TOP > シンデレラガールズ > モバP「アイドルの語尾に名前がつくようになった」

モバP「アイドルの語尾に名前がつくようになった」

1: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 17:47:41.59 ID:8SbAHE690

麗奈「くくっ、これをアイツの机に――」

モバP「何してんだ、麗奈?」

麗奈「うわっ!?」カチッ

麗奈「あっ!? 押しちゃったじゃない!?」シュー

モバP「……うわっ!? なんだこの煙!?」

麗奈「あー、もうっ! アタシまでかかるつもりなかったのに!」

モバP「おいっ、なんでこれっ!?」

麗奈「それは――けほっ!」

麗奈「ちょっと! アンタのせいで吸い込んじゃったじゃない!」

麗奈「けほっ! こほっ!」

麗奈「――むぐっ!」

モバP(……よくわからんがあまり吸い込まない方がいいんだな)


2: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 17:48:28.79 ID:8SbAHE690

モバP「……落ち着いたか」

モバP「ふぅ……さて」

麗奈「――」コソコソ

モバP「麗奈」グイッ

麗奈「!」

モバP「今のはなんだったんだ?」

麗奈「……」

モバP「麗奈」

麗奈「……」

麗奈「……あの煙を吸ったやつは、語尾に名前がつくようになるのよれいな」

モバP「は?」

麗奈「だーかーらー、語尾に自分の名前がつくようになるのれいな!」

モバP「……は?」

麗奈「理解の遅いやつねれいな」

モバP「いや、理解はしてるけどな……」

モバP「ようは今の麗奈みたいなことだろ?」

麗奈「そういうことよれいな」

麗奈「……あーあ、アンタがおどかさなきゃこんなことにならなかったのにれいな」

モバP「……」


4: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 17:50:35.12 ID:8SbAHE690

モバP「ん? でも俺は別に語尾つかないぞ?」

麗奈「あー、つくのはアイドルだけなのよれいな」

麗奈「そういう風に作ったんだってれいな」

モバP「誰が作ったんだ?」

麗奈「晶葉よれいな」

モバP「ややこしいな」

麗奈「うっさいわねれいな!」

麗奈「せっかくボールペンに細工までしたのに全部台無しよれいな!」

麗奈「本当ならアタシ以外のいろんなヤツがこうなって慌てふためく様子が見たかったのにれいな!」

モバP「……面白いな」

麗奈「うっさいわねれいな!」

モバP「ははっ」

モバP「残念だったな、麗奈しかかからなかったみたいで」

麗奈「……それはどうかしられいな」

モバP「ん?」

麗奈「机の下よれいな……くくっ」

モバP「机の下?」

まゆ「!」

輝子「!」

乃々「!」


5: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 17:51:33.53 ID:8SbAHE690

麗奈「ほら、すぐそばに三人もいたわれいな」

モバP「……あ」

モバP「もしかして、三人もそうなったのか?」

まゆ「……」コクッ

麗奈「なによしゃべらないのれいな?」

まゆ「だって恥ずかしくてまゆ……」

まゆ「……あっ」

麗奈「くくっ、やっぱりかかってたのねれいな」

モバP「ってことは、乃々と輝子もか」

乃々「そうですけどのの……」

乃々「急に煙がきてのの……気づいたらこうなってましたけどのの……」

輝子「フヒ……さすがにびっくりしたヘレン」

モバP「そうだろうな」

モバP「……ん?」

輝子「ん……どうした、親友ヘレン……?」

モバP「ヘレン?」

輝子「……あ」

輝子「そうか……親友にはまだ言ってなかったかヘレン」

輝子「実は私……ヘレンを襲名したんだヘレン」

モバP「はぁ!?」


7: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 17:58:41.89 ID:8SbAHE690

モバP「嘘だろ!?」

輝子「う、嘘じゃないぞヘレン……」

輝子「ほら、語尾もヘレンになってるだろヘレン」

モバP「いやっ、確かにそうだけど……!」

まゆ「輝子ちゃん、ヘレンになるためにがんばってましたもんねまゆ」

乃々「ええ……時間のあるときにダンスの練習とかしてましたのの」

モバP「」

麗奈「……そんなに驚くことれいな?」

麗奈「アタシたちの事務所、結構目指してるやつ多いわよれいな」

モバP「……なぁ、俺のほっぺつねってくれないか?」

まゆ「うふふ……じゃあまゆがやりますまゆ……♪」

まゆ「えいっ」フニッ

モバP「……痛くないな」

モバP「ああなんだ、夢か」

麗奈「アンタは手心を加えすぎよれいな」ギュッ

モバP「いてててて!」

まゆ「だって、プロデューサーさんに痛くさせるなんてできませんからまゆ……」

麗奈「……あっそうれいな」

モバP「わかった! 痛みはわかったから離せ麗奈!」

乃々「あれ……プロデューサーさん麗奈ってのの……?」

乃々「もしかしてプロデューサーさんも麗奈のの……?」

モバP「違うわ!」

モバP「アイドルしか効かないはずだろ」

乃々「だから、プロデューサーさんもアイドルになったのの……?」

モバP「なってないわ!」


8: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 17:59:16.57 ID:8SbAHE690

モバP「はぁ……夢じゃないんんだな……」

モバP「輝子がヘレンか……」

輝子「ああ……ついこの前先代ヘレンに認められたんだヘレン」

輝子「難しかったぞヘレン……特に上手く『ヘーイ!』っていうのがヘレン」

モバP「……そうなのか」

乃々「それも練習してましたねのの……」

輝子「ああ……大変だったヘレン」

輝子「真似するんじゃなくて、自分独自の『ヘーイ!』を見せろって言われたからなヘレン」

モバP「……結果どんなのになったんだ?」

輝子「フヘェェェェイ!」

モバP「……それでいいのか」

輝子「先代ヘレンには認められたヘレン」

輝子「元のとは違うけど……オリジナリティをほめられたヘレン」

モバP「……そうか」

輝子「フヒ……これからの私はダンサブルヘレン……」

モバP「……」

モバP「……じゃあ、売り出し方も変えないとか」

輝子「フヒッ!?」

モバP「ん、どうした?」

輝子「い、いや……なんでもないヘレン……」


10: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 18:02:57.06 ID:8SbAHE690

モバP「輝子がヘレンなぁ……想像だにしてなかったな……」

輝子「フヒ……」

モバP「……まさかとは思うけど、他にも何か隠していることあったりしないよな?」

乃々「隠してること……もりくぼも次のヘレンを目指していますけどのの」

まゆ「まゆは今度苗字が森久保になりそうですまゆ」

麗奈「アタシもまゆとおなじれいな」

輝子「実は私もだヘレン」

モバP「……みんなで乃々に嫁入りでもするのか?」

輝子「フヒ……もりくぼハーレムヘレン」

乃々「そんなわけないんですけどのの……」

まゆ「うふふっ、いろいろあって私たち姉妹になるんですまゆ」

まゆ「みんなにお姉ちゃんって呼ばれるようになっちゃいますまゆ」

麗奈「アタシは絶対呼ばないけどねれいな」

まゆ「あら、残念まゆ……」

モバP「……ずいぶん個性的な四姉妹になるんだな」

モバP「いったい何があってそうなったんだ?」

乃々「いろいろですけどのの……」

麗奈「人の家の事情に首突っ込まないでよれいな」

モバP「……」


11: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 18:04:06.40 ID:8SbAHE690

モバP「……なぁ、本当なんだよな?」

麗奈「何よ、さっきつねってあげたでしょれいな?」

モバP「いや、そうなんだけどな……」

モバP「さすがに疑わしいというか……」

モバP「今日に限ってこんなにいろいろ情報が出るなんて……」

モバP「……」

モバP「……あっ」

モバP「そうか、今日エイプリルフールか」

麗奈「そうね。だから何よ」

麗奈「たまたま今日になっちゃっただけで、全部本当よ」

まゆ「れ、麗奈ちゃん! 語尾……!」

麗奈「あっ!」

麗奈「……こ、効力が消えたようね」

モバP「いや、それでごまかすのは無理だろ」

輝子「フヒ……もう無理だな……」

麗奈「……あー」


12: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 18:05:19.66 ID:8SbAHE690

モバP「はぁ……なんだ、全部嘘か」

麗奈「……そうよ」

麗奈「バレちゃったけど、驚くアンタは見れたし楽しかったわ、くくっ」

モバP「ああ、すっかりだまされたよ」

モバP「……まさか、まゆたちも手伝ってるとは思わなかったしな」

まゆ「うふふっ、たまにはこんなこともしたくなっちゃって」

乃々「面白かったです……ふふ」

輝子「キノコヘレン……どうだった?」

モバP「びっくりしたよ」

モバP「ダンスしてるところとかも見てみたかったけどな」

輝子「それは……難しいな」

輝子「正直やれって言われたらどうしようかと……」

モバP「……やってみてくれ」

輝子「むーりぃー……」

乃々「もりくぼのを取らないで欲しいんですけど……」

麗奈「……でも、まさかあそこまでやってくれるとは思わなかったわ」

まゆ「そうですね……面白かったですよ、輝子ちゃん♪」

輝子「や、やめてくれ……恥ずかしい……」

モバP「ははっ」

モバP「しっかし大掛かりだなぁ……こんな仕掛けのボールペンまで作って」

モバP「……あっ、もしかして、最初のもわざとだったのか?」

麗奈「……そっ、そうよ!」

麗奈「まんまと引っかかったみたいね! アーッハッハッハ……ゲホゴホッ!」

モバP(わざとじゃないんだな)


13: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 18:06:22.20 ID:8SbAHE690

麗奈「さて、次のイタズラは――」

ヘレン「――ヘイ!」バン

まゆ「」ビクッ

乃々「ひっ」ビクッ

モバP「うわっ、どうした、ヘレン?」

ヘレン「ヘレンを目指すものがいると聞いてきたわ!」

ヘレン「貴方と貴方、そうなのでしょう?」

乃々「へ……?」

輝子「……あ」

輝子「もしかしてさっきの嘘の話か……?」

ヘレン「ええ、しっかりと聞こえたわ」

ヘレン「貴方の魂の叫び……そして、貴方のヘレンを目指す声をね」

輝子「あ、さっきのか……」

乃々「もりくぼのも聞こえてたんですね……スルーされたから忘れられたかと……」

麗奈「……アンタこの部屋にいたの?」

ヘレン「ヘレンを求める声はどこにいても聞こえるわ」

麗奈「……」

輝子「な、なあヘレンさん……悪いが、さっきのは嘘なんだ」

ヘレン「嘘……?」

乃々「そうです……エイプリルフールの嘘ですけど」

輝子「ちょっと親友をからかいたくって……フヒ」

ヘレン「そう……」

ヘレン「……まあ、嘘でもかまわないわ」

ヘレン「嘘から出た真という言葉もある……これから真実にすればいいのよ」

輝子「……へ?」

ヘレン「さあ、それじゃあ二人とも」

輝子「わ、わっ!?」

乃々「ひっ……か、担がないで欲しいんですけど……!?」

ヘレン「いきましょう、栄光のヘレンロードへ!」ダッ

乃々「ひゃぁぁぁぁ!」

輝子「ひぃぃぃぃぃ!」

まゆ「乃々ちゃん! 輝子ちゃん!」

まゆ「ど、どうしましょう、プロデューサーさん!?」

まゆ「乃々ちゃんがダンサブルになって帰ってきたら……まゆもダンサブルにならなきゃ――」

ヘレン「――なんてね!」

まゆ「きゃっ!?」

ヘレン「エイプリルジョークよ!」







おしまい


14: ◆6QdCQg5S.DlH 2018/04/01(日) 18:07:25.45 ID:8SbAHE690

語尾に「のの」ってつける乃々を想像したらめっちゃかわいかったのでエイプリルネタ


誤字脱字、コレジャナイ感、ガバガバな投稿はすいません。読んでくださった方ありがとうございました。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿