TOP > ビビッドレッド・オペレーション > あおい「あかねちゃんとドッキング出来なくなっちゃった」

あおい「あかねちゃんとドッキング出来なくなっちゃった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 06:42:06.30 ID:t9zNMYpC0

あおい「三枝さんがドッキングできたから何とか倒せたけど」

あおい「どうして出来なかったんだろう……」

あおい「私あかねちゃんにもう秘密なんて……」

あおい「……」

あおい「あかね……ちゃん?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 06:49:54.97 ID:t9zNMYpC0

あかね「ちょっとおじいちゃん! 壊れちゃってるんじゃないの!」

淫獣「むう、そんなはずはないんじゃがのう」

あかね「でもあおいちゃんとドッキング出来なかったよ!」

淫獣「ちょっと待っとれ、今から調べる」

あおい「あかねちゃん……」

あかね「ドッキング出来ないなんておかしいよね、あおいちゃん!」

あおい「う、うん」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 06:56:33.71 ID:t9zNMYpC0

あかね「私達、一緒に戦うようになって前よりずっと仲良くなったし」

あおい「うん」

あかね「何度もドッキングして、秘密なんてないのに!」

あおい「そう、だよね……」

あかね「私もっと、あおいちゃんとドッキングしたい、だから早く直らないかなー」

あおい「うん、私もあかねちゃんとドッキングしたい」

あかね「だよね」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:01:29.67 ID:t9zNMYpC0

淫獣「うーむ」

あかね「おじいちゃん、何かわかった?」

淫獣「原因はわかったんじゃが」

あかね「どうしたの? もしかして直せないの!?」

淫獣「ワシにはどうすることも出来ん」

あかね「またそれー?」

あおい「それで、どうして出来ないんですか?」

淫獣「原因は、ビビッドシステムそのものにある」

淫獣「ビビッドシステムは友情の力じゃ、じゃが……」

あかね「なになに?」

淫獣「流れているものが恋の力に変わってしまっておる、これでは変身は出来ん!」

あおい「えええ!? 恋って……私達女の子同士なのに……ねえ、あかねちゃ――」

あかね「……」カァ///


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:08:26.62 ID:t9zNMYpC0

あおい「あかね……ちゃん?」

あかね「え? あ、あああ! そうだよ、何言ってるのおじいちゃん、変な、変なこと言って」

淫獣「うーむ、それもそうじゃの……もう少し調べてみるわい」

あおい「あの、あかねちゃん」

あかね「わあ! もうこんな時間! 野菜、トマト摘まなきゃ!」

あおい「ええ!? と、トマト!」

あかね「ごめんねあおいちゃん、そういう事だから! また明日ね!」

あおい「う、うん……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:14:14.45 ID:t9zNMYpC0

あおい「ど、どうしよう……あかねちゃん、顔真っ赤になってた」

あおい「あれってやっぱり……私のこと」

あおい「ええ……//」

あおい「今までのドッキングでも、そんな記憶流れて来なかったのに……」

あおい「……」

あかね(あおいちゃん!)

あかね(あおいちゃん、あおいちゃん!)

あかね(あおいちゃんあおいちゃんあおいちゃん!)

あおい「思い返してみれば……ドッキングの時、私のことばっかり……」

あおい「ん、んん……///」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:17:57.69 ID:t9zNMYpC0

あかね「ううう……」

あかね「気付いちゃった……私、自分の気持ちに……」

あかね「あおいちゃんの事好きだったんだ、私」

あかね「好きに……なっちゃったんだ」

あかね「あおいちゃん……///」

あかね「あおいちゃん……私、ううー、どうすりゃいいのー!?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:23:14.80 ID:t9zNMYpC0

淫獣「一晩調べたが、やはり他の原因が見つからん」

あかね「あ、うん……そう、なんだ」

淫獣「ん? どうした元気がないぞ、あかねらしくない」

あかね「うん……実はね……」

淫獣「なんじゃ、改まって」

あかね「昨日おじいちゃんが言ってたこと当たってた」

淫獣「昨日……? まさか!」

あかね「うん……私、あおいちゃんに、恋……しちゃってる」

淫獣「なんじゃとー!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:26:09.31 ID:t9zNMYpC0

淫獣「これではドッキング出来んではないか!」

あかね「で、でもわかばちゃんとは出来るから!」

淫獣「ビビッドグリーンと相性の悪いアローンだったらどうするんじゃ!」

あかね「そ、それは……」

淫獣「アローンに対向する力はビビッドシステムだけじゃ」

淫獣「このままではいずれ、アローンに示現エンジンを破壊されてしまうぞ!」

あかね「……そう、なんだけど……」

淫獣「忘れるんじゃ……」

あかね「え?」

淫獣「その気持ちは忘れてしまうんじゃ!」

あかね「えええ!?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:33:53.58 ID:t9zNMYpC0

あおい「あかねちゃん、私!」

あかね「あおいちゃん!? お、おはよう///」

あおい「あ……お、おはよう///」

あかね「えへへ」

あおい「ん……」

あかね「えと、どうしたの? あおいちゃん」

あおい「あ、えと……ね」

淫獣「ええい! ならんならん! まさかお譲ちゃんまで恋だとでも言うつもりか」

あおい「は、はい」

淫獣「ダメじゃあああああ!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:39:02.92 ID:t9zNMYpC0

淫獣「戦わなければ生き残れんのじゃあああ!」

あかね「そうだけど……!」

あおい「! アローン!?」

淫獣「こんな時に……!」

あかね「行こう、あおいちゃん!」

あおい「うん、あかねちゃん!」

淫獣「待つんじゃ、そのまま行っても勝ち目は……!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:41:58.73 ID:t9zNMYpC0

わかば「てやー」

わかば「効いてない……装甲が厚い!」

あかね「ネイキッドラング!」

あかね「硬い!」

あおい「ネイキッドインパクト!」

あおい「やった、効いてるみたい!」

淫獣「お嬢ちゃんでなければ倒せそうにないの……あかね、ドッキング……は出来ないんじゃった!」

あかね「やってみなきゃわかんないよ! あおいちゃん!」

あおい「あかねちゃん!」

あかね「オペレーション!」

あおい「ビビッドブルー!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:51:42.90 ID:t9zNMYpC0

あおい「きゃあ!」

あかね「やっぱり……だめ!?」

淫獣「出来るわけがないじゃろ! ワシの言うとおり忘れてしまうんじゃ!」

あかね「嫌だ!」

淫獣「ワガママを言うなあかね!」

あかね「ワガママでもいい!」

あおい「あかねちゃん……!」

あかね「この気持ちを忘れたくない! 無くしたくない!」

あかね「私があおいちゃんを好きな気持ちは……」

あかね「絶対に失っちゃいけない、大切な物なんだから!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 07:59:51.82 ID:t9zNMYpC0

淫獣「……まったく、やっぱりワシの孫じゃの……」

あかね「え?」

淫獣「自分を押し通す事は一人前じゃな」

あおい「ん……」

淫獣「待っとれ、何とかするわい」

あかね「おじいちゃん! ……ありがとう」

淫獣「……可愛い孫のためじゃからな」

あおい「ありがとうございます」

淫獣「それまで何とか耐えるんじゃ!」

あおい「はい!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 08:10:55.07 ID:t9zNMYpC0

わかば「やー」

パイロット「ハナシハキカセテモラタ」

あかね「軍人さん!?」

パイロット「シエンスルYO」

あおい「で、でも……とっても硬くて」

パイロット「ダイジョーブカタイテキニハオナジバショナンドモKILL!」

パイロット「ザンテツケンモソーダタ」

あかね「そうか! わかばちゃん!」

わかば「ええ」

あかね「オペレーション!」

わかば「ビビッドグリーン」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 08:14:43.53 ID:t9zNMYpC0

ビビッドグリーン「セーフティー解除云々!」

ビビッドグリーン「てりゃあ!」

あおい「やった……?」

パイロット「マダイキテルヨボクガツイゲキシテイルアイダニワンモア!」

ビビッドグリーン「セーフティー解除云々!」

ビビッドグリーン「てりゃあ!」

あおい「今度こそ、やったー!」

淫獣「でかしたぞ……じゃが、改良も意味が無くなってしまったかの」

あかね「え? もう出来たの!?」

淫獣「ワシを誰だと思っておるんじゃ、示現エンジンを開発した一色健次郎じゃぞ!」

あかね「さっすがおじいちゃん!」

淫獣「む!? 高エネルギー反応? アローンが復活しおった!」

あおい「えええ!?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 08:20:17.33 ID:t9zNMYpC0

あかね「赤くなってる!」

わかば「ただでさえ硬かったのに」

あおい「これじゃあ、もう……」

淫獣「何を焦っておるんじゃあ! 真・ビビッドシステムがあるじゃろう!」

あかね「そうか! あおいちゃん!」

あおい「あかねちゃん!」

あかね「オペレーション!」

あおい「ビビッドブルー!」

あかね「……///」

あおい「……///」チュ

あかね「……あれ? 何も起きないよ!?」

淫獣「ちっがーう! おでこじゃない、唇にちゅーじゃ!」

わかば「!?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 08:26:50.18 ID:t9zNMYpC0

あかね「唇!?」

あおい「~~///」

あかね「唇って……その、心の準備が!」

淫獣「何を言っておるんじゃ、初めての時は唇にしようとしたではないか」

あかね「あ、あの時とは勝手が違うよ!」

あおい「あかねちゃん……!」

あかね「あおい、ちゃん?」

あおい「私、大丈夫だよ」

あかね「あ……」

あおい「ドッキング、しよ?」

あかね「あおいちゃん……うん///」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 08:27:52.69 ID:t9zNMYpC0

あおい「……オペレーション」

あかね「ビビッド……レッド」チュ

おしまい


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 08:33:59.55 ID:t9zNMYpC0

みたいな展開にならない限りビビパンは百合アニメではない


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 08:52:49.24 ID:XjFs32QB0

黄色ェ…


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 08:55:35.46 ID:z/RaGrMj0

一人足りないような…


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 08:56:11.37 ID:t9zNMYpC0

黄色は好きだからこそ書けなかった





『ビビッドレッド・オペレーション』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿