TOP > 咲-Saki- > 咲「染谷先輩、あれやって下さいよ」まこ「仕方ないのう…」

咲「染谷先輩、あれやって下さいよ」まこ「仕方ないのう…」

2018/03/08 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 21:52:16.38 ID:FJx5IIVd0

京太郎「染谷先輩が腕まくりを・・・?一体何が始まるっていうんだ・・・」

久「そういえば須賀君はまこの『あれ』を見たことないんだっけ」

京太郎「『あれ』ですか?」

久「まあ見てればわかるわ。私も初めて見たときは驚いたもの」

優希「よっ、待ってたじぇ染谷先輩!」

和「あの伝説が今再び甦る・・・」ゴクリ

まこ「そいや!」ムキッ

咲「うわー手羽先みたーい♪」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 21:57:35.41 ID:FJx5IIVd0

京太郎「うわっ、あれどうなってるんですか?」

久「あれがまこの持つ特殊能力よ。全国には腕を回転させ連続和了する化け物、未来予知するかのように牌を読む化け物もうようよしてるっていうわ」

京太郎「じゃ、じゃあ染谷先輩も・・・」ゴクリ

久「ええ。私たち清澄が全国へ行く鍵よ、まこは」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:01:03.21 ID:FJx5IIVd0

咲「染谷先輩のこれ、いつ見てもすごいですよねー」

優希「憧れちゃうじぇ!」

まこ「そ、そうか?」

和「これなら団体戦で全国に・・・、いえ、優勝だって十分狙えるでしょう」

咲「うんうん」

まこ「そうじゃな・・・。ワシはこの腕にかけて負けられんのじゃ・・・」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:06:49.52 ID:FJx5IIVd0

まこ(あれはそう、ワシが清澄で久と麻雀打つようになったばかりのことじゃった・・・)

久『はっ』ポイッ…パシン!

久『ツモ!』ドヤァ

まこ『あんた、見かけによらず行儀悪いのう』

久『でも、こういう見かけに訴える技もないと全国では通用しないわ。まこ、あなたにも何かないの?全国で通用する技が』

まこ『ワシか。そうじゃのう・・・。ワシにはこれくらいしか・・・』

まこ『そいや!』ムキッ

まこ『ツモ!四暗刻じゃ!』

久『これは・・・』


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:11:43.91 ID:FJx5IIVd0

まこ(あれで久はワシが持つ特異性を発見したんじゃ。腕まくりをして、腕の筋肉を手羽先のようにアピールすることで必ず役満で上がれるということを・・・)

咲「染谷先輩、どうしたんですかぼんやりして?」

まこ「ちょっと昔のことを思い出してたんじゃ」

優希「男か?」

和「そんなオカルトありえません!染谷先輩はみんなのアイドルなんですから!」

染谷「言ってんさい。まあとにかく、大会に向けて練習じゃ!」

優希「おー!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:17:48.69 ID:FJx5IIVd0

久「そして今日が県予選。一回戦のオーダーはこんなのでどうかしら?」

先鋒:染谷まこ
次鋒:宮永咲
中堅:原村和
副将:竹井久
大将:片岡優希

咲「なるほど、実力順ってわけですか」

和「先鋒から火力で押し切る作戦ですか・・・。ありですね」

優希「染谷先輩なら先鋒だけで他校みんな飛ばせるじぇ!」

染谷「むむむ・・・」

久「どうしたのまこ?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:22:40.14 ID:FJx5IIVd0

まこ「ほんとに『あれ』やらんといかんか?中継のカメラもあるだろうし、恥ずかしいんじゃが・・・」

久「やらなきゃダメに決まってるじゃない。勝つためだもの、仕方ないわ」

優希「そうだじぇ!私は試合前にタコスを食べるし」

和「私はぬいぐるみを抱いています」

咲「私だって素足で麻雀打ってます」

久「私もマナーは悪いかもしれないけど、点棒や牌でアクションするわ」

まこ「はぁ・・・。わかった、頑張ってみようかのう」

優希「やったじぇ!」

咲「わーい♪」

和「この大会、優勝しないなんてオカルトありえません」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:31:31.64 ID:FJx5IIVd0

一回戦

まこ「そいや!」ムキッ

門松「緑一色・・・だと・・・」

まこ「そいや!」ムキッ

永森「大三元・・・!?」

まこ「そいや!」ムキッ

土屋「また役満で・・・」

(((それにしても手羽先みたいだ!)))

まこ「そいや!」ムキッ

門松(誰かこいつを止めてよマジで!!)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:36:38.72 ID:FJx5IIVd0

優希「先輩すごいじぇー!」

久「絶好調だったわね、まこ」

和「他校一校飛ばして終わらせるならともかく、他校みんな飛ばして終わるなんて凄すぎます」

咲「さすが染谷先輩」

染谷「じゃが油断はできん。長野には名門校の風越、それにそこを倒した龍門渕がおるんじゃからのう」

久「そうね・・・。次からはオーダーも変えた方がいいかしら?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:42:35.43 ID:FJx5IIVd0

ざわ・・・ざわ・・・

「おい、あれ見たか!?」

「あれ?」

「清澄高校だよ!」

「原村和?さっき見たよ」

「ちげーよ、先鋒なんだけどマジすげーんだって!和了全てが役満で他校全部飛ばして終わらせやがった!!手羽先」

透華「!?」

純「手羽先・・・だと!?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:45:57.87 ID:FJx5IIVd0

純「清澄の手羽先・・・。まさか・・・」



藤田「やぁ。二回戦進出おめでとう」

まこ「藤田プロ!」


「おい、あれ藤田プロじゃねぇ!?」
「お、マジだ・・・」
「藤田プロが話しかけてるのって・・・清澄高校・・・!?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 22:51:30.45 ID:FJx5IIVd0

久「有名人がこんなトコで油売ってていいの?」

藤田「んー・・・。染谷まおこ。雀荘で働いてる時とは違いすぎる・・・まるで手羽先!一体どんな魔法を使ったんだ?あれじゃそんじょそこらのプロだって勝てはしないだろう」

久「はてさて、あの腕まくりがよっぽど効いたんじゃにかしら?」

まもなく二回戦が━━━━

藤田「もうそんな時間か、がんばれよ」

久「ええ。オーダーはこのままで行きましょう」

まこ「はぁ・・・。憂鬱じゃ・・・」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:02:05.92 ID:FJx5IIVd0

記者「決勝進出か・・・。清澄は正直以外でしたね」

記者2「原村和のワンマンチームではなく、あの手羽先の娘のワンマンチームだった、ということね。明日の決勝はそこに注意して取材しましょう」




透華「ハギヨシ」

ハギヨシ「はい、これが決勝に進出してきた各校のデータです」

透華「むむむ・・・」ギリリッ

純「なんであんなにイライラしてるんだ?」

国広「透華が意識してる原村和が一回も出ないまま清澄が勝ち上がってるからね。しかも、尋常じゃない目立ち方で」

純「なるほど、あの手羽先か・・・」

智紀「どうするの?あの手羽先は異常・・・。明日、先鋒で飛ばされて終わるかもしれない・・・」

透華「最初から最強を当てていくしかないでしょう・・・。そう、『衣』を・・・」

純「それしかないか・・・」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:11:17.10 ID:FJx5IIVd0

『王座を取り戻せるか!風越女子三年福路美穂子!』

池田「頑張ってくださいキャプテン!」

福路「え、ええ・・・」

『善戦中の無名校!鶴賀学園二年津山睦月!』

津山「うむ、私なりに精一杯」

『再びあその力を見せ付けるのか!?龍門渕高校二年天江衣!』

衣「面白い。清澄の手羽先とやら、衣が遊んでくれようぞ」

『快進撃中の躍動する手羽先!清澄高校二年染谷まこ!』

ワー ワー ワー テバサキー ウワー テバサキー

まこ「すごい歓声じゃのう・・・」

優希「それだけ注目されてるってことだじぇ」

久「一回戦、二回戦と他校全員を役満だけで飛ばしてきてるんだから当たり前よ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:14:55.93 ID:FJx5IIVd0

『決勝先鋒戦!開始です!』

衣(あの眼鏡が清澄の手羽先か・・・)

福路(清澄高校・・・。勝てるのかしら、こんなのに・・・)

睦月(うむ・・・)

まこ(久と・・・、そして後輩達を全国に連れていくんじゃ・・・)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:21:23.14 ID:FJx5IIVd0

衣(まずは様子見だな・・・)

四順目

まこ(うん、いい手牌になってきた。そろそろかのう・・・)

まこ「そい・・・」

睦月「ウムァァァァァァアアアアアアアッ!!!!」バシーンッ

まこ「グアッ!」

『おーっと、これはどうしたことか!?鶴賀学園の津山睦月、突如清澄の染谷選手に牌をぶつけ始めたーっ!』

藤田『手羽先封じ、ということか。だがしかしこれは・・・』

『そう、チョンボです!鶴賀学園、痛い失点だー!んん?どうしたことか!?津山睦月、牌をまだぶつけ続けているーっ!』

睦月「ウムァァ!!ウムァァァアア!!」ビシッ ビシシッ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:26:18.55 ID:FJx5IIVd0

まこ(くっ、これが全国区のレベルってわけかい・・・。やるのう・・・。痛い・・・痛イタタタ!)バシッ バシシッ

『おっと、ここで現場の審判により津山睦月選手が席に戻されました』

『まあ当然ですね。鶴賀はチョンボで痛い失点にはなりました。しかしこれで清澄高校は相当ダメージを負ったと思います。今後の展開にどう影響を与えてくるのか!?』

まこ(久の言うとったことはほんまじゃった・・・。県予選の無名校程度でこれとはのう・・・。あとの二人は大人しいが、一体どんな能力(チカラ)を持っとるのか・・・)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:30:49.57 ID:FJx5IIVd0

福路(牌を滅茶苦茶にされたからまたやり直し・・・。最初から『魔眼』を使わなければ危ないかもしれないわね・・・)パチッ

『おーっと、風越の福路選手の右目が開いたァ!?これはどう出るかァ!』

まこ(あの風越の・・・。右目の色が違う・・・!?)

衣(ほう、風越の持つオーラが変わったか・・・。しかし衣の敵ではないな)

睦月「・・・・・・」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:34:40.53 ID:FJx5IIVd0

文堂「キャプテンの右目が開いた・・・!?でも、左右の眼で色が違う・・・?あれは一体・・・」

池田「そうか、まだ一年だから文堂は知らないか」

未春「キャプテンの右目はカラコンなの・・・」

文堂「なるほど・・・。そうだったんですか・・・」

深堀「キャプテン・・・」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:38:49.96 ID:FJx5IIVd0

福路(見える・・・、見えるわ!相手の捨て牌、動き、色んな行動から手牌も何もかも!そんな気がする!よし、これを捨てましょう)

睦月「それロンです」

福路(しょぼーん)

衣(やはり凡夫であったか)

まこ(あの鶴賀、なかなかやるのう・・・。また『あれ』をするか・・・?じゃが、今度したら命が奪われるかもしれん・・・。どうしたらえんじゃ・・・)




久「不味いことになったわね・・・」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:42:01.52 ID:FJx5IIVd0

優希「どういうことだじぇ?」

久「まこがうかつに『あれ』を出せなくなったってことよ。『あれ』には大きな弱点がある」

優希「何言ってるんだじぇ部長!染谷先輩のあれは無敵だじぇ!」

和「確かに・・・。でも、欠点が一つ・・・。咲さんも気付いてますよね・・・?」

咲「うん・・・」

優希「それは一体何なんだじぇ・・・?」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:46:35.80 ID:FJx5IIVd0

咲「『あれ』をするにはその前の段階で腕まくりをしなければならないっていう呼び動作が必要なの」

優希「あっ・・・」

久「そう・・・。そして、その予備動作を知ってさえいれば、『あれ』が出る前にさっきの鶴賀の津山さんみたいにチョンボで叩き潰せる・・・」

優希「そんな・・・。そんなの卑怯だじぇ!」

和「卑怯ではありません。その反則行為でたくさん点棒を失いますから」

優希「でも・・・」

久「さっきの津山さんの連撃でまこは恐怖のイメージを植えられてしまった・・・。果たして『あれ』を出せるかどうか・・・」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 23:56:24.25 ID:FJx5IIVd0

まこ(じゃが、最初のチョンボで点棒を失っとる鶴賀が和了ったところで、まだ大したことはない・・・。ワシも最初から仕掛けるとするかのう・・・)グイッ

『あっと、清澄の染谷まこ選手。配牌の前から腕まくりをしたァ!これは来るかァ!?伝家の宝刀・・・』

まこ「そいや!」ムキッ

『出たー!!手羽先だぁーっ!!』

ワー ワーワー テバサキー キャー

藤田『これは・・・。いや、まさか・・・!?』

まこ「天和じゃ」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 00:02:31.69 ID:t+BSCW9X0

『染谷まこ選手、なんと天和で和了~~~~~!!!藤田プロ、一体これをどう見ますか!?』

藤田『天和が出る確率は33万分の1・・・。まさに一生で一度見れるかっていう和了手だ・・・。おそらくあの手羽先で因果を捻じ曲げ強引に手牌に運を呼び込んだんだ』

『恐るべきは染谷まこ~~~~!!他校反応できません!!』

衣(なるほど、なかなか面白い相手のようだな・・・)

福路(私の右目が言ってる・・・。あれは人間じゃない・・・。ワカメの皮をかぶった何か恐ろしいものだって・・・)ブルブル

睦月(くっ、天和は今までに無いパターンだったから油断してた・・・。まさかこんな手を隠していたとは・・・)


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 00:07:25.67 ID:t+BSCW9X0

まこ(よし、初手での『あれ』には対応できなかったようじゃの。次もいけるか・・・?)

ジャララッラララ

『卓が自動で洗牌をしてる間にィ~~~~?』

まこ「・・・・・・」グイッ

『染谷選手の腕まくりが!?これは来るか!?来てしまうのか~~~~!?』

衣「そうはさせない!」バッ

『こ、これは~~~』


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 00:14:43.20 ID:t+BSCW9X0

『ウホッ!なんと、龍門渕の天江衣選手!風越の福路美穂子の服を脱がし始めたー!』

カメラトメロー ショウメイオトセー

まこ(なっ、これは不味い・・・!?カメラも止められて照明も落とされたこの暗闇の中じゃ・・・)

衣「はははははははは、これが衣の『場の支配』だ!」バキッ ボクン

まこ「ぐわぁぁぁぁああああああ」




透華「中継が中断された・・・。そう、衣のあれが始まったのね」

国広「衣のあれはやばいよね・・・。誰も証拠をおさえられないから責任を取ることができない」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 00:20:42.06 ID:t+BSCW9X0

『おっと、カメラと照明が回復されました・・・。が、これはどうしたことかーーー!?卓に本来ならいるはずのない風越の池田選手が腕の骨を折られて卓の上に横たわっている~~~~!!!』

衣「バカな・・・。衣は確かに闇の中で清澄の腕を・・・」

まこ「身替わりじゃ」

衣「そ、そんな・・・。でも、衣は確かに・・・」

まこ「手羽先が一本なんて誰が決めたんじゃ?」

衣「ま、まさか・・・」

まこ「そう、手羽先は二本あった・・・!」ムキッ

福路「なるほど、手羽先は不可能を可能にする・・・。一本の手羽先にみんなの視線を集め、二本目の手羽先で華菜を呼び寄せ身替わりに・・・」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 00:24:27.70 ID:t+BSCW9X0

『ここで一時試合中断です。卓上に現れた骨折した池田華菜さんの搬送が終わるまでしばしお待ち下さい』




透華「まさか衣の『場の支配』が破られるなんて・・・」

国広「意外だったね。でも、衣の恐ろしさはまだまだあんなものじゃない・・・」




久「ほっ、まこが無事でよかった・・・」

咲「照明が落とされたときはどうなるかと思っちゃいましたよ」

優希「染谷先輩はやっぱり無敵だじぇ!」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 00:30:54.13 ID:t+BSCW9X0

文堂「そんな・・・、池田先輩が瞬間移動・・・?」ガタガタ

未春「う、嘘・・・。さっきまで華菜ちゃんそこに居たのに・・・」ブルブル

久保「池田ァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!」



『さて、試合再開です』

藤田『これだけの試合を県予選で見れるとは驚きだな』

『ですね。さっきので試合は中断されましたが、天江衣選手が福路選手の服を脱がせにかかったのは反則ですのでチョンボとして点棒を大きく失いました』

福路(今の段階で清澄はトップ・・・。ついで風越、鶴賀、龍門渕・・・。見せてあげましょう・・・。風越が最強だということを・・・)


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 00:40:13.49 ID:t+BSCW9X0

『先ほどの内容で明らかになりましたが、どうやら染谷まこ選手は両腕で手羽先を使える模様』

藤田『ああ。これは他校にとっては大いに脅威だろう』

『さて、卓上の池田華菜さんもいなくなり、洗牌が始まりました。そしてここで来るか!?清澄の染谷まこの必殺技!?ん、あれは・・・』

福路(・・・・・・やって下さい)チラッ

審判「うおぉぉおおおおおっ!」

『なんと、審判が染谷選手に襲い掛かった~~~』

まこ「な、なんなんじゃこれは」

福路(これが私の能力、『支配眼』。あらかじめ審判にお金を渡しておくことで、アイコンタクトによって好きな対象に対して攻撃させる・・・。腕まくりをしてない今の貴女に手羽先は使えはしない!染谷まこ、華菜の仇を今ッ・・・!)


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 00:50:39.26 ID:t+BSCW9X0

ガシッ

審判「む?お前は天江衣・・・?」

衣「私の試合の邪魔は誰にも・・・させない・・・」ギリギリ

審判「お前の小さな体でいつまで俺を抑え込んでおけるかな?」ニヤリ

衣「ここは決勝まで勝ち進んできた各校の選手がそれぞれ凌ぎを削りあう神聖な場・・・。それを汚すお前を衣は絶対に許しはしない・・・」

審判「だが、今のお前には何もできまい」

衣「そうだな・・・。でも、鶴賀はもう牌に闘気を溜めて準備万端のようだぞ?」

睦月「天江さん、早く離れて下さい!私の魔貫光殺牌(まかんこうさっぱい)でそいつを仕留めますから!」

衣「無理だ、今こいつを離したら狙いを付けられない!衣ごと撃ち抜くんだー!」

審判「や、やめろーー!!」

睦月「天江さん・・・。わかりました。ウムァァァァァァアアアアアア!!!!!」

ドーン


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 01:01:13.52 ID:t+BSCW9X0

『こ、これは・・・』

空気を焼き、審判と衣を貫こうとしていた麻雀牌は手羽先によって宙で軌道をずらされ、審判の首は手羽先で絞め落とされていた

衣「衣は助かったのか・・・」

まこ「そうじゃ」

衣「・・・ありがとう」

まこ「何、おあいこじゃ。あんたが審判を羽交い絞めにして時間を稼いでくれんかったら『あれ』を出す隙もなかったからのう」

睦月「染谷さん・・・、私・・・」

染谷「ええんじゃ。ワシは気にせん」

福路「あ、あの、私も」

染谷「ああ、試合中の事故じゃ。気にするな。ただし池田。テメーはダメじゃ」

『なんと、再び池田華菜さん試合会場に出現!手羽先で軌道をずらされた牌がおでこを痛打し悶絶している~~~!!!これは痛い!!!』


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 01:08:46.13 ID:t+BSCW9X0

『さて、再び中断していた試合ですが再開です』

まこ「そいや!」ムキッ

まこ「そいや!」ムキッ

まこ「そいや!」ムキッ

まこ「そいや!」ムキッ

まこ「そいや!」ムキッ

まこ「そいや!」ムキッ

『ここで試合終了です!結局手羽先を止めることは誰にもできなかった~~~!!全国出場を決めたのは清澄高校です!!!』


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 01:12:54.10 ID:t+BSCW9X0

まこ(恐ろしい戦いじゃった・・・。全国にはこれより恐ろしい相手がうじゃうじゃいるんじゃろうか・・・)ブルッ

久「お疲れ様、まこ」

優希「先輩、さすがだじぇ!」

和「ほんと、対戦校はみんなオカルトで困りましたよね」

咲「でも、染谷先輩が無事でよかったです」

まこ(じゃが、ワシには心強い仲間がいる・・・。ワシはこいつらとならどこまでもいけるような気がするんじゃ・・・)

全国でも久はまこをずっと先鋒に置き、史上初の先鋒だけで全国優勝するという怪挙を成し遂げた
そう、清澄は勝ったのだ・・・



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 01:42:02.99 ID:t+BSCW9X0

京ちゃんのこと>>3までしか覚えてなくてごめん
でも誰も気付かなくてよかった





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿