TOP > ガールズ&パンツァー > 【ガルパン】みほ・まほ「朝起きたら体が入れ替わってた……」

【ガルパン】みほ・まほ「朝起きたら体が入れ替わってた……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/02(月) 21:29:30.62 ID:86hAklTu0

ピピピピッ ピピピピツ

みほ「朝か」ガバッ

みほ「…………ん、制服が無い」

みほ「昨日どこかに移動しただろうか?」キョロキョロ

みほ「ここは?」

みほ「(私は気が付くと見覚えの無い部屋に居た。ボコのぬいぐるみが一杯のアパートの一室)」

みほ「(しかし、ここがみほの部屋だと気づくのにそんなに時間はかからなかった)」

みほ「…………え?」


――――――――――――――――


ピピピピッ ピピピピッ

まほ「んー」パチッ

まほ「ふわぁ……」ノソノソ

まほ「ん?お姉ちゃんの部屋?」

まほ「…………あれ?」

まほ「あれぇ?」


※みほとまほの入れ替わりネタ(君の名は。は関係ないです)
 キャラ崩壊注意


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/02(月) 21:33:03.85 ID:86hAklTu0

prrr prrr

みほ『もしもし、みほか?』

まほ『う、うん』

みほ『みほが現状をどこまで把握しているか分からないが、どうか落ち着いて聞いて欲しい』

みほ『私たちは体が入れ替わってしまったみたいだ』

まほ『…………あ、あはは。だよね』

みほ『こんなバカみたいな話、誰に言っても信じてもらえないだろう』

まほ『うん』

みほ『どうすれば戻れるのかは分からないが、しばらくはこのまま過ごそうと私は考えている。そのうち自然に戻ることを信じて』

まほ『それはお互いのフリをするってこと?』

みほ『ああ。消極的な案だが、あまり騒ぎ立てるわけにもいかないからな』

まほ『そうだね。うん、それが良いと思う』

みほ『すまない、苦労をかける』

まほ『ううん、お姉ちゃんのせいじゃないよ。それよりもお姉ちゃんの交友関係を教えて?』

みほ『ん、そうだな。スリ合わせしておこう』

まほ『~~~~~』

みほ『~~~~~』


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/02(月) 21:35:07.39 ID:86hAklTu0

みほ「…………」テキパキ

沙織「…………」ジーッ

みほ「うん?」

沙織「あ、ごめん。なんか、今日のみぽりん雰囲気違うなって」

みほ「そう?」

沙織「う、うん。なんか急に大人っぽくなったっていうか……」

みほ「気のせいじゃない?」

沙織「え、えー?」

沙織「…………もしかして、みぽりん彼氏できた?」

みほ「まさか。そんなじゃないよ、本当に。ちょっと疲れ気味だから雰囲気違ってみえるのかな」

沙織「そっかなあ。でも大丈夫?疲れてるなら片付けは私がやっておくけど」

みほ「いや、大丈夫。沙織さんは優しいね」ニコッ

沙織「……!」ドキッ

沙織「(いやいや、今日のみぽりん絶対におかしいって。何あの包容力のある笑顔)」ポケー

みほ「大丈夫?ふふ、沙織さんも疲れてるみたいだし、ちゃちゃっと終わらせちゃおうか」

沙織「え、あ、うん。ごめん。そうしよ!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/02(月) 21:40:41.76 ID:86hAklTu0

まほ「…………」ワタワタ

エリカ「…………」テキパキ

ガチャン
まほ「……っとと」アワアワ

エリカ「隊長……?」ジー

まほ「な、何かな?」ハンワライ

エリカ「先ほどからご体調が優れないように見えますが大丈夫でしょうか?医務室で休まれては……?」

まほ「え…っと。大丈夫」

エリカ「ですが、もしものことがあってからでは……!心配なんです」

まほ「ううん。本当に大丈夫だよ。ありがとう、エリカ」ニコー

エリカ「!?」ドキッ

エリカ「(な、なんて無垢な笑顔を……。やっぱり今日の隊長は少しおかしい)」

エリカ「医務室へ行きましょう。少しだけでいいので、どうか休憩を取ってください」

まほ「……うん。そうさせてもらう。ごめんね心配かけて」ニコッ

エリカ「いえ……」

まほ「(やっぱエリカさんは優しいなあ)」ニッコニコ

コケッ
まほ「わあわあ……!?」アタフタ

エリカ「フラつくようでしたら、私の肩によりかかって下さい」スッ

エリカ「(ホント大丈夫かしら……?)」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/02(月) 21:44:48.03 ID:86hAklTu0

沙織「みっぽり~ん!学食にお昼食べにいこー」

みほ「うん」

沙織「今日はみんなも学食で食べるって。先に行って席取ってくれてるから早くいこっ!」

みほ「ん」

………………
………


食堂

みほ「…………」食券機ピッピッピ

沙織「ん?今日は決めるの早いね」

みほ「そう?」スッ

沙織「みぽりんはカレーかあ……。たまには私もカレーにしよっと」ピッ



「はい、お待ちどうさま」

みほ「ありがとう」スッ

沙織「……量多くない?それ大盛り?」

みほ「うん」

沙織「大丈夫?」

みほ「お腹すいてるから」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/02(月) 21:45:31.54 ID:86hAklTu0

優花里「あっ、西住殿~!こっちです」

みほ「うん、ありがとう」スッ

麻子「zzz……」

沙織「麻子……食べながら寝てる……。もー!起きてー」

麻子「んー……」ノソノソ

沙織「ヨダレ付いてるし……」

みほ「ほら、こっち向いて?」フキフキ

麻子「……っ!」

華「あら」

麻子「す、すまない」アセアセ

みほ ニコリ

華「ふふ、なんだか仲の良い姉妹みたいで羨ましいです」

優花里「あはは、ですね」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/03(火) 19:36:34.08 ID:zWaos5Cu0

赤星「隊長。申し訳ありませんが、相談したいことがありまして……お時間大丈夫でしょうか?」

まほ「うん、いいよ。どうしたの?」ニコッ

赤星「実は、エリカさんと、まだちょっと気まずくて……」

赤星「その……どうしたら良いんでしょうか?以前の様に仲良く接したいのですが、こういうのあまり得意ではなく……」

まほ「そっか……」

赤星「す、すみません。隊長にこんなこと」

まほ「ううん。頼ってくれて嬉しいよ。そうだなあ……みんなでパジャマパーティでもしてみる?」

赤星「パジャっ?え?」

まほ「みんなでパジャマ着て、お菓子食べたりテレビみたり。それでお喋りしながらみんなで寝る」

まほ「下手に気を使うよりも、パーと騒いで遊んじゃう方がいいかなと思ったんだけど……どうかな?」

赤星「え、ええと。それは、隊長も、ですか?」

まほ「うん。お邪魔かな?」

赤星「い、いえ!とても嬉しいです。いきなり2人では難しいでしょうし」

まほ「そっか、良かった。エリカは私から誘っておくよ」ニコー


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/03(火) 19:41:04.97 ID:zWaos5Cu0

まほの部屋

まほ「二人のパジャマ可愛いね」ニッコニコー

エリカ「あ、ありがとうございます」テレテレ

赤星「嬉しいです」エヘヘ

まほ「とりあえずお菓子はポッキーでいいかな?」ニコー

エリカ「はい」ニコー

赤星「私これ好きです」ニコー

エリカ「(……なんかあの笑顔見るとつられて笑っちゃうわね)」

………………
………


赤星「(それから何時間もお喋りをした)」

赤星「(コンビニお弁当だとあれが好きとかこれが嫌いみたいな、そんな他愛無いことを)」

まほ「zzz」スースー

エリカ「zzz」

赤星「ふふっ、なんだか隊長可愛かったな」

赤星「(エリカさんとの間のギクシャクはもう無い。きっとこれからは仲間としてライバルとして、楽しくやっていけるだろう)」

赤星「ありがとうございます、隊長」

まほ「ムニャムニャ」zzz

赤星「クスクス」ニコニコ


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/03(火) 19:57:03.71 ID:zWaos5Cu0

杏「や、西住ちゃん」

みほ「おはようございます、会長」スラリ

杏「ちょっと今後のことで相談したいんだけどいいかな?」

みほ「はい」

………


みほ「予算が足りない?」

柚子「うん。大会優勝以来、練習試合も多くて想定以上に出費が……」

杏「このまんまだと、普段の練習もままならなくなるからどうしたもんかなーって」

みほ「しかし、あれだけの功績を示したのですから、予算も下りるのではないでしょうか?」

杏「まーねえ。来年からはわりかし潤沢に使えそうなんだけど、なにぶんちょっと前まで廃校の予定だったから。今はどこにもお金ないんだよね」

みほ「なるほど」

柚子「それでも会長がかき集めてくれて多少はあるんだけど、どうしても消耗品の減りが早くて」

桃「どうにかならんか西住!」

杏「西住ちゃんにも、どーしようもできないこととは分かってるんだけど……ごめんね」

みほ「いえ、知り合いに連絡して、弾薬や燃料を格安で提供して貰えないか聞いてみます」ピッピッピ

………………
………


みほ「――――多少は安く卸して頂けるそうです」

柚子「あ、ありがとう西住さん!」

杏「おおー、これならギリ足りるんじゃない?さっすが~!」

桃「に、西住~~!」ダキッ

みほ コマリワライ

杏「でも、お姉さんの名前出してたみたいだけど、良かったの?」

みほ「え?ええ。彼女も、大洗を応援していますから」

柚子「そうなんだ。西住さんたちには感謝してもしきれないわね」

みほ「大丈夫ですよ。困ったときには助け合う、それが戦車道ですから」

桃「西住~!」ダキッ

みほ「は、はは」コマリワライ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/03(火) 20:07:21.02 ID:zWaos5Cu0

エリカ「隊長!今日はお弁当を作ってきたので、小梅と一緒に食べましょう!」

まほ「わあ、ありがとう!楽しみだな~」ニコニコ

エリカ「ふふ、期待していいですよ!」

………


エリカ「じゃじゃん!前に隊長は苦手なものがないと聞いたので、いろいろと作ってみました」

赤星「わー、どれも美味しそう」

エリカ「まーね」フフン

まほ「(うっ、ピーマンの肉詰めがある……)」

エリカ「さあ、どうぞ食べてください!」

まほ「あ、ありがとう。いただきます」パクパク

まほ「ん、美味しい!」

エリカ「お口にあって良かったです!」

赤星「隊長、この肉詰めも美味しいですよ!」

まほ「え、う、うん」アワアワ

エリカ「隊長の位置からだと遠いですかね?……あーん」スッ

まほ「うう……」メソラシ

エリカ「……すみません。調子に乗りました。嫌ですよねこんな、私なんかに。ごめんなさい」
まほ「全然、嫌じゃない!」

まほ パクッ

まほ「お、美味しいよ……」ナミダメ

赤星「(察し)」

エリカ「よろしければ、もう1つどうぞ!」

まほ「う、うん……」

赤星「わ、わー、エリカさん。それ私のです!私、まだ全然食べてないんですから!」

エリカ「え?……いいけど、あなた案外と食い意地が張ってたのね?」アーン

赤星「あ、あはは」モグモグ

赤星「(隊長って本当に可愛いなあ)」チラッ

まほ「?」

赤星「ふふふっ」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/03(火) 20:13:40.31 ID:zWaos5Cu0

グロリアーナにて―――――――


ダージリン「~~~~♪」

オレンジペコ「ダージリン様、今日はご機嫌ですね。何か良いことでもありましたか?」

ダージリン「ええ、みほさんとまほさんに無理を言って練習試合を組んでもらったの」

オレンジペコ「わあ!それは凄いですね」

ダージリン「でしょう?」

オレンジペコ「2校とも同時に来られるのでしょうか」

ダージリン「それは残念ながら……。流石にスケジュールが合わなかったわ」

ダージリン「ふふ、でも面白いわよね。数ヶ月前まではこちらが大洗の無茶を聞いて練習を受けていたのに、今では逆」

オレンジペコ「ふふふ、そうですね」

ダージリン「楽しみだわ」

オレンジペコ「はい!」


――――――――――――――


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/03(火) 20:17:15.77 ID:zWaos5Cu0

聖グロ&大洗 合同(実戦)練習後

ダージリン「今日はなんだか、まほさんみたいな戦い方だったわね?」

みほ「ふ、こういう正攻法もできなければダージリンさんには勝てませんから」フッ

ダージリン「……言うわね。本当にまほさんみたい」

みほ「ふふ」

ダージリン「ふっ、ふふふ」ピリピリ

オレンジペコ「(……な、なんだか今日のみほさんは別人のようです)」ジーッ フラフラ

ダージリン「オレンジペコ!前!」

オレンジペコ「えっ、あ!」ガツン コケッ

みほ ハシッ

みほ「大丈夫?」スラリ

オレンジペコ「え、あ、ありがとうございます。た、助かりました」

みほ ニコリ

オレンジペコ「す、すいません。本当にありがとうございました」スッ

みほ「うん」

ダージリン「(みほさんてこんなキャラだったかしら?)」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/03(火) 20:21:21.17 ID:zWaos5Cu0

聖グロ&黒森峰 合同(実戦)練習後

ダージリン「今日はなんだか、みほさんみたいな戦い方だったわね?」

ダージリン「(ん、……なんだかデジャブを感じるわね)」

まほ「あ、あはは。うーん、良い作戦だと思ったんだけど。ダージリンに上手く捌かれちゃった」

ダージリン「そ、そうね……?新しいこともいいけれど、やはり十分に練習を積んでからでないと」

まほ「うん。今度はあっと言わせてみせるね」ニコー

ダージリン「え、ええ。楽しみにしてるわ」タジタジ

まほ「あ、この紅茶美味しい」パァッ

ダージリン「……お口にあって良かったわ」

ダージリン「(き、今日のまほさんは妙に無邪気ね……。可愛いのだけれど、ちょっと心配になるわ……)」

オレンジペコ「ふふ、おかわりはいかがですか?」

まほ「ありがとう」ニコッ

オレンジペコ「(なんだか、今日のまほさんは別人みたいに可愛らしいです。ふふっ、ちょっと失礼ですね)」

ダージリン「(まほさんって、こんなキャラだったかしら?)」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 21:26:48.23 ID:tOwJ3Eby0

ボコミュージアム



まほ「(こんな時だもん。偶には息抜きしないと)」ニッコニコ

まほ「やっぱりまずはボコショーだよね」

………


ボコ「みんなー応援してくれー!」

まほ「頑張れっ!頑張れボコー!」

???「ボコー!頑張れボコー!」

まほ「あ!愛里……島田さん」

愛里寿「西住まほ……?あなたもボコが好きだったの?意外」

まほ「ま、まあね。そんなことより今は応援してあげないと!」

愛里寿「む。言われなくても分かってる。頑張れーー!」

まほ「立ってボコー!」

ボコ「うおおおおーーー!行くぜぇ」

ドカッ バキッ
ボコ「やーらーれーたー」

………


まほ「ああー面白かったぁ!」←素

愛里寿「あなた、キャラ違わない?」

まほ「あ、いや、その」アワアワ

愛里寿「……いや、それだけボコが好きってことか」

まほ「そ、そう!」

愛里寿「ふーん。やっぱり意外。でも、みほさんといつでもボコ談義できるっていうのは羨ましいかも」

まほ「あ、あはは」

まほ「他のアトラクションも一緒に回ろうよ!」ニコー

愛里寿「うん」

………


まほ「見てみて愛里寿さん!あそこに隠れボコ!」←素

愛里寿「あっホントだ!凄い!今まで全然気づかなかった」

まほ「えへへ」

愛里寿「……じゃあ、ここでボコが手振ってくれてるの知ってた?」タイコウシン

まほ「え?本当だ!愛里寿さんすごい!教えてくれてありがとう!」ニコニコー

愛里寿「えへへ」テレ

………


まほ「はぁ……。もう大満足」

まほ「楽しかったね」ニコッ

愛里寿「う、うん」テレ

愛里寿「(黒森峰に入るのもいいかも……)」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 21:28:03.99 ID:tOwJ3Eby0

みほ「……ふぅ」カチャカチャ

カエサル「おや、隊長がチェスとは珍しいな」

みほ「ん。息抜きに少し」

カエサル「ふふ、休憩にチェスとは良い趣味だ」スッ カチャ

みほ「できるの?」

カエサル「ああ。とはいえ将棋派が多くて、なかなか相手が居なくてな。腕はなまくらだが……それでも1勝負どう?」

みほ「よろこんで」

………


カエサル「うわぁーん!本当は自信あったのにぃーーー」ダッシュ←ボロ負け

みほ「ふ……」

………………
………


エルヴィン「カエサルから聞いたが、チェス強いらしいな」

みほ「趣味程度だけどね」

エルヴィン「謙遜は良い。カエサルは数少ないチェスのライバルだ」

エルヴィン「そのカエサルが激戦の末に負けたというのだから、相当なものだろう」

エルヴィン「さあ、勝負だ!」

みほ「うん」

………


エルヴィン「うぐぐ……。カエサルめ嘘をついたな……」ダッシュ←ボロ負け

みほ「ふ……」

みほ「(良い息抜きになった)」ホッコリ


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 21:32:05.68 ID:tOwJ3Eby0


………………………………
………………………
………………
………


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 21:32:49.64 ID:tOwJ3Eby0

まほ「(ある朝、目が覚めると自分の体に戻っていた)」

まほ「……そうか」

………………
………


エリカ「まほさん!おはようございます」

まほ「え?あ、ああ。おはよう」

エリカ「今日は日替わりランチがハンバーグみたいです。今から楽しみですね」ニコニコー

まほ「そ、そう…だな」タジタジ

エリカ「どうしました?あ!……もしかして気分じゃなかったです?」

まほ「いや、そんなことはない。私も楽しみだよ」

赤星「エリカさんは本当にハンバーグが好きですね」

エリカ「ふん。あんただって気が付くとラーメンばっかりじゃない」

赤星「うう……それを言われると」

エリカ「誰だって好物はあるんだから、これでいいのよ」

赤星「そうですね。……そうだ!こんど遊ぶときは好物ばっか集めてみます?」

エリカ「面白そうね。でも、ハンバーグにラーメンそれと……」

赤星「隊長のお好きなカレー!ですね!」

エリカ「全部となると重くない……?」

赤星「でもでも、ラーメンにカレーをかけてハンバーグを添えれば1つの料理にはなりますよ!」

エリカ「はあ?それ、不味かったらあんたが責任持って全部食べなさいよ?」

赤星「ええ!?あはははは」

エリカ「ふふふ」

まほ「え?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 21:33:49.86 ID:tOwJ3Eby0

みほ「(気が付いたら体は元に戻っていた)」

みほ「そっか……戻ったんだ」

みほ「…………」

………………
………


沙織「みっぽり~ん!おはよ!」

みほ「おはよー!」

コケッ
沙織「あつつ、足ひねちゃったかも」チラ

みほ「だ、大丈夫!?肩につかまって?」

沙織「う、うん……ありがとう」

沙織「…………」チラチラ

みほ「?」

沙織「お、お姫様だっこは……?」オズオズ

みほ「はい?」

沙織「会長がこの前、お姫様だっこで保健室に連れられたって!1年生の子達が言ってたもん!」

みほ「ええ!?もんって言われても~」アワアワ

………


梓「ア、アシガイタイナー」チラッ

華「私も腰が少し……」チラッ

杏「いやー、まだ万全じゃなくってさー」チラッ

ズラーッ

みほ「あ、あはは……なにこれ」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 21:34:32.24 ID:tOwJ3Eby0

おまけ


――後日、大洗と黒森峰の合同練習の開催が決まった――


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 21:36:24.75 ID:tOwJ3Eby0

大洗&黒森峰 合同練習後

みほ「エリカ!久しぶり」ニコニコー

エリカ「……は?」

みほ「あ、いや、その……」ワタワタ

みほ「すみません」シュン

エリカ「ふん。呼び方ぐらい好きにすれば良いでしょ」

みほ「うん……ありがとう」

エリカ「はぁ……ホント面倒くさい」

エリカ「(でも何か憎めないのよね……むしろ)」

エリカ「(いやいや、ないから!この子のことなんて嫌いだもの!)」

エリカ「……そうだ!そういえば、あなたピーマン嫌いだったわよね?」

エリカ「隊長が今日はお弁当いらないっていうから余ってるのよ、ピーマンの肉詰め」

みほ「え?」

エリカ「あなた食べなさい。さっきの罰に」

みほ「え、ええ……?」

赤星「あ、なんだか楽しそうなことやってますね」

みほ「小梅さん!久しぶり」

赤星「はい!お久しぶりです!」

エリカ「丁度良い所に。小梅!その子を押さえつけといて」

赤星「え?……はい!失礼しますね、みほさん」スッ ガシッ

みほ「ちょっ……ええ!?」

エリカ「はい、あーん」ニヤニヤ

赤星「(ピーマン……。ふふ、まさかね)」

赤星「はい!お口あけてください?」ニッコリ

みほ「うう……」ナミダメ


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 21:37:58.41 ID:tOwJ3Eby0

まほ「沙織さん、こんにちわ」

沙織「ふぇっ!?」

まほ「(……しまった。挨拶がクセになってた)」

沙織「な、なんでしょう?」

沙織「(みぽりんのお姉さん…だよね?なんだろ。というかなんで名前知ってるんだろう)」

まほ「いや、すまない。みほからいつも話を聞いていたんだ。だから、つい声をかけてしまった」

沙織「あ、ああ。なるほど」

まほ「いつも、みほが世話になってる。ありがとう」ペコリ

沙織「いえいえ!そんな」

まほ「……突然すまなかったな。それじゃあ」スッ

沙織「はい。さようなら……」

まほ「…………」スタスタ

沙織「…………」

沙織「……待って下さい!こうして声をかけて頂いたのも何かの縁ですから、よければこの後…お茶でもしませんか?」

まほ「え……?」

沙織「す、すみません。何言ってるんだろ私……」

まほ「いや、ありがとう。私でよければよろこんで」ニコッ



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/06(金) 21:44:31.09 ID:tOwJ3Eby0

正直ネタ切れしました。
それと>>1で ※若干のNTR要素(?)アリ と注意しとくべきだったかもしれません。すみません。



『ガールズ&パンツァー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿