TOP > シンデレラガールズ > モバP「だりーな! だりーなかわいい!」

モバP「だりーな! だりーなかわいい!」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:14:48.52 ID:grzC1Hfu0

ある日の事務所―――

P「李衣菜、李衣菜ー? ちょっと来てくれー」

李衣菜「はーいっ。なんですかプロデューサー?」

P「よしよし、よく来た」ナデナデ

李衣菜「ん……なにかお手伝いすることでも?」

P「ないけど?」ナデナデ

李衣菜「え?」

P「え?」ナデナデ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:17:33.00 ID:grzC1Hfu0

李衣菜「いやいや、じゃあなんで呼んだんですか」

P「なんでって……そりゃ、李衣菜を撫でたかったから」ナデナデ

李衣菜「はぁ? よくわかりませんけど、とにかく放してくださいよっ」

P「あぁっ、そんな殺生な!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:20:10.35 ID:grzC1Hfu0

李衣菜「殺生て……なんでまた撫でたいなんて」

P「おい李衣菜!」バンッ

李衣菜「わぁ! なんですかもう!」

P「撫でたい気持ちに、理由がいるかい?」

李衣菜「いや知りませんけど」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:23:39.05 ID:grzC1Hfu0

P「だってお前、ここに超可愛い李衣菜がいるんだぞ。そしたらどうする?」

李衣菜「まったく意味がわかりません。あと可愛いじゃなくて、私はロックです!」

P「撫でたくなるじゃん?」

李衣菜「だから意味がわかりません」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:26:39.33 ID:grzC1Hfu0

P「撫でたくなるんだよ……撫でたいんだよぅ……撫でさせてくれよぅ」

李衣菜「わかりました、わかりましたよ! 撫でたきゃ撫でていいですから!」

P「よっしゃぁ! ではさっそく……よ~しよしよしよし!」ワシャワシャ

李衣菜「あぅぅ、んもー恥ずかしいなぁ……」カァァ

P「だりーな! だりーなかわいい!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:29:35.32 ID:grzC1Hfu0

次の日―――

P「李衣菜ーりいなーりーいーなー」ナーデナーデ

李衣菜「……あのですね」

P「なんだ李衣菜ー?」

李衣菜「なんで今日も撫でてるんでしょう?」

P「え、だって昨日撫でていいって」

李衣菜「昨日は昨日! 誰がずっと撫でていいなんて言ったんですか!」

P「!!!!」

李衣菜「そんなに驚くことあります?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:32:52.69 ID:grzC1Hfu0

P「だって、だって……な、撫でていいって……撫でていいって言ったのに……」

李衣菜「う、ショック受けすぎでしょ……」

P「李衣菜に嫌われた……嫌われちゃったよぉ」

李衣菜「ちょ、嫌うわけ無いでしょ! いいです、撫でてください! あー、撫でてほしいなぁー!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:35:42.12 ID:grzC1Hfu0

P「い、いいのか?」

李衣菜「ま、まぁ? 寛大な心がロックを育てるものだし? プロデューサーなら全然いいし?」

P「ありがとう李衣菜! チョロいな!」ナデナデ

李衣菜「えっ?」

P「いやなんでも!(あっぶね、つい本音がポロッと。ふへへ)」ナデナデ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:38:35.72 ID:grzC1Hfu0

李衣菜「んー、プロデューサーって撫でるの上手ですよねー」

P「李衣菜が可愛いからなぁ」ナデナデ

李衣菜「ロックです……はふぅ……」

ドア「ガチャ」

凛「おはようございm……なにしてるの?」

P「おー、おはよう凛」

李衣菜「おはよー……ってほわぁ!? りりり、凛!」

凛「プロデューサーが李衣菜を撫でてる……なるほど。なるほどなるほど」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:41:17.12 ID:grzC1Hfu0

李衣菜「えっとねこれはね!? ぷ、プロデューサーが撫でたいって言うから仕方なくでね!」

凛「そうなの?」

P「あぁ。李衣菜は可愛いからなぁ」

李衣菜「ロックなんだってば! じゃなくて、べべべ、別に撫でられても気持ちよくなんてないしぃ!?」

凛「ふぅん……でもホントは嬉しい?」

李衣菜「当たり前だよえへへ♪」テレテレ

P(かわいい)

凛(かわいい)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:44:29.04 ID:grzC1Hfu0

李衣菜「ってちがあああああう!」

李衣菜「ないない嬉しくない! プロデューサーなんてどうでもいいもんっ!」

P「がーんっ」

凛「どうでもいいの? ホントに?」

李衣菜「いいのいいの! プロデューサーなんて、全然イケてないしダメダメだね!」

凛「そっか……。私はプロデューサーのこと好きなんだけどな」

李衣菜「えっ」

P「えへへ照れるなぁ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:48:18.88 ID:grzC1Hfu0

凛「普段はふざけたりしてるけど、いつもみんなのこと想ってるし……」

凛「そういうところ、とってもかっこいいと思うな」

李衣菜「えっ、えっ?」

凛「でも……そっか、李衣菜はプロデューサーのこと好きじゃないんだ」

李衣菜「あ、いやそのっ、好きか嫌いかで言えば限りなーく好きに近いよ、うん!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:52:05.35 ID:grzC1Hfu0

凛「そうなの? でも私は大好き。……ふふ、言っちゃった」

李衣菜「ちょっ!?」

P「凛……ありがとな」

凛「ううん、素直になっただけだよ」

P「凛……」

凛「プロデューサー……」

李衣菜「えええ、なにこれ……変だよ絶対おかしいよぉ……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:55:12.84 ID:grzC1Hfu0

凛「李衣菜はプロデューサーのこと、そこまで好きじゃないってさ」

P「そうなのかぁ……悲しいなぁ」

李衣菜「あ、あの」

凛「仕方ないよ、李衣菜はロックだから」

P「そうか、ロックだもんな。仕方ないか」

李衣菜「どういうことなの!? 確かに私はロックだけどわかんないよ!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:58:22.48 ID:grzC1Hfu0

凛「私、ロックって孤高の存在だと思うんだ」

P「そうだな、常に独りで走り続ける……それこそロックだ!」

李衣菜「そ、そう! ロックはこ、ココー? だもんね! いやでもプロデューサーのことは、うににに……!」

凛(テキトーなこと言ってるんだけどな)

P(意味のないことで悩んじゃう李衣菜かわいい!)


34: 変な改行入った修正 2013/03/13(水) 21:59:51.85 ID:grzC1Hfu0

凛「私、ロックって孤高の存在だと思うんだ」

P「そうだな、常に独りで走り続ける……それこそロックだ!」

李衣菜「そ、そう! ロックはこ、ココー? だもんね! いやでもプロデューサーのことは、うににに……!」

凛(テキトーなこと言ってるんだけどな)

P(意味のないことで悩んじゃう李衣菜かわいい!)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:02:57.93 ID:grzC1Hfu0

李衣菜「う、うぅ……プロデューサーとロック、どっちを取ればいいの……!」

凛「李衣菜」

李衣菜「凛……。私、どうしたらいいかな……」

凛「李衣菜、聞いて。……李衣菜は李衣菜のロックを追い求めればいいんだよ」

李衣菜「私の、ロック……?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:05:20.23 ID:grzC1Hfu0

凛「そう。さっき私が言ったロックなんて、李衣菜が気にすることじゃないよ」

凛(そもそもテキトーだし)

李衣菜「そう、かな? 私の、私だけのロックがあるかな? ううん、あるよね!」

凛「うん、あるよ絶対!」

P(丸め込まれちゃう李衣菜かわいい!)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:08:26.30 ID:grzC1Hfu0

李衣菜「よおし! 私だけのロックを見つけるぞー! それで、プロデューサーだって捕まえちゃうんだから!」

凛「ふふ、負けないからね!」

李衣菜「私だって! プロデューサーのこと、誰よりも……す、すすっ好きだもん!」

P「やったあ!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:11:48.52 ID:grzC1Hfu0

凛「李衣菜、顔真っ赤だよ?」

李衣菜「あうぅ、慣れないこと言うの恥ずかしいよ……えへへ」

凛「李衣菜はホントにかw……こほん、恥ずかしがってる姿もロックだね」

李衣菜「そ、そう? 参っちゃうなぁもう! きっと全身からロックが溢れてるんだよ♪」

凛「うん、そうだね」ニコニコ

P(調子に乗ってよくわからないこと言う李衣菜かわいい!)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:14:41.95 ID:grzC1Hfu0

凛「あ、そろそろレッスンの時間だ」

李衣菜「ホントだ。じゃあプロデューサー、今日もロックに頑張ってきます!」

P「あぁ、行ってらっしゃい。凛、今日はありがとうな」bグッ

凛「ううん、私も楽しかったよ」bグッ

李衣菜「?? なにしてるの?」

凛「なんでもないよ。さぁ、行こう?」

李衣菜「うん! 行ってきまーす!」

ドア「ガチャ、バタン」

P「頑張れよー」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:18:44.11 ID:grzC1Hfu0

P「……ふー」

P「えーっと」ゴソゴソ

P「録れてるかなーっと」ピッ

『当たり前だよえへへ♪』

『うににに……!』

『す、すすっ好きだもん!』

P「ウッヒョオオオオ! かわええええ!!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:21:23.93 ID:grzC1Hfu0

P「やばいこれはやばい、永久保存版だこれぇ! しかも……」ピッ

『私はプロデューサーのこと好きなんだけどな』

『とってもかっこいいと思うな』

『でも私は大好き』

P「凛も可愛いよおおおお! うわああああ!!」ジタンバタン


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:24:33.96 ID:grzC1Hfu0

ドア「ガチャ」

ちひろ「お疲れさまでーす、って」

P「ふひ、ふひひ! 可愛い可愛い可愛い……!」

ちひろ「」

P「こりゃもう全員分集めるか! 集めちゃうか!?」

ちひろ「」ガタガタ

P「うひひひひ! 楽しみだなぁ!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:27:51.61 ID:grzC1Hfu0

ちひろ「あわわわ、もしかしてスタエナの飲み過ぎで……!?」ガクブル

P「だりーな! だりーなかわいい!」

P「しぶりん! しぶりんかわいい!」

P「みんなかわいい! いやっほおおおう!」ガタッ

ちひろ「ひぃぃぃ……! わ、私が悪いの!? だ、誰かぁー!」



おわり


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:28:40.52 ID:grzC1Hfu0

支援感謝

なにこれ





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿