TOP > シンデレラガールズ > みく「あれは李衣菜チャンと……有香チャン!?」

みく「あれは李衣菜チャンと……有香チャン!?」

1: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 05:59:07.93 ID:GX2d7X3Z0

【モバマス・デレステSS】です


――――繁華街

みく「え、なんで? なんであの二人が一緒に」

有香「?」クルッ

みく「はにゃ!?」ササッ

みく(うう、思わず看板の陰に隠れちゃったけど、なにしてるのにゃみくは……これじゃ完全に不審者にゃ……)

みく(けどまずは落ち着くにゃ、落ち着いて……まず放課後に二人が一緒なのは別にいいにゃ、うん)

みく(きっとなにか理由があって二人で買い物にでも来たのにゃ、きっとそうにゃ……理由ってなんにゃ?)

みく(買い物するにしてもあの二人だけでいる理由が分からない……李衣菜チャンから誘ったのならどうしよう……)

みく(――いや、誘ったのが李衣菜チャンでも別にみくはどうってことないにゃ。でもまた変なウワサに繋がることなら怒るべきにゃ)

みく(そうにゃ。そうと決まればすぐにここから出て)ヒョコ

李衣菜「……? ――……」

有香「……! ――……」スッ

李衣菜「――?」クルッ

みく「ふにゃ!?」ササッ


2: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:00:47.83 ID:GX2d7X3Z0

李衣菜「……」

みく(あーもーだから李衣菜チャンはどうしていつもそう間が良いのか悪いのか分からないことするにゃ! こっち見るにゃ!)

みく(……待って、でも別に見られてもいいはずにゃ。お説教しにいくんだから隠れる必要もないにゃ、みくどうかしてるにゃ)

みく(別にこんなの今までだって……でも有香チャンと二人きりでいる李衣菜チャンは初めて見るし……)ソロソロ

李衣菜「――……♪ ――」ニコニコ

有香「……! ――……?」

みく(…………声は聞こえないけど、二人とも楽しそうだにゃ……放課後のお休みは貴重だし、みくは邪魔しちゃ悪いにゃ)

みく(そうにゃ。隠れちゃったのも二人のお邪魔猫チャンにならないように咄嗟に体が動いちゃっただけで他意はないにゃ)

みく(いいもん、李衣菜チャンはいつもみたいに勝手にするがいいにゃ。みく知らない、知らないったらしらな――)

李衣菜「……」ゴソゴソ ポチ

~~~♪

みく「ふみゃあ!!?」ビクッ

みく「で、電話!? わ、わわ、まずいにゃ! き、切らなきゃ、早く」ゴソゴソ


3: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:02:58.78 ID:GX2d7X3Z0

みく「あ、焦ったにゃ……隠れてる時にスマホが鳴るなんてほんと……でも今の着信音は李衣菜チャン用の……え?」

みく(まさかそんな、ありえない……偶然にゃ、李衣菜チャンがたまたまみくに用があっただけでここにいることはバレて)

李衣菜「――なにしてるのみくちゃん?」ヒョコ

みく「うにゃああ!!?」

有香「わ、ほんとに看板の裏にみくちゃんがいました!? よく分かりましたね李衣菜ちゃん」

李衣菜「さっき有香ちゃんに言われて見た時に一瞬見覚えのある制服が見えた気がしたからね、自分でもまさかって思ったけど」

有香「いえ、私が言いたいのは、よくこんな人混みの中でみくちゃんがいる場所を正確に把握出来ましたねって……」

李衣菜「あ、そっち? それならさっき電話かけたでしょ? みくちゃんが近くにいるならそれで反応があるはずって思って」

李衣菜「私、耳はいい方だからさ。みくちゃんに電話かけてすぐに私の曲が聞こえてきたから、それで場所も」

有香「ま、待って下さい!? あたし全然そんなの聞こえませんでしたよ?」

李衣菜「そう? 私ははっきりと聞こえたんだけどな……まぁいいや。それよりもみくちゃん?」

みく「あ、う……」

李衣菜「なにしてるのこんなとこで」

みく「な、なにもしてないにゃ」


4: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:04:21.18 ID:GX2d7X3Z0

李衣菜「いやいやいや!? こんな物陰に隠れてなにもしてないって……ともかくほら、出てきて」

みく「う、うぅ……」ソロソロ

有香「だ、大丈夫ですかみくちゃん……まさか、誰かに襲われそうになっていたのか!? 誰ですか! あたしが守りますよ!」

みく「ち、違うにゃ! そういう訳じゃないにゃ! ただ偶然ここを歩いてたら二人を見つけて、それで隠れてただけにゃ!」

李衣菜「え? なんで私達を見つけたらみくちゃんが隠れる必要あるの?」

みく「それは……だって、せっかく二人きりで放課後いるってことはそういうことだろうし……」

李衣菜「え?」キョトン

有香「はい?」ポカーン

みく「だからみく邪魔になりたくなくて……ううん、ほんとはみくもよく分からなくて……でも隠れたくなって……」グスッ

李衣菜「うわわっ!? みくちゃん泣かないでよ! こっちとしても理由が分からなさすぎて困るんだけど!」

有香「そうですよみくちゃん! 心配しなくても、みくちゃんが悲しむようなことはあたししてませんから!」

みく「みくが悲しむようなことってなんにゃ……だって」

有香「あたしにはちゃんと心に決めた相手がいますから! これはそういう意味じゃありません!」


5: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:05:54.00 ID:GX2d7X3Z0

みく「…………ほんと?」

有香「もちろんです! だから、泣かないで下さい。ほら、李衣菜ちゃんも困ってますよ?」

みく「ほんとに?」

李衣菜「当たり前だよっ! みくちゃんに悲しい顔されるのが一番困るんだしさ……というか二人共そういう意味ってなに?」

みく「李衣菜チャンは分からなくてもいいけどいつかは分かるべきにゃバカ」

李衣菜「なにさもう!? ほらハンカチ、お願いだからいつも見たいに笑って……出会ってそうそう泣かれるとどうしたらいいか」

みく「ん……」ゴシゴシ

みく「えへへ。しょうがないにゃ……みくもこれ以上周りに人がいる所で変なことしたくないし、笑ってあげるにゃ」ニコッ

李衣菜「うん、良かった。やっぱりみくちゃんはそういう明るい顔のほうが絶対いいって!」

有香「……ええと、一先ず移動しながら話しませんか? これ以上ここに留まり続けるとちょっと……」


6: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:06:56.49 ID:GX2d7X3Z0

ザワザワ

「なに修羅場?」「夜にもなってないのにお盛んねぇ」「というか学生だろあの子達、大丈夫か?」
「まって全員女の子なんじゃあれ?」「見覚えある顔のような……」

ザワザワ

みく・李衣菜「「すごく目立ってるー!?」」

有香「はい。だから急いでここから離れたほうが」

李衣菜「そ、そうだねこれ以上騒ぎになるとまずいし! ともかく予定してたとこに行こう!」

みく「え、えと、みくは……」

有香「ほら、みくちゃんも付いてきて下さい。こうなった以上、みくちゃんにも付き合ってもらいますから」

みく「そ、それはいいけど、結局有香チャンは李衣菜チャンとなにをしようとしてたの……?」

有香「そうですね、簡単に言えば……音楽のことを教わるつもりだったんです」

みく「……へ?」


7: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:09:08.62 ID:GX2d7X3Z0

――――15分後、CDショップ

みく「つまり、有香チャンが今後のアイドル活動で役立てるために、もっと音楽のことを知りたくなったから」

みく「李衣菜チャンと約束して、二人共放課後にお仕事がない今日、一緒に音楽関係のお店を巡ることにしてて……」

みく「みくは偶然その最初の合流の場面に居合わせちゃったと……そういうことだったにゃんて……」

有香「分かってくれました? それなら良かったです! みくちゃんに勘違いされたままだとあたしも困って」

みく「はぁ~~……」ズーン

有香「み、みくちゃん!? 大丈夫ですか? なにもそんなに落ち込まなくても……」

みく「いつの間にかそんなことも思いつかずに恥ずかしい判断することが多くなった自分が嫌になっただけにゃ、心配しないで」

有香「そうですか……でも、誰かのことで冷静な判断が難しくなるのは分かりますよ」

みく「有香ちゃんもそうなのにゃ?」

有香「ええ、特に相手が超のつくほどの天然さんだと、ほんとうにどうしようもないくらいに」

みく「あー、分かるにゃ。李衣菜チャンも妙なとこで抜けてるから、いっつもみくが大変な目にあうもん」

有香「でもそれがやっぱりとっても楽しいんですよね」

みく「うんうん、こういうのが惚れた弱みって奴にゃ……いやみくは違うけど、別にそんなんじゃないにゃ、うん」


8: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:10:51.46 ID:GX2d7X3Z0

有香「はいはい♪」

みく「うっ……事務所内でもすっかりこういう反応されることが多くなった気がするにゃ……なんでにゃ?」

有香(それはもう、いつでもどこでも仲良く喧嘩した後に笑いあってる姿を目撃してますし、皆)

有香「それはともかく、李衣菜チャン戻ってきませんね。大丈夫でしょうか?」

みく「そういえば途中でちひろさんから電話がかかってきてたけど、まだ話してるのかにゃ?」

李衣菜「――……はぁ、怖かったぁ」スタスタ

みく「あっ、言ってたら戻ってきたにゃ! おかえり、なんだったのにゃ?」

李衣菜「『制服姿で騒ぎを起こしちゃだめですよ?』って。さっきのことちひろさんどこかで見てたみたいで怒られちゃった」

李衣菜「……どこで見てたのかも謎だけど、なんで私だけ怒られたんだろう……」

有香「みくちゃんを困らせたからではないでしょうか」

みく「みくを悲しませた罰にゃ」

李衣菜「ええ!? だったらごめん……ってあれ? でもみくちゃんが泣いてたのは勘違いしてたのが原因――」


9: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:12:19.28 ID:GX2d7X3Z0

みく「さー、それはともかくCDショップに来たからには早速音楽の勉強にゃ有香チャン!」

有香「はい! 未熟者にご指導よろしくお願いします!」

李衣菜「な、なにその連携……まぁ、みくちゃんが元気になってるからいいや。それじゃ、最初はなにから教えようかな……」

みく「……今更だけど、音楽のこと聞くのにほんとに李衣菜チャンで良かったのかにゃ? どう考えても人選ミスな気がするにゃ」

有香「そんなことはないと思います。李衣菜ちゃんと一緒にお仕事した時は、色々と助けて貰いましたからっ!」

みく「……ふーん、李衣菜チャンは相変わらず……やれやれにゃ」クスッ

李衣菜「よし、とりあえず流れは決めた! 有香ちゃんそれじゃあまずは一緒にいくつかCD試聴してこう!」

有香「あ、お、押忍! 頑張ります!」

李衣菜「気合入れ過ぎだって。みくちゃんはどうする? 一緒にCD見て回る?」

みく「んー、みくはとりあえず李衣菜チャンのお手並拝見といくにゃ。有香チャンに変なこと教えちゃだめだよ?」

李衣菜「教えないから! まぁ見ててよ、お店出る頃には有香ちゃんに音楽知識が沢山身についてる……はずだから!」


10: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:14:14.26 ID:GX2d7X3Z0

――――1時間後、CDショップ

みく(……それから暫くの間、李衣菜チャンは意外なほどしっかり有香チャンに音楽のことを教えてたにゃ)

みく(事務所の皆の歌ってる曲のジャンルがどうとか、こういうジャンルの曲が出来た歴史とか、そういうのにゃ)

みく(一夜漬けでもして覚えてきたのか所々怪しいところはあったけど、頑張ってる李衣菜チャンの姿は可愛かったにゃ)

みく(でもそろそろ助け舟を出してあげてもいいころかにゃー? だって)

有香「そういえばメタルもロックのスタイルの一つだと輝子ちゃんから聞いたことがあるのですが」

李衣菜「え、そうなの?」

有香「え?」

李衣菜「あ、いや……う、うん、たしかハードロックに様式美を持ち込むと、ヘヴィメタルになるって誰か言ってたような……」

有香「なるほど……つまり李衣菜ちゃんもやろうと思えば輝子ちゃん見たいな激しい曲が歌えるってことですね!」

李衣菜「へっ!? ええと、どーだろ、私の得意とするロックと輝子ちゃんのはまた大分違うというかなんというか……」オロオロ

みく(もう大分限界みたいだにゃ。ま、李衣菜チャンにしては良く持ったほうだし、ちょっとは気を利かせてあげるにゃ)チラッ

ヒソヒソザワザワ

みく(そもそもこれ以上お店にいると、また騒ぎになっちゃいそうだしにゃ)


11: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:15:07.88 ID:GX2d7X3Z0

※前川みく
※多田李衣菜
※中野有香

18040307431.jpg


12: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:17:06.97 ID:GX2d7X3Z0

有香「うーん、やっぱり音楽は難しいですね……ならば例えば、このCDなんですが」

李衣菜「お、有香ちゃんそれに目をつけるなんてやるじゃん。この人達はね、まだあんまり有名じゃないんだけど」

――トントン

李衣菜「私的には次のロックを担う」

みく(む……)

――トントン

李衣菜「……なに? さっきからトントン叩いて……みくちゃん、構ってほしいの? また後でね?」

みく「にゃ!? ち、違うにゃ! 今回は別に構ってくれなくてもいいにゃ!」

李衣菜「えぇ……でもいつもだったら……いいや、それでなんの用?」

みく「そろそろ無理してるのが目に見えてきたから、ボロが出る前に切り上げるべきだと思うにゃ」

李衣菜「ボロが出る!? 出ないよ失礼な!」プンプン

みく「へぇー、じゃあ有香チャン、李衣菜チャンにそのCDについての質問してみるにゃ」

有香「あ、はい。李衣菜ちゃん、このCDの曲、あたしかなり気に入ったんですけど、ジャンルで言えば何系になるんですか?」

李衣菜「えっ、この人達が何系か!? えっと……ええと……」オロオロ


13: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:18:08.54 ID:GX2d7X3Z0

みく「ふふっ、ほらほら早く答えるにゃ李衣菜チャン♪」クスクス

李衣菜「あっ、みくちゃん笑った! あぁもう待ってよ! ええと確かその人達は……インディー・ロックだったような」

有香「それは一体?」

李衣菜「…………えっと、簡単に言うなら……」

有香「……李衣菜ちゃん?」

李衣菜「と、ともかく説明が難しくて、なんて言ったら良いのか……ちょっと待ってね!?」

有香「は、はい……大丈夫でしょうか?」

みく「誤魔化さずになんとかしようとしてるのは褒めてあげたいとこにゃ。でも、待つにはそろそろマズイ状況にゃあ」

有香「マズイ状況……?」

みく「有香チャン、周りを見てみるにゃ」

有香「周り……え!?」

ザワザワザワザワ

「ツインテールの子、ポスターの子に似てるような……」「似てるっていうか本人じゃね?」「まさか」
「隣の子も見覚えが……」「今お前が持ってるCDジャケに写ってる子見ろ」「おい嘘だろ!?」

ザワザワザワザワ


14: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:20:31.10 ID:GX2d7X3Z0

有香「え、ええ!? いつの間にこんなに沢山の人が!?」

みく「だってこのお店、みく達の事務所を猛烈に応援してくれてるのか、一面見慣れたポスターだらけでしょ?」

有香「そういえば、あたし達の歌う『Nothing but You』のポスターもありましたね」

みく「それだけじゃなくてCDジャケットには歌ってる子の写真が使われてるにゃ。つまり」

有香「……もしかして、とても身バレしやすい場所にあたし達はいると」

みく「みくは多少変装してるからまだいいけど、有香チャンと李衣菜チャンってお仕事と普段でほとんど姿に差がないしにゃ」

有香「このままだと……大変なことになります……よね?」

みく「少なくとも騒ぎになりかけてる時点で大変なことにゃ」

有香「あわわわ……り、李衣菜ちゃん!」ガシッ

李衣菜「よしこれなら――わっ!? な、なに有香ちゃん!? 説明なら今から」

有香「そ、そんなことよりも周り、周りを見て下さい!」

李衣菜「周り……? うわっ!? 人がすごいことになってきてる!?」

有香「どうやらあたし達、長くここに居すぎちゃったみたいです。このままだとまた騒ぎに……!」


15: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:21:34.83 ID:GX2d7X3Z0

李衣菜「そんなっ!? さっきちひろさんから怒られたばっかりなのにそれはマズイって! みくちゃんどうしよう!」

みく「音楽のこと有香チャンに教えるのは中止にして、お店出るしかないと思うにゃ」

李衣菜「そ、そうだよね……えっと、ごめん有香ちゃんそういうことだから!」

有香「いえこれはあたしも不注意でした! 急いでこのCDだけでも買ってきます!」タタッ

李衣菜「う、うん分かった!」

みく「今更遅いけど、李衣菜チャン達も有名になってきてるんだから、やっぱりもっとみくみたいに気を使うべきにゃ」

ザワザワザワザワ

「ところであの眼鏡の子前川さんだよな」「ああ、ありゃみくにゃんだろ」

ザワザワザワザワ

李衣菜「でも周りの人達の会話聞いてたら、みくちゃんの名前のほうが先に出てくるんだけど……」

みく「なんでにゃ!? だってこんなにきっちり見た目変えて……」

有香「正直これだけ名前で呼び合っていたら、嫌でもバレるのではないでしょうか」

みく「そ、それもそうにゃー!?」ガーン

有香「とにかくCDを買ってきましたっ! 早くお店を出ましょう!」


16: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:23:48.60 ID:GX2d7X3Z0

――――5分後、繁華街

李衣菜「いやー、危機一髪だったね」

有香「今度から少しは変装して街を歩いたほうがいいでしょうか……」

みく「そうしたほうがいいにゃ。というか皆ほんとに、自分が目立つ見た目だってこと自覚すべきにゃ……」

李衣菜「けどみくちゃんや有香ちゃんの可愛さに比べたら、私なんてロックなだけで大人しいほうだし」

みく「は?」

有香「え?」

李衣菜「あれ?」

みく「……これだからロックで頭がいっぱいって言われるにゃ」

有香「みくちゃんも苦労しますね……」

李衣菜「なんだか二人から残念な人を見る目で見られてるような……ええい気にしない! それより、この後どうする?」

有香「そうですね……あたしはこの辺りで帰ろうと思います」

李衣菜「えっ、もういいの有香ちゃん?」

有香「はい。やはり一度にあれこれ聞くよりも、一つのことをまずはしっかり身につけるほうがあたしらしいと思いまして!」


17: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:24:48.34 ID:GX2d7X3Z0

みく「うんうん、どこかの誰かさんみたいに色々手を出して本命がダメダメのまま、みたいなのよりは絶対いいにゃ」チラッ

李衣菜「なんで私を見るのさみくちゃん……ギターだって頑張ってるからね?」

みく「別にみく李衣菜チャンがそうだって一言も言ってないのにゃー。気にしすぎにゃー」

李衣菜「うぬぬ……いつか絶対ギターでびっくりさせてみせるから覚えてなよ!」

みく「……いつになるのか分からないけど楽しみにしておくにゃ」

有香「ふふっ、みくちゃん良かったですね。ではあたしは買ったCDもありますし、これで! 二人共、また明日っ!」

李衣菜「うん! 気をつけてね有香ちゃん!」

みく「また李衣菜チャンに質問攻めしてあげてにゃ!」

タタタタッ

李衣菜「――行っちゃった。結局あんまり音楽のこと教えてあげられなかったなぁ、次はもっと頑張らないと」

みく「でも李衣菜チャンにしてはよくやってたほうにゃ。みくの予想だと10分くらいでボロが出ると思ってたのに」

李衣菜「あ、酷い! 私だって毎日成長してるんだからあれくらいは出来るよ! ……でも、今日はありがとうみくちゃん」

みく「へっ? なにがにゃ?」


18: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:26:13.88 ID:GX2d7X3Z0

李衣菜「実を言うとやっぱり私が教えるので良かったのかなって思ってたんだ。でもみくちゃんが現れてくれた時」

李衣菜「『これでなにかあっても大丈夫』って安心出来てさ。それで今日は頑張れたから」

みく「ふ、ふぅん。そうなのかにゃ……」

李衣菜「それに、凄く良いタイミングで私と有香ちゃんの間に入ってきてくれたし……だから、みくちゃんはこの後どうしたい?」

みく「こ、この後ってなんにゃ……?」

李衣菜「もう有香ちゃんも帰っちゃったからね。だから今からはお礼も兼ねてみくちゃんのしたいことに全部付き合うよ」

李衣菜「ほら、CDショップでも『また後でね』って言ったでしょ? だから……まぁ、みくちゃんが迷惑なら、やめるけど」

みく「め、迷惑なんてそんなこと全然ないにゃ……! でもほんとにいいの……?」

李衣菜「最初に会った時ここを歩いてたってことはなにか買い物する気だったんでしょ? それくらい分かるよ私だって」

みく「……全く、抜けてると思ったら変なとこで気が利くんだから。李衣菜チャンはしょうがない奴にゃ」

李衣菜「はいはいそうですよ。でも私のことよりも、まだみくちゃんがどうしたいか聞いてないけど?」


19: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:26:56.02 ID:GX2d7X3Z0

みく「……買い物する気はあったし、いいよ、みくに付き合わせてあげるにゃ」

李衣菜「やった! ありがとうみくちゃ――」

みく「ただし!」ビシッ

李衣菜「はい!?」ビクッ

みく「まずは李衣菜チャンの見た目ちょっとでも変える物を買ってからにするにゃ。また身バレしたら困るしにゃ」

李衣菜「そ、それもそっか。分かった、その辺りのことも全部みくちゃんに従うよ」

みく「よーし、そうと決まればまずは服屋さんにゃ! さ、行こ李衣菜チャン♪」

李衣菜「うんっ!」

――その後、放課後という短い時間を目一杯楽しんだ二人は、夕食を共に終えた後、
とても名残惜しそうにしながらも、次の日のためにそれぞれの帰路に就くのであった。

〈終〉


20: ◆R4LxbbyKhE 2018/04/03(火) 06:28:09.61 ID:GX2d7X3Z0

[放課後ロックスター]多田李衣菜の特訓前の光景が凄まじすぎたので。え、なにあれ、現実なのあれ
……現実だわあれ。冷静に考えていつぶりなんだ李衣菜の新録「みくちゃん」って、嬉しい、ヤバイ
しかもそれだけじゃなくて李衣菜の衣装がハイジョっぽさあるの色々堕ちそう、堕ちてた
限定SSRなので入手するのは大変ですが、手に入れた方はぜひとも色々見て、凄いので、尊いので
読んでくださった方ありがとうございました



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿