TOP > アイドルマスター > 春香「千早ちゃんってデートしたことある?」

春香「千早ちゃんってデートしたことある?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:51:51.38 ID:eom1d/WJ0

千早「あるわけないじゃない」

春香「あはは…やっぱり?」

千早「…やっぱりってどういうことかしら?」ズイッ

春香「ち、千早ちゃん!顔!顔怖いって!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:54:20.94 ID:eom1d/WJ0

春香「ほら、千早ちゃんってずっと歌一本でやってきたでしょ?」

千早「そうね…だから誰かと付き合うだなんて、考えたこともなかったわ」

春香「もったいないなあ~。千早ちゃん、綺麗で可愛いのに」

千早「春香ったら…。そもそも綺麗なのか可愛いのかどっちなの?」

春香「顔は綺麗なタイプだけど、行動とか可愛いってことだよ!この前だって一人でキラメキラリを」

千早「や め て」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 00:58:15.13 ID:eom1d/WJ0

千早「…見ていたのね…。ああ恥ずかしい…!」

春香「気にすることないよ~!私だって、千早ちゃんの真似をして発声練習してたりとかあるもん!」

千早「発声練習?ちょっと聞かせてもらえるかしら」

春香「じゃあ行くよ…コホン!んっ、んっ…」

春香「んあー(棒読み)」

千早「全然じゃない…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:01:54.54 ID:eom1d/WJ0

千早「いい、春香?最初の発声は無理をせずに。でも決して崩しては駄目」

春香「ふむふむ…」

千早「じゃあ私の真似をしてみて。…コホン」

千早「んあー(美声)」

春香「おお~…さすが千早ちゃん……」

千早「しっかりとした発音を意識することが大事ね」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:05:17.69 ID:eom1d/WJ0

千早「んあー(美声)」

春香「んあー(不安定)」

千早「んあー(ビブラート)」

春香「ん↑あー↓」

千早「んあー(迫真)」

春香「んあー(わっほい)」

千早「…要練習ね」

春香「えーっ!?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:10:03.48 ID:eom1d/WJ0

春香「千早ちゃん、好きな人っているの?」

千早「特にいないわね」

春香「あれ?千早ちゃんのことだから
  『歌が恋人です』キリッ
   とか言うとでも思ってたんだけど……」

千早「やめて。枕に顔を埋めて手足をバタバタしたくなるからやめて
   そういう春香はどうなの?」

春香「えっ!?え、えっとぉ…ぷ…プロデューサーさん……」

千早「(予想通りね)」

春香「…には迷惑かけちゃったし、すごく尊敬してるけど……恋、なのかな?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:13:45.48 ID:eom1d/WJ0

千早「少し、意外かも」

春香「それってどういうこと?」

千早「美希と、プロデューサー争奪戦を繰り広げてたと思ったのだけれど」

春香「あ、あれはそういうのじゃないよ~!美希が勝手に勘違いして……」

千早「まあ、なんでも、いいですけれど」

春香「ひどっ!!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:18:35.58 ID:eom1d/WJ0

春香「それにしても暇だねー。はい、コーヒー」

千早「ありがとう。トレーナーが肉離れだなんて」ズズ…

春香「トレーナーさん、先月も肉離れになってなかった?」

千早「そういう体質なのかしら」コトッ

春香「ちょっと心配だねー」

千早「ええ」カチャッ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:22:35.44 ID:eom1d/WJ0

春香「そうそう!肉離れって言えばさ…」

千早「?」ズズ…

春香「しっこくしっこく!!」クイックイッ

千早「ブフォッwwwwwww」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:24:48.19 ID:eom1d/WJ0

春香「あーっ!千早ちゃんがコーヒー噴いたー!激写ですよ、激写!!」パシャッ

千早「や…やめて春香…本当にやめて……」プルプル

春香「あはは、ごめんごめん!でも千早ちゃんって、意外にお笑いに弱いよね?」

千早「そうみたいね…。何故だかツボに入ってしまって……」

春香「ん~!!そういうところが可愛いっ♪」ダキッ

千早「ちょっ…ちょっと春香!いきなりくっつかないで!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:28:45.29 ID:eom1d/WJ0

千早「もうっ…」

春香「あ!千早ちゃん!こんなところにスーファミがあるよ!」

千早「ああ、プロデューサーが言ってたのだけど、近所のゲームショップで買った福袋に入ってたそうよ」

春香「へ~…あ、スパ2だ!懐かしいなあ~。よくお父さんの隣で見てたっけ…。千早ちゃんもやる?」

千早「私はあまり得意じゃないから…。4なら少しはわかるのだけれど
   歌詞の暗記ついでに、隣で見させてもらうことにするわ」

春香「じゃあ一人で…↓R↑LYBXAっと」ピローン

千早「そういうの、よく覚えてるわね…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:32:46.91 ID:eom1d/WJ0

アイグー ハドーケン アイグー ハドーケン アイグー アイグーアパカッ ウーワッウーワッ

春香「…………」カチャカチャ

千早「…………」ペラッ

春香「…………」カチャカチャ

千早「…………」ペラッ

春香「…………」カチャカチャ

春香「…………」

春香「あいぐぅ~♪」

千早「……?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:36:57.88 ID:eom1d/WJ0

春香「あいぐぅ~♪」

春香「あいぐぅ~♪」

千早「いきなりどうしたの?サガットの真似?」

春香「あいぐぅあぱかっ♪」

千早「…………」ペラッ

春香「タイガーニー(迫真)」

千早「ぷふぅっwwwwwwwww」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:42:40.93 ID:eom1d/WJ0

千早「本当にやめて。せっかく覚えた歌詞が飛んでしまったわ」

春香「はい…ごめんなさい……」

千早「まったく……」

春香「でも本当におかしくない?他のは『あいぐぅ~』なのに、一つだけちゃんと『タイガーニー』って発音するんだよ?ねぇ、おかしくない?」

千早「そ、それは…確かにそうかもしれないわね……」

春香「………タイガーニー(迫真)」

千早「や、や……め……ケホッ!ケホッ!……春香ぁっ!!」

春香「ひぃ~ん!ごめんなさ~い!!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:45:34.78 ID:eom1d/WJ0

春香「…また暇になっちゃったね~……」

千早「歌でも歌えばどうかしら?いい練習になるわよ」

春香「あっ、そうだね!ナイス提案だよ千早ちゃん!」

千早「(何故その選択肢が無かったのかしら)」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:49:50.05 ID:eom1d/WJ0

春香「あおいーとりー♪もしぃしあーわーせー♪」

千早「春香」スッ

春香「は、はいっ!」ビクッ

千早「音程が外れているわね。それにここは、あおいいいぃぃぃ♪とりひぃぃぃぃ♪
   …と、情感を込めて歌ってみた方がいいと思う」

春香「う、うん!ありがとう千早ちゃん」

春香「あーなーたーをーあーいしてタハー♪」

千早「春香」スッ

春香「ひぃ~ん!厳しすぎるよぉ~!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:54:31.49 ID:eom1d/WJ0

春香「スキスキ!」

千早「大好き!」

はるちは「まるでジェットコースターみーたいーねー♪」


春香「ふぅ…お疲れさま、千早ちゃん!はい、水だよっ」

千早「ありがとう、春香。歌い始めると、やっぱり身体が動いてしまうわね…」ゴクゥゴクッ

春香「もやし(裏声)」

千早「ぶ─────っ!?」ブシャーッ

春香「ぶわっ!?あばばわわわっ!!」ビシャーッ


春香「…………」ポタポタ…

千早「………謝らないわよ」

春香「…はい……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 01:58:12.28 ID:eom1d/WJ0

春香「あってよかったシャワールーム!持っててよかったヨガウェア(カップ付き)!」

千早「乾燥機にかけておいたから。それにしても、下着までびしょ濡れになったのね」

春香「や、やだ千早ちゃん…それってなんかえっちだよ……」

千早「どうしてそういう発想に繋がるのかしら……」

春香「てへっ♪」

千早「…はぁ……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:02:48.68 ID:eom1d/WJ0

春香「ねぇ千早ちゃん。湯あがりの私って、ちょっとはセクシーかな?」ズイッ

千早「……春香、胸元を隠しなさい」

春香「えー?二人きりだからいいでしょー?」

千早「(春香の二つの膨らみが…なかなか大きいわね……)」

千早「くっ…!」

春香「?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:05:45.94 ID:eom1d/WJ0

千早「というか、私に迫ってどうするつもり?」

春香「……雪歩ほどじゃないけど、あんまり男の人に免疫がないからだよー…
   女の子同士なら、少しは大胆になれるかなって……」

千早「それでどうして私なの……」

春香「だって千早ちゃん、綺麗な顔してるし、お肌も綺麗だし…笑顔とかすっごく可愛く見えるし!」

千早「私にそういう趣味はないのだけれど…とりあえずありがとう」

春香「ざーんねん…。…じゃあ、せめてぎゅってさせて?」

千早「まあ、それぐらいなら構わないけれど」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:10:38.86 ID:eom1d/WJ0

春香「えへへ…千早ちゃ~んっ♪」

ぎゅっ

千早「!?」ドキッ

千早「(春香…いい匂い…。湯あがりってこんなにもいい匂いがするのね……)」

春香「千早ちゃん、ちょっと冷えてるよ?もっと暖めなきゃ!」

ぎゅうっ

千早「は、春香!?」

春香「千早ちゃんモフモフ!千早ちゃんモフモフ!」

千早「ちょっ、ちょっと春香!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:13:19.23 ID:eom1d/WJ0

春香「なーんて♪」

千早「えっ?」

春香「ちょっとドキッとした?クラクラした?」

千早「……もう知らないっ!」

春香「え~っ?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:17:40.36 ID:eom1d/WJ0

千早「そもそも、そこまでして迫りたい人なんているの?」

春香「ん~…特にいないかなぁ。ただもしもの時にって……」

千早「あのね…そんあやり方だと、襲っていいと勘違いされるわよ?」

春香「千早ちゃんなら……いいよ…?」ポッ

千早「……………」


がばっ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:20:48.02 ID:eom1d/WJ0

春香「……えっ?…えっ……?」ドキドキ

千早「…と、こういうことになりかねないというわけよ。わかった?」

春香「は…はい……」

千早「春香はアイドルなんだし………女の私の目から見ても可愛いんだから……」ボソッ

春香「……………」ドキドキ

千早「あと、あまり人をからかうのもよくないと思うのだけれど」

春香「……千早ちゃん」

千早「ちょっと春香、少しは人の話を…」

春香「私…押しに弱いタイプかも……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:27:07.18 ID:eom1d/WJ0

千早「それは危険ね…改善すべきだわ。アイドルなのに、もしものことがあったりしたら……」

春香「ええっ!?そ、そこまで見境が無いわけじゃないんだけど……」

千早「本当に?」スッ

春香「う、うん…」ススッ

千早「…………」スススッ

春香「…………」ススススッ

千早「…どうして避けるの?」

春香「ち、違うの!千早ちゃんのことが嫌いなわけじゃなくって……あぅ……」

千早「(春香かわいい。はるかわいい)」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:28:45.01 ID:eom1d/WJ0

春香「も、もう話題変えるよ!ねぇ、この間の身体検査どうだった?」

千早「どうと言われても…まあ、相変わらずね」

春香「千早ちゃんは体型が維持できていいな~。私なんか、またお尻がちょっと大きくなっちゃって……」

千早「春香」

春香「んー?」

千早「変わらない空しさ、変われない辛さだってあるのよ」

春香「…?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:31:34.84 ID:eom1d/WJ0

千早「そもそもね」

春香「うん」

千早「萩原さんの『ひんそーでひんにゅうでちんちくりん』は間違ってると思うのよ」

春香「雪歩、結構あるもんね」

千早「律子の寸胴発言も同じ」

春香「誰がどう見てもナイスバディだよねぇ~……」

千早「亜美にしょぼいと称された水瀬さんの胸だって、私よりはある」

春香「う、うん…」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:36:35.14 ID:eom1d/WJ0

千早「真も高槻さんも、一年で成長してしまった」

春香「あ、あのね」

千早「そして私は不動の胸囲」

春香「千早ちゃ…」

千早「そろそろ…殺意の波動に身を委ねてもかまわないかしら?」ゴゴゴゴ

春香「やめて!人間やめる気!?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:39:51.92 ID:eom1d/WJ0

千早「春香はいいわよね…少なくとも平均以上は確実だろうし」

春香「むー…私だって悔しいって思う相手はいるんだよ?」

千早「そうなの?」

春香「響ちゃんだよ。サイズは私と同じなのに、背が低いからカップサイズが大きいし……」

千早「言われてみればそうね……」

春香「どこかで聞いた話なんだけど、胸との比率をそのままに765プロ全員の身長を同じにしてみたら、響ちゃんが一番大きくなるんだって」

千早「まさか…あのあずささんを超えると……?」

春香「そうみたいだね……」

千早「これは盲点だったわ……」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:45:34.47 ID:eom1d/WJ0

千早「ところで、我那覇さんだけれど、その…可愛い、わよね?」

春香「うん!ちっちゃくて可愛いよね♪やよいとはちょっと違うけど!」

千早「小さな身体でステージを駆け回って、ダイナミックにポニーテールを振り回して……」

春香「表情がころころ変わったり、素直なのに軽くツンデレ入ってたり……」

千早「でも、何よりも」

春香「よく一緒にいる貴音さんとの」

春香・千早「身長差が………♪」ホッコリ

春香「でもEカップなんだよね」

千早「くっ……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:50:40.81 ID:eom1d/WJ0

春香「響ちゃんといえば、やっぱり貴音さん!」

千早「何故…と言いたいところだけど、妙に納得してしまうわね」

春香「貴音さんも不思議だよね~。誰も家を知らないし」

千早「悪い人ではないと思うけれど」

春香「うん。いつも私のお菓子を楽しみにしてくれてて、おかげで作りがいがあるよ!」

千早「春香のお菓子はとてもおいしいから」

春香「そ、そうかな?えへへ…♪」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:53:57.37 ID:eom1d/WJ0

千早「それにしても四条さん…本当に不思議な人よね……」

春香「ホントに宇宙人だったりして!」

千早「いくらなんでもありえないわ」

春香「そう?その方が夢があっていいと思うけどな~」


貴音「くしゅんっ!」

貴音「…誰かが私の確信に迫ろうとしているのでしょうか…。面妖な……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:56:06.44 ID:eom1d/WJ0

千早「そうこうしてる間に、もう収録の時間ね」

春香「えへへ…千早ちゃんと一緒にラジオのお仕事~♪」

千早「嬉しそうね?」

春香「うんっ!だって千早ちゃんと一緒にお仕事するの、楽しいんだもん!」

千早「ふふっ…私もよ、春香」

春香「ち…千早ちゃ~ん♪」ダキッ

千早「も、もう!あまりくっつかないで!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 02:59:57.03 ID:eom1d/WJ0

千早「服は乾いたかしら?」

春香「うん、ばっちり!」

千早「それじゃあ行きましょう。現場でプロデューサーが待ってるわ」

春香「よーし!今日も頑張るぞーっ!!」

千早「はりきり過ぎて転ばないようにね?」

春香「む~っ!そんなにすぐころんだりしまあきゃあああっ!?」

どんがらがっしゃーん

千早「ふふっ…これを見ると、今日も仕事の始まりって感じがするわね」

春香「ふぇ~ん!千早ちゃんのいじわる~!」




おわり


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 03:06:16.42 ID:eom1d/WJ0

忘れてた。誰も気にしてないと思うけど、タイガーニーの参考に
ttp://www.youtube.com/watch?v=7wEaRdL0Z8E


1分30秒ぐらいにタイガーニー(迫真)





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿