TOP > シンデレラガールズ > P「カバンからアレな本を落としてしまった」

P「カバンからアレな本を落としてしまった」

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:16:44.00 ID:t8SMZR4o0

(事務所)

ドサドサ

美嘉「プロデューサー。鞄から書類が落ちたよ」

P「あ、やべ」

美嘉「まったくもう。仕方がないんだか…」

【アレな本】デデ-ン!!

美嘉「…」

P「どうした美嘉。急に固まって」

美嘉「…ご、ごめん。何も見てないから」

P「何だよその反応は。別に鞄から物を落とすくらい誰でもするだろ?」

美嘉「いや、でも」

P「そんなに気になるか? 次からはちゃんと口元閉めておくし、机の上で横倒しにして置いておかないよ。そんなオーバーなリアクションするほどのことじゃ…」

【アレな本】デデ-ン!!

P「…」


3: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:17:11.70 ID:t8SMZR4o0

美嘉「…」

P「あのな。美嘉」

美嘉「こっちに来ないでケダモノ!」ダッ!

P「待ってくれ。これは違うんだ」

美嘉「動かないで! そこから一歩でも動いたら早苗さんに通報するから!」カッ!

P「ぐゥ」

美嘉「いったい何なのよォ! この本はァァァッ///」カァァァァ!

P「サーセン。ご覧の通りアレな本です」

P「(朝急いでたから机の上に置いてあったのを書類と一緒に持ってきちゃったんだろうなぁ…)」

美嘉「『A級ギャルを味わう』に…『ギャルの堕とし方』…って、ハァ!?」バシ-ン!

P「あ、ちょ。乱暴に扱わないでください」

美嘉「だって…何なのよォ! この本はァァァッ///」カァァァァ!

P「2回目。弁明をさせてください」

美嘉「弁明って何よ! 話してる隙を狙ってアタシに襲いかかってくるんでしょ! ヘンタイ!」カッ!

P「ちゃうて」

美嘉「言い訳しても無駄! こ、こんなギャルだけをピンポイントで狙い撃ちするような本持っといて、襲わないなんてありえないんだから!」カッ!

P「今まで襲ったことなかったでしょうが!」


4: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:17:43.85 ID:t8SMZR4o0

美嘉「ば、バレたら口封じに…」ガクガク

P「何もしないって」

美嘉「キスするつもりでしょ!」

P「いやキス程度で済むならいいだろッ!?」ガ-ン!

美嘉「き、キス以上のことをするつもりなの…!?」ガクガク

P「しねぇわ! 絶対しねぇわ!」

美嘉「え…アタシってそんなに魅力ない?」シュ-ン

P「い、いやいや、そんなことない。可愛いし。セクシーだと思うぞ?」

美嘉「…いつもそんなこと思ってるわけ?」

P「まあ露出度の高い服とか見るたびに…エロいなとは…」

美嘉「やっぱりケダモノじゃない!」カッ!

P「理不尽ッ」


5: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:18:33.95 ID:t8SMZR4o0

(しばらくして)

P「…アレな本を事務所に持ってきたことに関しては本当にすいませんでした」

美嘉「ホンットありえないし」プンスカ

P「わざとじゃないんだ。許して」

美嘉「…話が終わってから考える」ムスッ

P「ウス。もうこの本、カバンの中にしまっていいかな」

美嘉「だ、駄目!」カッ!

P「机の上に証拠品みたいに置かれると恥ずかしいんだけど」

美嘉「アタシの方が恥ずかしいっての!」バ-ン!

P「ならしまっていいじゃん! ならしまっていいじゃん!」

美嘉「き、きちんと問題を整理しなきゃ再発しちゃうかもしれないでしょ! 証拠品は徹底的に調べなきゃいけないんだから!」

P「えぇ…」

美嘉「まず…中身を確認させていただきます」

ペラッ

P「あ、ちょ」

【生まれて初めて見るもの】デ-ン!

美嘉「」バシ-ン!

P「無言で叩きつけやがった!」

美嘉「」バシン! バシン! バシ-ン!!

P「待って! 本が破けるゥ!」

美嘉「☆$%○〒♪*€…///」カァァァァァ!

P「顔が赤い! そして熱い! 熱がこっちまで届いてる! ヒーターかよ!」


6: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:19:08.49 ID:t8SMZR4o0

美嘉「こんなきけんなもの燃やしてやる…/////」プシュ-

P「許してェ」

美嘉「うぅ…こんなの見ちゃったら…もうお嫁に行けないじゃん…///」ペラリ

P「なんでそう言いながらページをめくってんだよ!?」

【また生まれて初めて見るもの】デ-ン!

美嘉「」バシン! バシン! バシ-ン!!

P「やめてェ」

美嘉「☆$%○〒♪*€…///」カァァァァァ!

P「さっきから何やってるんだよ!」

美嘉「///」キュ-


7: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:19:51.63 ID:t8SMZR4o0

P「ったく…もう駄目。この本はしまいます」バッ!

美嘉「あ、ちょ!?」

P「こんなもん見たって仕方がないでしょうが。間違って持ってきちゃったことは悪かったけど…もうこれで話は終わりだ」

美嘉「…」ブス-

P「返事は?」

美嘉「…はーい」

P「はぁ…気をつけなきゃ。俺は会議出てくるから、美嘉もレッスン頑張れよ」ゴソゴソ

美嘉「うん」

パタン

美嘉「…」

スッ...ガサゴソ


8: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:20:30.94 ID:t8SMZR4o0

(お昼)

カチャ

P「はぁー、会議終わった」

美嘉「…」ビクッ

P「(美嘉か…さっきのこともあるし若干気まずいなぁ)」

P「(今日は食堂じゃなくて外に食べに行くか…ええと財布は、と)」

ガサゴソ...

P「…あれ?」

美嘉「…」ドキドキ

P「美嘉さんや」

美嘉「な、何かな?」ギクッ

P「俺のカバンの中に入れといたアレな本がないんだけど…」

美嘉「し、し、しししし知ないなぁ?」

P「嘘付くの下手すぎるだろゴルァ! 盗みやがったなぁ!?」ガシツ!

美嘉「ぬ、盗んではない! 盗んではないよ! ただ机の下に置いといて、ちょっと目を離したら無くなってたっていうか…」

P「え?」

美嘉「ご、ごめんなさい!」

P「待って!? 無くなったって何!?」


9: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:21:01.23 ID:t8SMZR4o0

(少し前)

ペラッ...ペラッ...

美嘉「(…うわぁ///)」ドキドキ

カチャ

美嘉「!」ビクッ

美嘉「(ど、どどどど、どうしようっ!? 誰か入ってきちゃったよ!?)」

美嘉「(え、ええええと、この本はとりあえずプロデューサーの机の下に…ていっ!)」

ポ-イ

美嘉「(そして、さりげなく部屋から出ていく…これならバレないよね?)」ドキドキ


10: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:21:31.63 ID:t8SMZR4o0

(現在)

美嘉「…で、5分くらいして戻ってきたら本が行方不明に」

P「お馬鹿ァァァァァ」

美嘉「うわァァァァァン! ホントにごめんなさいー!」

P「…つーかさ」

美嘉「な、何?」

P「興味津々か」

美嘉「…別に?」

P「ほほう」

美嘉「何よ。その反応」

P「別にぃ」

美嘉「せ、セクハラだよ。そういうの」

P「そういうのって?」

美嘉「だから…///」カァァァァァ

乃々「あの…」ニュッ

P「!?」ビクッ

美嘉「!?」ビクッ

乃々「つ、机の下の住民こと…もりくぼです…驚かせるつもりはないんですけど…」ノソノソ

P「乃々ォ!? い、いつからいたんだ!?」

乃々「あぅ…1時間くらい前からですけど…」


11: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:23:13.37 ID:t8SMZR4o0

乃々「あぅ…1時間くらい前からですけど…」

P「朝、俺と美嘉のやりとりは聞いた?」

乃々「それは聞いてません…ただ、机の下に本が投げ込まれた時にはいました…」

美嘉「アレ見たの!?」

乃々「ヒィッ…! ひ、表紙だけ見てしまったんです…突然投げ込まれたもので…」

美嘉「ああああああ…ごめんなさいッ///」カァァァァ

P「本はどうしたんた?」

乃々「も、もりくぼ、驚きのあまり反射的に本を掴んで… ポーイと」

P「ポーイと?」

乃々「勢い余って窓の外へ…」

P「ノゥッ!」

美嘉「外ってヤバいでしょ! プロデューサーの趣味がみんなにバレちゃうじゃん!」

P「誰のせいだと思ってるんだ! この純情ギャルゥッ!!」ガジッ!

美嘉「いやァァァ! 離してケダモノォ! 私は絶対車の座席には連れ込まれないんだからァァァ!」ブンブンブン!

P「お前結構読み進めたな!?」


12: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:24:10.26 ID:t8SMZR4o0

乃々「あ、あの…先ほどのアレな本はプロデューサーさんのものだったんですか…?」ガクガクガク

P「しまった! 誤解なんだ乃々! あれは全部美嘉の趣味です!」

美嘉「アタシに罪をなすりつけないでよ!」

P「元凶でしょうが!」

乃々「ヒィィィッ…も、もりくぼ、ギャルじゃないくぼなのでプロデューサーさんのご要望には応えられません…! 見逃してほしいんですけど…!」

P「だーかーらー! 襲わないっての!」

乃々「そうですよね…こんなちんちくりんなもりくぼなんか…女の子として見られることは一生涯ないまま終わりますよね…わかっていましたけど…」シュ-ン

P「…」

美嘉「…悲しませたままでいいの?」コソリ

P「あー…ごほん。乃々や」

乃々「何ですか…」

P「俺は乃々ならいけるぞ!」グッ!

乃々「ヒィィィッ!」ガクガクガク!

美嘉「ロリコン! 変態! 最低だよ、プロデューサー!」ベシベシ

P「理不尽ッ」


13: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:25:15.36 ID:t8SMZR4o0

(事務所前)

P「チッキショー。窓から落ちたらこの辺にあるはずなんだけど…」ガサゴソ

美嘉「んー…ないね…」ガサコソ

P「誰かが拾って持ち帰ったのかなぁ」ガサゴソ

美嘉「…はっ! ふ、2人きりだからって、誘惑とか期待しないでよね!? 」

P「しねぇわ! どんだけあの本から偏った知識を吸収してんだよ! スポンジか!」

美嘉「す、スポンジで何させようっての…?」ゴクリ

P「あらゆるワードをスケベに結び付けるのやめてもらえませんか?」

美嘉「む、結ぶ!? 紐とか手錠で拘束するつもりなの!?」

P「こんな姿、莉嘉には見せられないな…」

莉嘉「呼んだ? 何してるのPくん。おねーちゃん?」

P「フグァッッッ」

美嘉「あばばばば」


14: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:26:04.10 ID:t8SMZR4o0

莉嘉「…どうしてそんなに驚いてるの? ていうか、何か探してるっぽいね。手伝うよ☆」

P「いや、大丈夫。何も探してないよ」

P「(ここは平常心だ…平然としていればやましいことをしているとバレな…)」

美嘉「な、な、な、ななな何も探してなんかいないし?」シドロモドロ

P「純情ギャルゥ」

莉嘉「おねーちゃん嘘下手すぎ…」

P「このポンコツぅー! さらりと嘘を付いてくれないかなー! 今日だけでいいから、嘘で男を手玉に取るようなカリスマギャルになってくれないかなァ!」ガシ-!

美嘉「ごめんなさい! ごめんなさい! 嘘付けないの! ごめんなさいィー!」

莉嘉「で、何探してたの? もしかして…見られたくないもの?」ニタリ

P「ほらご覧! 嬉しそうに嗅ぎつけたよ!」


15: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:26:38.74 ID:t8SMZR4o0

美嘉「り、莉嘉! アンタには関係ないんだからさっさとレッスン行ってきなさい!」カッ!

莉嘉「えー! ここでそういうこと言う~!?」

美嘉「アタシに追いつきたいんでしょ? きっちりレッスンしてきなさい! 遊ぶのはそれから!」カッ!

P「おお、さすがはお姉ちゃん。まったくもって全部がポンコツなわけじゃ…」

莉嘉「でも2人きりで怪しいじゃん!」

美嘉「あ、あ、あ、あああ怪しいことなんて何もしてませんけどォ!?」シドロモドロ

P「帰っておいで平常心ー!」

美嘉「べ、別に!? 2人きりだからって外で脱いだりなんかしないしィ!?」

P「何を口走ってるんだよ。落ち着いて!?」

莉嘉「ぬ、脱ぐってお姉ちゃん…」

P「(やばい幻滅される…)」

莉嘉「…腰にシャツ巻くってことだよね? もしかして、ファッションチェックとかしてたの?」

美嘉「え!? あ、うん。そ、そうよ!」

P「いい方向に解釈してくれた! そうだ莉嘉! 仕事の話だから少し外しててほしいんだ!」

莉嘉「…まあそういうことなら仕方ないね。あ、そうだ。Pくん」

P「はい?」

莉嘉「本ならさっき夕美ちゃんが『これはチェックが必要ね』って持ち帰ってたよ」

P「あ、どうも」

莉嘉「じゃーね。レッスン行ってきまーす☆」

P「おー」

テッテッテッテッ...

P「あれ…?」

美嘉「ふー、バレなくてよかったね。アタシの迫真の演技が決まったかな★」

P「どの口が。というより美嘉。俺たちは手玉に取られていたんだよ」

美嘉「へ?」

P「気付かなかったならいいや。とにかく本の追跡を再開しよう」


16: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:28:40.81 ID:t8SMZR4o0

(事務所・カフェスペース)

P「夕美さんやーい。いるかーい」

夕美「いるよー」ブンブン

P「へい。夕美」

夕美「へい、プロデューサーさん♪ 美嘉ちゃんも一緒なんだ♪」

美嘉「うん。突然だけど持ち物検査させてもらっていい?」ズイッ

夕美「へ?」

P「早まるな純情ギャル」ガシッ!

美嘉「(なんで止めるの! こういうのは先手必勝でしょ! 莉嘉の証言だってあるし夕美ちゃんが隠し持っているので間違いないよ!)」コソリ

P「(待て待て。まずは確認からだ。そして仮に持っていたとしてもだよ。人前で『アレな本出せ!』なんて言えるわけないだろ。19歳の乙女に恥をかかせるつもりかい?)」コソリ

美嘉「(それはそれでいいかも)」

P「(ちょっと有りかなと思ってしまったことはとにかく。駄目です。隙を見て取り返しましょう)」

美嘉「(ガッテン)」


17: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:29:40.75 ID:t8SMZR4o0

夕美「2人で何コソコソしてるの? まぢハブるとか悲しいんですけどー? 的な☆」

P「なんか口調がギャルっぽくなってるゥー」

美嘉「これ影響受けてるよ! 慣れてないせいか素っ頓狂なギャル語だけど絶対影響受けてるよ!」

夕美「ギャルとかウケるー…この話し方喋りづらい」

P「やっぱそうなんだ」

美嘉「純情な子はギャルに向いてないよね」

P「ブーメランって知ってる?」

夕美「ところで私を探してたみたいだけど。どうしたの?」

P「あ、うん。用事は別にないよ。たまたま見かけたから声かけただけ。暇だからお茶でもどうかなって」

夕美「もちろん歓迎だよ」

美嘉「息を吐くように嘘を付いていくね。そうやって女の子をたぶらかしていくんだ」

P「静かにしてなさい。純情ギャル」


19: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:30:38.67 ID:t8SMZR4o0

夕美「ちょうどよかった。私もプロデューサーさんに聞きたかったんだけどさ」

P「うん?」

夕美「ギャルじゃない子はやっぱり駄目でしょうか…」ドンヨリ

P「隠す気ないよこの子!」

美嘉「ふふん。プロデューサーはギャルにしか手を出さないんだから★」

P「なんで勝ち誇ってるんだよ。ギャル以外もいけるわ」

美嘉「み、見境なしのケダモノっ…!?」ガ-ン!

P「やめろ」

夕美「プロデューサーさんは手当たり次第女の子を食い漁る人なの!?」ガッ!

P「食いつくな!」

夕美「見境なしじゃないって言うなら。具体的にどこまでOKなのか知りたいな」グイッ

P「引きが強いよ。ブラックバスかよ」

美嘉「ついさっきは14歳の女の子に向かって『お前なら食えるぜ★』みたいなことを真正面から言ってたよ」

P「言い方に悪意しかない! 間違ってはないけど誤解を招くだろうがァ!」

夕美「ふ、ふーん。プロデューサーさんって…ロリコンなんだ…」ガタガタ

P「ほらぁ、早速だよ! 招いているよ! 誤解! いらっしゃいませ! でも俺はロリコンじゃないから!」


20: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:31:30.02 ID:t8SMZR4o0

乃々「え…さっきの言葉は嘘だったんですか…?」ニュッ

P「いや、嘘じゃないけど…ってウワァァァァァ!! 畳み掛けるようにハプニングゥ!」

乃々「すみません…ココアを飲みにきたカフェくぼですけど…」ズズズ

美嘉「あれ? なんか髪盛ってる?」

乃々「はい…ギャルくぼに挑戦してみました…それよりプロデューサーさん…ちんちくりんのもりくぼはやっぱり駄目なんですね…」シュ-ン

P「いや駄目じゃないよ。乃々ならいけます」

乃々「ヒィィィィィッ…ケダモノですけど…!」ガクガクガク

美嘉「ケダモノ! ちっちゃい子に手を出そうとするなんて!」カッ!

夕美「ケダモノ! 14歳の子に手を出そうとするなんて!」カッ!

P「理不尽ッ。この流れはおかしいと思うんだ」


21: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:32:27.89 ID:t8SMZR4o0

夕美「それはさておき! やっぱりギャル好きなんだね!」

P「それは好きだけど」

美嘉「と、とととと、突然告白しないでよッ///」

P「してないよ!? ギャルが好きなだけでキミを名指ししてないよ!?」

夕美「ところでフランス語でギャルソンって『男の子』を意味するよね」

乃々「え…まさかプロデューサーさん…」

美嘉「そっち方面も…」

P「やめてェ! 俺1人だけツッコミの状況はやめてェ!」ブンブンブン!


22: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:34:17.24 ID:t8SMZR4o0

(しばらくして)

夕美「ちょっと席外すね」

美嘉「はーい」

P「ほいほい」

美嘉「さて! 夕美ちゃんが化粧室で発電している間にカバンを漁るよ!」カッ!

P「何の根拠もない憶測で夕美の名誉を棄損するのはやめなさいな」

美嘉「まあまあ。それじゃ失礼します…っと」ガサゴソ

P「あった?」

美嘉「ナイ」

P「うそん」

乃々「もしかしたらシャツの中に隠し持っているかもしれません…撃たれてもガードできるように…」

P「あの本にそんな防弾性能はないよ。貫通耐性0だよ。でも参ったなぁ…」

乃々「あ、諦めて…別の雑誌を買ったらどうですか…? 14歳の子を中心にしているような…」

P「本格的にアウトじゃねぇかァ! 買うかンなモンっ!」ガ-!

乃々「ヒィッ…ど、怒鳴るのはやめてほしいですけど…!」


23: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:35:24.34 ID:t8SMZR4o0

P「あ、ごめん。あのな。俺は本が惜しいわけじゃないんだ。アレな本を拾った子に悪影響が及ばないかと心配しているんだよ。だから、回収できなくても、最悪、処分できればいいんだ」

乃々「なるほど…処分しても問題ないくらいあの本を充分堪能したということでしょうか…」

P「話を聞いてッ」

美嘉「ま、そういうことならなおさら夕美ちゃんに話を聞いてこなきゃね。アタシもちょっと行ってくるよ」コソコソ

P「…ん? ちょっと待てィ美嘉!」ガシッ!

美嘉「な、何よ!?」ビクッ

P「どうして前屈みになってるんだい?」

美嘉「…これはあのね」

P「オラァッ! ジャンプしてみろやァ!」ガシッ!

美嘉「嫌ァァァ! やめてェ! ゆすらないでー!」

ポトリ

【アレな本】デ-ン!

P「テメェー! やっばり盗もうとしてやがったな! カバンの中に入ってたんだな! こっそり持ち帰ろうとしてやがったな! 純情ギャルぅ!!」

美嘉「違うの! これは、その…き、気付いたらワープしてアタシの腕の中にあったのッ!」

P「嘘下手すぎんだろグォラァ! 没収だァ!」

イヤァァァァァ!
アタシノ セイショガァァァァ!


24: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:36:13.42 ID:t8SMZR4o0

(後日)

美嘉「おはよう。ギャル好きのプロデューサー」

P「おはよう。ポンコツ純情ギャル」

美嘉「朝からひどい言い草だね★」

P「その言葉そっくり返してやる」

美嘉「ま、この前のことはもう無しにしようよ。お互いのためにね」ゴソゴソ

P「そう言いながら俺のカバンを漁るのはやめてくれないかなァ!?」

美嘉「はっ! つい…!」

P「無自覚かよ」

美嘉「カバンの底から飴発見」

P「食べていいよ。しっかし…どういうことだろうなぁ…」

美嘉「何が?」コロコロ

P「いや…事務所のみんなの様子がさ」

乃々「ギャルですけど…」ド-ン!

夕美「ギャルだよ!」カッ!

凛「ふーん…これがギャルかな」キラ-ン!

唯「最近なんかみんなイケてるねー☆」


25: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:37:40.06 ID:t8SMZR4o0

P「ギャルに染まってる」

美嘉「どうしてだろうね?」

P「何を言いふらした貴様ァ!」ガシッ!

美嘉「ご、誤解だって!」

唯「えー? 美嘉ちゃん『やっぱりプロデューサーはギャルが好きなんだー★』って嬉しそうに言い回ってたじゃん☆」

美嘉「ちょ! それバラす!?」

P「美嘉さんや」

美嘉「逃げる」ダッダッダッ!

P「待てやゴラァァァァ!」ダッダッダッ!

【しばらくギャルブームが続きました】

終わり


27: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/11(日) 23:39:45.22 ID:t8SMZR4o0

以上です。
お読みいただきありがとうございました。

アレな本とはもちろんファッション誌のことです。
これは全年齢対象の健全なSSです。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿