TOP > アイドルマスター > 響・美希・貴音「うたばん?」

響・美希・貴音「うたばん?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:31:26.89 ID:9BMJ2xWV0

「さて とくばんのお時間です」


中居「さてやってまいりました、とくばんです」

石橋「なんですかねwこんなに頻繁にやるんならレギュラーで良いんじゃないかと思いますけどねw」

中居「前回もなかなかの視聴率だったみたいなんですけどねw」

石橋「特に?竜宮小町の所でどっかんどっかんだとか?」

中居「そうみたいですねw」

石橋「これはね、やっぱりあずさちゃんと元気っ子のおかげですかね」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:33:08.21 ID:X6iZEepT0

中居「ちなみにですね、この回の瞬間最高のシーンがですね…」

石橋「おぉ、ハイライトですね?」

中居「タカさんが水瀬に卍固めをかけたシーンですねw」

石橋「フッハwwwwwwwwww」


「コトー選手 大活躍でしたもんね」


中居「26%だったらしいですw」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:34:26.19 ID:X6iZEepT0

石橋「なーんでよりによって、コトーのシーンなんですかね?wwww」

中居「何故ですかねw」

石橋「ってなわけで、味をしめたTBSがまた765さんを呼ぼうというわけですねww」

中居「はい、今回も765プロからゲストが来てますね」

石橋「もうね?ウキウキして眠れませんでしたからww」

中居「え?デニーが待ち遠しくてですか?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:35:13.98 ID:X6iZEepT0

石橋「なーに言っちゃってんのよ中居くん、今日はそんな二軍の事なんかほっておくから」

石橋「ミキミキに会いたくて色んなところがウズウズしてたんだからさw」

中居「あぁwほんとね、最近は引っ張りだこみたいですからね」

石橋「こんなOPトークなんてもう良いから早く呼んじゃってよw」

中居「わかりましたよwそれではお呼び致しましょう…」

中居「プロジェクト・フェアリーの皆さんですどうぞっ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:36:12.47 ID:X6iZEepT0

ジャジャーン!


美希「初めましてなの~!」

貴音「お初にお目にかかります」

石橋「良いじゃない良いじゃないw素晴らしいじゃないw」

響「ハイサイっ!タカさん!」


「おや? この方は…」


石橋「今日はね、美希ちゃんと貴音ちゃんのユニットで登場ということで!」

中居「初登場ですねw」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:37:31.00 ID:X6iZEepT0

美希「春香や竜宮小町の出た回見てたの!とっても面白かったって思うな」

石橋「ホントに?じゃあ今日も貴明いっぱい面白いこと言うね?」くねくね

貴音「私も今日は精一杯頑張りたいと思います、よろしくお願いいたします」

石橋「貴音ちゃんも可愛いなぁ…」グッちゃあ…

響「おーいタカさん!聞こえてないのかー?」


「お二人共 初登場ですからね」


石橋「wwwwそれではね!今日は二人の可愛さをTVの前の皆さんにも見ていただこうと!」

中居「企画の方も用意してますからねw」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:39:04.92 ID:X6iZEepT0

石橋「その前に一応ね?自己紹介してもらいましょうかw」

響「あれ?マイク入ってないのかな?」ガサゴソっ…

石橋「wwwwwwwwwww」

中居「それじゃあ、タカさんの席の方から自己紹介を」

美希「は~い!星井美希なの!今日はよろしく!」

石橋「…」ふるふる…

中居「wwwwwwwwww」

石橋「っくわいいなぁ~…」ぐちゃぐちゃ…


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:39:57.54 ID:X6iZEepT0

美希「ありがとうなの!タカさんもとってもかっこいいって思うな?」

石橋「ホントに?じゃあ美希ちゃん、おじちゃんと結婚しようか」

美希「タカさんは良い人だと思うけど、それは無理なの!」

石橋「!?」

中居「wwwwwwwww」


「漢石橋 52歳 撃沈!」


石橋「…」チーン…

中居「タカさん、タカさん!これはしょうがないですってww」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:40:46.24 ID:X6iZEepT0

石橋「一つの時代が終わったね、もう」

石橋「小林旭、松田優作、石橋貴明続きのハードボイルドはもう終わりですね?」

中居「wwwwww」

石橋「じゃあじゃあ、美希ちゃんはどういう男の人がタイプなのかな?」

美希「それはもちろんハn…じゃなくて、ミキをキラキラさせてくれる人なの!」

石橋「おじさんだったらね、もうひぃひぃ言わせちゃうからね!ww」

中居「タカさん!www」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:41:32.76 ID:X6iZEepT0

美希「?」

石橋「これは失敬」

響「あ!また変態なこと言ったんだな!最低だぞタカさん!」

石橋「さぁそれじゃあ次!」

貴音「四条貴音と申します、以後お見知りおきを」

石橋「なんかもうブッ飛んでますね765www」

中居「これはあれかな、キャラ作り的なものなのかな?」

貴音「キャラ作り…ですか?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:42:41.43 ID:X6iZEepT0

石橋「今までになかったタイプが来ましたねwww」

中居「wwwww」

石橋「なんでも、秘密にまみれているアイドルということで」

貴音「…」

石橋「…」

中居「…ww」

貴音「…」

石橋「貴音ちゃん?ww」

貴音「あぁ、私でしたか」

石橋「ハッwwwww」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:44:37.15 ID:X6iZEepT0

「765からの新兵器 今夜も見せます」


中居「四条さんは、出身地とかも秘密なんですよね?w」

貴音「はい、そうですね」

石橋「今時珍しいよね、だいたい隠そうとしたってバレちゃうもんなんですけどね」

中居「ネットとかでもバレちゃいますからね~」

石橋「岡本夏生もこの時代ならバレちゃってますからね」

中居「wwwwww」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:45:23.73 ID:X6iZEepT0

石橋「でもなんで貴音ちゃんは出身地まで秘密にしてるの?」

貴音「とっぷし~くれっとだからです」

響「貴音は貴音だからな~!秘密があってもなくても関係ないぞ!」

石橋「…」

中居「www…」

石橋「なんなんでしょうね、その秘密めいた感じがまた女性を魅力的にさせるっていうね?」

石橋「そんな貴音ちゃんの好きな男性のタイプは?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:46:34.15 ID:X6iZEepT0

貴音「そうですね…私を高みに連れて行ってくれる男性でしょうか?」

石橋「あぁ、じゃあおじさんが今度天国に連れて行ってあげるからね?」プリッ!

中居「タカさん、タカさん!」

響「あぁ!また変態なこと言ったn…」

石橋「うるっせぇんだよデニーこの野郎!!!!!!!」

響「えぇ!?」

石橋「今貴音ちゃんと話してんだろうがこの野郎!」

中居「wwwwwww」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:47:46.27 ID:X6iZEepT0

「今夜もこの人が主役なようですね」


石橋「だいたいなんで今日もテメェがいるんだよ!今日は美希ちゃんと貴音ちゃんの回だろ!?」

響「なんで自分を入れてくれないんだ!自分だってフェアリーの一員だぞ!」

石橋「ふっざけんなよ!デニーは聖飢魔Ⅱにでも入ってろよ!」

中居「真逆ですからねwww」


「デニー我那覇閣下」


石橋「O.Aの時、デニーの顔ずっと白塗りにしとくからな!?」

響「なんで自分だけそんな顔にならなきゃいけないんだ!」ロウニンギョー!

石橋「wwwwwwww」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:49:05.21 ID:X6iZEepT0

中居「それじゃあですね、今回も企画用意しております」

中居「石橋、中居の胃袋を掴め!手作りご飯選手権ー!!!!」

石橋「イェイイェイ!」

中居「今日はですね、事前に皆さんに料理を作ってもらっています」

石橋「ほう…という事は僕が美希ちゃんと貴音ちゃんの料理を食べられるとw」

中居「そういうことになりますね」

中居「じゃあまず一発目は星井さんですね」

美希「はいなの!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:50:01.04 ID:X6iZEepT0

石橋「二代目ミキティは一体どんなご飯を作ってきてくれたんですかねw」

美希「ん?美希はミキティじゃなくてミキだよ?」


「二代目 ミキティ?」


石橋「もうっ…未だかつてクエスチョンマークがこんなに可愛いアイドルがいましたかねwww」

中居「タカさんやられすぎでしょうw」

石橋「ミキティもうちの娘より下なんですけどねw」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:51:32.46 ID:X6iZEepT0

美希「ミキティっていうのはミキのことなの?」

石橋「そうだよミキティ」プルプル…

美希「う~ん、良く分からないけど…そういうのも何だかアリだと思うな!」

中居「それじゃあ一品目ですね」

美希「ミキの自信作なの!」

ジャンッ!

石橋「これはいわゆる?」

美希「おにぎりなの!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:54:17.48 ID:X6iZEepT0

「お、おにぎりなんだな…」


中居「まぁ手料理と言えば手料理ですけどw」

石橋「なーんだよ中居くん!俺のミキティの手料理になんか文句あんのかよ!?」

中居「ないですないですww」

石橋「それじゃあ食っちゃおうかな」

中居「んじゃ俺も」


パクッ…


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:55:24.31 ID:X6iZEepT0

石橋「これはうまい!」

中居「うん、うまいw」

美希「美味しいでしょ?ミキおにぎりにはこだわりがあるんだ!」

石橋「僕も料理には一家言あるんですけどね?これは本当に米粒単位でうまい!」

中居「あ~これホントにうまいわ、カップ麺と一緒に食いたい」

石橋「はぁ…」


「庶民派スーパーアイドルですからね」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:57:56.51 ID:X6iZEepT0

中居「なんすかタカさんw」

石橋「ねぇ中居くん、それは違うでしょ」

中居「いいじゃないっすかwwカップ麺と食うとうまいじゃないっすかw」

石橋「せっかくミキティが一生懸命作ってくれた、おにぎりをね?」

石橋「日清だのマルちゃんだのと食べるっていうのはどうなのかね?」

貴音「いえ、美希のおにぎりと共に食すカップ麺は至高の一言ですよ」

石橋「そう、至高の一言なの!中居くん、OK!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 22:59:52.58 ID:X6iZEepT0

「カップ麺とおにぎり 美味しいですよね」


中居「自分がなさすぎだろ自分がw」

石橋「なんだよ~!貴音ちゃんの言うことに逆らうんじゃねぇぞ中居くん!」

中居「いやw別に逆らってないですよww」

石橋「いやホントに美味しかったわぁ…それじゃあ次」

中居「次は四条さんですね」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:01:25.39 ID:X6iZEepT0

貴音「はい」

響「…」

石橋「…」

響「…」

石橋「おぉい!ボーッとしてんじゃねぇぞデニー!」

響「えぇ!?今は貴音の番だろ!」

中居「本番中!今お金もらってる時間だからね!」

響「ご、ごめん」

石橋「あんまりにもグダグダしてっと首にすっからな!?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:03:00.63 ID:X6iZEepT0

「芸能界も縦社会ですからね」


響「く、首は困るぞ!」

石橋「ごちゃごちゃ言ってっとコトーと一緒にTHE MANZAI出すからな!?」

響「うぎゃー!自分お笑いなんかできないぞ!」

石橋「wwwwwwwww」

中居「じゃあ四条さんお願いしますww」

貴音「こちらです」

コトっ…


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:04:33.13 ID:X6iZEepT0

石橋「ラーメン!」

中居「え?なに?インスタント?」

貴音「いえ!もちろん手作りです!」

石橋「手作りっていうのは、これはスープか何かが…」

貴音「麺も自分で作りました、正真正銘の手作りです」

中居「えぇ!スッゲー!」

石橋「僕もラーメンには一家言ありますからね?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:06:23.18 ID:X6iZEepT0

貴音「石橋さんもらーめんに通じたお方なのですか?」

石橋「うちの兄貴が麺貴っていうのをやってましたからね、あの野郎すぐ潰しやがったけど」

中居「それ笑えないやつじゃないっすかwwww」

石橋「まぁしっかし、うまそうな匂いですねww」

中居「じゃあ…」ずずっ…

石橋「私も頂きましょうかね…!?」ずずっ…

石橋「うまい!これもまたうまい!」

中居「すっげぇ!これが手作り?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:08:27.97 ID:X6iZEepT0

貴音「スープも麺もかなり時間をかけて作りましたが…」

貴音「特にスープの出汁は本当に苦労いたしました…」


「おや…」


石橋「貴音ちゃんの…出汁?」ふるふる…

中居「…」

石橋「…」ずずずずずずずっ!

貴音「こ、これは!?」

石橋「ぉぃっしぃなぁ…」ぐっちゃあ…

貴音「め、面妖な!?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:09:25.73 ID:X6iZEepT0

石橋「これは美味しいはずですよ?」

石橋「toタカfrom貴音!みたいな!」

中居「wwwww」

石橋「これはお店で出てくるレベルすら超えてますからね?」

貴音「いつかは店舗を出せるように精進していきたいと思っています」

石橋「でもね?がっつりハマっちゃうとデビちゃんみたくなっちゃうから気をつけてね?」

中居「デビット伊東さんね?ww」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:11:02.92 ID:X6iZEepT0

貴音「しかしまずはこの世界で高みを目指すことが第一です」

石橋「貴音ちゃんは本当によく出来た子だね?もうラーメンと一緒に食べちゃいたい」プリンっ…

貴音「た、食べられてしまっては困りますね…」

中居「タカさん!アウトアウトwww」

石橋「さぁそれじゃあ!」


「テレビの前の皆さん お待たせいたしました!」


中居「はいお待たせしましたね」

石橋「なんとなくね、これまでの二人はイメージ通りというか」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:12:12.44 ID:X6iZEepT0

中居「プロフィールにも書いてある好きな食べ物を作ってくれましたね」

石橋「じゃあしょうがないから問題児に行きましょうか!ww」

中居「はいじゃあデニーの作ってきてもらったものは…」


「沖縄料理ですかね?」


響「きりたんぽ鍋だぞ!」

石橋「なぁんでだよッ!!!!!!!」

中居「wwwwwwww」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:13:48.00 ID:X6iZEepT0

石橋「イメージってもんがあんだろうがよデニー!!!!」

響「い、イメージか?」

石橋「ミキティはおにぎり、貴音ちゃんはラーメン」

石橋「テメェはゴーヤーチャンプルーだろうがッ!!!!」

響「そ、そんなの偏見だぞ!」

中居「まぁ確かにね、しかもよりによってきりたんぽ鍋ってwww」

石橋「秋田じゃねぇかよ!!!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:15:57.12 ID:X6iZEepT0

響「だ、だって昨日テレビでやってて美味しそうだったから…」

石橋「ハッwwwwwwwwwww」

中居「逆じゃん、なんで沖縄出身なのに北国の料理なの?」


「よりによって、なんできりたんぽ?」


石橋「どうせならジンギスカンくらいやってみろよ!ww」

響「自分、動物いっぱい買ってるからお肉はちょっと…」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:17:41.46 ID:X6iZEepT0

石橋「知らねぇよ!世の中は弱肉強食なんだよ!」

石橋「弱肉ッ!強食ッ!」ギラっ!

中居「なんで言い直したんすかwww」

石橋「だいたい、さっきの貴音ちゃんのラーメンもとんこつ系でしょ?」

中居「そうそう、豚入ってかんね?」

響「え?」

貴音「…」

石橋「www」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:18:40.37 ID:X6iZEepT0

響「た、貴音…なんで黙るんさ!」

貴音「…」すっ…

響「こっちを向いてよ貴音!」

美希「…」すっ…

響「え?なんで美希も目をそらすんだ!」

石橋「wwwwwwwww」

中居「じゃあまぁ冷めちゃうのもなんなんで、デニーのきりたんぽ食べてみますかw」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:19:55.53 ID:X6iZEepT0

石橋「しょうがねぇなぁwww」

響「ま、まぁ納得いかないけど…」

石橋「せっかくなんで、きりたんぽから…」もぐっ…

中居「…ん!」

石橋「デニーテメェ!これきりたんぽじゃなくて、ちくわじゃねぇか!!!!!」

中居「ふざけんなよデニー…これは違うだろうが…」

響「え?きりたんぽってちくわと違うのか?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:21:05.99 ID:X6iZEepT0

石橋「おま…お前なぁwww」ガクっ…

中居「タカさんいじるのも忘れちゃったじゃないかよwww」

石橋「きりたんぽと、ちくわって…お前www」

響「そ、それってそんなに違うのか?」

石橋「もうね…デニーにはびっくりですよwwww」

響「うがー…でも味は美味しいだろ?」

石橋「味は普通ですね」

響「前の二人と全然テンションが違うぞ!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:21:58.65 ID:X6iZEepT0

石橋「当たり前でしょー、前の二人は可愛いもの」

響「料理とは全然関係ないだろ!」

中居「wwwww」



「さぁ、ちょっと歌ってもらいましょうか」





歌唱後…


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:22:53.54 ID:X6iZEepT0

「さて本番です」


石橋「いやー今日もデニーが持ってっちゃいましたねw」

中居「おいデニー、今日はもっと二人の事を聞きたかったんだからな?」

響「そ、そんなの知らないぞ!」

石橋「ちょっとデニー、こっち来て」

響「え?なんでそっちに行かなきゃいけないんだ?」

中居「タカさんが呼んでるからさ」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:23:56.16 ID:X6iZEepT0

貴音「響、呼ばれていますよ?」

響「ん~貴音が言うなら行くぞ」タッタッ…

石橋「…」

響「ど、どうしたんだタカさん?」

石橋「…」

響「どうしt…」

石橋「アイアンクロォーッ!!!!!!」くわっ!

響「ぎゃぎゃぎゃー!痛い、痛いぞ!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:25:02.05 ID:X6iZEepT0

「眉毛が大変なことになってますよ 石橋さん」


石橋「ふんぬっ!」くわっ!

中居「wwwwwwwwww」

美希「響、とっても楽しそうなの!」

貴音「まこと、タカさんと一緒にいる時の響は生き生きとして見えます」

響「これのどこがそう見えるんだ!イタタタ!」

石橋「ウェイッ!!!」ポイッ!


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:25:52.19 ID:X6iZEepT0

バタ!

響「あーホントに痛かったぞ!いきなり何するんだタカさん!」

石橋「え?wwちょっとね、一回ぐらいやっとかないとww」

響「そんな作業感覚でやらないで欲しいぞ!!!」


「一日 一響」


中居「まぁね、一日一回ぐらいわwwwwwww」

響「その頻度でやられたらたまったもんじゃないぞ!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:27:04.91 ID:X6iZEepT0

石橋「ほらもう…こんな感じで、デニーだけが目立っちゃうだろー?」

響「そ、そんなの自分の責任じゃないだろ!」

石橋「あー、なるほどね…つまり私よりも目立てないミキティや貴音ちゃんが悪いんだと?」

中居「あー…デニーそんな風に思ってるんだね二人のこと」

貴音「…」ジーッ…

美希「…」ジーッ…

響「いや、別に自分は…そういうわけで言ったんじゃ!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:29:09.75 ID:X6iZEepT0

貴音「…」

美希「…」

中居「デニー、ちゃんと謝ろう?」

響「で、でも自分は!」

石橋「デニー!一発ギャグ一発ギャグ!」

響「ふ、普通に謝るのじゃダメなのか!」

石橋「ダメダメ、やっぱり誠意を持って笑わせないと」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:30:16.96 ID:X6iZEepT0

響「でも、自分…一発ギャグなんて持ってないぞ…」

石橋「デニー、俺を誰だと思ってんの?とんねるずの貴明石橋よ?」

響「え?」

中居「タカさんが一発ギャグ教えてくれるってさ」

響「ほ、ホントか!?」

石橋「ちょっとこっち来て」

響「う、うん…」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:32:21.17 ID:X6iZEepT0

石橋「…」こしょこしょ…

響「え?そ、それをやれば二人に許してもらえるのか?」

石橋「あたりきよ!」

中居「…ww」

石橋「はいほら!じゃあやって!」

響「じゃ、じゃあやるぞ…」

石橋「うんうんw」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:33:19.75 ID:X6iZEepT0

響「うー!時代を先どるニューパワー!」

石橋「…www」

響「…お、終わりだぞ」

中居「…ww」

美希「…」ポリポリ…

貴音「…」ポキッ…ポキッ…

響「え?え?」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:34:16.74 ID:X6iZEepT0

石橋「人に謝る時にさー、その態度はないんじゃないの?」

響「そ、それはタカさんが!」

貴音「…」

響「違うぞ、貴音!自分は…」

中居「それじゃあ、プロジェクト・フェアリーの皆さんでした!」

響「うわー!こんな状態で締めないで欲しいぞー!」

美希「ありがとうなのー!」

貴音「ありがとうございました!」

石橋「デニーうるせぇぞwwwwwww」




おわり


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18(金) 23:36:00.67 ID:X6iZEepT0

P「響、今日もおつかれさん!最後に石橋さんからなんかもらってたみたいだが?」

響「あぁ、南天のど飴もらったぞ?」

P「商売敵じゃないか…」

おわり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿