TOP > シンデレラガールズ > モバP「親戚の葬儀で一週間も事務所を留守にしてしまったが……」

モバP「親戚の葬儀で一週間も事務所を留守にしてしまったが……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 01:12:13.94 ID:lWkJAidtO

P「ただいま戻りました」

ちひろ「あ、お帰りなさい!プロデューサーさん!」

P「すみません、私用で事務所を留守にしてしまいまして……」

ちひろ「いえいえ。いいんですよ。
プロデューサーさんにはいつもスタドリ買ってもらってますから

P「そ、そうですか」

ちひろ「事務仕事はやっておきましたし、アイドル達には、
プロデューサーが仕事を辞めたというドッキリ情報を伝えて
場を温めておきましたので、これからも頑張ってくださいね!」

P「ありが……おい待て何してくれてるんですか!?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 02:00:17.75 ID:WNdhU4Y7O

凛「……」

P「…いやぁその、あはははは」

凛「……ずっと」

P「!?」ビクッ

凛「私のこと見ててねって言ったのにな」

凛「プロデューサーは私との約束破っちゃうんだ」

凛「ふぅん」じろっ

P(うわ、ご機嫌斜め)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 02:13:02.42 ID:WNdhU4Y7O

P「何か誤解してないか?俺はただ親戚の葬式に――」

凛「嘘は聞きたくないよ」

P「嘘じゃない、なんなら家内に連絡とってもいいぞ?」

凛「どうせ根回ししてるんでしょ」

P「困ったな、どうしたら信じてくれる?」

凛「今のプロデューサーの言ってること、何にも信用出来ない」

P「どうして?」

凛「ちひろさんが泣きながら言ってたよ」





凛「別の会社からスカウトされたんだってね」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 02:28:36.00 ID:WNdhU4Y7O

P「弁明の余地は?」

凛「プロデューサーには、まず反省して貰わないとね」

P(無し、か……)

凛「でもさ、私も鬼じゃないよ?反省したら許してあげる」

P「どうしたら許してくれるんだ?」

凛「何でも聞いてくれる?」

P(何でもって言うのは引っ掛かるが、凛なら度は越えないだろうし、まぁ機嫌が直ってくれるまでならいいか)

P「ああ、いいぞ」

凛「うん、じゃあ……」




凛「プロデューサーは今日うちの家に泊まっていくこと」ニヤリ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 02:46:30.01 ID:WNdhU4Y7O

P「ああいいよ、面談ついでに――」

凛「それから今日は私の仕事、レッスンに付きっきりであること」

P「今日は一人で営業行くと心配な子も居ないしいいぞ」

凛「それから今日、何が食べたいか私に教えること」

P「ハンバーグ食べたいな」

凛「それからプロデューサーの好みのタイプを私に教えること」ムッ

P「料理が出来る家庭的な子かな」

凛「それから家に帰っても私のことはずっと見ること」ニンマリ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 03:11:57.11 ID:WNdhU4Y7O

――午後6:30――

凛「今日もお疲れさまプロデューサー」

P「待ってたのか?別に直帰でも――」

凛「…」ムスッ

P「待ってくれててありがとう」

凛「…」チラ

P「凛と帰るのを楽しみだったよ」

凛「よしよしP子、私は素直な子の方が好きだよ」ナデナデ

P「……」


P(他人とは距離を置くタイプだと思っていたが、色々難しい子だな)


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 11:45:43.22 ID:WNdhU4Y7O

凛「ただいま」

P「ただいま」

凛「おかえり、早速ご飯作って来るから待ってて」

P「親御さんは?」

凛「……まだ帰ってこないみたい」

P「なら凛と一緒に居るよ」

凛「ふふ、そう?わかった」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 12:15:15.15 ID:WNdhU4Y7O

凛「……」

P「……」

凛「あのさ」

P「なんだ?」

凛「プロデューサーは、もし」

凛「もし、ここの会社辞めて他の会社にお誘いが来て」

P「……だからそれは」

凛「黙って聞いて」

P「はい」

凛「プロデューサーは行きたいって言って」

凛「そこで私も行きたいって言ったら――」




凛「私も一緒に連れてってくれる?」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 12:47:59.77 ID:WNdhU4Y7O

P「連れて行きたいな」

凛「そっか、そうなんだ」

凛「ふふ、プロデューサー、二人で移籍した後もよろしくね」

P「だから行かないってば、それに行くなら――」




P「二人って言うより、みんなだろ?」

凛「はい?」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 13:10:27.54 ID:WNdhU4Y7O

凛「…」ムッスー

凛(分かってる、分かってたんだ。プロデューサーはそう言うって)

P「俺が悪いことしたなら謝るからさ、機嫌直してくれよ」

凛(プロデューサーのいいところなんだけどさ)

凛「お、お風呂から……お布団の中までずっと私を見ていること」

凛(――本当なら他の子よりもっと私を見ていて欲しいんだ)

P「……は?」

凛「言う通りにしないと明日も……」

凛(だってプロデューサーのシンデレラは)

「怒るよ?」

「困ったな」

(たった一枠なんだから)


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 13:13:06.43 ID:WNdhU4Y7O

おわり感謝



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿