TOP > ミリオンライブ! > リコッタは寝不足【ミリマスSS】

リコッタは寝不足【ミリマスSS】

1: ◆UEry/CPoDk 2018/04/03(火) 23:08:57.68 ID:IZdxxfoy0

(4月2日・亜利沙自宅)
亜利沙「ついにこの日が来ちゃいました。そう。明日はいよいよ、ついに、なんと…春香さんのお誕生日ですよぉ!ムフフ♪」

亜利沙「うう、ホントならみんなでバースデーライブやりたかったのに、春香さんはお仕事だなんてぇ。プロデューサーさんもイジワルなんですから。」

亜利沙「とはいえ嘆いてばかりもいられません。ライブが終わった後、劇場でパーティーを開くんですからね。その為にもしっかり計画を練らないと。ありさ、責任重大です!」

亜利沙「えーっと。まずはデータベースをフル活用して、アイドルに相応しいパーティーの流れを作成、と。ふむふむ、当日集まる人達の顔ぶれを考えるとこんな感じですかね?それから…」

亜利沙「バッチリです!それからこのプレゼントも忘れてはいけませんね、バッグに入れておかないと。よし、明日が楽しみですね。おやすみなさぁい。」


2: ◆UEry/CPoDk 2018/04/03(火) 23:10:54.18 ID:IZdxxfoy0

亜利沙「…眠れないなぁ。色々考えすぎて頭が冴えちゃってるんでしょうか。駄目ですよ、睡眠不足はアイドルの大敵なんですから。早く寝ないと。」

亜利沙「あ、待った。さっきの計画、ライブ終了後の春香さんのテンションを計算に入れてませんでした。これはいけません。もう一度最初から練り直しましょう。えーっと、まず春香さんが入ってきたら皆でクラッカーを鳴らして…」


3: ◆UEry/CPoDk 2018/04/03(火) 23:12:04.08 ID:IZdxxfoy0

(のり子自宅)
のり子「よし完成。へへっ、いい出来。前もって響やあずささんに教わっといたおかげだね。」

のり子「アタシがお菓子作ってきたって言ったら春香、どんな反応するかな?楽しみだよね。さ、寝ようっと。」



のり子「…眠れない。柄にもない事やったせいかな、頭がざわついてる。」

のり子「うーん。あらためて考えると、食べ物をプレゼントってどうなんだろ。春香は忙しいもん、なかなか食べる機会ないかもしれないよね。かといって、渡したその場で食べてくれって言うのもちょっと変だし。」

のり子「あっそうだ、パーティーの時に皆で食べられるようにすればいいじゃん!よし、そうと決まればもっと作ろう。材料まだあるしね。それじゃ、もう一回道具出して…ごめんお母さん、台所もうちょい使うね?」


4: ◆UEry/CPoDk 2018/04/03(火) 23:15:27.33 ID:IZdxxfoy0

(奈緒自宅)
奈緒「完璧や。春香への誕生日プレゼント、これなら大喜び間違いなし。」

奈緒「日頃お世話になっとるんやし、お返しの意味でもきちんとお祝いしてあげんと。これぐらいは当然やな。」

奈緒「さーて寝よっと。明日は劇場でパーティーやな、楽しみやで…」



奈緒「待って。他の子も誕生日プレゼント渡すに決まっとるやん。なのに私、こんな大きなモン用意して。春香持って帰るんめっちゃ大変やでこれ。」

奈緒「どうしよ、考えが足りんかったなぁ。けど今からじゃ買いに行くのも無理やし…」

奈緒「せや!リコッタで撮った写真、まだまだ見せてないのが沢山あったな。アレをアルバムにして渡そ、アルバムもラッピングの包み紙もあるしな。」

奈緒「おっけーアオノリ!出番やで、イイ感じの写真を表示して…ナオメッチャネムイ?ご主人様のピンチやぞ、根性出せ!」


5: ◆UEry/CPoDk 2018/04/03(火) 23:18:37.84 ID:IZdxxfoy0

(翌日・劇場)
亜利沙「ふわぁぁ…おはようございます。」

奈緒「おはようさん。なんや、めっちゃ眠たそうやな。また徹夜でアイドルのライブ映像でも見てたんか?」

亜利沙「違いますよぉ。って、そういう奈緒さんこそずいぶん眠そうですけど。」

奈緒「んー、ちょっとな。ふわぁ…」

のり子「おはよ、二人とも。亜利沙、今日はどうするんだっけ…ふわぁ。」

奈緒「あらら、あくびが大はやりで…フワァ。」

のり子「三人ともか。今日の仕事、そんなにハードだった?」

奈緒「そうでもなかったですけど。これはまあ、別に理由があるといいますか…フワァ。」

亜利沙「ありさもです…ふわぁ。」


6: ◆UEry/CPoDk 2018/04/03(火) 23:20:23.53 ID:IZdxxfoy0

のり子「ちょっとちょっと。今日はこれからが本番なんだよ、あと少ししたら春香が来るんだから…ふわぁ〜。」

亜利沙「そ、そうですよね。とにかくパーティーの準備をしないと。」

奈緒「せやな。気を付けんと、桃子に何言われるか…あれ、そういや桃子は?」

のり子「見てないなぁ。」

亜利沙「ありさもですね。美咲さん、桃子ちゃんセンパイを見ませんでしたか…仮眠室?」

のり子「珍しいね、桃子がそんなとこ行くなんて。」

奈緒「そうやな、なんでまたわざわざ……ん?いや待って、もしかしたら。」

のり子「ん、何…あ、そうか。つまり、アタシ達と同じく。」

亜利沙「え、どういう意味ですか…ってあの、もしかして二人とも?」


7: ◆UEry/CPoDk 2018/04/03(火) 23:22:53.75 ID:IZdxxfoy0

奈緒「…春香が戻ってくるまでまだ時間あるな。ちゃんとお祝いする為にも、体調を整えとく必要があると思わん?」

のり子「賛成。桃子もいるし、静かに使おうね。」

亜利沙「了解です。ムフフ、桃子ちゃんセンパイの寝顔を見る絶好の機会到来ですね!」

のり子「変なマネしたら怒るよ?」

亜利沙「わ、分かってますよぉ。それに今はとにかく眠たくて眠たくて。」

奈緒「同じく。こうしてる間にもまぶたがくっつきそうや、はよ行こ?」

のり子「よし。じゃあ美咲さん、そういう事だから。ふふ、桃子、起きたらびっくりするだろうね?」


8: ◆UEry/CPoDk 2018/04/03(火) 23:24:16.44 ID:IZdxxfoy0

おしまい。お目汚し失礼致しました。
出てませんけど天海春香さん、お誕生日おめでとうございます。





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿