TOP > ガールズ&パンツァー > 【ガルパン】ペパロニ「姐さんが雑誌に載ってる!」【ちょっとアイマス】

【ガルパン】ペパロニ「姐さんが雑誌に載ってる!」【ちょっとアイマス】

1: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:09:38.50 ID:O0L4hapu0

【注意】
・使い古されたであろうガルパン×アイマスネタです。
・若干アイドルが低く見られてますが演出です。ただのノロケで他意はありません。
・私は茜Pです。でも茜は出ません。なんだったらアイドル自体会話でしか出てきません。


2: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:11:19.44 ID:O0L4hapu0

~ある日の帰り道~

カルパッチョ「あ、ちょっとコンビニに寄っていい?」

ペパロニ「オッケー!じゃあ私は立ち読みしてよーっと。」


3: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:12:00.91 ID:O0L4hapu0

ペパロニ「あれ?姐さん!?」

ペパロニ「カルパッチョ!見てくれ!姐さんだ!姐さんが雑誌に載ってる!」

カルパッチョ「わ、わかったから大きな声出さないで。それ買ってあげるから。」

ペパロニ「流石姐さんだ!この偉大さを世界に広めないと!」


4: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:12:34.93 ID:O0L4hapu0

~ペパロニの部屋~

ペパロニ「というわけで皆さんに集まってもらったっつーわけです!」

みほ「はぁ。」

エリカ「下らなすぎるわね。」

沙織「でも本当にアンチョビさんが雑誌載ってるなら凄いよね!」


5: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:13:07.90 ID:O0L4hapu0

ルクリリ「というか何?この人選。」

ペパロニ「私の勘で話が盛り上がりそうな人を選んだ!どうだ?最高だろ?」

エリカ「これだからアンツィオは……。」

ルクリリ「その勘絶対外れてるわよ。」


6: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:13:49.60 ID:O0L4hapu0

みほ「と、とりあえずその雑誌を見せてもらえますか?」

ペパロニ「わかった!これだ!」バサー

エリカ「……ぜんぜん似てないじゃない!」

ルクリリ「髪型だけだな。」

沙織「この子アイドルだよね?えーっと……。」

みほ「神崎蘭子ちゃんだね。熊本出身だから覚えてるよ。」


7: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:14:34.08 ID:O0L4hapu0

ペパロニ「えー?どう見ても姐さんじゃん!」

エリカ「本人呼んできなさいよ。見比べればバカでもわかるでしょ。」

ペパロニ「言ったな!呼んでくるから待ってろ!」


8: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:15:26.65 ID:O0L4hapu0

~しばらくして~

アンチョビ「な、なんだこの集まりは……?」

エリカ「はい、これ持って。」

アンチョビ「え?ああ、うん。」

ルクリリ「ほら、見比べなさい。」

ペパロニ「うーん…………ぜんぜん違う!」

エリカ「はい解散。」


9: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:16:12.12 ID:O0L4hapu0

アンチョビ「ちょ、ちょっと待て!まったく意味がわからんぞ!」

みほ「ペパロニさんがその雑誌にアンチョビさんが載ってるって言うんで確認しに来たんです。」

アンチョビ「この子か?ってぜんぜん違うじゃないか!なんでこんな可愛い子と間違えるんだ?」

エリカ「髪型でしょ。」

ルクリリ「髪型だな。」

沙織「あ、あはは。」


10: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:17:27.39 ID:O0L4hapu0

ペパロニ「す、すみません姐さん!姐さんの方が何倍も美人なのに……。」

アンチョビ「いや、相手がアイドルなのにそんなお世辞言われてもな……。」

ペパロニ「お世辞じゃないっス!本当に姐さんの方が美人っス!」

アンチョビ「そんなにホメてもパスタしかでないぞ!」テレテレ

エリカ「なにイチャついてんのよ。バカらしい。」


11: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:18:05.67 ID:O0L4hapu0

みほ「あ、そういえばエリカさんに似てるアイドルもいた気がする。」

沙織「みぽりんアイドルに詳しいね。」

みほ「そうかな?でも名前が思いだせなくて……あ、この人だ!高峯のあさん!」

ルクリリ「こっちはまぁ、わかるな。」

沙織「髪の色は違うけど、クールビューティーって感じは似てるかも!」

エリカ「そうかしら?」ドヤァ


12: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:18:44.43 ID:O0L4hapu0

みほ「うーん、自分で言っておいてなんだけど、そんなに似てなかったね。」

エリカ「はぁ?」イラッ

沙織「みぽりん!?」


13: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:19:23.24 ID:O0L4hapu0

みほ「この人ももちろん美人だけどエリカさんの方が美人だもん。それにエリカさんはクールなところだけじゃなくて可愛いところがうんぬんかんぬん。」

エリカ「そんなこと言ったらあんただってそうじゃない!そっくりとか言われてた萩原雪歩よりあんたのがか、可愛いわよ!」

ルクリリ「こっちもか……。」

沙織「やだもぉー。」


14: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:20:14.97 ID:O0L4hapu0

エリカ「こうなったらあんたたちも巻き込んでやるわ!聖グロのあんたは事務員のちひろ似!大洗のあんたはでかくないきらりよ!」

ルクリリ「事務員……。」

沙織「ルクリリさん、落ち込まないで!ほら!ネットではそのちひろさん、可愛いって有名みたいだよ!」


15: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:20:41.22 ID:O0L4hapu0

ネットの声1『ちひろに給料全部持ってかれた!』

ネットの声2『鬼!悪魔!ちひろ!』

ネットの声3『346より765の事務員の方が可愛いピヨ』


16: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:22:46.59 ID:O0L4hapu0

ルクリリ「可愛いなんて一言も書いてないじゃない!悪魔と同格ってなに!?何者なの!?」

沙織「ご、ごめん。見せるページ間違えちゃった……。こっちこっち。」

ルクリリ「もういいわよ!」


17: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:26:35.94 ID:O0L4hapu0

みほ「というかエリカさんも髪型で判断したよね絶対。沙織さんとかきらりちゃん要素髪型しかないし。」

エリカ「うるさいわね!ほら!あんた『にょわー』って言いなさいよ!」

沙織「えぇ……。にょ、にょわー?」


18: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:27:37.11 ID:O0L4hapu0

エリカ「もっと可愛く元気よくやりなさいよ!」

みほ「エリカさん、見本見せてあげて。」

エリカ「にょんわー☆って何やらせてんのよ!」

みほ「エリカさん、今度は録画するからもう一度やって?」ハァハァ

エリカ「絶対嫌よ!」


19: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:30:13.00 ID:O0L4hapu0

みほ「録音だけでもしといてよかったよ。後でお姉ちゃんにも聞かせてあげよう。」

エリカ「ちょっと!やめて!私のイメージが!」

ルクリリ「クールビューティー(笑)。」

沙織「それにしても逸見さんがあんなことするなんてビックリだね。」

ペパロニ「ポーズまで決めてノリノリだったな!」


20: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:34:29.99 ID:O0L4hapu0

アンチョビ「でも髪型とか雰囲気だけなら結構似てる人いるよな。知波単の西さんとかネギまの刹那に似てるし。」

ペパロニ「ネギま!懐かしいっスね!」

アンチョビ「ペパロニも髪型だけなら東方の咲夜さんだな。お下げ足りないけど。」

エリカ「わかるわ。」


21: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:35:32.19 ID:O0L4hapu0

沙織「東方ってなに?」

みほ「そういうシューティングゲームがあるんだよ。」

ルクリリ「なんでそんなに詳しいんだ?」

みほ「エリカさんが昔ハマってて……それの影響かな。」

沙織「え!意外!」


22: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:36:22.87 ID:O0L4hapu0

エリカ「何よ、私がゲームやっちゃいけないわけ?」

沙織「そうじゃないけど、戦車道しかやってないイメージだったから……。」

みほ「エリカさんは結構オタクだよ。同人誌とか書いてたし。」


23: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:37:08.32 ID:O0L4hapu0

ペパロニ「同人誌って漫画みたいなやつだろ?すげーな!どういうの描いてたんだ?」

ルクリリ「私も興味があるな。やっぱり戦車についてとか?」

エリカ「そ、そう!戦車の資料を作ってたのよ!」

みほ「エリカさんが私に○○○されるエロ同人。」

沙織「え?」

みほ「エリカさんが私に○○○されるエロ同人。」

沙織「えぇ……。」ドンビキ

エリカ「」


24: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:38:12.24 ID:O0L4hapu0

アンチョビ「……なんて声をかけていいかわからんな。」

ルクリリ「しかも自分がヤられるやつってことでしょ……?それは……。」

沙織「というかそんな本描くくらいみぽりんラブなのにあんな態度だったの?」

みほ「当時は本当に嫌われたと思ったけど、今にして思えばツンデレのツン部分だっただけだよ。」

沙織「みぽりんの懐深すぎない?なんで受け入れてるの?」

みほ「それがエリカさんだから!」


25: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:38:49.98 ID:O0L4hapu0

ルクリリ「大洗の隊長はまともだと思ってたけど改めるわ。」

アンチョビ(言えない……。私も落書きで似たようなの描いたことがあるなんて……。)

みほ「そういえばアンチョビさんも似たようなの描いてましたよね?」

アンチョビ「お、おま!何言ってるんだ!そんなわけないだろ!」

沙織「アンチョビさんはやっぱり恋愛小説?」

みほ「ううん、お姉ちゃんと○○○する漫画。」


26: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:39:25.88 ID:O0L4hapu0

エリカ「はぁ!?ふざけんじゃないわよ!」ガタッ

アンチョビ「いや、描いてない!描いてないぞ!」

みほ「え?でもこの前遊びに来たときに見ましたよ?アンチョビノートってやつに……。」

アンチョビ「わー!わー!何勝手に見てるんだ!」

みほ「弱みを握れるかなと思って……。」

アンチョビ「怖っ!そんなキャラじゃないだろお前!」

沙織「今日のみぽりんなんかおかしい……。」


27: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:41:23.83 ID:O0L4hapu0

エリカ「あんた隊長に手を出してないでしょうね!?」ガックンガックン

アンチョビ「出してない!出してないから揺するのをやめろ!」

エリカ「本当でしょうね!」ガックンガックン

みほ「大丈夫だよエリカさん、アンチョビさんはいざというときへたれて何もできないタイプだから。」

ルクリリ「それはなんとなくわかるな。」

沙織「さりげなく相手をディスるみぽりんなんて見たくなかったよ……。」


28: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:43:13.92 ID:O0L4hapu0

ペパロニ「姐さん……。」

アンチョビ「い、いや違うんだペパロニ。これは何かの……。」

ペパロニ「なんで私じゃないんですか!私ならいつでもウェルカムなのに!」

ルクリリ「まさかの展開!」

沙織「やだもぉ~。」


29: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:43:41.36 ID:O0L4hapu0

アンチョビ「ペパロニ……着替えのときいつもチラチラ見てると思ったら……。」

ペパロニ「はい!実はそうなんです!姐さんの軍服の匂いを目の前で嗅いだりシャワー中にお邪魔してシャンプーを拝借したりホラー映画見て怖いからって理由で布団に潜りこんだりしたのもそれが理由です!」

沙織「思ったよりアピールしてた!」

アンチョビ「……そうだったのか。今まで気づかなくてすまない。」


30: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:44:19.43 ID:O0L4hapu0

ペパロニ「すみません、引きましたよね……。」

アンチョビ「そんなことがあるか!私だってお前のことが……好きだったんだよ!」

エリカ「言った!」

ルクリリ「汚名返上したな。」


31: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:45:28.84 ID:O0L4hapu0

ペパロニ「姐さん、嬉しいっス!」

アンチョビ「だからその……私の部屋に、な!」

エリカ「言えない!」

ルクリリ「名誉返上したな。」


32: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:46:43.49 ID:O0L4hapu0

ペパロニ「わかりました姐さん!今から姐さんを抱きます!」

沙織「やだ……男らしい……。」キュン

みほ「忘れがちだけど沙織さんてすっごいちょろいよね。」

ペパロニ「そういうことだから、解散ってことで!鍵はカルパッチョが閉めにくるからそのままでいーぞー。」

ルクリリ「えぇ……。」


33: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:47:23.91 ID:O0L4hapu0

エリカ「あーバカらしい。帰るわ。」

みほ「あ、エリカさん、私も行くよ。お姉ちゃんにさっきの聞かせてあげないと。」

エリカ「な!嫌に決まってるでしょ!さっさと消しなさいよ!」

みほ「うーん、なら私の部屋に来るしかないね。一人で帰ったらうっかりお姉ちゃんにデータ送っちゃうかもしれないし。」

沙織「ん?これって……。」


34: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:47:49.15 ID:O0L4hapu0

エリカ「しょ、しょうがないわね!今晩はあんたの部屋に泊まるわ!言っておくけどデータ送られるのが嫌なだけだからね!」テレテレ

沙織「やっぱりただのイチャつきだ!」

ルクリリ「またベタなツンデレだな。」

みほ「じゃあ沙織さん、私はエリカさんと帰るから。」

エリカ「本当に期待なんかしてないんだからね!」


35: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:48:18.47 ID:O0L4hapu0

沙織「……行っちゃったね。」

ルクリリ「……そうだな。」

沙織「良かったらウチ来る?」

ルクリリ「行かない。」

沙織・ルクリリ「……。」

沙織「ウチく」ルクリリ「行かない。」


36: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:48:46.56 ID:O0L4hapu0



37: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:50:23.28 ID:O0L4hapu0

以上です。

仕事中に思いついて一気に書いたんですがキャラ崩壊が激しいですね。
あとアイマスの話が思ったより出ませんでした。

ちょっと思ってたのと違いましたが、みほを畜生にすると楽しいということがわかったのでオッケーです。

次回はガルパンのゲームを思い付いたのでそれを書こうと思います。
あーでも先になにか真面目なやつ書きたいかも。。。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。



『ガールズ&パンツァー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿