TOP > アイドルマスター > 春香「なんにもないですね」 P「だな」

春香「なんにもないですね」 P「だな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 21:31:05.10 ID:+gsVy5rb0

春香「暇ですよ、プロデューサーさん」

P「おー」

春香「お仕事ないんですかプロデューサーさん?」

P「おー」

春香「もー、適当に返事してませんか、プロデューサーさん?」

P「おー」

春香「……私の事好きですかプロデューサーさん?」

P「おー」

春香「!?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 21:34:18.57 ID:+gsVy5rb0

春香「……プロデューサーさん」

P「おー」

春香「あの……」

P「おー」

春香「わ、私の事大好きなんですかプロデューサーさん?」

P「おー」

春香「じゃあ、私と結婚してもらえますか?」

P「あー、それは難しいな」

春香「!?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 21:39:09.60 ID:+gsVy5rb0

春香「えっ!?」

P「いや、結婚は無理だろ」

P「年齢的にマズいし、そもそもプロデューサーとアイドルが結婚は無理だろ」

春香「はは、ですよねー」

P「うんだ、うんだ」

春香「あれ? 私の事が好きなのは本当なんですか?」

P「うむ」

春香「ほあ!?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 21:43:08.91 ID:+gsVy5rb0

春香「じゃじゃじゃ、じゃあ私がアイドルを辞めたら……」

P「まぁ……」

春香「……」

P「普通の女子高生に戻るんじゃないか?」

春香「そうですけど! そうなんですけど、違いますよ!!」

P「違くわないだろ、春香がアイドル辞めたら普通の無個性の女子高生だろ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 21:46:24.53 ID:+gsVy5rb0

春香「……」

P「……」

春香「プロデューサーさんは私の事が好きですか?」

P「あぁ」

春香「はい!」

千早「はいじゃないが」

春香「千早ちゃん!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 21:50:41.21 ID:+gsVy5rb0

千早「何をやっているんですか? 演技の練習ですか? そうですか」

春香「えっと……」

春香「実はプロデューサーさんは私の事が大好きらしいんだよ」

千早「春香が何を言っているのかいまいち分からない」

春香「だから、プロデューサーさんは私の事が大好なんだって」

春香「そうですよねプロでキューサーさん?」

P「おー」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 21:52:47.24 ID:+gsVy5rb0

千早「私の事は好きじゃないって言うんですかプロデューサー?」

P「いや、千早も好きだよ」

千早「!?」

春香「ほや!?」


千早「えっ!? でも春香の事を……」

P「春香の事も好きだぞ」

千早「は?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 21:57:05.06 ID:+gsVy5rb0

千早「どういう事ですか? 公に浮気するって言ってるんですか?」

P「いや、別に付き合ってる訳じゃないんだから浮気も何もないだろ」

千早「……そうですけど」

春香「じゃあ、私がアイドルを辞めたら――」

P「だから普通の女子高生だろ?」

春香「そうじゃなくて、アイドル辞めたらプロデューサーさんは私と付き合ってくれますか?」

P「いやー……無理だわー」

春香「ほわっ!?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:01:43.62 ID:+gsVy5rb0

春香「バkだkdなくナkンかjんk?」

P「いや、女子高生だし……」

春香「いkygb九bはぃあうcvん!! あkyvgぶかvyb?」

P「高校卒業しても……難しいかなー」

春香「ほや!!」

千早「春香、諦めなさい!」

春香「九アygbくあylヴぃあ OK?」

千早「えっ、ああ、うん?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:08:09.58 ID:+gsVy5rb0

貴音「話は聞かせていただきました」

貴音「プロデューサーは私となら結婚できると言う事ですね」

ナ、ナンダッテー

春香「り合うbhリウbんぃj!! ぁくbvぃあうkbvぃあうwwwwwwww」

貴音「それはどうでしょう春香」

春香「ほや?」

貴音「私はプロデューサーとも年齢が、それはど離れていません。つまり結婚出来るのです」

千早「そうなんですかプロデューサー?」

P「うん、無理」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:12:53.11 ID:+gsVy5rb0

貴音「えっ!? ど、どうしてですか?」

P「いやー、貴音と結婚したら俺の給料だけで暮らせそうにないし……」

貴音「はう」

千早「確かに食費だけで、すごい事になりそうね」

春香「同意」

千早「……」

千早「わ、私じゃダメですか?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:17:58.20 ID:+gsVy5rb0

P「千早かー千早は料理出来ないからなー」

春香「そうだよ、千早ちゃんはダメだよ! ダメな奴だよ!」

貴音「私は食べる事なら負けません!」

千早「わ、私料理も頑張ります!」

P「あー……」

P「けど、アイドル辞めないだろ?」

千早「……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:21:19.01 ID:+gsVy5rb0

P「じゃあ、ダメだろー」

千早「くっ……」

春香「えっ、じゃあ千早ちゃんはアイドル辞めたら結婚できるんですか!?」

P「ああ」

春香「わ、私は?」

P「だから春香は無理だって」

春香「うぉぉぉえぇぇえぇっぇえぇ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:26:17.87 ID:+gsVy5rb0

やよい「うっうー、何やってるんですかー?」

千早「高槻さん!……高槻さん!! 高槻さぁぁあん!!」

やよい「は、はい、なんですか?」

千早「いえ、なんでもないわ」

やよい「は、はい?」

貴音「やよいはどうなのですかプロデューサ―?」

P「やよい? やよいなら全然オッケー」

春香「ぐっぉぉぉぉえぇぇぇええぇl」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:31:03.98 ID:+gsVy5rb0

春香「なんでやよいはいいんですか、プロデューサーさぁぁぁっぁあんんんん?」

P「やよいの家に週6で行ってるからな。結婚しても今と変わらないんだろうなって」

千早「は?」

やよい「うっうー、昨日もプロデューサーお家に来てくれました」

千早「は?」

貴音「落ち着きなさい千早」

千早「は?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:37:19.74 ID:+gsVy5rb0

千早「ワタシ チハヤ」

春香「プロデューサーは何なんですか? やよいも好きなんですか?」

P「あぁ」

春香「はぁぁぁん」

やよい「私もプロデューサーの事好きですよ―」

春香「はぁぁあぁぁん、えんだぁぁぁぁあぁ」

貴音「で、食事は何を?」

やよい「もやし炒めです!」

貴音「でその前の日は?」

やよい「もやしのス―プです」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:43:11.35 ID:+gsVy5rb0

春香「で、なんなんですか? ロリコンなんですか? 伊織の事も好きなんですか?」

P「あぁ、伊織の事も好きだぞ」

春香「ほげぇ」

P「一週間の内6日はやよいの家だけど、残りの1日は伊織の家行ってるんだ」

春香「んあぁぁぁぁっぁあ、ろぉぉぉぉりりりっりりこん」

バン
伊織「そういう事よ春香! 諦めなさい」

千早「うわっ、ビックリした」


貴音「して、その前の日は?」

やよい「も……焼きそばです」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:49:09.58 ID:+gsVy5rb0

春香「もう、嫌だよ、意味が分からないよ」

P「へぇ~」


伊織「ねぇ、あんたは今日、私の所に来るの?」

P「んー」

やよい「今日はお家に来てくれないんですかー?」

P「あー」

千早「……」

千早「今日は私の家ですか?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 22:55:24.98 ID:+gsVy5rb0

伊織「何言ってるのよ千早!?」

千早「プロデューサーは私と一緒に居たいんじゃないかしら? いえ、きっと! 絶対!」

やよい「うぅー、今日は来てくれないんですかー?」

P「どうすっかなー?」

貴音「私とらぁめんを食べに行くのはどうでしょう?」

伊織「ちょっと貴音まで!?」


春香「な、なら私の家で――」

P「いや、春香の家はここから遠いから嫌だ」

春香「SHIT!!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:01:47.20 ID:+gsVy5rb0

春香「差別! 差別ですよプロデューサーさん!」

P「ん? 何か行ったか?」

春香「くそっ、主人公補正がこんな所で!」


貴音「では、こういうのはどうでしょうか?」

千早「なんですか?」

貴音「まず、やよいの家に伺い食事、次に伊織の家で食事、そして千早の家に食事、最後にらぁめんを食す」

伊織「それは貴音が食べたいだけじゃないの?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:07:46.87 ID:+gsVy5rb0

伊織「はぁ……もう、皆で私の家でいいわ」

やよい「そんなの悪いよ―」

伊織「めんどくさいからいいわ、伊織の家族もついでに呼びなさい」

貴音「とても楽しみですね」

千早「あの、プロデューサー私、料理勉強しますから」

P「ん、あぁ、そう」

ガヤガヤ……

……


春香「……こんなの間違ってるよ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:14:57.49 ID:+gsVy5rb0

春香「もう、私どうすればいいか分からないよ……」

「困っているのね~」

春香「えっ?」

「何か悩みがあるんでしょう?」

春香「誰ですか?」

あずさ「私よ春香ちゃん」

春香「あずささん……」

あずさ「ふふ、で春香ちゃんは何を悩んでいるのかしら?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:18:12.33 ID:+gsVy5rb0

春香「――――って感じなんです」

あずさ「そうなの~」

春香「私、どうしたらいいんですかね?」

あずさ「……」

あずさ「春香ちゃんのお悩みを解決してあげようかしら~」

春香「えっ?」

あずさ「えいっ」
ドバシィィィィ

春香「ぬぁぁぁっぁぁあ」バタ

―――
――


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:21:46.47 ID:+gsVy5rb0

「……か、は……か、きろは…か」

春香「う、うーん、もう少し……」

「起きろー春香ー」

春香「ひゃっいん!?」

P「今日は寝坊か春香?」

春香「えっ、プロデューサーさん!?」

P「何を驚いてるんだ?」

春香「えっ? はっ?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:27:45.73 ID:+gsVy5rb0

P「しかーし! 今日は俺が朝食を作ったんだぞ!」

春香「朝食?」

P「おう、いつも春香に任せっぱなしだったからな」

春香「あう……」

P「どうした、なんか今日の春香変だぞ?」

春香「あの、昨日は私どうしたんですか?」

P「どうしたって……さすがに俺でも口に出すのは恥ずかしいんだが……」

春香「えっっ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:33:02.60 ID:+gsVy5rb0

P「でも、どうしてもって言うなら、事細かどんなプレイをしたか――」

春香「だ、大丈夫です!」

P「なんだ、よう分からんな。まぁコーヒーでも飲んで落ち着け」

春香「は、はい……」
ズズ

P「ん? なんでそっちに座ってるんだ?」

春香「えっ?」

P「いや、いつもこっちに座ってただろ?」

春香「えっ、そ、そうでしたっけ? はは……」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:39:01.30 ID:+gsVy5rb0

春香「気分転換にこっちに座ってみたんですよー」

P「……」

春香「……」

P「確かに席を交換するのも新鮮かもな」

春香「はい、そうですよー」

春香(部屋の様子からみて、二人で暮らしているのかな……)

春香「私っていつから、プロデューサーさんの所に住んでるんでしたっけ?」

P「確か、付き合ってからすぐだから……半年くらいじゃないか」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:43:50.96 ID:+gsVy5rb0

春香「半年ですか……」

P「あぁ」

春香「そうですか」

P「あぁ、それより飯を食おうぜ。このままじゃあ遅刻だぞ」

春香「あっ、はい」

――――――
――――
――


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:47:08.22 ID:+gsVy5rb0

P「じゃあ、後で事務所でな」

春香「はい」

P「……」

春香「……?」

春香「なんですか?」

P「ん? 今日は行ってきますのチューはないのかな……って思って」

春香「えぇぇぇ!?」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:51:07.23 ID:+gsVy5rb0

春香「うぅ……い、行きますよプロデューサーさん」

P「あぁ」



チュッ

P「うし、じゃあ行ってきます」

バタン

春香「はわぁ~おプロデューサーさんにキスしちゃった……」



春香「わぁああ///」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 23:56:26.17 ID:+gsVy5rb0

春香「半年もプロデューサーさんの所に住んでるなんて」

春香「もうこれは、内縁の妻だよ」

春香「えへへ」

春香「あっ学校に行かなきゃ」

春香「行ってきまーす」

バタン


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:07:23.79 ID:C/20r4760

――――――
――――
――

春香「うーん、学校は特に変わりなかったかなー」

春香「けど、皆がちょっとよそよそしかったかも」

春香「っと、早く事務所に行かないと」



春香「あれ? あれは千早ちゃん?」

春香「千早ちゃーーん!」

クル
千早「! ……」ダッ


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:11:44.67 ID:C/20r4760

春香「あれー、聞こえなかったのかな……」

春香「はは……走って行くなんて急いでたのかな?」




春香「当然、事務所は変わってないかー」

春香「あっけど、中は変わってるかも」

ガチャ

春香「おはようございまーす」

……

P「おう、おはよう春香」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:16:04.18 ID:C/20r4760

春香「おはよう千早ちゃん」

千早「……」

春香「き、聞こえないのかな……おはよう、千早ちゃん」

千早「……おはよう」

春香「う、うん」」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:19:54.00 ID:C/20r4760

春香「あっ、今日ね私――」

千早「ごめんなさい、集中したいから」

春香「ご、ごめん」

千早「……」

春香「……じゃあ、私あっちに行ってるね」

千早「……」

春香「……」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:25:28.81 ID:C/20r4760

春香「……」


真「この雑誌の衣装かわいいなー」

雪歩「こっちの方が真ちゃんいは似合ってるよ!」

真「えっ、そうかな?」

雪歩「うん、ゼッタイ」

春香「どんな服なの?」

真「えっ……こんなのだよ」

春香「えぇー真はこっちも似合うよー」

真「……へへ、そうかな」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 00:58:49.65 ID:C/20r4760

雪歩「……」

春香「ねっ、雪歩もそう思うでしょ?」

雪歩「…………うん」

春香「でもこっちも――――」

真「ごめん春香」

春香「えっ?」

真「僕達用事思い出したから」

春香「そう……なんだ」

真「うん、じゃ」

春香「じゃあ、またね」

雪歩「……」

バタン


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:01:57.53 ID:C/20r4760

春香「私……何かしちゃったかな……」

春香「……」

春香「はぁ……」


千早「……」テクテク


春香「あっ! 千早ちゃん、お勉強はもう終わったの?」

千早「……えぇ」

春香「そうなんだ、飲み物でも買いに行くの? 私も一緒に行ってもいいかな?」

千早「くっ……春香あなたね!!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:04:23.94 ID:C/20r4760

春香「えっ、どうしたの千早ちゃん」

千早「あなた、私をおちょくっているの!?」
壁ドン

P「なんだ? どうかしたか~?」

千早「……いえ、なんでもありません」

P「……そうか」

千早「春香……外までいいかしら?」

春香「……うん」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:09:46.99 ID:C/20r4760

千早「春香、私前に言ったわよね、なるべく話しかけないでって」

春香「えっ……」

千早「確かに勝手だと思うけれども、これでも私も気持ちの整理が必要なのよ」

千早「あなたとプロデューサーが付き合って半年もたつけれど、それでもまだ私は割り切れないのよ、分かってよ」

春香「あっ……」

千早「確かにあなたの両親が亡くなったのは残念だと思うわ、私も弟を事故で亡くしたから」

春香「えっ」

千早「でも、それにつけこむ形でプロデューサーの家に転がり込むっていうのはどうかと、私は――」

春香「ちょ、ちょっとまって!?」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:14:33.45 ID:C/20r4760

春香「わ、私のお父さんとお父さんが……」

千早「事故でしょ? 確かに寄りそう物が必要なのかもしれないけど、それをプロデューサーに――」

春香「……死んだ? 事故? えっ?」

千早「――だからね、ちょっと春香聞いてるの?」

春香「そんなはず……」

ピッ
『お掛けになった電話番号は現在――』

ピッ
『お掛けになった電話番号は現在――』

春香「なんで、繋がらないの……」


88: ごめんメタパニ受けてたわ 2012/09/18(火) 01:19:20.52 ID:C/20r4760

春香「はっ……はっ……」

千早「ちょっと春香? 」

春香「はっ……はっ……」はっ……バタッ

ハルカ ハルカ ダレカー!?

…………


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:21:14.81 ID:C/20r4760

春香「ん……」

春香「ここは?」

あずさ「あら、起きたのね春香ちゃん」

春香「あずささん……?」

あずさ「どうだったの? プロデューサーさんとの甘い生活は?」

春香「あ、甘い生活って……さっきの?」

あずさ「そうよ」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:29:16.07 ID:C/20r4760

春香「夢……だったんですか?」

あずさ「夢と言うか……プロデューサーさんと付き合うとした場合の可能性というか~」

あずさ「ちょっと伝えずらいわね~」

春香「可能性? お父さんとお母さんが死んでたのも……」

あずさ「うーん、なんというかプロデューサーさんと付き合う為に必要な事って所かしら」

春香「両親が死ぬ事がですか!?」

あずさ「そうよ~、きっと春香ちゃんのご両親が亡くなった事で、プロデューサーさんが春香ちゃんに色々やってあげたんじゃないかしら?」

あずさ「そして、そのまま付き合う事になりました~って感じかしら」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:38:15.38 ID:C/20r4760

春香「千早ちゃん達と険悪な仲になっていたのも……」

あずさ「そうね~、それもプロデューサーさんと付き合う上で必要だったんでしょうね~」

春香「……つまりプロデューサーさんと私が付き合うには両親が死んで、千早ちゃんとも仲が悪くなるって事ですか?」

あずさ「それは違うわ、あくまで今、この時にプロデューサーさんと春香ちゃんが付き合う為に必要な物って事よ」

春香「……」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:46:34.61 ID:C/20r4760

あずさ「つまりご両親の死は、これから春香ちゃんがプロデューサーさんと付き合う為に必要な物とは限らないって事よ」

春香「じゃあ、私がプロデューサーさんと付き合うために必要な物って何が……」

あずさ「それは私にも分からないわ」

春香「じゃあ――」

あずさ「でも! 何か欲しかったら何かを失う事が必要だと思うのよ」

春香「……」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 01:57:50.12 ID:C/20r4760

あずさ「それほどプロデューサーさんと付き合うのは難しいと思うわ」

春香「……」

あずさ「……だから、春香ちゃんはプロデューサーさんの事を諦め――」

春香「けど、未来はまだ分からないって事ですよね?」

あずさ「えっ?」

春香「お父さんとお母さんも死なないし、千早ちゃん達とも険悪にならないそんな未来があるかもしれないですよね」

春香「あずささん、私プロデューサーさんの所に行ってきますね」

あずさ「は、はい」

春香「じゃあ頑張ってきます」ダッ


あずさ「あらあら~、また失敗しちゃったわ」

あずさ「プロデューサーさんの事を諦めさせるのは難しいわね~」


寝る





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿