TOP > シンデレラガールズ > モバP「そうだ献血に行こう」

モバP「そうだ献血に行こう」

1: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:45:39.58 ID:uWEZZrAG0

モバP(以下P)「そろそろか……」

千奈美「何、天井を見上げて。ノってほしいの?」

P「うぉっ、いたのか?!」

P「や、これはその、別にあの病気じゃないぞ」アセッ

P「そうだなぁ、言ってみれば免許の更新だ」

千奈美「はっきり言いなさいよ」

P「献血」

千奈美「……献血?」パチクリ

P「そう、献血。そろそろだな、ってさ」

千奈美「説明して」

P「へぇ。興味湧いたのか?」

千奈美「……気紛れよ」フイッ

P「さいで」


2: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:46:32.55 ID:uWEZZrAG0

P「コレ見れば分かるよ」スッ

千奈美「献血カード、ねぇ」

千奈美「あ、裏にいっぱい書いてある……」

P「献血した回数とか、血液型とか」

P「で、真ん中辺りにあるのが『献血出来るようになる日』なんだ」

千奈美「それで『そろそろ』、なのね」

P「あぁ、結構楽しみなんだよ」

千奈美「ふーん……この10回っていうのは多いの?」

P「かなり少ない方かなぁ」


3: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:47:30.61 ID:uWEZZrAG0

P「俺よりずっと若い子でもそれくらい……あぁ」

P「塩見さん。あの子はよく行ってるみたいだ」

千奈美「そう」

P「反応が薄いな」

千奈美「あの子はあなたの担当じゃないでしょ」

P「それはそうだけどさ」

P「趣味で顔を合わせたりしないのか?」

千奈美「趣味の領域でまで他の子と会いたくないわ」

P「負けず嫌いと人嫌いは違うぞ」

千奈美「……違うわよ」


4: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:48:30.37 ID:uWEZZrAG0

千奈美「それはそうと」

千奈美「このカードの赤色はいいわね」

P「おっ、分かってるな」

千奈美「じゃあ嫌いよ」

P「冷たいな……」ガックリ

P「カードのデザインは変えることも出来る」

P「俺は色合いが好きだからそのままなんだけどな」

千奈美「あなた、カードホルダーまで同じ赤じゃない」

P「そうだっけ?」

千奈美「カードを取り出す時見せてたでしょ?」ハァ

千奈美「その色、この辺りで探しても売ってないのよね」

P「ん、カードホルダー欲しいのか?」

千奈美「……あなたには関係ないわ」


5: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:49:30.26 ID:uWEZZrAG0

P「探すならオフの日にでも手伝うよ」

千奈美「嫌よ、あなたみたいな冴えない人は」

P「センスならあると思うけどなぁ」

千奈美「よく言えるわね」

P「お前を見つけたこととか」

千奈美「……」ジトー

P「そう怒るなよ」アセッ

千奈美「ふんっ。……で、それはネットで買ったの?」

P「いいや、献血で貰った」


6: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:50:29.92 ID:uWEZZrAG0

千奈美「あら、こんな所に乞食がいるわ」

P「やめろ、心が折れる」

千奈美「乞食」

P「やめて……」ズーン…

千奈美「で、どうして貰えたのかしら?」

P「覚えてないなぁ。何回目かの記念だっけか」

千奈美「貰ったっていうのに覚えてないのね」

P「毎回だからな」


7: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:51:59.98 ID:uWEZZrAG0

P「いつも貰うのは洗剤なんだ」

千奈美「ますます献血らしくないわね」

P「マウスパッドとかカップ麺とかは時々だなぁ」

千奈美「待って。本当に乞食じゃないの?」

P「そう……だと思う」ウーン

千奈美「いやに不安げね」

P「他の人なんて碌に気にしてないからさ」

千奈美「貰ってるのはあなただけだったりしてね」

P「怖いこと言うなよ……」ゾッ

千奈美「面倒臭い男ね、冗談よ」


8: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:53:00.60 ID:uWEZZrAG0

千奈美「でもカップ麺なんてあるのね」

P「血液にはよくなさそうだよなぁ」ハハハ

P「んー、やっぱ人が足りないんだろうな」

千奈美「それは献血する人ってこと?」

P「そういうこと」

P「輸血されるのは8割以上が50歳以上らしい」

千奈美「少子高齢社会だものね」

P「そ。それに血ってあんまり保たないんだ」

千奈美「すぐ固まるってことかしら」

P「多分そうだな」

P「その辺りは柳さんが詳しいんじゃないかな」


9: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:53:59.64 ID:uWEZZrAG0

千奈美「柳?」

P「あれ、会ったことない?」

千奈美「また他人の担当の子の名前かしら」

P「確かに俺の担当じゃないけどさ」

千奈美「どうしてその子が詳しいのよ」

P「元看護士だから」

千奈美「……変わった人なのね」

P「変わった人だよなぁ」ウンウン

千奈美「反復しないで気持ち悪い」

P「……」ズーン…


10: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:54:59.39 ID:uWEZZrAG0

千奈美「献血には何歳から行けるの」

P「16歳から。19歳なら問題ないよ」

千奈美「行くとは言ってないわよ」

P「強いるつもりはないけどさ」

P「でも若い人にはどんどん行ってほしいね」

千奈美「赤十字の回し者みたいね」

P「輸血を待ってる人がいるのは事実だろ」

千奈美「う。……誤魔化さないで」

P「誤魔化すって、何をだよ」

千奈美「ドヤ顔」

P「すまん」


11: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:55:59.51 ID:uWEZZrAG0

千奈美「でもそれならそもそもがおかしいじゃない」

P「おかしい? また俺を貶すのか?」ビクッ

千奈美「そんなことしてたら一日が終わるわ」

P「ひどい」

千奈美「ああもう、脱線させないで」

千奈美「募集してるのにどうして日数を空けさせるのよ」

P「あー、当初はなかったらしいな」

千奈美「ならどうして」

P「それは俺が色々貰えるのとも関係ある」


12: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:56:59.29 ID:uWEZZrAG0

P「元々、献血の対価は金だったそうだ」

P「まぁ輸血って医療行為に貢献するなら妥当だよな」

P「でもこれが問題になった」

千奈美「?」ハテナ

P「分からないか?」

P「それじゃ臓器を売るのと大差ないじゃないか」

千奈美「……あっ」

P「でも輸血を待ってる人は大勢いるよな」

P「しかも血液は未だに人造出来てない」

P「で、しょうがないから金じゃなくて粗品になった」

P「日数を空けるのは抜き過ぎ防止なんだ」

千奈美「そっか……」


13: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:57:59.25 ID:uWEZZrAG0

千奈美「日付の横の200mlとか400mlっていうのは?」

P「様式の違いかな。血漿と血小板を合わせて4種類だ」

P「先ず数値の方。これはよく『全血』って言う」

P「要するにそのまんま血を抜くんだ」

千奈美「400mlって多いのかしら……」

P「多いけど抜かれてもあんまり困らないぞ」

P「立ち眩みを起こし易くなる、くらいだ」

千奈美「意外に大したことないのね」

P「その日に重い荷物持てなくなるのはまあ困るかな」


14: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:58:59.33 ID:uWEZZrAG0

千奈美「ヒョロヒョロのくせに」

P「何を言うか、触ってみろ」グイッ

千奈美「きゃっ」

千奈美「……あ、ホントだ……」ペタペタ

P「献血の注射針は太いから血管の修復が遅い」

P「その分だけ内出血し易くて……おーい」

千奈美「何かしら?」ペタペタ

P「そろそろくすぐったい」

千奈美「へぇ」コショ

P「やめて」


15: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 22:59:59.62 ID:uWEZZrAG0

P「あと座って用を、ってこれは関係ないか」

千奈美「あぁ、男はそうよね」

P「用を足すと水分が抜けて血圧が変わるからな」

P「ただでさえ血を抜いた後だから危ないんだ」

千奈美「それを私に言ってどうするのよ」

千奈美「遠回しなセクハラかしら?」

P「違う! 違うからな!」アセアセ

千奈美「必死だとよりそれっぽいわね」

P「違うんだよ……頼むよ……」

千奈美「そう。ま、黙っておいてあげるわ」フフン


16: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 23:00:59.85 ID:uWEZZrAG0

P「ちなみに200mlだと次回までの間隔が短い」

千奈美「当然ね」

P「実は日数換算すると200mlの方が多く献血出来る」

P「でも400mlでの献血が推奨されているんだ」

P「なんでもその方が輸血のリスクが小さいんだと」

千奈美「あなたの血が入るリスクの方が大きいわ」

P「俺を虐めて楽しいか?」ズーン…

千奈美「とても」


17: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 23:01:59.59 ID:uWEZZrAG0

P「気を取り直して」

P「血漿や血小板っていうのは『成分献血』なんだ」

千奈美「まさかそれだけを抽出するの?」

P「ああ。デカいマシンでやるんだ」

千奈美「へぇ、そんなことが出来るのね……」

P「ただ時間は凄く掛かる。献血バスじゃ無理だ」

P「献血ルームでなら多分出来る。血液センターなら間違いない」

千奈美「ルーム……それは病院の中にあるの?」

P「場所にもよるけど駅前ってことが多い」

P「献血、って検索すると判るからやってみろ」

千奈美「指図しないで」プイッ

P「……じゃあ、気が向いたらでいいから」


18: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 23:02:59.57 ID:uWEZZrAG0

P「待つのが嫌ならルームの予約も出来る」

P「全血の希望者を集めれば献血バスも呼べる」

P「結構手軽にやれるもんだよ」

千奈美「それは分かったけど」

千奈美「じゃあ何が楽しみなのかしら?」

P「正直に言うと全血400までの待ち時間だな」

P「大抵TVも漫画も雑誌も新聞もフィギュアもある」

P「そして菓子食べ放題で飲み物も飲み放題」

P「アイスまで置かれてるルームも多いな」

千奈美「矢っ張り乞食じゃない」

P「……そうかも」ズーン…


19: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 23:03:59.74 ID:uWEZZrAG0

P「いやいや、ちゃんと意味があるからな」

P「さっき言った通り成分献血だと時間が掛かる」

P「そういう人は予約しておかないとかなり待つ」

P「で、時間を潰す必要が出るワケだ」

P「無論、全血でも多少待つぞ。長いと二〇分くらい」

P「漫画は大体どこのルームでも人気だな」

千奈美「小さいラーメン屋と同じじゃない」

P「大抵はワ○ピが最新まで全巻揃ってるレベルだ」

千奈美「それは……凄いわね」

千奈美「ならお菓子と飲み物も暇潰し?」

P「いや、血を抜くからそれを補う意味合いが強い」

P「特に飲み物だな。待ってるとかなり勧められるよ」

P「コーラもココアもコーヒーもオニオンスープもある」


20: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 23:04:59.68 ID:uWEZZrAG0

千奈美「随分と至れり尽くせりね」

千奈美「あなたみたいな人にも優しいなんて」

P「みたいなって……」ズーン…

P「来る人拒まずなんだよ。でも例外はある」

P「例えば北条さんは無理だな、多分」

千奈美「何それ。病弱だったからかしら」

P「まあな。過去に輸血を受けてそうだろ」

P「輸血の経験があると駄目なんだよ」

千奈美「今度は私が、と思って行っても……」

P「ああ、粗品だけ渡されて帰ることになる」

千奈美「……粗品はくれるのね」

P「来る人拒まずだからな」


21: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 23:05:59.69 ID:uWEZZrAG0

千奈美「私は平気かしら」

P「ケガの有無や病歴、海外の渡航歴なんかも条件になるぞ」

P「気になるなら行く前に調べた方がいい」

千奈美「概ね大丈夫だとは思うけどね」ハァ

千奈美「アイドルとして。注射痕はよくないでしょ?」

P「相談してくれれば撮影は調整するぞ」

千奈美「それに腕細い分だけ血管も細いもの」

P「あっちもプロだから大丈夫だよ」

千奈美「……痛い?」

P「普通の注射よりは、多分」

千奈美「……」

P「……ルームの場所知らないだろ。一緒に行くか?」

P「席が隣になると顔も見えるぞ」

千奈美「行くっ」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/27(火) 23:29:54.31 ID:7o4LLhQYO

ミリオンに献血が趣味な人がいてだな


23: ◆iv1d32We2. 2018/02/27(火) 23:39:02.09 ID:uWEZZrAG0

>>22

風花さんと清良さんの会話を見たいですね

多分話してる内容について行けないですけど





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿