TOP > シンデレラガールズ > モバP「PLEASURE」

モバP「PLEASURE」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:48:21.36 ID:2e5QrHZI0

事務所


ガチャ


未央「おっつかれー… 私が戻ったよ~っ♪」

P「おう、おかえりー!」バタバタ

ちひろ「未央ちゃん、お疲れ様ーっ」バタバタ

未央「や~っ 今日は、なかなかハードスケジュールだったね~…って」

P「ちひろさん、先方には俺が連絡入れておきます!」

ちひろ「はい、お願いします! 私は別ルート調べてみますので!」

未央「……」(なんかいつもにも増して忙しそうだ)


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:53:18.18 ID:2e5QrHZI0

P「……大変申し訳ございません はい… 代役?ですか… ………」通話中

ちひろ「ううん…、このルートならもう少し早く着けるかなぁ…」

P「……失礼いたします」ガチャ

ちひろ「どうでしたか?」

P「遅れるのは理解してもらいましたが、やはり生放送なので…厳しい部分がありますね」

P「本人到着までの繋ぎで、代わりを誰か用意して欲しいということなんですが…」

ちひろ「ああぅ~、…今出れる子って誰かいましたっけ?」

P「…ちひろさんのご存知の通り、おりませんっ」

ちひろ「…大ピンチですね」

P「えぇ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:59:01.16 ID:2e5QrHZI0

P「最終手段を使うしかないのか……オフの人には声をかけたくなかったがっ!」

ちひろ「私を起用するという手もありますが」

P「こんなときに冗談言わないでください!事態を悪化させてどうするんですか!」

ちひろ「……す、すみません…」(ちょっと本気だったのに)

ちひろ「と、なると。やっぱりオフの子に声をかけるしかなさそうですね…?」

未央「ねぇねぇ」

P「ん?」

ちひろ「あっ」

未央「忙しそうなところ悪いんだけどっ、バタバタして一体どうしたのっ?手伝うことある??」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:03:16.75 ID:2e5QrHZI0

ちひろ「プロデューサーさんっ! 未央ちゃんなら適任じゃないですか!?」

P「…確かに適任です。けど…未央は今朝から綿密なスケジュールをこなしてきているので、精神的にも体力的にもキツイところがあるかと」

P「プロデューサーとして、OK出せません」

ちひろ「ぐっ…、そうですね…。たしかにこれ以上は、未央ちゃんでも…」

未央「だから~、何の話してるの?」

P「…いや、凛がな。今地方での仕事が終わって、これからこっちに戻ってくるところなんだが」

P「帰ってきたら、○○でラジオの生放送があるんだよ…」

未央「うわぁ~…、しぶりんもスケジュールきっつきつだねっ!」

ちひろ「ニュージェネレーションは、皆人気者ですからねぇ…」

P「で、問題はここからなんだが…帰りの新幹線が事故か何かで遅延しているみたいでな…今、動けないみたいなんだよ」

未央「えっ!…それって相当マズくないっ!?放送間に合うの!?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:07:44.73 ID:2e5QrHZI0

P「…いや、かなり厳しいだろうな。ちひろさん、別ルートはどうでした?」

ちひろ「手配はしましたが…、早くても着くのは放送開始後でしょうね…」

P「やっぱ厳しいか~っ!」

ちひろ「やはり…、ここは私の出番では!?」

P「…は?」

ちひろ「………」

未央「それで、私に適任っていうのはどういうことなの?」

P「それは…なんでもない。気にしないでくれ」

未央「えぇ~?ここまで話して気にしないでくれっていうのは無しでしょっ!」

未央「ほらほら、言った言ったぁ☆」

ちひろ「プロデューサーさん……」

P「…」(こうなったら、引かないだろうな…)

P「話すだけ…だぞ?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:13:00.95 ID:2e5QrHZI0

~~~~~~~~~~~~



P「ってことだ……」

未央「なんだ、じゃぁ私で良いじゃんっ♪」

P「…言うと思った。ダメだ、朝からぶっ通しで疲れてるだろ?」

未央「だいじょーぶっ、だいじょーぶっ♪ 私に任せてよっ!」

P「未央!」

未央「…Pさんも頑固だけど、…私も頑固だから、ね?」

ちひろ「未央ちゃん…。なんで…」

未央「へっちゃらだよ♪」

未央「私にしか、できないんでしょ? やる気出るぅ~ってもんでしょっ!」

P「…」ハァ

P「未央、ごめんな。……ありがとう」

未央「なーに言ってるのっ!私がやりたいんだって!」

未央「えへへっ これを機会に、しぶりんのファンの心をゲットしちゃうよーっ♪」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:19:03.32 ID:2e5QrHZI0

………
……



未央「別に、送ってくれなくても一人で行けるのに~! 事務所の仕事だって、たくさん残ってるんでしょっ?」

P「まぁ、そう言うなって。俺がついて行きたいだけだ」

未央「…もうっ」

P「難しいと判断したら、未央を止めないといけないしな」

未央「プロデューサーったらそんなに私が心配なの~?嬉しいなぁ~っ!」

P「おう、超心配だぞ」

P「こんなことをさせてる俺が言うのもアレだが…、本当に、無理はしないでくれ」

未央「…うんっ わかってる…。ありがとねっ♪」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:23:41.70 ID:2e5QrHZI0

未央「それじゃ、行ってきますっ!」

P「…すまん、頼んだ」

未央「えへへっ この未央ちゃんに任せなさい~っ♪」


~~~~~~


未央『皆さん、こんばんは~!本田未央ですっ!』

未央『まず始めに、ファンの皆さんっ、スタッフの皆さんっ しぶりんが遅れてしまい、ホンッットに、ごめんなさいっ~!』

未央『うちのりんちゃんったらお寝坊さんでね~っ…』エーッ?

共演者『いやいや、新幹線が止まったって聞いたけどっ!?』ハハハ


……
………


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:29:51.82 ID:2e5QrHZI0

ガチャ



凛「…お待たせ」ゼェゼェ

P「お、凛! 間に合ったか…大変だったな?」

凛「遅くなって…ごめん、ね」ゼェ…ゼェ…

P「…いいから、息整えろ」

凛「う、うん」…フゥ

凛「プロデューサー…、ラジオは…もう始まってるんでしょう?」

P「ほら、アレ」



未央『いやいや、コレが違うんですよ~!しぶりんったら!…実はですねっ』


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:35:03.28 ID:2e5QrHZI0

凛「えっ…未央…? どうして?」

P「代役に入るって聞かなくてな…」

凛「プロデューサー。未央って、今日も私と同じくらいスケジュール入ってたよね?」

P「あぁ。仕事終わった直後だったんだが…たまたま居合わせてたんだ」


凛「……そっか」


凛「もう…。いつも笑顔で…無理ばっかり、してっ…!」ウルウル

P「…」


P「ほら、凜……早速で悪いが、出番だぞ。いけるか?」

凛「…うん、いけるよ。後は任せて」

P「おう、ここで見てるからなー」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:39:44.72 ID:2e5QrHZI0

ガチャ


スミマセン、オクレマシタ

ゲッ、シブリン!

リンチャーン、マッテタヨー、タイヘンダッタネー!

ミナサン、タイヘンゴメイワクオカケシマシタ…

イイッテコトヨー

ソレハソウト、ミオ

ナ、ナニカナ?

…オモシロイハナシヲシテイタミタイダネ、ミオ?



…………
………
……


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:44:36.34 ID:2e5QrHZI0

【終了後、事務所にて】



P「おつかれ、未央」

未央「ん~っ」伸び

P「よく頑張ったな。大盛況だったみたいだぞ?」

未央「ほんとー…? ならよかった~…」ニコ

P「ああ、ほんとによくやったよ。俺も助かった…!」

P「ありがとうな、未央」

未央「へへっ ようやく私のありがたみがわかったかぁ~♪」

P「わかったわかった。ほんと、スゴいな… 未央は」

未央「あれれ、今日は素直じゃないですか~。ならばよかろう。ご褒美を要求するっ」

P「おう、何でも言っていいぞ!」

未央「ん~、それなら~…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:49:06.26 ID:2e5QrHZI0

ちひろ「なんですかこの状況。すごく入りづらい…」コソコソ

凛「プロデューサーの膝枕…ズルい…ッ」




P「未央が良いなら、いいが…こんなんでいいのか?」

未央「ふっ、プロデューサー。これは…まだ序の口なのだよっ…」

P「そかそか。まぁ、他にも何かあれば聞いてやるよ。…出来ることだけな?」

未央「お、ほんとー…っ? んじゃ、次のお休みは買い物付き合ってよっ!」

P「あいよー。お安い御用だ」

未央「えへへ…っ わーい…」ウトウト

P「…」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:53:29.62 ID:2e5QrHZI0

P「……未央、ごめんな」

未央「…んー?」

P「あぁ言えば、未央なら絶対に自分がやる!って言い出すだろうと…わかってたはずなのに」

未央「…」

P「いや、だからこそ言ってしまったんだろうな…。負担ばかりかけてすまん…」

未央「…」

P「…未央?」

未央「……スゥ……スゥ」Zzz

P「…」

P「おつかれ、未央」ナデナデ



凛「…今日だけ我慢、今日だけ我慢」ギリギリギリ

ちひろ(ひいぃぃぃぃ)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:59:28.36 ID:2e5QrHZI0

~ある日のLIVEにて~




卯月「お疲れさまっ♪ 未央ちゃん!」

未央「あ、うづきんっ! 来てくれてたんだー?」

卯月「うんっ、たまたま現場も近いし…ちょっと時間が空いたからねっ」

未央「そなんだ~?…わざわざ来てくれたのに、ごめんね?」

未央「…カッコ悪いとこ見せちゃったなぁ~!」

卯月「…そんなことないよ? 未央ちゃん、すごく良く出来てたと思うし、会場もとっても盛り上がってたよっ」

未央「けどっ…結局負けちゃったからね…悔しい~っ!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:03:47.46 ID:2e5QrHZI0

卯月「うぅ…でもっ相手は、あのシンデレラガールだしっ…」

卯月「私から見れば、同じくらいかっ、未央ちゃんのほうが良かったって思うよ?」



未央「…えへへっ ありがとっ!うづきん♪」ダキッ

卯月「……未央ちゃん」



卯月「…どこ触ってるの?」サワサワ

未央「おぉ~、相変わらず良いお尻してますなぁ~っ! これは素晴らしいっ!」サワサワ

卯月「もう~っ!!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:08:00.58 ID:2e5QrHZI0

卯月「プロデューサーさんも、なんとか言ってくださいっ!」

P「卯月!」

卯月「は、はい?」

P「俺も、良い尻してると思うぞ!自信を持て!」

卯月「な、な、なにを言ってるんですか!!」

未央「お、さすがプロデューサー!この良さがわかるか~っ! …さわっとく?」

P「え、良いの?」

卯月「ダメですよっ!!」

P「…ショック」

未央「仕方がないねっ! うづきんのお尻は私のモノだってことだっ!」

卯月「未央ちゃんのモノでもありませんっ!」

卯月「もう~…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:12:28.79 ID:2e5QrHZI0

P「卯月。そろそろ、戻らなくて大丈夫なのか?」

卯月「えっ」時計チラッ

卯月「あっ…そうですね。もう戻りますっ!」

P「おー、頑張ってこいよ。後処理したら、俺もそっちの現場行くから」

未央「いってらっしゃいっ! ファイトだよっ! うづきんっ♪」

卯月「はいっ! 頑張りますっ!」

卯月「未央ちゃん、プロデューサーさん、また後でね」

P「おー」ヒラヒラ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:17:50.53 ID:2e5QrHZI0

未央「あ、うづきん」

卯月「?」

卯月「どうしたの?未央ちゃん」

未央「…わざわざありがと…ねっ? …元気でたよっ」ニコ

卯月「~っ//」

卯月「プロデューサーさん、聞きました!? 未央ちゃんがデレましたよっ!」

P「大丈夫だ、ちゃんと撮ったぞ」

卯月「!! あとで送ってくださいっ!他の皆にもっ!」

未央「ちょ、ちょっと何言ってるの! ほらっ、間に合わなくなるよ?うづきん!」

卯月「そ、そうでしたっ それでは行ってきます~っ!」

未央「うんっ 頑張ってねーっ!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:22:17.56 ID:2e5QrHZI0

ガチャ バタンッ…


P「…」

未央「…良い子だね~っ」

P「…なんたって、うちのアイドルだからな」

未央「その理論でいくと、私も良い子ってことだよねっ?」

P「当たり前だ。うちは皆良い子だぞ?」

未央「…ふふっ。…だねっ」



P「ただし事務員は除く」

未央「ひどっ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:29:18.24 ID:2e5QrHZI0

未央「……」ウツムキ

P「…」

P「……」ナデナデ


未央「っ………ぅ…」ウルウル

P「…お疲れ、未央」ナデナデ


未央「っ…負け…ちゃった、よぉ…」ポロポロ

未央「…ごめ、ん…ごめん、ねっ…ぷろでゅーさー…」ポロポロ


P「…謝るなって。俺の方こそ、力不足で…すまん」ナデナデ

未央「っ…そ、そんな、こと…ない…ヒック」ポロポロ

P「………」ナデナデ

………
……


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:34:31.58 ID:2e5QrHZI0

未央「…。あーっ、勝ちたかったなっ…」

P「…卯月の言ったとおり、俺が知ってる限りでも最高の未央だったんだけどな」

未央「そ、そうかな?」

未央「…でも、それでも勝てないんだねっ」

P「さすがは、今を時めくシンデレラガールってところか…」

未央「くぅ~っ…!」

未央「レッスンだっ!レッスンしかないねっ!プロデューサーっ!」

P「み、未央?」

未央「ねっ? 早く帰ってレッスンしよう~っ!」

P「…あぁ、そうだなっ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:38:56.99 ID:2e5QrHZI0

未央「あのねっ」

P「ん?どした?」

未央「…次は、バッチリ勝ってみせるからっ!」

未央「…傍で見ててよ? プロデューサーっ!」

P「!」

P「おう!俺も、次こそ勝たせてみせるぞっ!」


未央「へへっ、えへへっ これからもよろしく、ねっ?」


未央「うづきんの台詞を借りて~っ」


未央「本田未央、頑張りますっ!!!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:45:19.19 ID:2e5QrHZI0

~PLEASURE~



P「~♪」

未央「プロデューサーって、どんな音楽聞くの??」

P「ん?そうだな~、今聴いてるのは…まるで未央の様な曲だな」

未央「? 私の様な…って どんなのよっ」

P「聴いてみるか?」

未央「うんうんっ! 聞いてみたい!」

P「はいよ」っ片耳イヤホン

未央「え?」(片耳…づつ!?)

P「…聴かないのか?」

未央「あ、聴く聴く!聴きますよっ!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:49:53.80 ID:2e5QrHZI0

P「どうだ?ちゃんと聴こえてるか?」

未央「~っ///」(顔近っ)

P「ちゃんみおー?」

未央「え、あ、うんっ!聴こえますですっ!はいっ!」


~~♪


未央「あーっ、これ…ドコかで聴いたことある、かも」

P「ちょっと古い曲だけどな。懐かしの歌とか…何かの番組で見たのかも?」

未央「かな~?」

未央「…それにしてもっ、良い歌だね~っ♪」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 20:57:13.57 ID:2e5QrHZI0

未央「~~♪」

※アニメ【クレヨンしんちゃん】よりOP(2003/01~2004/10)
曲名:『PLEASURE』
引用 http://www.youtube.com/watch?v=wTW-BwOQz1w


ドントウォーリー 心配ない なんで? なんて聞かないで
へっちゃらって 笑ったら 明日は日本晴れ

どってことないよ 泣いてなんていられない
パッと咲いた花も いつかは実を結ぶ

長い人生だから たまにつまづくこともある

かなりお気楽 リラックス ちょっと極楽 地球は回る
どんな時もココロに大きな太陽 ぱらり雨が降れば
虹を架けてサービスしましょ 愛と勇気と自由の大きな太陽輝く

<中略>

遠い未来より 今 ここに確かな足跡を

だから頑張ったり 踏ん張ったりお腹空かして
どんなときも ココロに大きな太陽
いつも愛を込めて 夢を添えて 歌を唄って
晴れ渡った ココロに大きな太陽輝く


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 21:01:30.95 ID:2e5QrHZI0

ガチャ


卯月「おつかれさまですっ♪」

凛「お疲れ様」


卯月・凛「!?」


P・未央「~~♪」イヤホン共有中


卯月「うわぁ~…」

凛「………」テクテク



凛「 な に や っ て ん の ? 」



おしりん。


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 21:07:25.36 ID:2e5QrHZI0

くぅー疲れました これにてSS完結です!
駄文ですみません。

懐かしい歌を聴いたので、勢いに任せて書いてみました。
たまにはちゃんみおメインのお話が合っても、よろしいんじゃないでしょうか!・・・ニュージェネは人気あるなぁ(白目)と言うことで





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿