TOP > ポケットモンスター > ロトム図鑑「サトシが記憶喪失になったロト」

ロトム図鑑「サトシが記憶喪失になったロト」

1: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 19:14:51.19 ID:L9+F80pfO

カキ「なんだって!?」

マオ「記憶喪失!?」

サトシ「君たちは誰だ」

ピカチュウ「ピカピ…」

マーマネ「そんな…」

スイレン「サトシ…」

リーリエ「こんなの……酷いです!酷すぎます!」


2: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 19:26:11.19 ID:L9+F80pfO

サトシ「さてと、新しい地方での冒険の準備しなきゃ」ゴソゴソ

サトシ「行こうぜピカチュウ!」

ピカチュウ「ピッカー!」

マオ「新しい地方!?」

スイレン「サトシ、なに言ってるの!しっかりして!」

カキ「なぁロトム……何故サトシは記憶喪失に?」

ロトム図鑑「それが……朝登校中にナゲツケサルの投げた木の実が頭に当たって…」

マーマネ「それで記憶喪失に?」

ロトム図鑑「当たりどころが悪かったみたいロト」

サトシ「さーここからがぼーけんだ」ゴソゴソ

スイレン「サトシ!目を覚まして!」ユサユサ

サトシ「あ~~~」ユラユラ

リーリエ「ど、とどどどうすれば……」ガタガタ

マオ「落ち着いてよリーリエ!」


3: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 19:36:09.67 ID:L9+F80pfO

カキ「ロトム!何かサトシの記憶を直す方法は無いのか?」

ロトム図鑑「残念ながらボクのデータには……」

マオ「とりあえず病院に行くってのはどう?」

マーマネ「それか……ポピュラーな方法で言えば同じ衝撃を与えるとか…」

リーリエ「スイレン!サトシを抑えていてください!」スッ

スイレン「任せて!」ガシッ

サトシ「お、おい!なにすんだよ!」ジタバタ

ピカチュウ「ピカピー!!」

カキ「おいおいまさか…」

マーマネ「リーリエ…そのでっかい木の実はどこから…」

マオ「まぁ、でも試してみる価値は……」

リーリエ「ていっ!」ブンッ

サトシ「お、おい!やめ……」

スイレン「……………」ギュゥゥ

サトシ「う……苦し………」




ゴツン


4: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 19:47:46.25 ID:L9+F80pfO

サトシ「」プシュウウ

リーリエ「ふぅ…かいしんのいちげきでしたね」

ロトム図鑑「きゅうしょに当たったロト」

マオ「スイレン、もうサトシを押さえてなくてもいいんじゃない?」

スイレン「ついうっかり」テヘッ

ピカチュウ「ピカピ!」ユサユサ

マーマネ(サトシ…生きてるかな?)

サトシ「………うっ…」

カキ「サトシが気づいたぞ!」

リーリエ「サトシ!私が誰だかわかりますか?」

サトシ「……………」

全員「」ゴクリ

サトシ「………ナゲツケサル」

リーリエ「…もう一発いきますか。スイレン」スッ

スイレン「ばっちこい!」ギュッ

サトシ「やめろー!」ジタバタ

マオ「ダメだこりゃ」ハァ


6: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 20:00:49.28 ID:L9+F80pfO

ククイ「みんなアローラ!今日も元気に…」ガラッ

ヤメロー

ククイ「………ん?」


スイレン「サトシ、暴れない暴れない」ギュウウ

サトシ「や、やめ……苦し……」ジタバタ

マオ「スイレン!強く抱きしめすぎだよ!」

カキ「リーリエ!よ~く狙っていけよ!」

リーリエ「はい!」スッ

マーマネ(まるでいじめみたいだ……)

ピカチュウ「ピカピー!」


ククイ(こ、これは……)タラッ

ククイ「何やってんだお前ら!」

全員「!」


7: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 20:14:27.62 ID:L9+F80pfO

ククイ「な、なんだって!?サトシが記憶喪失に?」

ロトム図鑑「そうロト……」

サトシ「……………」

ククイ(サトシ…朝はあんなに元気だったのに……)クッ

ククイ「サトシ……俺やバーネットとの日々までどわすれしちまったのか……?」

サトシ「博士………」

ククイ「え?」

サトシ「え?」

マオ「サトシ……今博士って……」

カキ「まさか……さっきの衝撃で思い出したのか!?」

ロトム図鑑「サトシは……キミたちの事だけ忘れてしまったみたいロト…」

ククイ「サトシ…」

リーリエ「そんな……」

シロン「コン……」

サトシ「ごめん……」

マーマネ「あ、謝らないでよサトシ!サトシが悪いわけじゃないよ!」

カキ「そ、そうだぞ!だからみんなでサトシの記憶を戻す方法を考えようぜ!」

サトシ「みんな……」

スイレン「だから、旅に出るとか言っちゃダメ!」プクー

サトシ「悪い……」

マオ「だから謝らないでって」クスッ

リーリエ「そうですよ」ニコッ

サトシ「へへへ…」

ワイワイ

ククイ(まったく……お前たちの友情はフラッシュみたく眩しくて直視できないぜ)フッ


8: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 20:38:39.71 ID:L9+F80pfO

廊下

ガラッ

ピシャッ

サトシ(とりあえず今日は家に帰って安静にして寝てろって言われたけど……)

サトシ「………なぁロトム……」チラッ

ロトム図鑑「サトシ!記憶喪失のフリ作戦大成功ロトね!」グッ

サトシ「……………まぁ、そうだけどさ?」

ピカチュウ「ピー」

ロトム図鑑「サトシはみんなが引っ掛かってくれて嬉しくないロトか?」

サトシ「ん~……なんてゆーか…みんな本気で心配してくれてるし心が痛いっていうか……」

ロトム図鑑「サトシ!今日はエイプリルフール!嘘をついても許される日ロト!」

サトシ「でもこれ、みんなを騙してるみたいで……」

ロトム図鑑「エイプリルフールだからすっげー嘘をついてみたいって言ったのはサトシロト!」

サトシ「そうだけどさー」

ロトム図鑑「サトシ!安心するロト!明日になってネタばらしすればみんな笑って許してくれるロト!」

サトシ「そ、そっかな?」

ロトム図鑑「ボクのデータに間違いはないロト!」

ロトム図鑑「さぁ、サトシ!わかったら早く家に帰って安静にするロト!サトシはすぐに口が滑ってしまうロトからね」

サトシ「ん~……」ポリポリ

ロトム図鑑「サトシ!やるとなったらとことん!今日1日、嘘をつき通すロトよ!」グイグイ

サトシ「わ、わかったよ……」

ピカチュウ「ピー」


9: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 21:00:59.58 ID:L9+F80pfO

翌日

サトシ「みんなアローラ!」ガラッ

ピカチュウ「ピー!」

ベベノム「べべー」

ロトム図鑑「ロー」ヒューイ


シーン……

全員「………」

サトシ「……ん?」

サトシ「みんなどうし……」

ロトム図鑑「サトシ、昨日の…」ヒソッ

サトシ「あっ、そうだった!」

サトシ「あのさ、みんな!昨日の記憶喪失って実は……」

マオ「……サトシ!」

サトシ「?」

マオ「サトシ、私たち昨日みんなで集まって考えたんだ!」

サトシ「え?」

リーリエ「論理的結論から言いますと、サトシの記憶を取り戻す方法です!」

サトシ「……その事なんだけどさ?」

マーマネ「サトシー!僕たち頑張ったんだよ!」

カキ「ああ、昨日は色々あったな……」

サトシ「色々?」

マオ「カキとリーリエ、ケンカしてたもんね?」

カキ「あ、あれはリーリエがやっぱりサトシを木の実で打つとか言うから……」

サトシ「いっ!?」ビクッ

リーリエ「論理的結論から言いますと、あの方法が一番でしたから!」

マーマネ「アハハ、ほらっ、もうやめなよ二人とも~」

サトシ「………………」

スイレン「……確かにちょっとケンカしたり眠かったりもしたけど全然辛くなかった……」

サトシ「……え?」

スイレン「だって……」

スイレン「サトシのためだもん!」ニコッ

アシマリ「アウ!」

サトシ「そ、そうなんだ……サンキュー…」ハハハ

マオ「でも安心してサトシ!みんなで一日中話し合っていい方法思いついたから!」グッ

サトシ「お、おう……」

リーリエ「で、サトシ。何か言いかけてませんでしたか?」ニコッ

サトシ「い、いや…何でもないよ……」ハハハ

ピカチュウ「ピカピィ……」


10: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 21:19:45.89 ID:L9+F80pfO

ロトム図鑑「サトシ!なんでネタばらししなかったロトか!?」ヒソヒソ

サトシ「い、いや……」チラッ

全員「」キラキラ

サトシ「何かみんな真剣に俺の事考えてくれたみたいだから言い出しにくくって……」

ロトム図鑑「後になればなるほど取り返しがつかなくなるロトよ!」ヒソヒソ

サトシ「そ、そうだな!」

サトシ「あ、あのさ!」

カキ「よし、まずは俺からだサトシ!ついて来てくれ!」グイッ

サトシ「え?ついてこい?」

マーマネ「サトシ!これがみんなで決めたサトシの記憶を呼び覚ます方法だよ!」

サトシ「ど、どういう事?」

リーリエ「論理的結論から言いますと……サトシの記憶を呼び覚ます方法…それはつまり……」

スイレン「一人ずつ、順番に交代でサトシとの思い出の場所をまわること!」

サトシ「え!?」

マオ「サトシ!絶対に私たちの事を思い出させてあげるからね!」

アママイコ「アマー!」

サトシ「で、でも授業は……?」

カキ「今日は1日サトシのために使っていいと言われた!」

カキ「わかったなら行くぞサトシ!」グイッ

リザードン「ザァァドン!!」

サトシ「ちょ……待っ……」

ピカチュウ「ピカピィ…」

ロトム図鑑「大変な事になったロト」


11: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 21:29:25.85 ID:L9+F80pfO

ライドリザードン

リザードン「ザァァドン!!」バサッ

カキ「サトシ、どうだこの眺め……俺の事を少し思い出したか?」

サトシ「い、いや……ははっ……」

カキ「そうか……いや、まだこれからだ!」グッ

サトシ「……………」チラッ

ロトム図鑑「サトシ、こうなったら最後まで付き合って一人ずつ徐々に……そしてみんなのお陰で思い出すストーリーで行くのがいいロト」ヒソッ

サトシ「……だな?なんか面白そうだし!」ワクワク

カキ「……どうした?」

サトシ「…………いや、なんかワクワクしてきたなーってさ!」ニッ

ピカチュウ「ピカピカー!」

カキ「そうか…」フッ

リザードン「ザァァドン!」

カキ「よし!もう着くぞ!」グイッ

サトシ「!」


12: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 22:26:43.92 ID:L9+F80pfO

ヴェラ火山ふもと

サトシ「ここは……」

ピカチュウ「ピッカー……」

カキ「っと……まずは自己紹介からだな?俺の名前はカキ!そして…」ポンッ

アローラガラガラ「ガラ!」

カキ「こいつは俺の相棒のガラガラだ!」

アローラガラガラ「ガラー!」

サトシ「ガラガラ……」

カキ「……何か少し思い出したか?」

サトシ「……………」

カキ「ま、無理に思い出さなくてもいいさ…ゆっくりとな?」ニッ

サトシ「カキ……」

カキ「……ここは俺とガラガラが出会って……」ナデ

アローラガラガラ「ガラー!」

サトシ(そうだったな……確かみんなでアーカラ島に課外授業で行った時に…ヴェラの火祭りでカキとガラガラは出会ったんだっけな?)

サトシ「……なぁカキ!俺少し思い出して……」

カキ「そして……俺がサトシにZ技を伝授した場所だっけな?」キリッ

サトシ「…きた………え?」

ピカチュウ「ピ?」

ロトム図鑑「ロ?」


13: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 22:46:09.65 ID:L9+F80pfO

サトシ「え?なに?伝授?」

カキ「そうか…やはり思い出せないか…」クッ

サトシ「……なぁロトム…そんな事あったっけか?」ヒソッ

ロトム図鑑「いや、ボクのデータには無いロト。サトシのZ技はカプ・コケコから認められ、Zリングを…」

サトシ「だよなぁ?」

サトシ「なぁカキ……」チラッ

カキ「スクールに来たあの日……サトシは俺のZ技に憧れて…」

サトシ「え?ああ……」

カキ「俺との熱い修行でバトルの腕を磨き、そして俺の仲介で守り神とバトルして認められて授かった神聖な技じゃないか!あの修行の日々を忘れたのかサトシ!」ガシッ

カキ「ちなみにサトシは俺を師匠と呼びたがってたが俺たちはクラスメイトだし対等でいたいからって俺が止めたんだっけな?」フッ

サトシ「ごめん、まったく記憶にないや」

ピカチュウ「ピカー」

カキ「なぁサトシ!俺はいつまでもお前と対等で熱いライバルでいたいんだ…」

サトシ「! カキ……」

カキ「サトシが俺に憧れ、師匠と呼びたい気持ちはわかる……だが……」

サトシ「………………」

カキ「この事はみんなに内緒な?」ニッ

サトシ「え?ああ……」

カキ「二人の時は特別に師匠呼びでもいいぜ!」ニッ

ガラガラ「ガラッ!」ニッ

サトシ「なぁロトム……」

ロトム図鑑「テキトーに付き合って後で全部思い出した事にすればいいロト」

カキ「サトシ!これが俺とお前の関係だ!少しは思い出したか?」ワクワク

サトシ「あー思い出した思い出した」

カキ「そうか!」ホクホク

ピカチュウ「ピカァ…」ハァ


14: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 22:59:01.00 ID:L9+F80pfO

メレメレ島 浜辺

カキ「スイレン!サトシは俺の事を少し思い出したみたいだ!」

スイレン「ホント!?」

サトシ「………………」

カキ「ああ!だからスイレンも頑張れよ!」

スイレン「うん、わかった!」

アシマリ「アウ!」

カキ「じゃあ俺はいく!サトシ!」チョイチョイ

サトシ「?」

カキ「修行ならいつでも相手になるからな?」ヒソッ

サトシ「さ、サンキュー師匠……」


バサッ バサッ

サトシ「………………」

スイレン「…………サトシ、ついてきて」クルッ

アシマリ「アウ!」

サトシ「お、おう…」


ザザーン……

スイレン「……………」スタスタ

サトシ「………………」スタスタ

ピカチュウ「ピカピカ」チョコチョコ

アシマリ「アウアウ」ヒョコヒョコ

ロトム図鑑「ロー」ヒュー

サトシ(スイレン……ずっと真剣な顔してなんも喋んない……怒ってるのかな?)

スイレン「サトシ」チョイチョイ

サトシ「!」

スイレン「ここ、座って」ポンポン


15: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 23:10:57.63 ID:L9+F80pfO

ザザーン……

スイレン「………………」

サトシ「………………あの……」

スイレン「ごめんロトム、少しあっち行っててもらっていい?」

ロトム図鑑「わ、わかったロト……」

スイレン「…………サトシ、この場所覚えてる?」

サトシ「……え?」

スイレン「私がアシマリと一緒にバルーンの練習してて…」

スイレン「……私がサトシに夢を言った場所…」

サトシ「…………」

スイレン「…………やっぱり…覚えてないよね?」シュン

アシマリ「アウ……」ショボーン

サトシ(スイレン……すげー悲しそうな顔してる……)

スイレン「………………」

サトシ(何やってんだよ俺!ここはやっぱり…)

サトシ(スイレンには本当の事言わなくちゃ!)

サトシ「あのさ!スイレン!俺……」

スイレン「私、覚えてる…あの時サトシが私に語ってくれたサトシの夢」

サトシ「え?」

スイレン「俺、ポケモンマスターになって…それで……」

スイレン「す、スイレンをお、お嫁さんにするんだっ!……て////」プシュー

サトシ「……は!?」

アシマリ「ウアー……」

ピカチュウ「アッチャー……」


17: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 23:22:28.45 ID:L9+F80pfO

サトシ「え……?な、なに?お、お嫁さん!?」

スイレン「……やっぱりサトシ、覚えてない」ムスッ

サトシ「い、いや…覚えてるも何も記憶にな……」

スイレン「……でもいい…」スッ

サトシ「?」

サトシ「ど、どうしたんだスイレン寄りかかってきて?疲れたのか?」

スイレン「………………」ドキドキ

スイレン「こ、これから…二人でいっぱいオモイデつくってこ?////」ドキドキ

スイレン「私たち…二人だけのオモイデ……////」ポッ

サトシ「え?え?」

スイレン「/////」ピト

ピカチュウ「ピカァ////」

アシマリ「アウー////」


18: ◆I/lzUNrddk 2018/04/06(金) 23:46:04.27 ID:L9+F80pfO

サトシ(やべー……なんだこれ……どうすればいいんだよ…)

スイレン「あっ、そうだサトシ!」

サトシ「な、なに?」

スイレン「その……わ、私がサトシのが、ガールフレンドだって事はみんなにナイショ!///」ドキドキドキ

サトシ「え?」

スイレン「スイレンが恥ずかしがったら困るからって……サトシが私の為に言ってくれた二人だけのヒミツ……!い、今までもずっとそうだった////」ドキドキ

サトシ「………そうだったかもな……」

サトシ(……もう何かよくわかんないしとりあえず合わせとくか…)

スイレン(……恥ずかしいけど今ならいける…!)グッ

スイレン「サトシ!」スッ

サトシ「?」

スイレン「………ん!い、いつものやつ!////」ンッ

サトシ「いつもの?」

スイレン「んっ!////」ズイッ

サトシ(スイレン……急に目瞑ってどうしたんだろ)

ピカチュウ「ピカァ////」

アシマリ「アウー////」

サトシ(……眠いのかな?……とりあえず…)

サトシ「あ、あのさスイレン!」スクッ

スイレン「………?」ドキドキ

サトシ「その……悪いんだけどもう次行かなくちゃいけないから!」

スイレン「え?」

サトシ「ごめん!またな!」タッタッタ

ピカチュウ「ピッカー!」タッタッタ

スイレン「え?ちょ……サトシ!?」


タッタッタ

スイレン「…………」

スイレン(サトシ、照れてるんだ…///)ポッ

アシマリ「アウ」


ザザーン……


19: ◆I/lzUNrddk 2018/04/07(土) 00:06:23.01 ID:em/UcDYBO

ロトム図鑑「サトシー!スイレンはどうだったロト?」

サトシ「えーと……」ポリポリ

ロトム図鑑「?」

ピカチュウ「ピカピィ…」

ブロロロロー

サトシ、ピカチュウ、ロトム「!」

リーリエ「サトシ!迎えに来ましたよ!乗ってください!」ガチャッ

シロン「コン!」

サトシ「!」

ピカチュウ「ピッカー!」


ブロロロロー

サトシ(相変わらず高そうな車だなー)

サトシ「ねぇジェイムズさん!どこにむかってるの?」

ジェイムズ「屋敷にございます」

サトシ(リーリエの家かぁ……久しぶりだなぁ…)

リーリエ「サトシ、スイレンとカキはどうでした?何か思い出しましたか?」

サトシ「………なんてゆーか……」

リーリエ「?」

サトシ「俺の知らない記憶があるっていうか……俺、ホントに記憶喪失かもな?」ハハハ

リーリエ「???」

シロン「コン?」


20: ◆I/lzUNrddk 2018/04/07(土) 22:03:35.26 ID:cG4Z27ZOO

リーリエの部屋

ガチャッ

サトシ、ピカチュウ「!」

リーリエ「お待たせしました」

シロン「コン!」

リーリエ「サトシにはロズレイティー、ピカチュウにはポケモンフーズでいいですか?」ニコッ

サトシ「サンキュー!リーリエ!」

ピカチュウ「ピッカー!」

リーリエ「え?」

サトシ「?」

リーリエ「サトシ…今、私の名前を……」

サトシ「あ、いや…その……」アタフタ

リーリエ「サトシ……まさか記憶が…」ジーッ

サトシ「えと……そう!ちょっと思い出した!ほらっ!リーリエの部屋の臭いとかで!」アセアセ

リーリエ「私の部屋の臭い!?」ビクッ

ロトム図鑑「サトシ、それはちょっと変態っぽいロト」

サトシ「へ?」

ピカチュウ「ピカピィ…」ハァ

リーリエ「ま、まぁ…サトシの記憶が少しでも戻ったのならばいいです」コホン

シロン「コン!」

リーリエ「……ではサトシ…これは覚えていますか?」

サトシ「ん?」


21: ◆I/lzUNrddk 2018/04/07(土) 22:23:43.88 ID:cG4Z27ZOO

リーリエ「私……最初はポケモンに触るのが怖かったんです…」

サトシ「!」

リーリエ「……勿論ポケモンは大好きでした…ですが、幼い頃のトラウマからか、後一歩がいつも踏み出せなくて…」

リーリエ「ポケモンと楽しく触れあっているマオたちをいつも羨ましく眺めているしかできませんした…」

サトシ「リーリエ……」

リーリエ「……でも」

サトシ「!」

リーリエ「サトシやマオ…カキやスイレンにマーマネ…そして…」

リーリエ「シロンのお陰で今はこのとおり」ナデ

シロン「コン!」

リーリエ「たとえサトシが忘れていたとしても、私はサトシたちから貰った一歩を踏み出す勇気や優しさ、温かさを…」

リーリエ「きっと一生忘れることはないと思いますよ?」ニコッ

シロン「コン!」

サトシ「………違うよリーリエ…」

リーリエ「え?」

サトシ「リーリエがポケモンに触れるようになったのはリーリエ自信が頑張って一歩踏み出せたからだ!」

リーリエ「!」

サトシ「………って、きっと俺の記憶の中ではそうなってるぜ?」ニッ

ピカチュウ「ピッカー!」

リーリエ「………ふふっ」クスッ

サトシ「?」

リーリエ「ごめんなさい、随分都合のいい記憶喪失だなぁって?」クスクス

シロン「コン!」

サトシ「へへへ、そっかもな?」ニッ

ピカチュウ「ピカピカ」ニコニコ


22: ◆I/lzUNrddk 2018/04/07(土) 23:14:11.15 ID:cG4Z27ZOO

リーリエ「サトシ!私があなたたちから学んだ事はそれだけではありません!」

サトシ「え?」

リーリエ「なに事もゼンリョクで!本で読んだだけではわからない…やってみなくちゃわからない事も世の中にはたくさんあります!」

シロン「コン!」

サトシ「? どういう事?」

コロコロコロ

サトシ「ん?」ヒョイッ

サトシ「え?これって……」ゾクッ

ピカチュウ「ピ…」ゾクッ

サトシ「な、なぁリーリエ……これってさ…」

リーリエ「とてつもなく硬い木の実ですが?」ニコッ

シロン「コン!」

サトシ「い、いや……そうじゃなくってさ?な、なんで木の実がここにあるのかな~って……」ハハハ

リーリエ「サトシ……私、サトシの記憶を取り戻す為には何がいいか…自分なりにゼンリョクで考えたんです…」

サトシ「………………」

リーリエ「そして最終的に辿り着いたのが…」ヒョイッ

リーリエ「これ(とてつもなく硬い木の実)です」ニコッ

シロン「コン!」

サトシ「………………」

リーリエ「」ニコニコ

ロトム図鑑「サトシ!逃げるロト!」

サトシ「お、おう!」ダッ

ピカチュウ「ピカッ!」ダッ


23: ◆I/lzUNrddk 2018/04/07(土) 23:25:16.79 ID:cG4Z27ZOO

リーリエ「シロン!」

シロン「コン!」ヒュオオ

サトシ「げっ……!体が凍って……」カチカチカチ

ピカチュウ「ピカピ!」

ロトム図鑑「ロ」カチン

リーリエ「サトシ!怖いのはわかります!ですがこれはサトシの為なんです!」

リーリエ「どうか私を信じてください!」

シロン「コン!」

サトシ「ま、待ってリーリエ!思い出した!全部思い出したからっ!」

リーリエ「! ほ、ホントですかサトシ!」

サトシ「マジマジ!だから木の実で頭打つのはやめて!」

リーリエ「ではサトシ……私がネマシュの森で初めてキャンプする時に持っていった物は?」

サトシ「え!?」ビクッ

リーリエ「……………」ポーンポーン

サトシ「え、えと……虫よけスプレーと……えと……」アセアセ

リーリエ「……………サトシ…やはりまだ記憶が…」ウルッ

サトシ「ちょ……」

リーリエ「大丈夫ですサトシ!私が全部思い出させてあげますから!」ガンバリーリエ

シロン「コン!」

サトシ「ちょ……まっ……」

リーリエ「えいっ!」ブンッ

サトシ「ひっ……」




ゴツン


24: ◆I/lzUNrddk 2018/04/07(土) 23:37:53.52 ID:cG4Z27ZOO

サトシ「うぅ…頭が……」ヨロッ

ピカチュウ「ピカピ!」

リーリエ(頭が……?まさかサトシの記憶が今の一撃で戻りつつある……?)

サトシ「うぅ……痛い……」

リーリエ「…………論理的結論から言いますと、やはりこの方法は効果が抜群…もう一息ですね!」グッ

シロン「コン!」

サトシ「……ひっ…」ビクッ

リーリエ「思い出してくださいサトシ!私たちと一緒にキャンプに行ったあの日を!」ブンッ


ゴツン

サトシ「ぎゃっ!」

リーリエ「思い出してくださいサトシ!みんなでアーカラ島に課外授業に行ったあの日を!」ブンッ


ゴツン

サトシ「ぐえっ!」

リーリエ「思い出してくださいサトシ!お母様を助ける為にウルトラビーストとバトルしたあの時を!」ブンッ


バキッ

サトシ「い、いた……」

リーリエ「思い出してくださいサトシ!みんなでポケモンセンターで職業体験をしたあの日を!」ブンッ


ドカッ

サトシ「も、もぅやめ……」ピクピク

リーリエ「思い出してくださいサトシー!ポケモンスクールで過ごしたみんなとの日々をー!」ブンッ


グシャッ

サトシ「」

ピカチュウ「ピカピー!」


オモイダシテクダサイー

ブンッ

ゴツン

バキッ

グシャッ


25: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 00:12:52.99 ID:j0yOpySLO

サトシ「」ピクピク

ピカチュウ「ピカピー!」

リーリエ「フーフー……」ハァハァ

リーリエ「………うっ…」ガクッ

コロン

シロン「コン!?」

リーリエ「だ、大丈夫シロン…心配しないで?」ニコッ

シロン「コン……」

リーリエ(もう手が……でも……)

リーリエ(………私はいつもみんなに与えられて…助けられてばかり…)

リーリエ(私に勇気を与えてくれるカキ…元気をくれるマオ…)

リーリエ(優しさを与えてくれたマーマネ…大きなおにぎりがお弁当のスイレン…)

リーリエ(そして……)チラッ

サトシ「」ピクピク

リーリエ「諦めない心を教えてくれたサトシ!」スクッ

リーリエ「今度は……私がみんなを助ける番です!」ヒョイッ

シロン「コン!」

リーリエ「いきますよ!サトシ!」

サトシ「び、びかちゅぅ……」チラッ

ピカチュウ「ピカ!」コクッ

ピカチュウ「ピィカァヂュー!!」バリバリバリ

リーリエ、シロン「!?」


ピカッ

リーリエ「ま、眩し……」クラッ

シロン「コ…」クラッ

サトシ「ピカチュウ……アイアンテールで俺の体の氷とロトムの氷を砕いてくれ……」

ピカチュウ「ピカ!」ブンッ

パリン

ロトム図鑑「ロ?」

サトシ「サンキューピカチュウ…今の内に逃げようぜ…」ヨロッ

ピカチュウ「ピカ!」コクッ


26: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 14:37:51.03 ID:d0TuIHNmO

サトシー ピカチュー ドコデスカー

コーン


サトシ「ハァ、ハァ………」タッタッタ

ピカチュウ「ピカッ!」タッタッタ

ロトム図鑑「サトシ!もうすぐリーリエの家の敷地から出られるロト!急ぐロト!」

サトシ「おうー!」ダッ

ピカチュウ「ピッカー!」ダッ


ズサー

サトシ「や、やった……逃げ出せた…俺、もうダメかと…」ウルッ

ロトム図鑑「サトシ!まだ油断はできないロト!リーリエとシロンが追ってくる可能性もある、早くここから離れるロト!」

サトシ「そ、そうだな…」スクッ

「サトシ!」

サトシ、ピカチュウ、ロトム「」ビクッ

マーマネ「やっと来たねサトシ!次は僕の番だから待ってたんだ!」

トゲデマル「マリュマリュウ」

サトシ「マーマネ……」

ピカチュウ「ピッカー」

マーマネ「え!?僕の事わかるのサトシ?じゃあリーリエはサトシの記憶を引き出すのに成こ……」

サトシ「うわぁーん!マーマネェ!」ダキッ

マーマネ「えぇ!?」ビクッ

ピカチュウ「ピッカー!」ダキッ

トゲデマル「マ、マリュウ!?///」ポッ

サトシ「マーマネェ!!!」ギュウウ

マーマネ「ちょ……い、痛いよサトシ!何があったのさ!」グイグイ


27: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 19:44:44.83 ID:1kIUAg/8O

ショッピングモール

ワイワイ ガヤガヤ

マーマネ「へー、リーリエとそんな事が…だからサトシはボロボロなんだね」

サトシ「あぁ…そうなんだよ…まいったぜ」ボロッ

ピカチュウ「ピッカー」

マーマネ「ハハハ…リーリエって結構極端なところあるからねー…」

サトシ「…ははっ、そうかもな?」

マーマネ「リーリエもサトシの事を思ってやったんだろうし許してあげなよ」

サトシ「わかってるさ、俺は全然気にしてないぜ!でも…ちょっと怖かったかもな?」ハハハ

ロトム図鑑「それで?マーマネは何処に向かってるロト?」

マーマネ「うーん…ホントは僕のラボで一緒にデンヂムシカーの調整をと思ったんだけどねー?」

マーマネ「って、サトシは覚えてないか?」

サトシ(マーマネやカキと一緒に出たデンヂムシカーのレース、すっげー楽しかった!忘れるわけないよマーマネ…)

マーマネ「で、サトシ!みんなの事はどこまで思い出せたの?」

サトシ「え!?い、いや…カキとスイレンとリーリエの事はだいたい思い出せたよ!」

マーマネ「そっか!良かったぁ!みんなで頑張ってこの方法を考えた甲斐があったよー!」ニコニコ

サトシ「へへへ……」

ロトム図鑑「サトシ、カキはサトシの師匠でスイレンはサトシのお嫁さんだという事も思い出したロトか?」ヒソッ

サトシ「……それはホントに記憶に無いから思い出せないな」

マーマネ「?」

マーマネ「……じゃあさ、サトシ!僕の事はどこまで思い出せた?」

サトシ「……え?」


28: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 20:22:50.88 ID:1kIUAg/8O

マーマネ「名前が出てくるって事は結構思い出してきたんじゃない?」

サトシ「…………………」

サトシ(マーマネってたまにすっげー難しい話とかするけど気が合うんだよなー)

サトシ(一緒にいて楽しいし、それに安心するっていうか……そういやーアローラに来て初めてケンカした相手はマーマネだったっけ?)チラッ

マーマネ「どうしたの?」

サトシ「ん?いや…」

ロトム図鑑「つまりマーマネはサトシにとってピカチュウのような存在だという事ロトね?」

ピカチュウ「ピカ!?」

サトシ「ハハハ…そういうのとはちょっと違うかもなー?」

サトシ「…てゆーか、いつの間に心よめるようになったんだよロトム!」

ロトム図鑑「ロー」ヒュー

サトシ「……へへへ、ここ歩いてたらマーマネの事、思い出してきたよ!」ニッ

マーマネ「ホント!?」

サトシ「ああ!なんだかんだマーマネには助けられて……」

マーマネ「じゃあさ!ここのショッピングモールが停電になった時、どうしていいかわからなくて泣いてるサトシを僕が引っ張っていって解決したのは覚えてる?」

サトシ「……ああ!……………え?」

マーマネ「ピカチュウを狙ってきたロケット団や悪さしてるスカル団を僕がいつも華麗に追い払ってる事も思い出してくれた?」

サトシ「……んん??」

マーマネ「それから……デンヂムシカーレースの時も僕の華麗な采配で優勝できたよねぇ……」

サトシ「え?あぁ……うん……」

マーマネ「……僕が勘違いで転校しちゃうかもって時もサトシ、僕についてくー!って大泣きしてたよね?参っちゃったよー」ハハハ

サトシ「…………………」

ロトム図鑑「今日は僕のデータに無い真実が色々明かされてくロトねー」


29: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 21:00:22.08 ID:1kIUAg/8O

マーマネ「………今言った事…少しでも思い出してくれたら嬉しいな?」

サトシ「マーマネ!これは俺の気のせいかもしんないけど、その記憶少し間違ってないか?」

マーマネ「そ、そんな事ないよ!サトシ!や、やっぱり少し記憶が錯乱してるんだね!」アセアセ

サトシ「ホントかぁ?」ジトー

マーマネ「ほ、ほらっ!サトシよく言ってたよ!マーマネは俺のヒーローだって!」

サトシ「マーマネが俺のヒーロー…」

マーマネ「う、うん!そうだよ!」

マーマネ「あ、それとこれはみんなには秘密で」ボソッ

サトシ「………………そっか…」スタスタ

マーマネ「ん?」

ロトム図鑑「サトシー、どこ行くロトー?」

サトシ「」ピタッ

マーマネ「……壁の前で立ち止まったね?」

サトシ「うおぉーー!!戻ってこい俺の記憶ー!!」ガンガン

マーマネ「!?」ビクッ

ピカチュウ「ピカピ!?」

ロトム図鑑「サトシ!いきなり壁に頭を打ち付けてどうしたロト!?」

ボロッ

サトシ「…………………」ムクリ

マーマネ「ひぃぃ…さ、サトシ…大丈夫?」

サトシ「ああ…お陰で頭がスッキリしたぜ……」

サトシ(ママ……オーキド博士…タケシにカスミ、それにシゲル…俺さ?)

サトシ(アローラでは尊敬する師匠と将来を約束したお嫁さんと憧れのヒーローとナゲツケサルに囲まれて元気にやってるぜ?)ニッ

ピカチュウ「ピッカッチュ」

ロトム図鑑「サトシー!しっかりするロト!正気に戻るロトー!」


30: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 21:22:25.69 ID:1kIUAg/8O

ロトム図鑑「サトシを正気に戻すロト!ピカチュウ!サトシに10万ボルトロト!」

ピカチュウ「ピッカー!」バリバリバリ

サトシ「ぎゃああああ!!」ビリビリ

マーマネ「ちょ!?なにやって……」

マーマネ「……あーっ!」

ロトム図鑑「? どうしたロトマーマネ!」

サトシ「」プスプス

マーマネ「い、急がなきゃ!もうマオとの約束の時間なんだよ!」

ロトム図鑑「なるほど!それで時間がおしてたからラボには行かず、ショッピングモールを歩く事にしたロトね?」

マーマネ「うん、そういう事!マオが怒ってオニゴーリになっても困るし…さ、早くアイナ食堂まで行こうよサトシ!」グイッ

サトシ「」ズルズル

ピカチュウ「ピカピィ…」


31: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 21:33:18.88 ID:1kIUAg/8O

アイナ食堂

マーマネ「マオー!」

ガチャッ

マオ「もぅー!遅いよマーマネー!」

アママイコ「アマー!」

マーマネ「あはは…ごめんごめん……」

マオ「ま、いーや!サトシは?」チラッ

サトシ「よ、よぉ……」ボロッ

ピカチュウ「ピッカー!」

マオ、アママイコ「」ビクッ

マオ「え?なんでサトシボロボロなの?しかもシビレビレになったみたくなってるよ…」

ロトム図鑑「色々あったロト」

マオ「は?」

マーマネ「ハハハ……」

マオ「えーと…とりあえず二人とも入って?もうみんな来てるから!」

マーマネ「うん!」

サトシ「………………え?」

サトシ「"みんな"?」


32: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 22:08:18.89 ID:1kIUAg/8O

カキ「おっ、やっと来たなサトシ!」

サトシ「カキ……」

クイクイ

サトシ「!」

スイレン「サトシ!」ウインク

アシマリ「アウ!」

サトシ「……スイレン…」

リーリエ「サトシ!家から急にいなくなった時はびっくリーリエでしたよ?」

シロン「コン!」

サトシ「り、リーリエ…」ビクッ

サトシ「……えーと、何でみんなが?」

バーネット「みんなはサトシの為に店の飾りつけやマオの料理を手伝ってくれたのよ?」

サトシ「……俺の為……?」

カキ「ま、そんな大した事じゃないさ!気にするなサトシ!」

スイレン「うん、丁度料理も覚えようかなって思ってたし!アッフカイイミハナイヨ?////」モジモジ

リーリエ「なかなか貴重な体験でむしろ楽しかったですしね?」ニコッ

サトシ「…………………みんな俺の為に……」

サトシ「…………………」グッ

サトシ「あ、あのさ!俺……」

ロトム図鑑「サトシ!やめるロト!」バッ

サトシ「モガ」

ロトム図鑑「サトシ!今ネタばらししてしまってはみんなの想いも苦労も全て台無しロト!」ヒソッ

サトシ「……………」

カキ、スイレン、リーリエ「?」

マーマネ「あー、僕もうお腹ペコペコだよー」

カキ「はぁ、まったくマーマネは……」

リーリエ「ふふっ」クスッ

スイレン「サトシ、そこ座って!サトシの席!」グイッ

サトシ「あ、ああ……」

ククイ「どうしたサトシ?主役のお前がそんななみだめじゃあ締まらないぜ?」ポン

サトシ「…………………」

ククイ「ほらっ、俺の記憶の中の1000万ボルトみたいにハジける元気を持ったサトシのように堂々としてろ!」

ククイ「なっ?」ニッ

サトシ「………………ククイ博士…」


33: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 23:08:08.60 ID:1kIUAg/8O

マオ「はーい、おまたせ~!できたよ~」スッ

アママイコ「アマー!」クルクル

サトシ「これって……」

マオ「うん、幻のアローラシチューだよ?」

マオ「……サトシは覚えてないかもしれないけどさ…これを完成させる為にヤマブキの密をサトシと一緒に採りに行ったんだよ?」

サトシ「…………………」

マオ「……これを食べて…少しでも私の事を思い出してくれたら嬉しいな?」

サトシ「…………………」スッ

ロトム図鑑「サトシ、これはいい流れロト。このシチューを食べて全部思い出した事にすればいいロト」ヒソッ

サトシ「………………」パクッ

マオ「ど、どうかな?」ゴクリ

全員「」ドキドキ

サトシ「………………うん、おいしいよ!」

サトシ「マオ!」ニッ

マオ「ふぅ、よか…………………え?」

アママイコ「アマ!?」

マオ「え?え?サトシ、今私の名前を……?まさかこの料理で記憶が…」

ロトム図鑑「サトシ!今ロト!」

サトシ「…………………あのさ、みんな…」スクッ

マオ、カキ、スイレン、リーリエ、マーマネ「?」

サトシ「ごめん」ペコッ

マオ「……え?」

スイレン「ご、ごめん?」

カキ「ごめんって……何がだ?」

マーマネ「さぁ?」

リーリエ「あのサトシ……何を……」

サトシ「…………………」

ロトム図鑑「さ、サトシ!早まるなロト!やめるロト!」ヒソッ

サトシ「……実は…記憶喪失って嘘だったんだ…」

全員「!?」

ピカチュウ「ピカピ…」

ロトム図鑑(終わったロト…)ガクッ


34: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 23:22:28.69 ID:1kIUAg/8O

マオ「……サトシ、嘘ってどういう事…?」

サトシ「…………………」

ロトム図鑑(地獄の始まりロト……)

サトシ「その……昨日エイプリルフールだったから…それでみんなにすげー嘘ついてみたいなって……」

全員「…………………」

バーネット「……サトシ……」スッ

ククイ「まぁ、待て」ポン

バーネット「ククイくん……」

マオ「エイプリルフールって……」

サトシ「ホントはすぐにネタばらししたかったんだけど…みんな俺の為に色々やってくれてそれで…言い出しにくくなっちゃって……」

マオ「…………………」

ピカチュウ「ピカピ……」

サトシ「ホントにごめん!俺のせいで!」バッ

サトシ「もうなんて言っていいかわからないけど……でも…」グスッ

マオ「…………………」

バーネット「サトシ……」

マオ「……………ハァ、呆れた…」

アママイコ「アマ…」ハァ

サトシ「………………」グスッ

ピカチュウ「ピカピ…」


35: ◆I/lzUNrddk 2018/04/08(日) 23:38:18.89 ID:1kIUAg/8O

マオ「ほらっ、男の子がそんな事で泣かないでよ!」

サトシ「………え?」グスッ

マオ「……じゃあ、記憶喪失はエイプリルフールの嘘でホントは何でもないんだね?」

サトシ「………う、うん……」

マオ「そっか、良かった」ホッ

アママイコ「アマ!」ニコッ

サトシ「………へ?」

マオ「もぅ!でもこんな嘘もうはやめてよ?みんな心配したんだからー!」プンプン

サトシ「でも俺………」

マオ「もう謝ってくれたしいいよサトシ!ほらっ、みんなで食事の続きしよ?」ニコッ

サトシ「マオォ……」ウルウル

マオ「ははっ、だからもう泣かないでって?」クスッ

サトシ「う、うん…!」ゴシゴシ

ククイ「な?だから言っただろ?」

バーネット「ふふっ、そうね?」クスッ

ピカチュウ「ピカピカ」ニコニコ

マオ「ほらっ、みんなだって気にしてないよ!ね?」クルッ

サトシ「!」


カキ「……オレハナンテコトヲイッテシマッタンダ………」ズーン

マーマネ(やばい!やばい!やばい!)ハラハラ

リーリエ「わ、私はサトシの頭を何度も木の実で……」ガタガタガタ

スイレン「/////」プシュー ボフン ボフン ボフン


マオ「え?え????」


36: ◆I/lzUNrddk 2018/04/09(月) 20:49:35.69 ID:hZzckpyJO

リーリエ「ご…ごごごごごめんなさいサトシー!!」

サトシ「うぉっ!?」ビクッ

リーリエ「わ、私…嘘とは知らずにサトシの頭を何度も何度も木の実で……」ウルウル

サトシ「あ…いや……ハハハ」

マオ(あぁ…それでサトシボロボロだったんだ…)

リーリエ「頭は大丈夫でしたかサトシ!?バカになってませんか!」

サトシ「だ、大丈夫だよリーリエ…」

サトシ「それに……リーリエも俺の為を思ってやってくれた事だしさ?俺の自業自得でもあるんだし……」

リーリエ「ですが…それでは私の気がすみません!」キリッ

リーリエ「サトシ!どうか私の頭をこの木の実で殴ってください!」スッ

サトシ「いっ!?」ビクッ

マオ(リーリエ…いったいどこから木の実を…)

シロン「コーン」


37: ◆I/lzUNrddk 2018/04/09(月) 21:03:25.17 ID:hZzckpyJO

カキ「……えーと、サトシ…?」チョンチョン

サトシ「ん?」

カキ「ほ、ほら?俺が言った事…あれ、俺もエイプリルフールの嘘だからな?」ハハハ

マーマネ「ぼ、僕もだよ!本気であんな事言うハズがないよー!」ハハハ

マオ「……あんたらまさかサトシの記憶喪失をいい事に何か変な事でも言ったの?」ジトー

カキ「い、いや…」ギクッ

マーマネ「べ、別に…」ギクッ

サトシ「わかってるよカキ!マーマネ!」

サトシ「へへへっ、でもさ?」

カキ、マーマネ「?」

サトシ「まぁ…師匠とまではいかないけどさ?カキは俺にとって越えたいライバルだし…」

サトシ「マーマネもいっつもサポートしてくれる頼りになるヒーローかもな?」ニッ

マーマネ「サトシ……」ウルッ

カキ「お、お前ってやつは…」グスッ

サトシ「へへへ」ニッ

ピカチュウ「ピッカー!」

マオ「ほぅ?師匠にヒーローねぇ?」ニヤニヤ

アママイコ「アマー?」ニヤニヤ

カキ「うっ…」ビクッ

マーマネ「アハハ……」


38: ◆I/lzUNrddk 2018/04/09(月) 21:21:51.86 ID:hZzckpyJO

スイレン「あ、あの……サトシ……」チョイチョイ

サトシ「スイレン…」

スイレン「その………わ、私も……」

サトシ「……………」

マオ、カキ、マーマネ「???」

スイレン「う、うーそです!」テヘッ

スイレン「カモ…」ボソッ

サトシ「えと……いやぁ、またスイレンに騙されたよー」ハハハ

スイレン「う、うん……」

サトシ「……………」

スイレン「……………」

マーマネ「な、なに?この雰囲気?」

カキ「わからん」

マオ(え!?まさかスイレン……いや、でも……)

スイレン「………ぅ…」プルプル

サトシ「?」

スイレン「うわぁぁぁぁーん!!」ビエーン

サトシ「」ビクッ

カキ「スイレン!?」

マオ「ちょ、ちょっとスイレン!どうしたの!?」

マーマネ「あわわわわ…」

ククイ「どうしたー!」

スイレン「うぅ…」グスグス

バーネット「サトシ!なにスイレンを泣かせてるのよ!」

サトシ「え!?いや、俺知らな……」

スイレン「きえろー!私の記憶ー!!」ガンガン

ロトム図鑑「ロロ!?スイレンが壁に自分の頭をぶつけ始めたロトー!」

バーネット「ちょ、ちょっとスイレン!」

ククイ「な、なにやってんだ!」

マオ「スイレン!やめて!」

アシマリ「アウ!」

サトシ「お、おい!スイレン!やめろ!」ギュッ

スイレン「うおぉぉぉーん!!」ビエーン

マーマネ「な、なにがどうなって……」

リーリエ「スイレン!やるならばこの木の実で私の頭を殴ってください!」

カキ「お前も落ち着けリーリエ!」



ウォォォーン


39: ◆I/lzUNrddk 2018/04/09(月) 21:51:24.65 ID:hZzckpyJO



サトシ「いやぁ…やっぱ嘘とかつくもんじゃないなー!クタクタだよー」グデー

ピカチュウ「ピッカー」グデー

ロトム図鑑「でもサトシ!やっぱりボクの言った通りみんな許してくれたロトね!」

サトシ「え?ああ、そうだな」

サトシ「まぁ…でもやっぱみんなを心配させるような嘘はよくないよなー?ピカチュウ」

ピカチュウ「ピカピカ」コクッ

ロトム図鑑「サトシ!一概にそうとも言えないロト!世の中には優しい嘘というものもあって…」

サトシ「ハハハ…いや、やっぱ俺には向いてないよ…」

ロトム図鑑「……ところでサトシ」

サトシ「なに?」

ロトム図鑑「あの後サトシがスイレンの耳元で何か言ったらスイレンが泣き止んだみたいロトが、いったい何を言っ……」

サトシ「今日はもう疲れたし寝ようぜピカチュウ」

ピカチュウ「ピカ」

ロトム図鑑「ロ」


40: ◆I/lzUNrddk 2018/04/09(月) 22:02:59.09 ID:hZzckpyJO

サトシの部屋

コーン コーン

ロトム図鑑「サトシ」

サトシ「なんだよ…」モゾ

ロトム図鑑「リーリエが木の実を持ってさっきからずっと家の前にいるロト」

サトシ「え!?マジ?」ビクッ

ピカチュウ「ピカ!?」ビクッ

ロトム図鑑「嘘ロト」

サトシ「もう寝ろよ!」

ロトム図鑑「ロー」


コーン コーン


終わり



『ポケットモンスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿