TOP > アイドルマスター > 春香「いじめられてる人に優しくしたら簡単におちる……?」

春香「いじめられてる人に優しくしたら簡単におちる……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 13:05:06.61 ID:h4aB5a7l0

春香「そ、そうなんだ……!」



P「ん?何だこれは……」

小鳥「プロデューサーさん宛てみたいですね」

P「……」ガサゴソ

この無能プロデューサー!役立たず!一生穴掘って埋まってなさい!

P「おっ……おぉ!おぉぉ……!」ゾクゾク


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 13:14:16.12 ID:h4aB5a7l0

春香(震えてる……!相当ショックなんだ……でもこれで!)



小鳥「どうしたんですか?何が書いて」

P「ふぇっ!?いやっ、何でもありません……」

小鳥「……?」

P(何だこの感覚……悲しいはずなのに……微かな興奮が……!)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 13:21:02.26 ID:h4aB5a7l0

P「ふんふんふーん♪」

春香(あれ?あまり落ち込んで無い……?)

P(ああ……あの手紙を送ったのは誰だ)

春香(でも、無理に明るく振る舞ってる可能性も……)

P(事務所の人間であることは間違いない、今のところ雪歩の線が濃厚か……ふふっ)

春香「プロデューサーさん!」

P「ん?何だ?」ニカッ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 13:27:34.70 ID:h4aB5a7l0

春香「あの、無理してませんか?」

P「え?」

春香「何と言うか……その、自分を押し殺してるみたいな」

P「はい?」

春香「それで、辛いことがあったなら相談にのります!何でも話して下さい!」

春香「いつもお世話になってるから恩返しがしたいんです」

P「いや、特に無いけど……」

春香「あっ、そうですか……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 13:33:59.68 ID:h4aB5a7l0

春香「むむむ……全然効果が無かった」

春香「やっぱりアイドルに心配掛けられないって思ってるのかな」

春香「そんなことないのになぁ」

春香「どうしよう……これ以上やったら……でも……」

春香「……」

春香「ごめんなさい、私は鬼になります」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 13:42:41.04 ID:h4aB5a7l0

春香「あ、あれー?おかしいなあ……」

千早「どうしたの春香?」

春香「私、皆の分のお菓子持ってきたのにプロデューサーさんの分だけ無くなっちゃってる……」

P(ふふっ、そりゃそうだ。なぜなら今朝俺に)

プロデューサーに食わせるお菓子なんか無ぇ!

P(というラブレターが届いたんだ。俺への陰湿な嫌がらせだ!!)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 13:49:46.21 ID:h4aB5a7l0

春香「あの……プロデューサーさん、私の分食べますか?」

P「え?悪いよ」

春香「良いんです。その、プロデューサーさんに一番食べてほしかったから……」

P「うーん……じゃあ貰おうかな。ありがとう」

春香「はいっ!」



春香「あんまり反応無かった……何でだろう……」

春香「感極まって泣いちゃうとか期待してたのになぁ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 13:56:31.40 ID:h4aB5a7l0

P(何だこのCD……家で1人で聞きなさい……?)



『この屑、本当に無能ね』

『私達の足を引っ張ってばっかりでまるで木偶の坊』

『その上気持ち悪くて変態で存在価値あるのかしら』

『豚は豚らしく、四つん這いになって鳴いとけば良いのよ』



P「……」プルプル


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 14:05:45.76 ID:h4aB5a7l0

春香「元気無いですね」

P「いや、むしろ最近元気120%だ」

春香「お願いします、本当の事を話して下さい!」

春香「私には分かるんです!この頃プロデューサーさんは空元気で……」

P「あの……何を心配してるか知らないが本当に元気だ」

春香「そ、そんなはず……」

P「俺は嘘をつかない」

春香(な、何故……!)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 14:14:49.25 ID:h4aB5a7l0

春香(その後も色々な嫌がらせをしたけど全然効果無し……)

春香(傷つかないはず無いのに……どうして何も言ってくれないんですか?)



P「もう良いか?最近春香ちょっと変だぞ……妙にお節介というか……」

春香「……バカッ!!」

P「へ?」

春香「バカバカバカっ!そんなに私を信用できないんですか!?」

P「お、おい……何を急に」

春香「そんなんだから彼女も出来ないんですよ!」

春香「何ですか!?嫌がらせされて喜んでるんですか!?本当に変態ですねっ!!」

P「おふっ……!」ゾクゾク


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 14:19:59.00 ID:h4aB5a7l0

春香「……あ、私、私……何言って……」

P「……」

春香「あ、ははっ……嫌いになりましたよね。私の事」グスッ

P「……」

春香「……ごめんなさいっ!」ダダッ

P「待て、春香!!」

春香「!」ビクッ



P「もっと俺を……罵ってくれ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 14:24:30.80 ID:h4aB5a7l0

春香「……はい?」

P「だから、さっきみたいに変態とかバカとか屑とか豚とか」

春香「そこまで言ってませんよ……」

P「細かい事はどうでもいい!さあ!!言ってくれ!!」

春香「そ、そんなの無理です!さっきは我を忘れて……」

P「頼む……!」ガバッ

春香(えぇぇぇぇぇ、土下座!?)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 14:28:38.46 ID:h4aB5a7l0

春香「あ、あの顔を上げて下さい……」

P「嫌だ!言ってくれるまで絶対に!」

春香(うぅ……CDとか手紙もハルシュタイン閣下になりきっただけなのに)

P「後生だ……」

春香「……な、なら一生そのままでいなさいよ。醜いわね」

P「!!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 14:34:05.62 ID:h4aB5a7l0

P「は、春香!」

春香「あ、もう良いですか……?」

P「違う!!」

春香「ひっ!?」

P「どうしてそこで止めるんだそこで!!諦めんなよ!!」

春香「ご、ごめんなさい……」

P「分かってくれたら良いんだ。さあ続けようか」

春香(どうしてこうなったんだろう)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 14:41:14.85 ID:h4aB5a7l0

春香「んんっ!あー、ゴホン……何、今の態度は?」

P「!!」ゾクゾク

春香「この私の許可なく勝手に顔を上げるだなんて……」

春香「豚の分際で、身の程を知りなさい!」

P「も、申し訳ありません!!どのような罰でも!」

春香「ぇ」

P(踏んで踏んで踏んで踏んで踏んで踏んで踏んで踏んで)

春香(うっ……プロデューサーさんが何考えてるか分かっちゃう)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 14:47:46.41 ID:h4aB5a7l0

春香「……」グリグリ

P「はぁぁぁああああああん!!」

春香「!」ビクッ

P「もっともっとぉぉお!」

春香「き、気色悪い声を出さないで。この変態プロデューサー!」グリグリ

P「はっ、はひっ!」

春香「そ、そんなに気持ち良いの?これが」

P「最高れしゅぅぅうううう!!」

春香(あ、あれ……何この感じ……)ゾクゾク


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 14:55:51.04 ID:h4aB5a7l0

P「春香、今日も頼むよ」

春香「またですか?もう……」

P「もうアレが無いと生きていけない身体になってしまったんだ」

春香「しょうがないですね」



春香「今日私がこけた時何を見たんですか?」

P「あぅぅ」

春香「ほら、はっきり言いなさい」

P「し、白い……ぱ」

春香「はぁ、何度目かな。まだお仕置きが必要なの……?」



春香(なんだかんだでお互いがお互いを求めるようになっちゃいました)

春香(やっぱりいじめられてる人には優しくしないとね!)






『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿