TOP > シンデレラガールズ > 神谷奈緒「素直になりたい」

神谷奈緒「素直になりたい」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:04:12.69 ID:PZykPOIiO

―――事務所

ガチャ

奈緒「戻りましたー」

シーン…

奈緒「……あれ、誰もいないのか?」

奈緒「ちひろさーん? Pさーん?」

奈緒「ったく、出掛けるなら鍵くらい閉めてけばいいのに」

奈緒「……そしたら、あたし入れないじゃん」

奈緒「しょうがないな。誰か戻ってくるまで待、つ……あ」

P「スー……スー……」

奈緒「……Pさん、寝てる」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:06:11.56 ID:PZykPOIiO

奈緒「……Pさん?」

P「ぐー……」

奈緒「お疲れ、か。そりゃそうだよな……」

奈緒「あたしたちみんなのお世話してくれてるんだもんな」

奈緒「居眠りしたってバチなんか……」

P「ん……うぅん」モゾ

奈緒「!」

奈緒(やべ、起き……!)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:09:27.10 ID:PZykPOIiO

P「んん……」

P「……スー」

奈緒(はー、良かった)ホッ

奈緒「……にしても」

奈緒(イスなんかで寝てたら、休めるもんも休めないよな)

P「ぐー……ん……」

奈緒(かといって起こすのも、うーん……)

奈緒(!)ティン

奈緒(せめて毛布を掛けてあげよう!)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:12:26.61 ID:PZykPOIiO

ゴソゴソ

奈緒(ん、よし。あったあった)

奈緒(へへ、Pさん、目を覚ましたら誉めてくれるかな)

ホワワン

P『ありがとな、奈緒。お陰であったかかったよ』ナデナデ

奈緒『こ、これくらいどーってこと……撫でるなぁ!』ペシペシ

奈緒(……えへへ)ニヨニヨ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:16:05.12 ID:PZykPOIiO

奈緒(なでなで、なでなで……♪)
P「ぐー」

奈緒「……はっ!?」

奈緒(待て、待つんだあたし! いいのか、安易に毛布を掛けて!)

奈緒(最悪を想定するんだ。もし、もし毛布を掛けて、そのせいでPさんが起きてしまったら……)

ホワワン

P『人が気持ち良く寝てたのに……』

P『俺はお前たちの世話で疲れてるんだよ』

P『それなのに起こしやがって……奈緒なんか、嫌いだ』

キライダ キライダ キライダ…


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:18:58.96 ID:PZykPOIiO

奈緒(やだああああ!!)ブンブン

奈緒(ダメだダメだ! 毛布ぽいっ!)ポーイ

P「んん……」

奈緒「……はっ!?」

奈緒(待て、待つんだあたし! いいのか、安易に毛布を捨てて!)

奈緒(逆に考えるんだ、もし、もし毛布を掛けてあげなかった場合……)

ホワワン

P『寒くて風邪引いたぞ……げほっ』

P『なんで毛布掛けてくれなかったんだよ』

P『思いやりのない奈緒なんか、嫌いだ』

キライダ キライダ キライダ…


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:22:20.32 ID:PZykPOIiO

奈緒(やだやだやだああああ!!)ブンブン

奈緒(ダメだダメだ! 毛布カムバック!)ヒョイッ

奈緒(どうする、どうする、どうするあたしぃ!)ウロウロ

P「うーん……」モゾ

P「……んぉ、? ……あれ、寝ちまった、か……?」ポケー

奈緒(起きちゃったああああ!?)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:25:59.97 ID:PZykPOIiO

奈緒「っ!!」バサッ

P「うおう!? なんだなんだ真っ暗にっ」ジタバタ

ガチャッ バタンッ!

P「! 誰だっ!」バサッ

タタタタ…

P「……行っちゃった、か」

P「毛布か……もしかして、掛けようとしてくれたのかな」

P「誰かさん、ありがとな」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:29:24.95 ID:PZykPOIiO

―――
――


別の日

奈緒「はぁ……」ボーッ

奈緒(この前……結局逃げちゃった)

奈緒(ダメだなあたし……全然素直になれないや……)

奈緒(凛や加蓮みたいにはいかないなぁ)

奈緒(……窓際、あったかい)ポカポカ

奈緒「……あ」

奈緒(Pさん、帰ってきた……外風強いし、寒かったかな?)

奈緒「……そうだ」トコトコ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:32:59.36 ID:PZykPOIiO

―――給湯室

ちひろ「~~♪」フキフキ

奈緒「あ、ちひろさん」

ちひろ「あら、奈緒ちゃん。どうしました?」

奈緒「お茶淹れたいんだけど……」

ちひろ「お茶? いいですよ、私が淹れますから」

奈緒「ちが、そうじゃなくて、そのっ」

ちひろ「?」

>タダイマモドリマシター

奈緒「やば、もう上がってきたっ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:38:29.64 ID:PZykPOIiO

ちひろ「……なるほど♪プロデューサーさんに、ですね?」

奈緒「うぅ……!」モジモジ

ちひろ「大丈夫、誰にも言いませんから」

奈緒「ん、えと……外寒いし、Pさん、に……淹れてあげたくて……そのぉ」ゴニョゴニョ

ちひろ「うふふ、分かりました。さ、これを使ってください♪」

奈緒「べっ、別にPさんが心配とかじゃ! あ、心配してないってわけでも、いやいや心配なんて」

ちひろ「ほらほら、お茶出しは私がやりますから」

ちひろ「奈緒ちゃんは、プロデューサーさんへの気持ちをしっかり込めて淹れてください。ね?」ニコッ

奈緒「う、うんっ!」パァッ

ちひろ(かわいい)


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:41:58.04 ID:PZykPOIiO

―――

ちひろ「プロデューサーさん、おかえりなさい。お茶、どうぞ?」

P「あ、ただいま帰りました。頂きますね」

ちひろ「はい♪特製ですよっ」

P「? はぁ。……ずずー」

ちひろ「どうです?」

P「どうって……いつも通りの」

ジーッ

P(ん?)

奈緒「……」ジーッ

P(めっちゃ見てる)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:45:12.52 ID:PZykPOIiO

P「……えぇ、いつもより美味しいです。淹れてくれた人の気持ちが伝わってくるようですよ!」

ちひろ「そうでしょうそうでしょう!」

P(ちらっ)

ちひろ(ちらっ)

奈緒「っ!」ガッツポーズ

P(かわいい)

ちひろ(かわいい)

奈緒(やっ……たあああああああ!!)


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:48:21.10 ID:PZykPOIiO

―――
――


また別の日

奈緒「……Pさん、また寝てる」

P「ぐー」

奈緒(こ、今度こそ毛布を)ソーッ

奈緒「……っ」パサッ

P「ん……」

奈緒(……ぃよっし!)

奈緒「……じゃ、また明日ね。Pさ」

P「……奈緒」ムク

奈緒「うぇっ!?」ビクッ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:51:35.13 ID:PZykPOIiO

奈緒「な、な、なんっ、起きて!?」

P「ありがとな、毛布。この前も、奈緒が掛けようとしてくれたんだろ?」

奈緒「そう、いやちがくてっ、そうじゃなっ、違っ!」

P「どうどう、落ち着け」ポンポン

奈緒「はぅ……」プシュー

P「奈緒は優しい子だからな。ちっと不器用なだけでさ」

奈緒「や、優しくなんて……」

P「俺が言うんだから間違いないよ。それとも、俺が信じられないか?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:55:10.35 ID:PZykPOIiO

奈緒「……それ、ずるい。あたしがPさんのこと信じてるの、知ってるくせにさ」

P「うん、悪かった。だから、奈緒は優しいんだよ」

奈緒「……そっか。ちゃんとあたしのこと、見てんだな。Pさんは」

P「おうよ、見てないようで見てるからな。俺の悪口でも言ってみろ、すぐに小突いてやるから」

奈緒「ばーか」

P「なんだとぉ?」ナデナデ

奈緒「……へへ♪」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:58:56.00 ID:PZykPOIiO

奈緒「Pさん」

P「うん?」

奈緒「いつもありがと」

P「うん」

奈緒「きっと、期待に応えてみせるからさ。見ててよ」

P「……ああ。ずっと見てるよ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 02:00:50.15 ID:PZykPOIiO

奈緒「……やっぱ恥ずかしいっ!」ベシッ

P「痛いっ! なんで叩く!?」

奈緒「うっさい!」

P「遺憾の意を示させてもらう!」ナデナデナデナデ

奈緒「撫でるなぁ!」ペシペシ



奈緒(ちょっとだけ、素直になれたかな?)



おわり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿