TOP > ラブライブ! > 穂乃果「人間型料理ロボット?」

穂乃果「人間型料理ロボット?」

2018/03/03 13:04 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:21:43.86 ID:I3R109id0

海未「ただいま帰りました」

穂乃果「おー!海未ちゃん今日は遅かったね?」

穂乃果「ってうええ?!後ろのおじさん誰?!」

海未「よく聞いてくれました。ヨドバシに安かってたので買ってしまいました。人間型料理ロボットです!」

穂乃果「ええー?!」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:24:13.09 ID:I3R109id0

穂乃果「ちょっと…気持ち悪くない?」

海未「そんなこと言わないで下さい!見た目はともかくロボットとしては凄いんですよ!」

ロボット「はい、私は凄いです」

穂乃果「うわっ、なんか喋り始めた」

海未「えっ…」

穂乃果「ちょっと引いてるじゃん!!!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:29:47.99 ID:I3R109id0

海未「ちなみに今日はハンバーグを作る予定です」

穂乃果「うん」

海未「まずはボタンを押すみたいですね」ポチっ

ウィーーン

ロボット「起動しました」

穂乃果「…」

海未「ハンバーグを作ります」

ロボット「かしこまりました」

ロボット「それではまず挽肉を…出してください」

海未「わかりました」

穂乃果「いやちょっと待って!このロボットが全部やってくれるんじゃないの?!」

海未「…いや?このロボットは手順を指示してくれるだけですが…?」

穂乃果「馬鹿じゃないの?!人間である必要性全くなくない?!これじゃ只の同居してる知らないおっさんじゃん!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:33:38.80 ID:I3R109id0

海未「穂乃果!変な事言わないでください!きちんとコンパクトに収納もできるんですよ?!」ポチっ


ソファーの上に寝っ転がる


穂乃果「結局おっさんじゃんwww収納のしの文字もないよ!」

ロボット「ちっ…うるせえなあこいつ」

穂乃果「あれっ?!いま明らかに私に対してなんか言ったよね?!」

海未「気のせいですよ…さて、続きを作りますよ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:36:59.75 ID:I3R109id0

ロボット「まずは玉ねぎを微塵切りにします」

海未「わかりました。…っ!すみません、微塵切りはどうやってやればいいのですか?」

ロボット「貸してください。…ここをこうやってやれば上手く微塵切りに出来ます」

穂乃果「料理できんじゃんwwwそのまま全部やればいいじゃん!!!」

ロボット「…(中指)」

穂乃果「おいこら今こそっと中指たてただろ!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:41:05.11 ID:I3R109id0

海未「まあまあ穂乃果。相手はロボットなんですからそう怒らないでください」

ロボット「そーだそーだ!家帰れおたんこなす!」

穂乃果「ここが私の家だから!あなたがどっか行ってよ!」

海未「それは出来ません」

穂乃果「海未ちゃん…?どうして?」

海未「私は物凄く…ものすごーく気に入ってるからです…」

ロボット「マスター…」じんわり

穂乃果「まあ…海未ちゃんがそこまで言うなら仕方ないけど…」

ロボット「マスターの付き人…」

穂乃果「誰が付き人だ!!!!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:44:50.51 ID:I3R109id0

海未「まああなたも、あまり変な態度を取らないこと。宜しいですね?」

ロボット「了解ですマスター」

穂乃果「なんで海未ちゃんにはこんな従順なの…」

ロボット「さてハンバーグのタネが出来たようなので焼いていきます」

海未「いよいよですね。火加減はどのくらいですか?」

ロボット「弱火から中火です」

穂乃果「いよいよ料理本でいいんじゃないかなコレ…」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:47:46.93 ID:I3R109id0

海未「穂乃果…あなたはまだこのロボットの良さが分かっていないようですね」

穂乃果「わかるわけないよこんなおじさん!」

海未「なんでこのロボット人型か分かりますか?それは…一緒に食事も取れる機能が付いているからです!!!!」

穂乃果「おぉ…ううん…?」

海未「しっくりきていないようですね。丁度料理も作り終わったのでテーブルへ移動しましょう」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:50:59.63 ID:I3R109id0

食卓
3人でテーブルを囲む感じ

海未「…」

穂乃果「…」

ロボット(父)「…みんな揃ったか?」

海未「はい、お父様」

穂乃果「…」

ロボット(父)「そうか…それじゃあ、頂きます!」

海未「頂きます!」

穂乃果「…」

穂乃果「なにこれ?!なにこの機能?!不可解極まりないよ?!なんでお父さんになりきってるの?!絶対いらないよこの機能!怖すぎるよ!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:54:25.06 ID:I3R109id0

ーーー1週間後ーーー

海未「お父様!早く食べましょうよ!」

ロボット(父)「はは、そう焦るなよ。家族はみんな揃ってから食べるのが一番!!」

穂乃果「お待たせ~キムチ鍋よ~」

ロボット(父)「な、母さんもそう思うだろ?」

穂乃果「ええ、そうね。みんな揃っての食事が一番楽しいもの!」

3人「あははははは!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/03(土) 00:55:15.22 ID:I3R109id0

なんか世にも奇妙な物語みたいになってしもた

まあこれにておしまいです!!!

見てくれた方ありがとうございました!





『ラブライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿