TOP > アイドルマスター > あずさ「やっぱり若い子がいいんですね…」

あずさ「やっぱり若い子がいいんですね…」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:28:37.82 ID:HRfqH5Oq0

あずさ「やっぱり…若い子がいいんですね…ふふ」

P「え…」

人がいないバーでぽつりと呟くあずささん。薄く笑っていたがその表情は寂しげに見えた。

P「あずささん、今なんて…」

あずさ「えと…」

あずさ「それより飲みましょう」

P「はぁ…」

話は逸らされたが確かに聞こえた。若い子が云々…。
P「あずささんも」

あずさ「ありがとうございます」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:33:06.86 ID:HRfqH5Oq0

P「最近、どうです?仕事のほうは」

あずさ「そうですね、順調っちゃ順調だと思います」

あずさ「さ…ぐいっと」

P「あぁ…どうも」

あずさ「プロデューサーさん、けっこう強いんですね」

P「仕事柄、飲む席も多いんで」

あずさ「どうでしょう?私が注いだお酒は」

P「すごい美味しいです」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:37:29.11 ID:HRfqH5Oq0

マスター「お客様、そろそろラストオーダーなの…」

P「あぁ、じゃあ…」

あずさ「…」

P「僕が払っておきますから」

あずさ「もう閉店なんですね、あっという間…」

P「まぁ、けっこうたくさん話せましたね」

あずさ「(もっといたかったけど…)」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:41:47.88 ID:HRfqH5Oq0

あずさ「うぇっ…うっ…」

P「だ…大丈夫ですか?」

あずさ「は…はっ…」

P「水を飲んで…」

あずさ「す…すいません」ゴキュゴキュ

P「(けっこう飲んだもんな…)」

あずさ「プロデューサーさん…私、一人で帰れますから」

P「いえ、送ります」

あずさ「そんな…」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:46:57.26 ID:HRfqH5Oq0

タクシー中

P「…」

あずさ「…」

あずさ「プロデューサー…さん、重くないですか?」

P「いえ、全然」

P「(柔らかいなぁ)」

あずさ「…すごく落ち着きます」

P「それはよかったです」

あずさ「男の人に膝枕なんて初めてで…こんなにいいものなんですね」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:53:45.45 ID:HRfqH5Oq0

あずさ「ありがとうございました…本当にすいません」

P「いや、じゃあまた」

あずさ「…帰っちゃうんですか」

P「へ」

あずさ「プロデューサーさん」

あずさ「お詫びにお茶でも飲んでいってください」

P「いや、しかし」

あずさ「…む」ジッ

P「いただきましょう」

P「(断れないな…こんなに見つめられたら)」

バナナスカァイ…


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:27:05.88 ID:HRfqH5Oq0

あずさ「あ、ここです」

P「じゃあゆっくり休んでください」

あずさ「…」

あずさ「(嫌…帰っちゃうのは嫌…)」

ムギュギュ
パルプルルン…

P「あずささん…?」

あずさ「はっ…あ…これはそのっ」

あずさ「(無意識に抱き着いてしまったわ…///)」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:33:23.98 ID:HRfqH5Oq0

P「…まだ気分が悪いですか?」

あずさ「プロデューサーさんに介抱してもらいます」

P「え」

あずさ「さぁ、上がってください。狭いところですが…」グイグイ

P「え…ちょっと」

P「(いいのか、アイドルの家に)」

あずさ「(強引過ぎかしら…ううん、いいの)」

あずさ「(今日は…)」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:37:57.38 ID:HRfqH5Oq0

あずさ「そこのソファにかけてください」

P「はい」ドキドキ

P「(緊張する)」

あずさ「ふふ、そんな緊張なさらないで…自分の家に帰ってきたと思ってください」

P「は、はい」

あずさ「今、お茶をお持ちしますから」

あずさ「(って…私も緊張してるみたい)」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:42:59.45 ID:HRfqH5Oq0

あずさ「お待たせしました~」

P「すいません」

あずさ「…あの」

あずさ「隣…よろしいですか?」

P「ああ、あずささんの家じゃないですか」

あずさ「そ、そうでした…じゃあ」

ポスッ

P「……」

あずさ「……」

P「(沈黙…)」

あずさ「(な…何か話題を)」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:49:40.43 ID:HRfqH5Oq0

あずさ「プロデューサーさん」

P「はい」

あずさ「私、介抱してもらって…まだお返しができてません」

P「…いや、このお茶で大丈夫ですよ」

あずさ「いや…ということで」

ポンポン

あずさ「プロデューサーさんがしてくれたように…膝枕をしてあげたくて…」

P「(なん…だと…)」

あずさ「(私のキャラが崩壊していく…)」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:56:07.91 ID:HRfqH5Oq0

あずさ「リラックスしてくださいね」

P「…はい」

P「(いいのか、こんなサービスを)」

あずさ「ふふ…」

P「どうしました?」

あずさ「いえ、こんな近くにプロデューサーさんが居ることが、何だか不思議で…」

P「僕もですよ」

P「なんだかすごい…落ち着く」

あずさ「…」

ナデコナデコ

P「ふぉ…!」

あずさ「…母性本能です」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:05:40.82 ID:DPqvNGtK0

あずさ「プロデューサーさんは…」

あずさ「やっぱり若い子がいいんですか?」

P「え」

あずさ「こういう事も…若い女の子にして欲しかったのかなぁと…」

P「そんなことないですよ…」

あずさ「…」ナデコナデコ…

P「歳なんて関係ないですよ」

あずさ「…」

あずさ「よかった…」

P「あずささんに膝枕してもらえる僕は幸せ者ですよ」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:12:54.04 ID:Boc/IKJk0

P「おっとそろそろ電車が無くなる」

あずさ「いえ」

あずさ「今日は泊まっていってください」

P「ぶふっ」

あずさ「プロデューサーさんが帰ったら寂しいです…」ナデコナデコ…

P「あずささん…」

あずさ「ご、ごめんなさい…わがままばかり」

P「わかりました、今日は泊まらせていただきます」

あずさ「…ふふ」

あずさ「(笑っちゃった…)」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:09:18.87 ID:Boc/IKJk0

あずさ「あふ…」

P「…眠いですか?」

あずさ「いえっ…大丈夫ですよ」

P「睡眠はしっかり取らないと」

あずさ「はい…」

P「女性は色々あるでしょうし、化粧落としたりね」

あずさ「すぐに済ませてきます」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:17:51.32 ID:Boc/IKJk0

あずさ「プロデューサーさん…」

P「お帰りなさい」

あずさ「ふぅ…いいお湯でした」

P「(通りでいい匂いが)」

あずさ「さぁ、プロデューサーさん」

P「え、何が」

あずさ「ベッドに行きましょう」

P「」

P「(アグレッシブー!!!)」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:28:07.62 ID:Boc/IKJk0

ベッド

あずさ「添い寝…っていいですね」

あずさ「安心します…」ギュム

P「おぉん…」

P「(これじゃ…あれじゃん)」

あずさ「…」

あずさ「ありがとうございました、プロデューサーさん」

P「いえ、こちらこそ」

あずさ「ごめんなさい…お酒の力を借りてしまいました」

P「と、言うと…」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:38:54.73 ID:Boc/IKJk0

あずさ「添い寝までしてもらっちゃって」

あずさ「けど、プロデューサーさんを見てると…甘えたくなってしまって…」

P「構いません、それは…最初は戸惑いましたけど」

P「実際、あずささんみたいな美人に甘えられるなんて…夢みたいです」

あずさ「まぁ…」

P「今日はいくらでも甘えてもらって結構ですよ、あずささん」

あずさ「優しいですね…」

P「んんっ」

チュッ

あずさ「さらに甘えちゃいました…」

あずさ「愛してます、プロデューサーさん」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:49:54.03 ID:Boc/IKJk0

P「あああずずささん…」

あずさ「本当に私…今日はおかしいみたいです…」

あずさ「プロデューサーさんが愛しくて堪らない…」

あずさ「…プロデューサーさんは私の事、どう思ってますか?」

あずさ「一人の女として」
P「ぼ…僕は…」

あずさ「…」キュッ

あずさ「(言っちゃった…////)」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:01:58.53 ID:Boc/IKJk0

P「あずささん」

P「お別れみたいです」

あずさ「え…っ」

P「僕はプロデューサーを辞めます」

P「あずささんと、お付き合いする為に」

あずさ「そんな…」

P「社長には怒られそうですが…無責任かもしれない」

P「けど、僕の中では、あずささんという存在が大きくて…」

P「(おっぱいも)」

あずさ「プロデューサーさん…」ホロリ

P「僕も愛してます、あずささん」

あずさ「は…はい…うぅ…ぐすっ…」ポロポロ

あずさ「また…甘えます…っ…うぅ…えーん」ギュッ

P「(緊張の糸が切れて泣いちゃったみたいだ)」

P「よしよし」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:10:59.38 ID:Boc/IKJk0

あずさ「あずさって」

P「あ…あずさ」

あずさ「ふふ…」

P「まだぎこちないですね…はは」

あずさ「これから自然に呼べるようにしましょうね」

P「頑張ります…」

あずさ「頑張って、プロデューサーさん」

P「あずさもな、練習しなきゃ」

あずさ「はっ…そ、そうでした///」

あずさ「プロデューサー」







『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿