TOP > シンデレラガールズ > P「やさぐれ相葉ちゃん」

P「やさぐれ相葉ちゃん」

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 20:57:28.14 ID:x2GwLhAm0

(事務所)

P「…」

夕美「ふーん! ふんふん!」ツンッ!

P「なあなあ。喜多見さん家の柚さんや」

柚「なになに? 事務所の終身奴隷ことプロデューサーサン」

P「部屋の隅っこで体操座りをしている夕美は一体何をしているんだと思う?」

柚「ふむ。わたくしめの推理によると…ズバリっ! やさぐれていますね!」カッ!

P「やっぱそう見えるか」

柚「見えるっていうか…」

夕美「ふーん! ふんだ! ふんふんふーん!」プンスカ!

柚「露骨だよねぇ」

P「露骨だよなぁ」


2: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 20:57:54.11 ID:x2GwLhAm0

夕美「ふんふんふんふんふん!!」シュバババ!

P「なんかスラムダンクの高速ディフェンス始めた!?」

柚「何から何を守ってるんだろうね」

夕美「…」ゼ-ゼ-

柚「あ、疲れてる」

P「有酸素運動だもの」

夕美「…」キッ!

P「めっちゃ睨まれてる」

柚「プロデューサーサン。まーたなんかやったんでしょ」

P「記憶にないんだけど」

夕美「グルルルルルル...!」

柚「ほらぁ! なんか唸ってるし!」

P「夕美ー。ハグしてあげるからこっちに来なさーい」

夕美「…!?」

ヨタヨタ...

柚「お、『こうかはばつぐんだ!』だよ」

P「よーしよしよし。ちょっろいなぁ」


3: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 20:58:45.83 ID:x2GwLhAm0

夕美「ふざけないで! 私はこんな罠に引っかかるほど甘くないんだから!」カッ!

P「捕獲」ガシ-

夕美「おのれ!」ギュ-

柚「おのれじゃないよ。ニワトリでももうちょっと警戒するよ」

夕美「♪」ギュ-

P「ていうか機嫌直ったな」

柚「だね」

夕美「…はっ! ま、まだ私は負けてないよ!」

柚「これを負けと呼ばずに何を負けと呼ぶのさ」

P「つーか。なんでやさぐれてるの?」

夕美「…例えばだよ? 1日でもお花のお世話を放ったらかしたらどうなるかわかる?」

P「枯れる?」

夕美「その程度じゃ枯れないよ! 自然を舐めちゃダメだよ!」カッ!

P「えぇ…理不尽」

柚「夕美サン。あたしが言うのもなんだけどものすごく面倒臭い子になってるよ」


4: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 20:59:14.14 ID:x2GwLhAm0

P「で、どうなるの?」

夕美「寂しくなります!」

P「はい」

夕美「だからきちんと毎日構わなくちゃ駄目でしょ!」

P「柚さんや。要約を」

柚「寂しい。毎日構ってくださいだってさ」

P「そら悪かったな」

夕美「ふん! 謝るなんて猿でも出来るんだから!」プンスカ

P「帰るか」

柚「そうだね」

夕美「待って! 構ってぇっ!」ガシ-

P「柚。トランプ持ってきてくれる?」

柚「いいよ。みんなで遊ぼっか♪」

夕美「遊ぼう!」


5: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:00:17.17 ID:x2GwLhAm0

(後日)

夕美「ふんふんふーん!」ツンツン!

P「困った困った。また夕美が露骨にやさぐれているぞ」

夕美「フンッ! ヌラバー!」スパ-ン!

P「今日は『アイシールド21』かよ! サンドバッグ相手にイキってやがる!」

夕美「ふーん!」

P「夕美さんや。ここしばらくは毎日構ってあげていたろうに。どうしてやさぐれているんだい?」

夕美「ふん!」

P「ハグ?」ギュ-

夕美「ふーん♪」

P「撫でる?」サスサス

夕美「ふんふんーん♪」

P「ご飯行くか」

夕美「行きます♪」コロリ

P「ちょろっ!」


6: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:01:01.71 ID:x2GwLhAm0

(後日)

フレデリカ「ふんふんふふーん♪」

P「なんてことだ! 夕美がフレデリカになってしまった!」

フレデリカ「ふんふんふーん♪ 今日のフレちゃんは夕美デリカだからね~♪」

P「おのれ! 何が目的だ!」

フレデリカ「ふふふ…我の真の目的は世界を征服すること…手始めにこの事務所からだ!」

P「思いのほかスケールが大きかった」

タッタッタ...バタ-ン!

夕美「何をしてるの! フレちゃん!」カッ!

フレデリカ「おや…相葉さんではありませんか…」ククク

夕美「私の目が黒いうちはどんな悪行も許さないんだから!」

フレデリカ「もし仲間になったら世界の半分をやろう」

夕美「…」

フレデリカ「世界の全てが思うがままぞよ」

P「夕美さんや。ここはNOと強い意志で断らなきゃゲームオーバーに…」

夕美「YES!」グッ!

P「いい笑顔で答えてんじゃねーよ!」


7: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:01:47.93 ID:x2GwLhAm0

夕美「はっ! あ、危なかった…!」

フレデリカ「くくく…我の誘惑に屈せぬか。ならば地獄を見せてやろう!」

夕美「!」

フレデリカ「デーデーレーレー♪ フレデリカ が あらわれた!」

夕美「たたく!」

SMAAAAASH!!!!

ドゥゥゥ...ン...

フレデリカ「フレデリカは ちめいてきな ダメージをおった!」

P「それ主人公側の表示」

フレデリカ「ライフアーップ! カムバックしたよ♪」

夕美「おかえりなさい♪」

P「魔王キャラはどこ行ったんだよ…」

フレデリカ「そうだ。いまケーキ焼きたい気分だから、みんなでお茶しようよ♪」

夕美「賛成!」ピッ!

P「ケーキは焼いてくれないのな」


8: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:02:45.17 ID:x2GwLhAm0

(後日)

夕美「ふーん…」ションボリ

P「今日はしょんぼりしてるのな」

柚「どうしようかプロデューサーサン」

P「くすぐってみるか」

柚「ガッテン♪」ニタリ

ソ-...

柚「…♪」スッ

夕美「…」

柚「こしょこしょこしょ…♪」

夕美「…はぴッ!?」ビクゥ!

柚「こしょこしょこしょ♪」

夕美「あ、あはははははは! 待って! やめてよ柚ちゃん!」

柚「いひひひひ♪」


9: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:03:56.49 ID:x2GwLhAm0

夕美「やめて! やめてェ! あははははは!」

柚「んふふ~♪ どうしてしょんぼりしてるのカナ♪」

夕美「ひぃ…ひぃ…い、言わないよ!」カッ!

柚「ほう…ならば♪」スッ

夕美「待ちなさい!」

柚「15秒待とう」

夕美「プロデューサーさんをこちょこちょした方が楽しいと思うよ!」バ-ン!

P「待って!?」

柚「…」

柚「そうだね♪」

P「待てィッ!」


10: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:04:22.93 ID:x2GwLhAm0

柚「♪」ズイッ

夕美「…」コソリ

P「ま、待つんだ柚…!」

柚「ふっふっふっ…諦めて手を挙げたまえプロデューサーサ…ァァァァァンッ!?」ビクッ!

夕美「柚ちゃん、後ろがガラ空きだよ! こちょこちょこちょこちょ♪」

柚「ぺぷッ! ま、待って! ワキは弱い! ワキは弱いからァ! あはははははは!」

P「逃げるな」ニタリ

ガシッ!

柚「ちょ!? あはははははははっ!! ま、待ってェ! 抑えてくすぐらないでェ!!」

夕美「うふふ♪ こちょこちょこちょ♪」

柚「いやァァァァァ! あははははッ!」ジタバタジタバタ


11: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:05:14.14 ID:x2GwLhAm0

(後日)

柚「…」プク-

夕美「柚ちゃんがいじけてるね! プロデューサーさん!」カッ!

P「柚がいじけてるな! 夕美!」カッ!

夕美「わ、私の責任かな?」

P「そうだろうなぁ」

夕美「でもプロデューサーさんも悪いよ!」

P「…そうだな」

夕美「謝ろう!」

P「そうだな!」

P「つーか昨日なんでしょげてたの?」

夕美「朝、ヨーグルトを床にぶちまけて悲しかったの」

P「くっだらねぇ理由…」


12: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:05:56.50 ID:x2GwLhAm0

スッ

柚「…」

P「ごめん柚! 昨日はやりすぎた!」

夕美「ごめんなさい柚ちゃん! 昨日はやりすぎちゃった!」

柚「…いいよ。おあいこ様だし」

夕美「ありがとう♪」

P「ありがとう。柚」

柚「プロデューサーサンは許してないよ!」カッ!

P「え。なんで?」

柚「ふんふんふーんだ! 知らないよ!」

P「機嫌を直しておくれ」

柚「ふん! ふんふーん!」

P「いじけてる姿も可愛いぞ柚!」

柚「はんっ! そんな言葉でたぶらかされるほどこの柚チャンは甘くないんだよ! ふんふんふふーん♪」

夕美「ちょっと嬉しそう」

P「可愛いぞ!」

柚「ふんふんふん! もっとこーい!」

P「可愛い!」

柚「ふん! もいっちょ!」

P「こちょこちょこちょこちょ!」

柚「へぷァァァァァ! あははははははは!!!」

夕美「おとなってきたないね」

P「はっ! つい!」


13: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:06:22.95 ID:x2GwLhAm0

(後日)

夕美「ふんふんふんっ!」プンスカ

P「まーたやさぐれてるよ」

柚「そうですね」

P「あ、あの…柚さん」

柚「何でしょうか。プロデューサーサン」フン

P「そろそろ許していただけませんか?」

柚「...後でご飯ご馳走して」

P「いいよ」

柚「それからパフェ。フリスクのみんなの分も」

P「ウッス」

柚「ついでにデート」

P「4人と?」

柚「柚と2人きりで」

P「…OK」

柚「なら許す♪」


14: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:06:58.65 ID:x2GwLhAm0

夕美「ふんす! ふんす!」

P「さて、こちらの件が片付いたところで。夕美さんやーい。何を怒っているんだーい」

柚「夕美サーン。どうしたのー?」

夕美「ふーん! ふんすふんすふんす!」

P「いつもの倍は荒ぶってるぞ」

柚「ありすチャンみたい。夕美サンどしたの?」

夕美「どうしたもこうしたもないよ! 昨日! プロデューサーさんがご飯ご馳走してくれた後、普通に家に送り届けてくれただけだよ!」

柚「...ご飯食べに行ったんだ?」ジト-

P「ま、まあな」

夕美「どうしてそれだけで終わったのさ! いい雰囲気だったのに!」クワ-

柚「へー、いい雰囲気だったんだぁ…」ジト-

P「ふ、普通だっての!」

夕美「ふーんだ!」

柚「プロデューサーサン」

P「は、はい」

柚「デート3回ね」

P「はい…」

夕美「ふーん! ふんふーん!」プンスカ


15: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:07:51.38 ID:x2GwLhAm0

(後日)

夕美「ふーん! ふんふんふーん!」プンスカ

柚「ふん! ふんふん! ふんふんふん!」プンフカ

フレデリカ「ふんふんふふーん♪」ルンタッタ♪

P「えぇ…」

夕美「プロデューサーさん! ふんっ!」

柚「ふんだ! プロデューサーサンなんかふんだ!」

フレデリカ「プロデューサー♪ ふんふんふふーん♪ ふんふふーん♪」

P「ええい。そこのフンデリカはややこしいから静かにしてなさい! 夕美。柚。何を怒ってるんだ?」

夕美「ふんだ! 今日の夜ご飯連れて行ってくれないと怒るんだから!」

柚「ふんっ! 右に同じくだよ!」

P「もう怒ってるじゃん。手遅れじゃん」

フレデリカ「フレちゃんはプロデューサーのお家でディナーがいいなー♪」

夕美「賛成だよ!」

柚「賛成!」


16: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:08:25.71 ID:x2GwLhAm0

P「キミたち昨日の夜もご飯連れて行ってあげたよね?」

夕美「ふんっ! 今日もだよ!」

柚「ふーん! 今日もだね! 毎日ご飯ご馳走してもらうのは申し訳ないから私たちが作ってあげるよ!」

夕美「ふんだ! 腕によりをかけちゃうよ!」

P「いい子やん」

フレデリカ「じゃあフレちゃんは味見係担当ね♪」

P「悪い子やん」

カチャ

ありす「プロデューサーさんにご飯を作るそうですね。ならば私の出番です」バ-ン!

P「どこから聞きつけたんだこのイチゴ娘は」

ありす「任せてください。存分に腕を振るいましょう」フンス

P「だってよ。頼んだぞ味見係」ポン

フレデリカ「え?」

ありす「お願いします。フレデリカさん」

フレデリカ「ちょ」

柚「今さら逃げられないからね♪」ガシッ!

夕美「そうだよ! フレちゃんも私たちの仲間だからね!」ガシッ!

フレデリカ「」

イャァァァァァァァァァァッ!!!

【その日、P宅は地獄と化しました】

終わり


18: ◆hAKnaa5i0. 2018/03/19(月) 21:12:32.70 ID:x2GwLhAm0

以上です。
お読みいただきありがとうございました。

おにいさんのテーマ(フランクさまのテーマ)を延々と聴きながら書いたせいか、とてもちてきなおはなしになりました。
MOTHERの曲は中毒性が高いものが多い。
https://www.youtube.com/watch?v=BSaamtUiRT0





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿