るから、お姉ちゃんはこの部屋を使いなよ」

照「え……でもそれは」

咲「大丈夫だよ、ちゃんと毛布持っていくし」

咲「あ、私のもの勝手に触らないでね?」

照「さ、触るかもしれないし」

咲「そう……でもまぁいいや。じゃお姉ちゃんおやすみなさ」

照「ま、待って!」ビクビク

咲「……何?」

照「い、一緒に……寝てください」

咲「嫌どす」

照「何で!?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:29:44.92 ID:GT+fYfbe0

咲「だってお姉ちゃん、私が寝ている間に何かしてくるでしょ?」

照「そ、そんなことしない……とも限らない……」

咲「私にとっては雷よりお姉ちゃんの方が怖いよ」

照「そ、それはない」

咲「あるんだよ。だって雷は私のパンツ盗んだり、寝こみを襲ってきたりしないもん」

照「……そ、そんなことした覚えは」

咲「……」ジー

照「……あります」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:33:05.68 ID:GT+fYfbe0

咲「私にとって雷はただ大きな音出すだけだけど、お姉ちゃんは実害がでるものなの」

咲「そんな姉と一緒に同じ場所で寝たりできないよ」

照「で、でも……」

咲「駄目なものはだめ」

照「……ううっ。さ、寂しい」

咲「これで少しくらい懲りてね。じゃ」

照「あ……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:36:04.16 ID:GT+fYfbe0

咲「……さてと、毛布を広げて……」

照「」

咲「……なんでここにいるの?」

照「……の、のどが渇いたから水を飲みに」

咲「そう」

照「……」

咲「……台所、あっちだよ?」

照「……咲」

咲「何?」

照「咲の唾液を飲ませて」

咲「……それじゃ私は寝るね。おやすみなさい」

照「す、スルー?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:40:00.63 ID:GT+fYfbe0

照「……」

咲「……お姉ちゃん。早く戻ったら?」

照「わ、私もリビングで寝ようかな……?」

咲「そう、じゃあ私は自分の部屋に戻るね」

照「な、なんで?」

咲「ソファ、二人じゃ寝れないでしょ?」

照「……咲のベッドなら二人で」

咲「だめ」

照「……ううっ」

咲「……やっぱり雷怖いの?」

照「そんなことを言った覚えはない」

咲「そう、じゃあいつも通り一人で寝れるよね?」

照「……わ、分かった。寝る。一人で寝る。咲のパンツかぶって寝る」

咲「今すぐ問い詰めたい発言が出たけど、今日は眠いから明日にするよ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:43:26.49 ID:GT+fYfbe0

咲「それじゃ、おやすみなさいお姉ちゃん」

照「お、おやす」

ピカーンゴロゴロ

照「ひっ! ……なさい」

咲「……やっぱり怖いの?」

照「か、噛んだだけ」

咲「そう……」

照「……おやすみな」

咲「わっ!」

照「ひっ!」ブルブル

咲「……」

照「……ひ、ひ、羊が一匹」

咲「……怖いの?」

照「こ、怖くない」ビクビク


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:45:56.53 ID:GT+fYfbe0

照「」ビクビク

咲「……仕方ないなぁ、一緒に寝る?」

照「さ、咲ったら怖がり……」ビクビク

咲「うん、もうそれでもいいよ……」

咲「ただし、私に変なことしないでね?」

照「変なことなんてしたこと」

咲「やっぱり一人で」

照「……すみません。絶対にしません」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:50:45.94 ID:GT+fYfbe0

―咲の部屋―

咲「ちょっと狭いね」

照「じゃ、じゃあもっとくっついて」

咲「それはだめ」

照「……」

咲「一定以上の距離を取ってないとなんだか心配だし」

照「……妹からの信用がなくてお姉ちゃん悲しい」

咲「信用がほしいなら、もう少し行動を自制してね」

照「……出来る範囲で努力する」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:54:07.48 ID:GT+fYfbe0

咲「……でも意外だな、お姉ちゃんが雷怖いなんて」

照「……怖くない」

咲「雷怖いなんて」

照「怖くなんて」

ピカーンゴロゴロ

照「……」ギュッ

咲「怖くなんて?」

照「……な、な、な」ビクビク

咲「はいはい、恐くないよ」

照「……恐くない」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 22:58:39.50 ID:GT+fYfbe0

咲「でも、雷か……なにかトラウマみたいなものでもあるのかな?」

照「怖くはないけど……でも、雷に関する悪い思い出はある」

咲「へぇ、どんな?」

照「小さい頃。今回みたいに台風が来て、外に出られなくなった時がある」

照「その時はお父さんが仕事だったし、お母さんも家事で忙しくて、麻雀もできなかった」

咲「私はいなかったの?」

照「まだ麻雀のルールを覚えられないくらい小さかった」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 23:03:00.38 ID:GT+fYfbe0

照「それで、仕方ないから咲に絵本を読んであげてたんだけど」

咲「へぇ、どんな?」

照「良く覚えていないけど、確か咲の涙目が見たくて雷様の怖い本読んでたと思う」

咲「……そうなんだ。ありがとう?」

照「それで、咲を膝の上に乗せて読み聞かせてたんだけど」

照「その途中雷が鳴って、驚いた咲が上げた頭が私のあごにクリーンヒット」

咲「……ああ」

照「それで、読み聞かせていたこともあって私は口を開いてたから、下噛んじゃって」

照「さらに痛さで悶えているたら近くにあったテーブルの脚に頭をぶつけて」

照「咲は泣き叫んで「お姉ちゃん嫌い」って言うし、全身あちこち痛いしで」

咲「……そ、そうなんだ」

照「さらに」

咲「まだ続くの?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 23:08:54.30 ID:GT+fYfbe0

照「さらに次の日、雷のせいで散々な目にあったから復讐してやろうと思って」

照「外に出て、雨が降る中「雷様のバカ野郎!」って叫びまくっていたら」

照「近くの空き地にたっていた木に雷が落ちて、それでびっくりして家に入って寝た」

咲「……へ、へぇ」

照「しかも次の日起きたら、四十度近い熱が出てて「あ、これは雷様に呪われたな」って死を覚悟した」

咲「いや、雨の中でずっといたらそれは風邪ひくよ……」

照「まぁ結局咲の言うとおり風邪だったから直りはしたんだけど、あれ以来私は雷が鳴ると」

照「怖くて怖くて体が勝手に震えがとまらな……怖くない」ブルブル

咲「……うん、怖くない。怖くないよ」ナデナデ

照「……怖くない」ギュッ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 23:12:27.47 ID:GT+fYfbe0

咲「それじゃ、そろそろ眠ろうか?」

照「……うん」

咲「じゃ、おやすみなさい」

照「……おやすみなさい」

咲「……」

照「……」

咲「……」スースー

照「……咲、寝た?」

咲「……」スースー

照「……」

ピカーンゴロゴロ

照「」ビクッ

照「……私も寝よう」

照「……おやすみなさい」ギュッ

咲「」スースー


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 23:15:54.69 ID:GT+fYfbe0

~翌朝~

咲「う、うーん……良く寝た……」

照「」スースー

咲「お姉ちゃん、朝だよおきて」

照「」ムクリ

咲「おはよう、お姉ちゃん」

照「な、なんでここに咲が……ま、まさか私を求めて夜這い!?」

咲「い、いや違うよ?」

照「咲ぃ! 私と結婚してー!」ギュッ

咲「お、お姉ちゃん、寝ぼけてないで! 朝だよ!」

照「……朝?」

咲「そう、朝。台風はもう過ぎたみたい」

照「……そう、それじゃ起きる」

咲「うん、そうだね。起きよう」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 23:17:25.83 ID:GT+fYfbe0

咲「さ、リビングに言って朝食食べよう」

照「ん……分かった」ポロリ

咲「? お姉ちゃん今何か落ち……私のブラジャー……」

照「」ダッ!

咲「お姉ちゃん! 待って! 待ってよ!」

照「わ、私は知らない!」ダッ!


終わり





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿