TOP > シンデレラガールズ > モバP「幸子が記憶喪失になった」

モバP「幸子が記憶喪失になった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:25:22.45 ID:blvWTFr60

P「じゃ、行ってきまーす」

幸子「行ってきます!」

ちひろ「はいはい。行ってらっしゃーい」

幸子「……」シ゛ッ

P「ん?どうした?」ツカツカ

幸子「プロデューサーさん、口の横にご飯粒ついてますよ」ヒョイ

P「お、すまんな幸子」

P「……おい、前見て歩けよ?階段あるからな?」

幸子「そんなこと知ってますよ!まったくプロデューサーさんはあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ス゛ルッ

P「幸子ぉぉぉぉぉ!!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:28:09.19 ID:blvWTFr60

病院

P「ああ……俺がついていながら……」

ちひろ「今はそんなこと言ってる場合じゃないですよ……」

P「俺は……幸子にどう顔向けしたら……」

ちひろ「……あ、お医者さん!どうなんですか!幸子ちゃんは!」

医者「あ、ああ。意識は戻りましたよ。一応面会してもいいd」

P「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!幸子ぉぉぉぉぉ!!」ト゛ト゛ト゛

ちひろ「幸子ちゃーん!」

医者「あ、ちょ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:30:13.57 ID:blvWTFr60

幸子「………」

P「なんだ、元気そうじゃないか」

ちひろ「頭から血流して泡吹いてなぜかスカート脱げてたときはびっくりしたけど」

P「ちゃんと俺が見てやらないとダメになったな!あっははは!」

幸子「あの……」

P「どうした?」

幸子「どちらさまですか?私の名前は幸子って言うんですか?」

ちひろ「……ん?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:33:42.84 ID:blvWTFr60

ちひろ「あの……これはどういう……」

医者「意識は戻ったんですが……どうやら衝撃でちょっとした記憶喪失になったようで……」

ちひろ「そんな……」

医者「まぁ、一時的なものでしょう。症状も軽そうですし」

ちひろ「ぷ、プロデューサーさん……」

P「……ちひろさん……」

ちひろ「ど、どうしましょう……これから長くお仕事が出来なくなります……アイドル達にもどう説明したら……」

P「そんなことはどうだっていい!!」

ちひろ「!?」

P「聞きましたか!?幸子が『私』って言いましたよ!超可愛い!」

ちひろ「はぁぁぁ!?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:36:17.67 ID:blvWTFr60

ちひろ「一大事なんですよ!?わかってるんですか!?」

P「だって私だぞ!?可愛い!超可愛い!」

幸子「そ、そんなに連呼しないでください!」

P「くぅぅぅぅぅぅ!!かわいぃぃぃぃぃ!!」フ゛ンフ゛ン

医者「………えっと」

ちひろ「……帰ります私達」

医者「あ、えと、意識も戻ったので、一応退院してかまいませんよ。何かの衝撃で記憶が戻るかも……」

ちひろ「そうですか……ありがとうございます」

P「幸子!幸子!」
幸子「ひぃぃ!こっちに寄らないでください!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:39:45.93 ID:blvWTFr60

事務所

ちひろ「……っていうことなのよ……」

菜々「た、大変……」
杏「病院なら休めたのにもったいねー」
早苗「大事件ね……」
凛「だ、大丈夫なの?」

P「そういうわけで幸子はニュー幸子になりました」

幸子「変な言い方しないでください。えっと、初めまして。えー……これ何て読むんですか」

P「こしみずだよ。こしみず」

ちひろ「自分のプロフィールも読めないなんて……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:42:18.50 ID:blvWTFr60

幸子「わ、私はどんな人物なのかわからないんです。教えてください」

凛「幸子ちゃんって言ったらー…」

杏「きらり以上に面倒くさい」

幸子「き、きらり?面倒くさいってなんですか!」

早苗「最近は存在感薄かったよね」

P「そんなことないです!!!」

早苗「お、おう……そう……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:45:22.22 ID:blvWTFr60

菜々「……ナナ達のことも覚えてないの?」

幸子「はい…ごめんなさい」

菜々「……教えてあげる。ナナはウサミン星からやってきた宇宙人なんだよ……」ホ゛ソッ

幸子「ひぇっ!?」

菜々「ちなみに、17歳だから、幸子ちゃんより年上なんだよ!」

ちひろ「嘘こけ」

P「年齢詐称もいい加減にしてくださいよ……」

菜々「そ、そんなことないよ!ナナハリアルJKナノデス」

幸子「そ、そんな……いいんですか!?宇宙人がアイドルになってるんですよ!?」

ちひろ「あ、信じるんだ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:48:23.66 ID:blvWTFr60

幸子「恐ろしい事務所です……」

杏「杏はね、幸子に養われてる身なんだよ。今月の生活費は?」

幸子「え?あ、はい!いくらでしょう?」

杏「とりあえずアメ十個ね」

幸子「それでいいんですか!?お、おろしてくればお金は……ああでも暗証番号が……」

杏「い、いい!やっぱりいいから!プロデューサーに養ってもらう!」

P「なんだと!いつでもいいぞ!」

ちひろ「は?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:50:55.16 ID:blvWTFr60

早苗「お姉さんはねー、おまわりさんなんだよー。」

幸子「そ、そうなんですか!わ、私は怪しくないですよ!?」

早苗「ああうん。疑ってないから」

幸子「そ、そうですか……」

凛「……ふむ」

凛「幸子ちゃん、私のこと聞きたい?」

幸子「え?あ、はい!」

凛「……実はね、私プロデューサーと婚約してるんだぁ……」ホ゛ソッ

幸子「!?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:53:15.32 ID:blvWTFr60

幸子「そ、そそそんなのダメです!アイドルなんですよ!?」

凛「しっ!秘密なんだから、喋っちゃダメだよ……」

幸子「ご、ごめんなさい……」

凛「私が引退したら結婚してくれるんだよ……」ホ゛ソホ゛ソ

幸子「そ、そうなのですか……」

ちひろ「なんだか不穏な空気を感じる……」

P「ああ……いつもと違う敬語だぁ……」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 14:59:47.78 ID:blvWTFr60

まゆ「おはようございますぅ」
ありす「おはようございます」
雪美「……おはよう」

ちひろ「あ、おはよう……あの、説明すると長くなるんだけど……」



まゆ「大変でしたねぇ」

雪美「……大丈夫?」

ありす「アイドルを続けられるんでしょうか……」

P「さぁな。早く記憶戻せばいい話じゃん」

ありす「そんな適当なこと言わないでください!大人でしょう!」

P「ご、ゴメンナサイ」

まゆ「どうしましょうかねぇ…」

雪美「……ショック療法?」

菜々「な、殴りたくはないよ!」

凛「もっと記憶消失しそう」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:02:54.09 ID:blvWTFr60

幸子「……あ、あの」

まゆ「なんですかぁ?」

幸子「り、凛さん?が……プロデューサーさんの婚約者、って、本当なんですか?」

まゆ「………んー、それは違いますよぉ?からかっただけじゃないですかぁ?」

幸子「そ、そうですよね!違うに決まって……」

まゆ「本当の婚約者は……まゆですよぉ?」

幸子「そ、そうなんですか!?」

まゆ「本当ですよぉ♪」

幸子「そ、そうだったんですか……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:07:23.41 ID:blvWTFr60

幸子(うーん……どっちもからかってるようには見えなかった……どうなんだろう……)

幸子「あ、あのー……」

杏「ん?」

幸子「まゆさんがプロデューサーさんの婚約者って、本当ですか?」

杏「ああ嘘だよ嘘。だって杏はプロデューサーの家に住んでるし養ってもらってるし、ほぼ旦那って言っても差し支えない」

幸子「ほ、本当ですか!?」

杏「ほんとよほんと」

幸子「ぷ、プロデューサーさん……やり手です……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:11:29.73 ID:blvWTFr60

幸子(こ、これも真実味を帯びてる……でも、違う……?ん?)

幸子「あ、あのー……」

雪美「……なに」

幸子「杏さんがプロデューサーさんの嫁って、本当ですか?」

雪美「……そんなの……嘘」

幸子「そ、そうなんですか?」

雪美「なぜなら……雪美とプロデューサーは……もう(赤い糸で)つながってる……」

幸子「つ、つながってる!?」

雪美「そう。だから……ありえない」

幸子「そ、そうなんですか……プロデューサーさん、変態だったんですね」

雪美「変態じゃ……ない」

幸子「ご、ごめんなさい」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:15:17.13 ID:blvWTFr60

幸子「あれ……こんがらがってきた。何がどうなってるんでしよう……」

幸子「あのー……」

ありす「なんでしょう」

幸子「雪美さんとプロデューサーさんが、つ、つながったって、ほ、本当ですか?」

ありす「……は?」

幸子「え?」

ありす「チッ……出遅れた……もう今夜にでも……」

幸子「な、なんですか?」

ありす「それは嘘ですよ」

幸子「そうなんですか?」

ありす「誰ともつながってませんよ、そんなこと許しません」

幸子「そ、そうですよね!」

ありす「私が……」

幸子「え?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:18:31.93 ID:blvWTFr60

幸子「うーん……もうわけがわからなくなってきました……」

幸子「あ、そうですよ!本人に聞けばわかります!」

幸子「すいませんプロデューサーさん」

P「ん?どうした幸子」

幸子「雪美さんと、つながった、って、本当なんですか……?」

P「フ゛ッ」

幸子「うわっ、きたなっ」

ちひろ「なにやってるんですかプロデューサーさん!」

P「お前……何も覚えないのか……?」

幸子「へ?あ、はい……」

P「あの暑い夜のことも忘れたっていうのか……!?」

幸子「へ?なんですかそれ?暑い夜?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:21:27.22 ID:blvWTFr60

P「あっ……」

ちひろ「……どういうことですか?暑い、夜?」

P「いや、いやいやいや!そういう映画があったんですよ!あれー?なかったかなー?」

幸子「それとつながると何の関係があるんですか!」

P「ちょ、バカ……」

ちひろ「は?つながる?」

P「ま、待ってください!誤解なんですよー。本当に!はい!」

早苗「………」シ゛リシ゛リ

P「う、うわぁぁ……来ないで……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:23:33.02 ID:blvWTFr60

P「……………」

幸子「???」

ちひろ「……」

早苗「これは本当に逮捕しなきゃいけないよね……心が痛むわ……」

まゆ「………」
凛「………」
杏「………」
ありす「……」
雪美「………」

菜々(……私何も関係ないけど重い空気……)


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:27:46.23 ID:blvWTFr60

早苗「じゃあそろそろ行こうか……」

P「はい……」

幸子「え?なんでですか?」

まゆ「ちょっと待ってくださぁい……」

早苗「ん?」

まゆ「……まゆ達とちょっとお話させてくださぁい……」

早苗「そうか……うん、存分に話してきなさい」

まゆ「あ、それとちょっと横になっててくださいます?」ヒュッ

早苗「ひゅっ!?」カ゛クッ

ちひろ「!?」

まゆ「………」シー

ちひろ「………」コクコクコク


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:32:18.14 ID:blvWTFr60

P「ど、どうする気なんだ……?」

まゆ「それはもちろん……」
凛「私達に黙ってたことがいけないんだよ」
杏「…ちょっと本気出して頑張るし」
ありす「最初が……最初が私じゃなかったなんて……」
雪美「つながるのは……私………」


P「へ?なに?どうなるの?」

まゆ「……つながりに行くんですよぉ……」

P「え?いやいや、何が?何が?」ス゛ルス゛ル

まゆ「……幸子ちゃん、ちょっと地下室に行ってくるわね?うふふ……」ス゛ルス゛ル

凛「………」
杏「………」
ありす「……」
雪美「………」

サ゛ッサ゛ッサ゛ッ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:34:37.91 ID:blvWTFr60

翌日

早苗「うーん……ここは……」

ちひろ「さ、早苗さん!ようやく起きた……」

早苗「なんで私はここに……うーん……思い出せない……」

ちひろ「昨日の記憶がすっぽり抜けてるのかな……」

早苗「え?なに?何かあったの?」

ちひろ「いえいえ、何もなかったですよ……」

早苗「???」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:37:03.51 ID:blvWTFr60

幸子「おはようございます!カワイイボクが来ましたよ!」

ちひろ「幸子ちゃん!記憶が戻ったのね!」

早苗「なに?」

ちひろ「あ、でもこっちは記憶が……ややこしい……」

幸子「記憶戻った?なにを言ってるんですか?」

ちひろ「ええ!?記憶は戻ったのに昨日のことは忘れてるの!?」

幸子「???」

ちひろ「えーっとつまり今までのことは思い出したけど昨日の……ああもういいや」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:41:33.19 ID:blvWTFr60

P「………おはようございます……」フラフラ

ちひろ「……おはようございますプロデューサーさん」シ゛ロッ

P「……もう勘弁してくださいよ……」

ちひろ「地下室から出て来て何を言ってるんですか」

P「もうクタクタなんですよ…」

ちひろ「なんですか?こってり絞られたとか?」

P「そりゃもうこってり搾られました……」

幸子「何があったんですか?」

P「お前が口を滑らすから……」

ちひろ「いや口滑らせたのお前だろ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 15:46:18.23 ID:blvWTFr60

幸子「何を喋ったんですか?」

P「………」ホ゛ソホ゛ソ

幸子「あっ……それをなにをやってるんですか!」

ちひろ「こっちのセリフだよ!」

幸子「ち、地下室に行って何をやってたんですか……」

P「……つながってました」

ちひろ「は?」


まゆ「うふふふふ」ツヤツヤ
凛「………」テカテカ
杏「もう限界………」
ありす「ふふ…プロデューサーと…」
雪美「これで全てプロデューサーとつながった……完璧…」

ちひろ「……は?」

(プロデューサーの人生)
 終 わ り





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿