TOP > 咲-Saki- > 怜「身体悪いふりすんの疲れたわ」

怜「身体悪いふりすんの疲れたわ」

2018/03/05 00:02 | 咲-Saki- | コメント(0)
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 20:57:46.53 ID:vLWsI8hk0

セーラ「うわーー! また赤点やーー! 船Q教えてーー」

船Q「またかいな! まあ、教えたるけど」

泉「船久保先輩、二年やのに、三年生の内容分かるんですか?」

船Q「まあな」

怜(セーラも阿呆なふりして船Qに甘えとることやし、うちも病弱続けよ)

怜「竜華ー。膝枕してくれへん?」

竜華「えぇよー」

怜「ふぅ。やっぱ、竜華の膝枕は最高やなぁ」

怜(でも、病弱続けんのも結構疲れんなぁ)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 21:06:50.97 ID:vLWsI8hk0

怜(なんとか、病弱以外で膝枕してもらえる事情探さなあかんな)

怜(まあ、今は病弱でえぇか)

怜(でもなー。病弱キャラなせいで、はしゃがれへんしなー)

怜(意外とはしゃぐんより、はしゃがんことのほうがシンドイねんなー)

セーラ「」イチャイチャ

船Q「」イチャイチャ

泉「あの二人のいちゃつきぶり・・・・・・。もはや恋人同士ですね」

怜(恋人・・・・・・? それや!)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 21:18:11.04 ID:vLWsI8hk0

怜「竜華」

竜華「何ー?」

怜「好きな人とかおるん?」

竜華「え!? と、唐突に何言うねんな!」

怜「いや、気になったから」

竜華「気になったからて・・・・・・」

怜「で、どうなん?」

竜華「・・・・・・お、おるよ」

怜「おぉ、どんな子どんな子?」

竜華「びょ、病弱な子・・・・・・かな」

怜「そうか・・・・・・」

怜(竜華の好きな子を真似て、病弱止めよ思てたのに・・・・・・。病弱やったら今と変わらん・・・・・・)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 21:28:10.88 ID:vLWsI8hk0

竜華(うわーっ! 怜のこと好きなん本人バレてしもた!)

怜「他に特徴ないん?」

竜華「え? 他?」

怜「どこらへんが好きなん?」

竜華「あ、甘えたがりで可愛いとこかな」

竜華(ああぁああぁあ! 本人に言ってもおたぁああ!)

怜「ふーん」

怜(甘えるために真似よ思てるのに、甘えたがりて・・・・・・)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 21:48:17.96 ID:vLWsI8hk0

怜(あれ? っていうか、好きな子おったらあかんやん。うち負け確定やん)

竜華「と、怜は誰好きなん?」

怜(どないしよ・・・・・・。竜華のこと好きって知られたら気不味なるかな・・・・・・)

怜「おらんよ」

竜華「え?」

怜「特にそういう人はいてない」

竜華「そう・・・・・・」

竜華(うちの気持ち知っててこう言うってことは・・・・・・。振られたんかな・・・・・・)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 22:03:47.96 ID:vLWsI8hk0

怜「膝枕ありがとう。もーえぇわ」

竜華「あ、うん」

怜「今日は帰るわ」

竜華「あ、お、送ってくわ」

怜「えぇわ。もーうちは病弱ちゃうねん」

竜華「え?」

怜「病弱アピールは今日で終いや」

怜(竜華には好きな人がおる・・・・・・。膝枕も今日で終いやな)

怜「竜華。お幸せにな」

竜華「ちょ、怜! 病弱やのにそんなに走ったらあかんで!!」

竜華「・・・・・・行ってもうた」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 22:17:21.43 ID:vLWsI8hk0

竜華(振られたうちにお幸せにて・・・・・・。どういう意味なんやろ?)

泉「うわ。園城寺先輩、めっちゃ走ってはりましたね」

竜華「うん・・・・・・」

泉「もう、病弱キャラは辞めはるんですかね?」

竜華「病弱キャラ? それどういう意味?」

泉「? そのままの意味ですよ。病弱のフリして先輩の気ぃを惹こうとしてたやないですか」

竜華「えええぇえ!? あれフリやったん!? っていうか、うちの気を惹くため!?」

泉「はい」

竜華「で、でも、うちさっき振られたで?」

泉「はい?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 22:30:41.61 ID:vLWsI8hk0

泉「・・・・・・なるほど。そういうことでしたか」

竜華「うん・・・・・・」

泉「園城寺先輩は鈍感で、清水谷先輩が園城寺先輩好きなん気付いてないんとちゃいます?」

竜華「気付いてないんかなぁ・・・・・・」

泉「きっとそうですよ。好きな人おらん言うたのも、なんか思うところがあっただけで、本心やないと思いますよ」

竜華「でも、気ぃ惹くためにやってた病弱キャラ辞めたってことは、もう、うちには興味ないってことやないの?」

泉「うーん・・・・・・」

竜華「怜はもううちのことなんて何とも思ってないんや・・・・・・」

泉「それはないと思いますけど・・・・・・。それやったらそれやったで、惚れ直してもらえばえぇですやん」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 22:36:17.25 ID:vLWsI8hk0

清水谷家

竜華「惚れ直してもらう・・・・・・か」

竜華「でも、どうやって惚れ直してもらえば・・・・・・」

竜華「ネットで探そ」

竜華「・・・・・・女に惚れさす名言集?」

竜華「これや!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 22:43:40.85 ID:vLWsI8hk0

学校

怜「あ、おはよう、竜華」

竜華「あー。ときー。おはよー」

怜「なんや、眠そうやな」

竜華「うん。夜遅ぉにまでネットしとってな・・・・・・。実質二時間しか寝てないから辛いわぁ・・・・・・」

怜「え? あーそう」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 22:50:42.75 ID:vLWsI8hk0

部室

怜「・・・・・・うか。・・・・・・か。竜華」

竜華「んあ、ごごめん寝てた」

怜「大丈夫かいな、ぼーっとして」

竜華「ごんめー! うちが二時間弱しかねてないのなんて言い訳にならないだろうけどごんめー!」

怜「」

竜華「自分、戻りたいっすわ。寝てなくて大丈夫だったことに戻りたいっすわ」

怜「」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 22:56:20.25 ID:vLWsI8hk0

怜「その、寝てないアピール辞め」

竜華「・・・・・・」

怜「竜華?」

竜華「あ、ごめんイタリアのこと考え」
泉「先輩、ちょっと」

竜華「え、え?なになに? あれ? 今気付いたけど、もしかして、この部室間接照明が無」
泉「いいから、はよ来てください!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 23:03:19.06 ID:vLWsI8hk0

竜華「もう、なによ?」

泉「なによはこっちの台詞ですよ! なにしてはるんですか!?」

竜華「怜に惚れ直して貰おうと思って、女に惚れさす名言集っていうのを実践しててんけど」

泉「あれは、ネタです!」

竜華「えぇええ!? そうなん!?」




怜「向こうで何話してんねやろ」

怜「竜華の様子がおかしかったし、そのことかな?」

怜「竜華が言っとった台詞・・・・・・。どっかで聞いた気がするなぁ・・・・・・」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 23:08:16.23 ID:vLWsI8hk0

園城寺家

怜「これや・・・・・・」

怜「女に惚れさす名言集」

怜「竜華・・・・・・。これを真に受け取ったんかいな・・・・・・」

怜「あれ? うちに対してゆうとったってことは・・・・・・」

怜「いやいや。そんなはずはない。竜華が好きなんは病弱な奴や」

怜「あれ? 病弱?」

怜「・・・・・・」

怜「・・・・・・」

怜「!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 23:33:27.75 ID:vLWsI8hk0

部室

竜華「あれ? 昼食べんかったん?」

怜「うん。袋開けただけで、食べんかってん」

怜「っけねー! 輪ゴムと間違えてロレックスで留めてもた」

竜華「!?」

怜「お茶飲も」

怜「っけねー! 麦茶と間違えてロマネコンティいれて来てもた」

竜華「な、何々??」

竜華(これって、女に惚れさす名言集?)

竜華「??」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 23:42:54.75 ID:vLWsI8hk0

怜「っけね~。君を愛することだけは間違えなかったよ」

竜華「・・・・・・え?」

怜「結婚しよう」

竜華「え?」

怜「・・・・・・」

怜(っけねえええぇええぇえーーーーー!!!! 愛の告白と間違えてプロポーズしてしもたああぁああぁあああ!!!!!)

怜(ごめん、サイコー・・・・・・。告白とプロポーズ間違えるなんてありえへんと思とったけどありえたわ・・・・・・)

竜華「うん。うちでいいなら、嫁に貰って・・・・・・」

怜「え? ・・・・・・えぇんか?」

竜華「うん」

怜「竜華・・・・・・」

竜華「怜・・・・・・」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 23:58:03.06 ID:vLWsI8hk0

怜「やっぱり、竜華の膝枕は最高やな」

竜華「 怜は甘えん坊やな」

怜「でも、そんなところが好きなんやろ?」

竜華「うん!」



泉「まさか、女に惚れさす名言集でくっつくとは・・・・・・」

船Q「ホンマ、ビックリやなぁ」

セーラ「・・・・・・」

船Q「ん?どないしたんですか?」

セーラ「い、いやー実質二時間しか寝てないから、ツライなー」

船Q「え?」

終わり





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿