TOP > アイドルマスター > 千早「・・・なんでもいいわ」伊織「なによ、その言い方」

千早「・・・なんでもいいわ」伊織「なによ、その言い方」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:35:34.78 ID:0NkHGiLF0

千早「なんでもいいからなんでもいい、と言ったまでよ」

伊織「それ、本当はなんでもいいと思ってないのが丸わかりよ?」

千早「そんなことはないわ。変な言いがかりはやめてもらえないかしら」

伊織「言いがかりですってー?!」ムキー


雪歩「ど、どうしちゃったんでしょう、あの2人・・・」ヒソヒソ

小鳥「さ、さあ?さっきまで普通に話してたわよね?」ピヨピヨ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:37:26.87 ID:0NkHGiLF0

千早「・・・」

伊織「・・・」

千早「・・・私、帰るわね」

伊織「ちょ、ちょっと!待ちなさいよ」

千早「何?もう今日の仕事は終わったわ。帰っても問題ないと思うのだけど」

伊織「さっきの話がまだ終わってないでしょ!」

千早「なんでもいいって言ったじゃない!それで話は終わりでしょ!」

伊織「よくないっ!」


小鳥「たいぶ険悪になってきたわね・・・」

雪歩「わ・・・私、お茶いれてきますぅ」パタパタ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:39:28.67 ID:0NkHGiLF0

伊織「アンタ、いっつもそうよね」

千早「何が?」

伊織「言いたいこと飲み込んで、モヤモヤした気持ちを残して」

伊織「で、後になってそのモヤモヤを爆発させちゃうの」

千早「くっ・・・」

雪歩「あのー・・・」

伊織「何?」ジロッ

雪歩「はうっ・・・。あ、あのね、お茶いれたんだけど、飲む?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:41:31.99 ID:0NkHGiLF0

伊織「あ、ありがと。そこに置いておいてもらえる?」

雪歩「う、うん・・・千早ちゃんも、どう?」

千早「・・・ごめんなさい。申し訳ないのだけど、私、もう帰るから」

伊織「ちょっと!雪歩がせっかくいれてくれたのよ。どうせ帰ってもやることなんてないくせに!」

千早「なっ・・・!やることくらいあるわよ!」

雪歩「あ、あの・・・喧嘩は良くな」

ちはいお「萩原さん/雪歩は黙ってて!」

雪歩「ひいぃぃぃ。ごごごごめんなさいーーー」ダダッ


雪歩「ふぇぇぇーーーーん」

小鳥「うんうん。雪歩ちゃん。怖かったねー」ナデナデ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:43:30.69 ID:0NkHGiLF0

カチャ
やよい「ただいま戻りましたー」

伊織「おかえり、やよい」イライラ

千早「おかえりなさい、高槻さん」ピリピリ

やよい「ただいまで・・・す?」


トテトテ
やよい「千早さんと伊織ちゃん、何かあったんですか?」ヒソヒソ

小鳥「うん、よくわからないんだけど、さっきから言い争いしてて・・・」ピヨピヨ

雪歩「えぐえぐ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:45:31.43 ID:0NkHGiLF0

やよい「・・・私、何があったのか、聞いてきます!」


トテテ
やよい「あのー」

ちはいお「何?高槻さん/やよい」

やよい「何かあったんですか?」

千早「別に何もないわ。水瀬さんが勝手に言いがかりをつけてくるだけよ」

伊織「なっ、ち・・・千早が言いたいことをはっきり言わないからでしょ!」

千早「くっ・・・だからなんでもいいってさっきから言ってるじゃない!」

伊織「キー、またそういう言い方を!」

やよい「やめてください!!!」

ちはいお「っ・・・」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:47:33.43 ID:0NkHGiLF0

やよい「私、伊織ちゃんも千早さんも大好きだから・・・」

やよい「だから、大好きな2人がけんかしているところなんて・・・みたくないです」

やよい「・・・めっ、です」グス

伊織「やよい・・・」

千早「高槻さん・・・」


小鳥(やよいちゃんは本当にいい子だなあ)

雪歩(やよいちゃん、すごいなあ)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:49:50.16 ID:0NkHGiLF0

伊織「さっきはごめんなさい。言い過ぎたわ」

千早「いえ、そもそも私が最初におかしな態度をとったからいけなかったの。ごめんなさいね」

伊織「ううん・・・。やよいも、心配かけてごめんね」

やよい「えへへ。私は2人が仲直りできたらそれでいいかなーって」ニコッ


やよい「えっと、それで、なんでけんかしてたんですか?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:51:40.72 ID:0NkHGiLF0

伊織「べ、別に大した理由じゃないのよ」

千早「え、ええ。ちょっと行き違いがあっただけで・・・」

やよい「うー?」

伊織「そ、そうよ。ね、ちーちゃん・・・」

千早「い、伊織!!」

伊織「あっ・・・」



小鳥「ちはいお?!」ガタッ!!!

雪歩「小鳥さん?!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:53:40.47 ID:0NkHGiLF0

やよい「あの、ちーちゃんって、千早さんのこと?」

伊織「・・・うん///」

千早「」カアァァァ

やよい「私、伊織ちゃんが誰かをあだ名で呼ぶのって初めて聞いたかもー」

伊織「そ、そう?」

やよい「それって、2人はとっても仲良しってことだよね」ぺかー

ちはいお「///」


小鳥(ちはいお・・・盲点だったわ。ああ、なんか色々と捗りそう)

雪歩「うぅ、小鳥さんが旅立っちゃったよぅ・・・」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:55:49.06 ID:0NkHGiLF0

やよい「あっ、私そろそろ家に帰って夕ご飯作らないと」

伊織「あら、もうこんな時間なのね」

千早「高槻さん、偉いわね」

やよい「そんなことないですよ。最近長介やかすみもよく手伝ってくれますし」

やよい「・・・えっと、じゃあ、お先に失礼しまーす」

ちはいお「おつかれさま」


雪歩「おつかれさま」

小鳥「・・・はっ。お、おつかれさま、やよいちゃん」

雪歩(あ、戻ってきた)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:57:49.18 ID:0NkHGiLF0

伊織「私たちも帰りましょっか?」

千早「そうね」


伊織「私たちも帰るわね」

小鳥「ちょっと待った!」ピヨ!

伊織「な、なに?」

小鳥「ねえねえ、お姉さんにちょっと2人のカ・ン・ケ・イ、聞かせてくれないかなあ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 20:59:52.52 ID:0NkHGiLF0

伊織「ふ、2人の関係って・・・じ、事務所の仲間よ?」

小鳥「またまたー。さっきの話、聞いてないわけないでしょ?」

小鳥「ね、らぶらぶなんでしょ?伊織ちゃんと、ち・い・ちゃ・ん」

伊織「」

千早「・・・覚悟を決めた方が良さそうね」

伊織「・・・そうみたいね」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:01:55.54 ID:0NkHGiLF0


千早「ええ、私たち、お付き合いさせていただいてるわ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:04:02.32 ID:0NkHGiLF0

小鳥「おおーーーー」パチパチパチ

伊織「満足した?」

小鳥「いーえ、ここからが本番よ。ねえねえ、いつから?どっちから告白したの?初デートは?キスはもうしたの?」

伊織「・・・ま、当然そういう質問が来るわよね。小鳥だし」

千早「どうする?」

伊織「決まってるでしょ」ニヒヒッ

千早「ふふっ、そうね」

ちはいお「・・・にげろー!」

タタタッ...カチャッ バタン!
小鳥「あ、ちょっとぉ!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:05:56.27 ID:0NkHGiLF0

小鳥「あーあ、逃げられちゃった。あれ?雪歩ちゃん?」

雪歩(いいなあ。私も真ちゃんとあんな風になれたらなあ)

ポワンポワン
―――
真『はい。ボクたち、付き合ってます』
―――

雪歩「えへ、えへへへへ」

小鳥「もしもーし、雪歩ちゃーん?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:08:14.33 ID:0NkHGiLF0

伊織「さすがに追ってはこないみたいね」ハアハア

千早「そ、そうみたいね」ハアハア

伊織「その、ごめんなさい、私の不注意でバレちゃって。しかも小鳥に・・・」

千早「別に構わないわ。そろそろコソコソしてるのも辛くなってきてた所だしね」

伊織「あのそれで・・・さっきの話を蒸し返しちゃうみたいで悪いんだけど・・・」

千早「ああ、そういえば、話が途中だったわね。ドタバタして忘れてたけど」

伊織「その・・・私、ちーちゃんが何か言いかけたのを遮っちゃってたよね。ごめんなさい」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:10:16.13 ID:0NkHGiLF0

ちょっと前、喧嘩の発端になった事務所での会話

伊織『ねえ。今日の晩ご飯だけど』

千早『あ、あのね。今日はわt』

伊織『スペイン料理の美味しいお店を見つけたの。そこでどうかな?』

千早(ちょっと!こっちがしゃべろうとしてるのに)イラッ

千早『・・・』

伊織『・・・ちーちゃん?』

千早『・・・なんでもいいわ』ムスッ

伊織『なによ、その言い方』


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:12:08.97 ID:0NkHGiLF0

伊織「それで・・・何を言いかけてたの?」

千早「あ、あのね・・・。今日の晩ご飯・・・私の家で食べない?」

伊織「えっ?」

千早「その・・・1度、伊織に私の手料理を食べて欲しくて・・・」

伊織「なっ・・・///」

千早「あ、だ、大丈夫よ。最近、伊織に会えない日に春香に料理を教わってたから、ちゃんと食べられるものは作れると思う」

伊織「」ジーン


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:14:12.11 ID:0NkHGiLF0

千早「その・・・どうかな?」

伊織「ちーちゃんっ!」ダキッ

千早「伊織・・・」

伊織「ダメなわけないでしょ。最高のご馳走だわ」

千早「ふふ、それは食べてから言ってね」

伊織「そうと決まれば・・・。さっ、早くいきましょ」

千早「ええ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:16:18.94 ID:0NkHGiLF0

伊織「へえ、ちーちゃんの家ってこんな感じなのね」

千早「殺風景でちょっと恥ずかしいけど」

伊織「ううん。シンプルでいいと思うわよ。ちーちゃんらしい」

千早「ありがと。じゃ、ご飯作るから、適当に座ってて」

伊織「うん、何か手伝えることがあったら言ってね」


伊織「あっ・・・」

伊織(こないだはじめて一緒に撮った写真、ちゃんと飾ってくれてるんだ)

伊織「にひひっ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:18:28.42 ID:0NkHGiLF0

伊織「そういえば、何をごちそうしてくれるの?」

千早「・・・カレー」

千早「あ、あの、ほんとは、もっとちゃんとしたものを作りたかったのだけど」

千早「多分、これが一番失敗しないと思ったから・・・」

伊織「ま、まさかレトルトじゃないでしょうね」

千早「ちょっと!さすがにそれはないわよ」

伊織「いや、ちーちゃんならやりかねないわ」

千早「・・・本気で怒るわよ?」

伊織「・・・ご、ごめん」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:20:21.98 ID:0NkHGiLF0

千早「はい、おまたせ」

伊織「お待ちしました」

千早「ふふっ、じゃ、いただきましょう」

パクッ

千早「ど、どうかしら」

伊織(はじめて食べたちーちゃんのカレーは)

伊織(ちょっと肉が焦げていたし、具の大きさも揃ってなかったけど)

伊織「今まで食べてきたどんな料理よりも美味しいわ」

千早「・・・大げさよ///」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:22:27.70 ID:0NkHGiLF0

伊織「ごちそうさま。お腹いっぱいだわ」

千早「私も・・・ねえ、ほんとに美味しかった?」

伊織「しつこいわねえ。美味しかったってば」

伊織「ただ・・・今度から、ルーはもう少し甘めのにしてね」

千早「ふふっ・・・わかったわ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:24:39.46 ID:0NkHGiLF0

伊織「・・・」

千早「・・・」

伊織(やることがなくなるとちょっと緊張しちゃうわね・・・)

千早「テ、テレビでも見ましょうか」

伊織「へっ?あ、そ、そうね」

プチッ
千早(TV)『泣くことならたやすいけれど』

伊織「これ、こないだ収録したやつだっけ?」

千早「ええ、そうね」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:27:05.96 ID:0NkHGiLF0

千早(TV)『あおいぃーーーーとりぃーーーー』


伊織「ちーちゃん、ほんっと歌うまいわよね」

千早「そ、そうでもないわよ。私よりうまい人なんてたくさん・・・」

番組終了

伊織「・・・」

千早「・・・」

伊織「あの、そろそろ帰るわね」(引き止めてくれないかな・・・)

千早「あっ・・・ええ」(引き止めてもいいのかな・・・)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:29:21.10 ID:0NkHGiLF0

伊織「それじゃ・・・今日はごちそうさま。ありがとう」

千早「いえ。寒いから・・・気を付けてね」

バタン

千早(やっぱり引き止めればよかったのかしら。でも、もし迷惑だったら・・・)ショボン

伊織(帰りたくないって言えばよかったのかしら。でも、迷惑に思われたら・・・)トボトボ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:31:48.58 ID:0NkHGiLF0

千早(でも・・・何もしないで後悔するよりは・・・)カチャ,バタン

伊織(・・・ってなにウジウジしてるのよ。私らしくもない!)クルッ

タッタッタッ

千早「伊織?!」

伊織「ちーちゃん?!」

千早「どうしたの、何か忘れ物?」

伊織「ちーちゃんこそどうしたの?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 21:33:51.57 ID:0NkHGiLF0

千早「あのね・・・今日、泊まっていかない?」

伊織「あっ・・・」

伊織「うん、私も帰りたくないなって・・・」

チュッ

HAPPY END





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿