TOP > シンデレラガールズ > 美波・夕美「Pさんにドリンクを作るよ!」文香「…ふむ」

美波・夕美「Pさんにドリンクを作るよ!」文香「…ふむ」

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:46:02.72 ID:8M5qPq4W0

(事務所)

美波「プロデューサーさんにドリンクを作るよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「プロデューサーさんにドリンクを作ろうね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!」」ガシッ!

文香「いつもながらのことですが…何を荒ぶっているのですか…? 美波さん…夕美さん…」ヒョッコリ

美波「どうしたもこうしたもないよ! 文香さん!」カッ!

夕美「そうだよ! これは由々しき事態なんだよ! 文香さん!」カッ!

文香「?」

美波「これはつい1時間くらい前のことでね…」


2: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:46:21.61 ID:8M5qPq4W0

(1時間前)

麗(マスタートレーナー)「よし、今日はここまでだ。よく付いてきたなお前たち」

美波「はぁ…はぁ…お、お疲れ様でした」クッタリ

夕美「ひー…もう足腰が立たないよ…」クッタリ

麗「ふふふ。こうして指導しているとキミたちの成長を実感するな。このペースならスペシャルコースにトライする日も遠くないぞ」ニタリ

夕美「もっと厳しいならやりたくないよー!」ヒ-ン!

麗「トップを目指しているのだろう? 弱音を吐くのは構わないが、エンディングまで泣くんじゃない」

美波「マスタートレーナーさん。最近、『MOTHER2』やりました?」

麗「昨日、ムーンサイドをクリアしたところだ」


3: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:46:51.57 ID:8M5qPq4W0

カチャ

P「おや。ちょうど終わったところでしたか?」

麗「何か用があるのかい。プロデューサー殿?」

P「いえ。時間が空いたので見学に来たんですけど…少しだけ遅かったみたいですね」

麗「では今度また観にくるといい。2人はよく付いてきているよ」

美波「お疲れ様です…プロデューサーさん…」
グッタリ

夕美「もう無理…助けてプロデューサーさーん…」クッタリ

P「もうレッスン終わったんだろ。ほら、立ってシャワー浴びてきなさいな」

夕美「…抱っこで運んでほしい」ボソリ

美波「夕美ちゃん。そんなふざけた抜け駆けは私が許さないよ」キッ

夕美「くっ。地獄耳」


4: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:48:29.76 ID:8M5qPq4W0

麗「何を2人でごちゃごちゃ言っているんだ。身体が冷える前にストレッチをしろ」

麗「…と、その前に水分補給を兼ねてこれを飲んでおけ。私特製の疲労回復ドリンクだ」スッ

P「スタドリより効くやつですね」

麗「味付け小物と組み合わせると回復量がさらに倍になるぞ」

P「麗さん。最近『MOTHER2』やりましたか?」

麗「私のお気に入りはグミ族だ。それはさておきグイッといけ」

2人「「いただきます…」」クッタリ

グビグビ...

美波「ハァッ! 回復しましたよッ!」シャキ-ン

夕美「やったぁ! 復活したよー!」キラ-ン

P「効きすぎィ」


5: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:49:52.10 ID:8M5qPq4W0

美波「今のはちょっと大袈裟でしたけど。マスタートレーナーさんのドリンクは本当に効きますね♪」ゴクゴク

夕美「そうだね。それに美味しくて飲みやすいの♪」ゴクゴク

麗「ふふ。そう言ってもらえるとトレーナー冥利に尽きるな」

P「俺の分はありませんか?」

麗「プロデューサー殿はレッスンを受けていないだろう」

P「はぁ…あれ本当に美味しいんだけどな」

麗「…」


6: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:50:32.34 ID:8M5qPq4W0

美波「私の分を飲みますか?」スッ

夕美「あ、ずるい。私のもいいよ」スッ

P「いや2人は運動した後なんだからちゃんと飲みなさいな。麗さんも分量まで計算して1人分を作ってきてるんだから」

麗「…」

麗「そ、そんなに飲みたいなら。キミの分も作ってきてもいいぞ。どうせ1つや2つ増えても変わらないからな」

P「いいんですか? ありがとうございます!」

麗「こ、今度からだぞ! 今度から!」カッ!

美波「!?」

夕美「!?」


7: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:51:02.05 ID:8M5qPq4W0

(現在)

美波「というわけなんだよ!」カッ!

夕美「『どうしてもと言うなら作ってあげるけど?』的なツンデレを見せつけられたんだよ!」カッ!

文香「なるほど…それは心穏やかではいられませんね…」

美波「マスタートレーナーさんには感謝してるけど!」カッ!

夕美「そんな甘ったるい展開をさせる気はさらさらないよ!」カッ!

美波「というわけで。プロデューサーさんが『毎日作ってほしい』と地べたを這いずって懇願するような依存性のあるドリンクを作ろうと思ってるんだけど。文香さんも手伝ってもらえるかな?」

夕美「美波ちゃん。私はそこまですごいドリンクは考えてなかったよ」

文香「…」

文香「当然…私もお手伝いします」キラ-ン

美波「ありがとう文香さん! これで百人力だね!」カッ!

夕美「ありがとう文香さん! こんなに心強いことはないよ!」カッ!

文香「任せてください…私の全知全能を発揮して…ドリンク製作をサポートします」クワ-

美波「よーし、頑張ろうね。2人とも!」

夕美「おー!」

文香「おー…」


8: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:51:56.55 ID:8M5qPq4W0

(しばらくして)

美波「では、第5回アインフェリア大学生組会議を始めます。一同、礼」

2人「「よろしくお願いします。議長」」ペコリ

美波「ええ。現状の確認から始めましょう」

美波「まず、ドリンク作製において私たちは素人です。せいぜいミックスジュースをミキサーで作ったことがあるくらいで専門的な知識は一切ないわ」

文香「そうですね…」コクコク

美波「その一方で、ライバルとなるマスタートレーナーさんはプロです。学生時代にスポーツ栄養学を修めている上、ほぼ毎日ドリンク作りをしているから、人の口に合う味を熟知している。『疲労回復ドリンク』を作ることではとても敵わないわ」

夕美「レシピを真似してアレンジを加えてみたらどうかな。それなら勝ち目があるんじゃない?」

美波「難しいわね。レシピを手に入れる手間もかかるし、マスタートレーナーさんは私たち以上のアレンジの幅を持っているはずだもの」

夕美「言われてみれば…毎回、ドリンクの味を変えてきてくれてるし。アレンジの種類は豊富なんだろうね」

美波「そうよ。目立たないけれどマスタートレーナーさんの飽きさせない味の工夫はすごいわ。敵ながら天晴れよ」


9: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:52:43.62 ID:8M5qPq4W0

夕美「そ、それじゃあ…私たちに勝ち目なんてないんじゃ…」オロオロ

文香「いえ…先ほどの言い回しからすると美波さんには勝機が見えているはずです…美波さんが敵わないと認めたのは『疲労回復ドリンク』に限定されていました…そこにヒントがありますね…?」

美波「ふふふ…流石は文香さん。その通りよ! 私は『美味しいドリンク』でなら勝機を見出せると思ってるの!」カッ!

夕美「どういうこと?」

文香「シェフに料理対決で敵わずとも…お菓子作りなら勝ち目がある…というような話でしょう。栄養と味のバランスが完璧なドリンクを作ることは難しいですが…味だけに絞れば可能性が見えてきます…」

美波「その通り!」

文香「それでもなお…相手に圧倒的なアドバンテージがあることは否めませんが…我々の知力を尽くせば乗り越えることができるでしょう…」キラ-ン

夕美「おおー! さすが美波ちゃん!」パチパチ

文香「やはり我々の要ですね…」パチパチ

美波「えへへ。照れちゃうな♪」

夕美「それで…美味しいドリンクを作るのはどうするつもりなの?」

美波「味に関しては悠貴ちゃんにアドバイスをもらいながら試行錯誤していこうかなって」

夕美「あ、そっか。ミックスジュース作りが趣味だもんね」

文香「ただ…それだけでかなう相手でしょうか…?」

夕美「うーん…」

美波「安心してちょうだい。もうひと押しの力が必要なことはわかってるの。だから…助っ人を呼んでおいたわ!」カッ!

夕美「助っ人?」

美波「カモン! 私たちの最終兵器!」パチッ

カチャ

志希「最終兵器でーす♪」ジャ-ン!

夕美「待って!?」ガ-ン!


10: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:54:00.91 ID:8M5qPq4W0

美波「よろしくね。志希ちゃん♪」ガシッ

文香「よろしくお願いします…志希さん」ガシッ

志希「オッケー、オッケー。握手ありがとう。プロデューサーを一撃で仕留める薬を作ればいいんだよね♪」ガシッ

夕美「もうすでに情報が誤って伝わってるよねっ!?」

夕美「ていうか、美波ちゃん! あれだけ真面目に話を進めておいて採用する手段が『バイオハザード』なの!?」

美波「勝つために私は手段を選ばないわ」フッ

夕美「美波ちゃーーーん!! ハイライトがオフになってるよーーー!」

志希「夕美ちゃん。あたしは劇薬なんか使わないから安心していいよ♪」

夕美「そ、そうなの?」

志希「ただ中毒性のある成分を配合して飲み物に入れるだけ…♪」ムフフ

夕美「麻薬と同じじゃないのッ! 余計にタチが悪いよ!」バ-ン!


11: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:54:46.76 ID:8M5qPq4W0

文香「…夕美さん。私たちの最終目的をお忘れですか?」

夕美「ぷ、プロデューサーさんにドリンクを毎日飲んでもらうことでしょ?」

文香「違います…ドリンクに依存させて…プロデューサーさんを私たちの支配下に置くことですよ…そのあとは思いのままです…」ハイライトオフ

夕美「ウワァァァッ! 文香さんまで頭のネジが飛んでるよォ!」

美波「さて志希ちゃん。オススメの薬を教えてもらえるかしら?」

志希「んー、やっぱり脳機能や身体に害のないものがいいよね。で、なおかつ中毒性の高いものと言ったら…こーゆうのとかどう♪」

文香「ふむ…もう少しパンチの効いたものがいいですね…いっそプロデューサーさんが野獣のごとく理性を失うようなものがあれば…」

志希「にゃるほど♪ じゃあこっちのと組み合わせて…♪」

夕美「…」

ワイノワイノ


12: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:55:29.61 ID:8M5qPq4W0

夕美「ええい! 待ってみんな! やっぱりこういうのは良くないよ!」カッ!

美波「こういうのって?」キョトン

文香「はて…何のことでしょう?」キョトン

夕美「『何の話?』みたいな顔をしても駄目だよ! ここで私が諦めたら誰も止める人がいなくなっちゃうからね! さあ! 薬を盛るのはやめなさいっ!」カッ!

志希「ん〜、お堅いなぁ。これあげるから見逃してよ♪」スッ

夕美「へんだ! どんな薬を渡されても屈しないよ! 私の意思は鋼のように硬いんだから!」カッ!

志希「ちなみにこの薬は飲んだ人が『ハグ』をしたくなる薬でーす♪」

夕美「…」

志希「プロデューサーが飲んだら…夕美ちゃんがハグされることになるよ♪」

夕美「ハグされる…」ゴクリ

夕美「!」ハッ


13: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:56:01.95 ID:8M5qPq4W0

夕美「…そ、そそそそそんな薬にだって私は揺らがないよ! 惑わされないよ! でもこれはとても危険なので私が没取します!」カッ!

スッ...ガサゴソ

志希「どうぞどうぞ。もう返さなくていいよ〜♪」

夕美「わ、私の決心は揺らぐことはないけど! もっと他に薬はないのかな!」カッ!

志希「『甘えたくなる』やつとか『過保護になる』やつとか色々取り揃えてますぜ♪」

夕美「全然興味はないけど詳しく話を聞かせてもらうよ! 念のためにね!」カッ!

志希「オッケー♪」


14: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:56:44.00 ID:8M5qPq4W0

(しばらくして)

夕美「それじゃあ…この薬で決まりだね…♪」ハイライトオフ

美波「ふふふ…そうね。これでプロデューサーさんはドリンクに夢中になるはず…♪」ハイライトオフ

文香「お2人とも…依存させるところまでは気を抜いてはいけませんよ…その後は何でもし放題なのですから…上手くやりましょう…」ハイライトオフ

3人「「「ふふふふふ…♪」」」ハイライトオフ

志希「♪」

コソリ

乃々「(な、なんだか恐ろしい会議を聞いてしまったんですけど…!)」ガクブルガクブル

乃々「(ど、どうしましょうか…プロデューサーさんに報告…でも…文香さんたちに恨まれてしまうかもしれません…)」

乃々「(と、とにかく…誰かに相談しなければ…)」

乃々「(身近にいて相談に乗ってくれそうな人…)」

乃々「…」

乃々「まゆさんですかね…」ポツリ


15: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:57:20.61 ID:8M5qPq4W0

(後日)

美波「ふふ…それじゃあ。このドリンクを持っていきましょうか♪」

文香「悠貴ちゃんに教わったミックスジュース…口触りが滑らかで…甘すぎず飲みやすいものです…満足のいく結果になるでしょう…」

夕美「志希ちゃんにもらった薬もばっちり入ってるから…後は飲んでもらうだけだね♪」

3人「「「ふふふふふ…♪」」」

バタ-ン!!

3人「「「!?」」」

まゆ「ふふ…美波さんたち…情報は掴んでいます…今の話も全部聞いてましたよぉ?」ニタリ

夕美「ま、まゆちゃん…!?」

まゆ「真面目で通っている皆さんが…まさかプロデューサーさんに変な飲み物を飲ませようとするなんて思いませんでした。まゆ失望しちゃいましたよ…♪」


16: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:58:10.37 ID:8M5qPq4W0

美波「…どこで嗅ぎつけたのかしら。まったく」キッ

文香「待ってください美波さん…彼女には争う意思はないようです…」

美波「?」

まゆ「ふふっ…さすが文香さん…よくわかりましたねぇ」

夕美「争う気はないって、それじゃあまゆちゃんは何をしにきたのかな?」

まゆ「簡単なことです。このことをプロデューサーさんにバラされたくなければ…いくつかの要求を飲んで欲しいんですよ♪」

美波「…くっ、そういう話ね」

まゆ「安心してください。出来ないことではありませんから…♪」

まゆ「1つ目。プロデューサーさんに飲ませるドリンクは…もうちょっと栄養に気遣ったものにしてください。ミックスジュースはたしかに美味しいのですが…自家製では糖分が多くなりがちです。そこの調整をお願いします♪」

夕美「あ、うん。普通の要求だね。OKだよ」

まゆ「はい♪」

美波「こ、ここからよ。きっと…屈辱的な要求をしてくるはず…!」

文香「しかし…我々は決して屈しません…」クワ-

まゆ「2つ目の要求は…まゆを仲間に入れてもらうことです♪」

美波「…ん?」

文香「はい…?」

夕美「…まさかの?」


17: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:58:41.09 ID:8M5qPq4W0

まゆ「はい。先日、マスタートレーナーさんのドリンクを美味しそうに飲んでいるプロデューサーさんを見ていたら…なんだかドス黒い感情が抑えきれなくなってしまったので…まずはそれを止めることが先決かと…」ゴゴゴゴ

3人「「「…」」」

美波「うん。そういうことなら大歓迎だよ!」カッ!

文香「ならば…まゆちゃんも同志ですね…」キラ-ン

夕美「どうなることかと思ったけど! むしろ心強い味方が出来たね!」カッ!

まゆ「うふ。よろしくお願いします♪」

3人「「「こちらこそ!」」」カッ!

まゆ「あ、ドリンクについてなんですけど。こんなものを入れたらプロデューサーさんがもっと飲みやすくなるんじゃないかと…♪」

夕美「いいね。これなら投薬しやすくなるね♪」

美波「さすがまゆちゃん!」

キャッキャ♪


18: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 22:59:11.81 ID:8M5qPq4W0

コソリ

輝子「(…な、なんだか大変なことを聞いてしまった気がするぞ…)」

輝子「(ぼ、ぼののちゃんが『まゆさんに相談したからひと安心なんです…』って言ってたけど…余計にひどくなってるな…)」

輝子「(このままだと親友が4人の苗床になってしまう…ここは…私が動くしかない、のか…?)」

輝子「…」

輝子「(こういう時は…素直に本職に頼むとするか)」


19: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 23:00:45.98 ID:8M5qPq4W0

(次の日)

美波「では! プロデューサーさんにドリンクを渡しに行くよ!」カッ!

夕美「そうだね!」カッ!

文香「行きましょう…」クワ-

まゆ「うふふ…楽しみです…♪」キラ-ン

早苗「何が楽しみなの?」ニュッ

美波「ああ。早苗さん、プロデューサーさんにドリンクを渡しに行くのが…って」

美波「…え?」

早苗「通報があったわ。貴女たちとてもやましいことをしようとしているわよね?」ニコリ

美波「な、なななな何のことでしょう?」シドロモドロ

早苗「うん。話はあっちで聞くわね」ガシッ

文香「…」ダッ

夕美「…!」ダッ

まゆ「…」ダッ

美波「あ、ちょ! 逃げるなんてずるいよ夕美ちゃん!! 文香さんッ!! まゆちゃーん!!」

タタタタタタタタッ

美波「ひ、酷いッ…! 蜘蛛の子が散らかるように一目散に逃げていったよ…!」

早苗「安心して入口は塞いであるから」

夕美「開かないっ! この部屋開かないよ!?」ガチャガチャ!

文香「ぬぬぬぬぬぬぬ」ダンダン!

まゆ「ど、どこかに抜け道は…!」

美波「ほら見たことか! ほら見たことか! 人として間違ったことをすれば天罰を与えられるんだよ! ははは! 観念してお仕置きを受けなさい!」カッ!

早苗「そうね。美波ちゃんもよ」ニコリ

美波「やっぱり許してもらえませんか?」

早苗「無理」ボキボキ

イヤァァァァァァァァッ!
ドリンクガァァァァァ!
ヤメテ-! ワタシノクスリ-!


20: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 23:01:36.62 ID:8M5qPq4W0

(次の日)

P「で、この子たちは何で疲れ切ってるわけ? 今日はそんなにきついレッスンはしてないよね」

慶(ルーキートレーナー)「そ、そのはずですけど…」

美波「」

文香「」

夕美「」

まゆ「」

慶「あの、麗お姉ちゃんからドリンクを預かってますが…飲みますか?」

美波「ぐぅぅぅっ! それだけはぁぁ!」グォォォ!

文香「受け入れがたいです…」グヌヌ!

夕美「だ、駄目…! ここで飲んだら完全敗北だよ…!」ダンダン!

まゆ「プロデューサーさん…プロデューサーさん…!」シクシクシク

4人「「「「飲みません!」」」」カッ!

P「ホントにどうしたんだよォ! ポンコツたちィ!」

慶「とにかく。疲れているなら早めに帰って身体を休めてくださいね?」

慶「…ところでプロデューサーさん。そ、その…お弁当を作ってきたんですけど…食べませんか?」

P「お、ありがとう。慶ちゃんの弁当は美味しいんだよなあ」

慶「え、えへへ…///」

4人「「「!」」」


22: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/04(日) 23:04:48.08 ID:8M5qPq4W0

(次の日)

美波「プロデューサーさんにお弁当を作るよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「プロデューサーさんにお弁当を作ろうね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!」」ガシッ!

文香「志希さんはお呼びしておきました…」

志希「はーい。志希ちゃんでーす♪」

まゆ「まゆもいますよぉ♪」

?「私もいるわ」

美波「この6人が集まれば何だって出来るわ! さっそく薬入りのお弁当を…って?」

美波「ひ、1人多くないかな…?」

早苗「まだ懲りてないのね」ニコリ

美波「」

文香「」

夕美「」

まゆ「」

志希「」

イヤァァァァァァァァッ!

【きっちりシメられました】

終わり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿