TOP > シンデレラガールズ > 炎陣と事後話【モバマス】

炎陣と事後話【モバマス】

1: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 05:54:45.87 ID:XLXsyCGW0

タイトル通りちょっとえっちな炎陣のSSです
今回はP×ドル


2: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:02:20.47 ID:XLXsyCGW0

夏樹「ハァ………ハァ……」

P「はぁー……はぁー…」

夏樹「……ハァ……………ん~~~~!!…っはぁ!」ドサッ

P「はぁー……どした、そんな伸びきって」

夏樹「え?……いやぁ、やったやった~ってな」

P「………気持ちよかったか?」



夏樹「…………………ぷっ…アハハハハッ!!」


3: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:03:48.45 ID:XLXsyCGW0

P「……なんだよ」

夏樹「ハハハッ……それ、聞かなきゃ分かんないのか?」ニヤニヤ

P「……そうなら、そう言えよ…」

夏樹「満足も満足、大満足さ♪へへっ、アンタも可愛いところあるじゃないか」

P「うるせっ」コツン

夏樹「痛っ…オイオイ、DV男はモテないぜ?」

P「これ以上モテる必要ねぇだろうが」

夏樹「……ま、それもそっか…精々愛想尽かされないようにしてくれよ、ダーリン♪」


4: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:04:35.96 ID:XLXsyCGW0

P「うわ、今鳥肌立ったわ」

夏樹「酷いな…恋人からの甘~い言葉だろ?」

P「逆にお前ハニーってガラか?」

夏樹「確かに…ガラじゃないな」

P「だろ?」

夏樹「じゃあ、改めるよ………ハニー」

P「キメ顔で何言ってんだお前」


5: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:06:16.43 ID:XLXsyCGW0

夏樹「いいじゃないか、ほら765の星井っているだろ?アイツ、自分のプロデューサーを『ハニー』って呼んでるらしいし」

P「よそはよそ、うちはうち」

夏樹「つれない事言うなよ、ハニー♪」

P「ああーうるせぇうるせぇ」

夏樹「あーあ、男はヤッた後冷たくなるってホントだな~」

P「おう、今から燃え上がってやろうか?怒りの方だけどな」

夏樹「へぇ、やってみなよ」

P「後悔すんなよ?」

夏樹「しないよ、一回本気で怒らせてみたいんだ」

P「望む…ところだ!!」ガバッ


6: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:07:24.28 ID:XLXsyCGW0

ワシャワシャワシャ!!


夏樹「アハハハッ!ちょっと、こらっ!髪!髪は無しだろ!」

P「うるせー!ホーラホラホラホラホラ!!」ワシャワシャワシャ

夏樹「やーめーろ!禿げるって!!ハゲ仲間にする気かよ!」

P「んだと!?ゴルァッ!!!??」

夏樹「アハハハッ!」

P「だったら…コッチはどうだー!!?」ショリッ

夏樹「ひぅ!?ちょっ…オイ!どこ触って…!」

P「ホラホラホラホラホラ!!」シャワシャワシャワシャワ

夏樹「おい!!…ちょっ……んんっ!」

P「お?お?降参か?」シャワシャワシャワシャワ


7: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:08:10.99 ID:XLXsyCGW0

夏樹「いい加減に…しろっ!!」ドンッ

P「うおっと!?」



夏樹「ハァ…ハァ…」

P「はぁー…はぁー…」







夏樹「ふふっ…アハハハッ!」
P「ははっ…はははははっ!」



夏樹「はぁ~……疲れた…」

P「ホントだよ……さて…シャワーでも浴びるか…」

夏樹「アタシも入るよ」

P「ん」

夏樹「そうだ、アタシが洗ってやろうか♪」

P「いいけど……頭以外な」

夏樹「そいつは残念だ♪」


8: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:08:57.70 ID:XLXsyCGW0

*****





P「…………」



P「……………………ん…」



P「ん~………?」

亜季「…おはよ」


9: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:09:41.42 ID:XLXsyCGW0

P「んー…あ、おはよ……って俺寝てた?」

亜季「うん、1時間くらい」

P「マジか……ヤッてすぐ寝るとか…疲れてんのかな」

亜季「最近忙しかったし、もう少し寝てていいよ?」

P「んにゃ……せっかく亜季との休日なのに…寝てるわけには…」

亜季「もう…そんなのいいから」

P「うるへ~…」モニュモニュ

亜季「こらっ」ベシッ

P「いでっ」

亜季「…寝てなさい」

P「けち臭いなぁ…こんな立派なもんぶら下げて」

亜季「さっき散々揉んだよね?」

P「記憶にございません」

亜季「えいっ」ベシッ

P「いでっ」

亜季「ふふふっ…」


10: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:10:26.93 ID:XLXsyCGW0

P「1時間もほったらかしだった詫びだって」

亜季「い・ら・な・い」

P「俺が寝てる間何してたんだ?」

亜季「え?………寝顔、見てた」

P「何見てんだよ」

亜季「可愛かったよ?ふふふっ」

P「うっせ」

亜季「照れてる?」

P「照れてないわ」

亜季「照れてる」

P「照れてない」

亜季「てーれーてーる」

P「照れてない」

亜季「好きだよ」

P「ッッッ!!!??////」

亜季「ほら、照れてる♪」


11: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:11:19.35 ID:XLXsyCGW0

P「クソ……お前いつからそんな女に…////」

亜季「こう見えても大人だよ、ふふふっ」

P「んぃー!!?クソッ、あーもう降参だ降参!!ド畜生めぇ!!」

亜季「おっと、えへへ…ホールドアップだよ。ほら、自白しなさい!……私の事、どう思ってるの?」

P「…………大好きだよ!バーカ!」

亜季「はい♪尋問完了であります♪」

P「あ~……で、なに俺、用済みだから消されんの?」

亜季「そうだよ、今からするのは口封じ♪」

P「いいのか?ジュネーブ条約違反だぞ」



亜季「望むところ…であります♪………んっ」チュッ


12: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:12:19.81 ID:XLXsyCGW0

*****




里奈「~♪」


P「………」


里奈「~♪」スリスリ


P「………」


里奈「~♪」ゴロゴロ


P「………」


里奈「…………~♪」カリカリカリ



P「アッフゥン!!?こらっ!何、人の乳首カリカリしてんだ!!」


13: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:12:59.18 ID:XLXsyCGW0

里奈「え~、だってプロデューサー、さっきからアタシの事シカトするんだもーん」

P「少しは余韻に浸ったりとか無いのかお前は」

里奈「え~なに~ボイン?ひゃ~プロデューサーのスケベ~☆」

P「お前な…」

里奈「そっか~、やっぱそだよね~…アタシたくみんみたいにボインボインじゃないもんね~」ホニホニ

P「人の話を聞きなさい」

里奈「……プロデューサーってさやっぱアレなん?しょーにせーあいしゃって奴」

P「おまっ…どこでそんな言葉を…」

里奈「早苗さーん」

P「あんのババァ…」

里奈「あ~、いっけないんだー。早苗ちゃんに言ってやろ~♪」

P「ゴメン待ってマジやめて」

里奈「あははっ☆ダイジョブだって、ちょ~っちボコられるだけぢゃん?」

P「それで納得できる奴いねえだろ」


14: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:13:29.36 ID:XLXsyCGW0

里奈「あははー☆」


ピコンッ


里奈「あ、ばっきーからだ」

P「ばっきー…?ああ、江上か?」

里奈「そそー♪ばっきー写真上手ぢゃん?自撮りの事とか教えてもらってるんだ~☆」

P「へぇ~」

里奈「んぢゃ、プロデューサーこっち寄って~…チーズ☆」パシャ

P「いぇーい★…………じゃねーよ!!何撮ってんだよ!!?」

里奈「そーしーん☆」

P「やめろおおおお!!!!??」

里奈「え~減るもんじゃなくない?それに友達に送るくらいいいっしょ~☆」

P「よくねぇよ!実質準ハメ撮りだぞ!?」

里奈「そんなんじゃないし~……それにそういうのはさすがに…恥ずかしいぢゃん……」

P「そういう話じゃねえよ!?やらねえよ!?」

里奈「えっ……ヤんないの…?」

P「カタカナにすんじゃねえよ!?」


15: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:14:20.37 ID:XLXsyCGW0

里奈「アハハー☆あっ、返信だ」



『お邪魔してしまってゴメンナサイ><』

『その…ごゆっくり!!』



P「……いい子だな」

里奈「でしょ?☆」

P「お前のもんちゃうやろ」



『あと、みんなに見られちゃいました。ごめんなさい』



P「ちょっとアイツの担当に電話するわ」


16: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:15:01.86 ID:XLXsyCGW0

里奈「あちゃー…はずかち☆」

P「軽いなあ!?」

里奈「あははっ!もう一枚撮ろっ♪」

P「やめろバカッ!」

里奈「ほらほら、顔寄せて~♪」

P「止めろって…こら!おい!!!」

里奈「ちゅー☆」

P「わー!!」


パシャッ


里奈「えへへっ…////」

P「……何今さら顔赤くしてんだよ」


17: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:15:57.28 ID:XLXsyCGW0

里奈「ん~?何でだろ?嬉しいからっしょ☆」

P「???」

里奈「プロデューサーは?嬉しい?たのち?」

P「…当たり前だろ、こんな……こんな良い女捕まえて」

里奈「……アタシも☆」

P「……俺も撮って良い?」

里奈「もっち☆いいよ、撮ろ♪」

P「いくぞ~…はい、チーズ」


チュッ


里奈「…////」

P「………………ついでに裸もいい?」

里奈「バーカ☆…………いいよ♪」


18: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:16:28.25 ID:XLXsyCGW0

*****





涼「―――…ッ!」


P「―――ッ!」


涼「―――ァ―――…ッ!」


P「―――!!!!」


涼「――――――」


P「―――!?」


涼「―――…」


P「―――――!!!」


涼「――――…?」


P「――――――!!!!」



P「―――音量下げろって言ってんの!!!」


19: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:17:35.56 ID:XLXsyCGW0

涼「ああ…悪い、耳栓してた」

P「俺もしてたけどよ!イヤーカフ!!!」

涼「大声で怒鳴るなよ…耳は大事な商売道具なんだせ?」

P「だったらヤッてる時に爆音で音楽鳴らすのやめてくんないかなぁ!?」

涼「いいじゃないか、盛り上がるだろ?」

P「だったら耳栓するな!」

涼「肌から震える感じがいいんじゃないか」

P「知らねえよ…お前は叩くと鳴る鐘か」

涼「そんな性癖じゃないよ、そういうのは拓海にやってくれ」


20: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:18:21.24 ID:XLXsyCGW0

P「そういう意味じゃねーよ!……えっ、そうなの?」

涼「さあ?」

P「何だよ…」

涼「アタシがそういう女なら良かったか?」

P「んんー…試してみていい?」

涼「冗談、そんな趣味は無いよ」

P「えいっ」ペシン

涼「ちょっと!………怒るよ?」

P「どう?」

涼「ムカつくね」

P「ダメか……しゃーない、拓海に試すか」

涼「おっと、浮気は許さないぜ?」


21: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:19:28.54 ID:XLXsyCGW0

P「へぇ、涼でもやきもち妬くのか」

涼「情念の炎って知ってる?」

P「Dioのファーストアルバム」

涼「お、正解」

P「で、何?立ち上がって叫んだらいいの?」

涼「ハハッ、いいね、ちょっとやって見せてよ」

P「フルチンで絶叫する男見て楽しいか?」

涼「ああ、最高に♪」

P「変態かよ…」

涼「何だよ、自分のサイズに自身が無いのか?」

P「One Size Fitd Allって知ってる?」

涼「フランク・ザッパのアルバム」

P「お、正解」

涼「……で?」

P「ほら、俺のはお前のアレにちょうど良いサイズに出来てるから」

涼「……ハッ」


22: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:20:25.24 ID:XLXsyCGW0

P「何だよその顔は」

涼「いやぁ?何でもないよ」

P「不満かよ」

涼「そんな事言ってないだろ」

P「ウサちゃんピース♪」


ゴッッッ!!



P「うげっ!?いってえな!!」

涼「ごめんなさいは?」

P「え、逆じゃね?」

涼「ごめんなさいは?」ギギッ

P「………ごめんなさい」

涼「よしっ♪ふふっ、頭でも撫でてやろうか?」

P「いらん」

涼「遠慮すんなって、ホラ♪」ナデナデ


23: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:21:12.53 ID:XLXsyCGW0

P「…………」サワサワサワ

涼「………どこ触ってんだ?」

P「尻」

涼「なんで」

P「さあ?」



グググ…


涼「……あのさ、当たってるんだけど」

P「当ててんだけど」

涼「はぁ……相変わらず元気なことで」

P「嫌いか?」

涼「さぁね?………じゃあ…」スッ

P「おっと待った」


24: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:22:02.39 ID:XLXsyCGW0

涼「……え?」

P「音楽は無しで」

涼「なんだよ、いいじゃないか」

P「ダーメ」

涼「嫌だ、流す」

P「ダメだ。お前、照れ隠しで音楽流してるだろ?」

涼「……そんな事ないよ」

P「ホントか?じゃあ音楽無しでもヤれるよなぁ?」

涼「それとこれとは…」

P「Strumming my pain with his fingers…♪」

涼「歌えだなんて言ってない」

P「じゃあ、聴かせてくれよ。アツい奴をさ」

涼「そんな……ちょっ!バカッ!何触って……んっ!?」

P「Killing me softly with his song~♪killing me softly~…♪」

涼「ちょっと、だいたいそれ女の歌………ぁん!」


25: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:22:36.67 ID:XLXsyCGW0

*****





P「クククッ……天下の特攻隊長・向井拓海さまが良い様だなぁ?オイ」

拓海「クッ……てめぇ…ぜってー許さねぇ……ぶっ殺してやる」

P「ハハッ、気の強い女は嫌いじゃないが……もう少し自分の立場を弁えてもらおうか…ん?」

拓海「……クソッ…!」

P「だってお前……」



拓海「裸で腰抜かしといて凄まれてもなぁ…」

P「てめぇが激しすぎんだよ!!タコ!!」


26: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:25:51.67 ID:XLXsyCGW0

P「ふはははー」

拓海「殺す…絶対殺す…!」

P「いいのか?俺が死んだらお前一人ぼっちだぞ?」

拓海「…………半殺しにしてやる…」

P「譲歩どうも」

拓海「クッ……マジで…力が…」

P「おい、ほれ、がんばれがんばれ」ペシペシ

拓海「てめぇ!こら何叩いてんだ!!」

P「何って尻だよ尻、相変わらずいい音するなぁ」ベチンベチン

拓海「止めろつってんだよ!!さっきだって叩いてただろォ!!?」

P「え~?そうだっけ?」ベシンッ

拓海「っ!?てめぇ今、さっきと同じところ叩いただろ……」

P「ホワッツ?」ベチーン

拓海「いいっ!!?てめえこの野郎!!!」ブンブンブン

P「わはははは~殴れるもんなら殴ってみやがれ~」ヒラヒラ


27: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:26:21.12 ID:XLXsyCGW0

拓海「このっ!よけんじゃねぇ!!このっ……うゎっ!!?」グラッ

P「おっと」ダキッ

拓海「お……おう…わりぃ…………じゃねえ!てめえこの!!」

P「ん~、近くて見ても良い顔してんなぁお前」

拓海「そうかよ!」

P「んじゃ、ま」


チュッ



拓海「!!?…てめぇ、何して//////」

P「ハリウッド映画でこういうのあるじゃん?」

拓海「しらねぇ!放せ!放せー!!」

P「無理すんなってホラ」


28: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:29:44.70 ID:XLXsyCGW0

拓海「くぅ………クソ…オメェといると調子狂うんだよ…ったく」

P「んじゃあ別れるか?」

拓海「あぁ!?」ギロッ

P「睨むな眉間に皺寄せんな…アイドルだろうが?」

拓海「けっ、アイドルにあんなことした奴がよく言うぜ」

P「そりゃあまあ……恋人だしな」

拓海「ほお…じゃあアンタにとって恋人は引っ叩くもんなんだな?」

P「んな訳あるか、拓海だからだよ」

拓海「嬉しくねえからな!?」

P「はいはい…下ろすぞ~」

拓海「お、おう……」トスン

P「大人しくしてりゃあ可愛いんだから、そうしてろ」

拓海「うるせぇ」


29: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:31:05.00 ID:XLXsyCGW0

P「悪かったな、喜ばしい事にしばらく忙しいから、次会えるのは大分先だぞ」

拓海「はぁ!?…何だよそれ…」

P「不満か?」

拓海「そんなの当たりま…………あーあ、しばらく尻叩かれないと思うとせいせいするぜ!」

P「大丈夫、事務所で叩くから」

拓海「いらねえよバカ!…………けどよ」

P「?」

拓海「………休みができたら真っ先にアタシに言えよな…」

P「……はいはい」

拓海「………んっ…」

P「……どした?」

拓海「……っ~~~!!!!口だよ口!察しろ!!!」

P「キスしろって事?」

拓海「あ~~~!!!もういい!アタシがバカだったよ!!……ったく…」



チュッ



拓海「…………おっせぇんだよ……タコ…//////」


30: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:33:01.70 ID:XLXsyCGW0

P「…………拓海」

拓海「………んだよ」








P「いつまでエプロン着けてんの?」

拓海「てめぇが着せたんだろぉ!!!!???」


31: 墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2018/02/28(水) 06:33:41.91 ID:XLXsyCGW0

おしまい。

ビバ★夜のテンション





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿