TOP > からかい上手の高木さん > 高木さん「じゃあ今日も一緒に……」西片「あ、今日はごめん」

高木さん「じゃあ今日も一緒に……」西片「あ、今日はごめん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:11:02.68 ID:aJWwGX+J0

高木「あははは!」

西片「うぅー……」

西片(クソー! 今日も散々からかわれたな……)

高木「じゃ、帰ろっか西片」

西片「あ、今日はごめん」

西片「ちょっと用事があって」

高木「……そっか」

高木「また明日ね、西片」

西片「うん、さよなら高木さん」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:12:10.50 ID:aJWwGX+J0

帰り道


高木「あれ、西片?」

高木「おーい、西か……」

西片「……」

女の子「……」

高木「!?」ササッ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:12:47.89 ID:aJWwGX+J0

西片「ん?」

女の子「どうしたの西片くん?」

西片「今呼ばれたような……」キョロキョロ

西片「気のせいだったみたい」

女の子「えっと……それでね」

西片「うんうん……」

高木「…………」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:13:30.09 ID:aJWwGX+J0

高木家


高木「……」

高木「西片……」

高木(あの子と、付き合ってるのかな……)

高木(それともあの子が西片を好きなのかな……)

高木(もしかして、西片があの子のこと……)

高木(そうなのかな……)ジワッ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:14:12.40 ID:aJWwGX+J0

学校


西片「高木さん、おはよう」

高木「あ、おはよう、西片……」

西片「……」

高木「……」

西片「……」

高木「……」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:15:20.15 ID:aJWwGX+J0

西片(おかしい!)

西片(いつもなら何かしらの行動をしてくるはずなのに……)

西片(……なら、こっちから攻めてみるか)

西片(丁度とっておきの作戦があることだし!)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:17:33.29 ID:aJWwGX+J0

西片「ねぇ高木さん」

高木「な、何?」

西片「実は俺……」

西片「彼女がいるんだよ!」

高木「!?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:19:31.41 ID:aJWwGX+J0

西片(ふっふっふっ、どうだい高木さん)

西片(昨日の100%片想いから学んだこの作戦は!)

西片(今回こそはと恥ずかしさを我慢して言おうと決めていたのさ!)

西片(彼女がいる素振りを全く見せなかった俺が言えば、高木さんも多少は動揺するはず!)

西片(いや、まぁ、実際いないんだけど……)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:23:25.12 ID:aJWwGX+J0

高木「え、あ……」

西片(高木さんが動揺している!)

西片(しかも演技っぽくない!)

西片(なんていい気分なんだ……)

高木「そ、そう……なんだ……」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:24:24.54 ID:aJWwGX+J0

高木(西片……やっぱり……)ジワッ

高木「うっ……」ポロポロ

西片「えっ!?」

西片「た、高木さん大丈夫!?」

高木「大丈夫、大丈夫……」

高木「心配しなくて大丈夫だよ」

高木「ありがとう」ニコッ

西片「あ、う……うん……」

西片「いや、でも……」

高木「ホント大丈夫だから!」

西片「……うん」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:28:24.99 ID:aJWwGX+J0

放課後


高木「西片……今日は……」

西片「その、今日も用事が」

高木「そ、そうだよね、ごめん……」

西片「別に謝ることじゃ……」

高木「それじゃさよなら」

西片「さよなら、高木さん」

西片(やっぱり今日の高木さん、スゴイ変だったな……)

西片(大丈夫かな……)

西片(あ、そう言えば)

西片(彼女がいるの嘘だって言い忘れてた……)


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:30:15.75 ID:aJWwGX+J0

帰り道


高木「……」

高木「あっ……」

西片「んー……やっぱり……」

女の子「こういうのとか?……」

高木「……そっか」

高木「やっぱり、そうなんだね……」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/25(日) 20:35:51.48 ID:aJWwGX+J0

高木家


高木「う、ひっく……」

高木「うぅぅ、あぁ……」

高木「あっ、あぁぁぁぁぁぃぁぁあ!」

高木「やだよ西片ぁ! やだよ! 」

高木「うぁぁぁあぁぁ!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:24:38.12 ID:gmbkIwGh0

高木「もう明日から、迷惑だよね……」

高木「楽しかったのにな……」

高木「私だけ……だったのかな?……」

高木「うぅ……」グスッ

高木「西片ぁ…………」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:25:59.46 ID:gmbkIwGh0

学校


西片「おはよう高木さん」

高木「おはよう、西片」

西片「……」

高木「どうしたの?」

西片「いや、なんて言うか……」

西片「元気ないなーって思って」

高木「……」

高木「そんなことないよ」

高木「私はいつも通りだよ?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:27:43.04 ID:gmbkIwGh0

西片「でも、目がすごい赤くなってるけど……」

高木「えっ! えと、これはちょっと色々あってね」

高木「気にしないで!」

西片「そ、そっか……」

西片(本当に大丈夫なのかな?)

西片(からかうための準備ってことでもなさそうだし……)

西片(高木さん……)


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:34:37.58 ID:gmbkIwGh0

放課後


高木「それじゃ、さよなら西片」

西片「あ、あの高木さん今日は……」

高木「じゃあね」

西片「あ、うん……さよなら……」




この日から

俺が高木さんにからかわれることは無くなった


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:35:52.57 ID:gmbkIwGh0

高木「おはよう、西片」

西片「うん、おはよう高木さん……」


別に仲が悪くなった訳ではないと思う
こんな風に挨拶をしたり、普通に会話をしたりはしてるし……


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:37:09.35 ID:gmbkIwGh0

でも

何だろう

この数日間、学校が楽しくない

別に嫌なことがあるとかじゃない


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:37:52.86 ID:gmbkIwGh0

むしろ、やっとからかいうのを辞めてくれて平和になったはずなのに
平穏に授業も受けれるし
望んでいた日常のはずなのに……

それなのになんだろうこの気持ちは

物足りない……
何かが足りないこの気持ちは……


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:38:22.23 ID:gmbkIwGh0



………………



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:39:00.32 ID:gmbkIwGh0

いや、
もうわかってるじゃないか

この気持ちの正体なんて

なんでこうなったかなんて

そんなのっ!


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:41:31.26 ID:gmbkIwGh0

西片「高木さん!」

高木「……何? 西か……」

西片「ちょっと来て!」

高木「えっ? 何っ!?」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:42:33.54 ID:gmbkIwGh0

屋上


高木「はぁ、はぁ……」

高木「どうしたの西片?」

西片「……」

西片「高木さん!」

西片「どうしてからかわなくなったの?」

高木「……」

高木「そんなの……」

西片「俺は好きだったんだよ!」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:45:48.08 ID:gmbkIwGh0

西片「高木さんとからかい合うのが、勝負するのが!」

西片「もうそれが、俺の日常になってたんだよ!」

西片「だから!」

西片「だから、またいつもの高木さんに戻ってよ!」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:46:57.08 ID:gmbkIwGh0

高木「西片……」

高木「うっ……」ポロポロ

西片「高木さん!?」

高木「嬉しいんだ……」

高木「私だけじゃなかったんだって」

高木「私だけ楽しくて、西片は私にただ付き合ってくれているだけだって思ってて……」

高木「西片は優しいから、こうしてくれてるんだって」

高木「でも、そうじゃなくて……」

高木「私たち同じ気持ちだったんだね」ニコッ

西片「そ、そう……だね////」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:49:00.49 ID:gmbkIwGh0

西片(なんか、凄い恥ずかしいことを言った気がしてきた///)

西片「あっ」

西片「この数日一緒に帰れなくてごめんね」

高木「ううん、いいよ別に」

西片「女子に相談されてさ」

西片「男子って何をプレゼントしたら喜ぶのーって」

西片「それで色々協力してたんだ」

高木「!?」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:49:50.43 ID:gmbkIwGh0

高木(もしかして……)

高木「前に、彼女がいるって……」

西片「あー、それは嘘だから」

高木「っ!」

西片「すっかり言うの忘れてたよ」アハハ


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:51:49.76 ID:gmbkIwGh0

西片「だってあまりにも高木さんが驚くから……」

高木「……」

西片「あれ? 高木さん?」

高木「西片、私に嘘ついたんだね」

西片「え!? いや、まぁ、嘘って言うか冗談って言うか……」

高木「私、西片に嘘ついたことないのに」

西片「それは……はい……」

高木「じゃあ、私の言うこと一つ聞いてくれたらいいよ?」

西片「うぅー、わかったよ」

高木「ホント? 聞いたからね」

西片「いいから早く言ってよ!」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:52:42.22 ID:gmbkIwGh0

高木「それじゃあ、言うね?」




高木「この先もずっと



私にからかわせてね」





おわり


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 20:53:11.30 ID:gmbkIwGh0

読んでくださってありがとうございました





『からかい上手の高木さん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿