TOP > シンデレラガールズ > 【モバマス】佐城雪美「ほたる……お風呂……入ろう」

【モバマス】佐城雪美「ほたる……お風呂……入ろう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:34:12.60 ID:cL3fKQPzO

女子寮・風呂場

ガララーッ

ほたる「今日のお仕事はハードだったね……」

雪美「ロケバス……テロリスト、ジャック……予想外だった、ね……」

ほたる「いきなり凍ったバナナでプロデューサーさんを殴ってびっくりしたね……」

雪美「運転手……凄かった……まさか、ロケバス……ウィリーするなんて……」

ほたる「凄かったね……とんびが落とした植木鉢、偶然テロリストさんに当たって……無事でよかった……」

雪美「今日は……ハードな1日……その疲れを洗濯……」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:35:17.86 ID:cL3fKQPzO

ほたる「おいで、雪美ちゃん。背中流すよ」

雪美「……ん」とすっ

ほたる「膝に座っちゃったかー……ちょっと近すぎるかなぁ」

雪美「髪も……洗って……」

ほたる「それにしても近いかなぁ……椅子に座って欲しいな……」

雪美「…………重い?」

ほたる「軽いくらいだけど……ちゃんとご飯食べてるよね……?」

雪美「好き嫌い……駄目だから、ちゃんと食べてる……」

ほたる「偉い」

雪美「あと……低燃費……」

ほたる「羨ましい……」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:35:44.72 ID:cL3fKQPzO

ほたる「……綺麗だなぁ」さらさら

雪美「……髪の毛、弄るの……楽しい?」

ほたる「うん……月並みな言葉だけど、絹糸みたい、って言うのかな……」

雪美「……時々……ペロ、絡まる……ちょっと痛いけど、可愛い」

ほたる「それは絶対可愛い」

雪美「……そうだ……見て、ツインテール」ぐいっ

ほたる「写真撮りたいくらい可愛い」

雪美「ポニーテール……」

ほたる「今すぐファンの皆さんに見せたいくらい、とってもとっても可愛い」

雪美「ウルトラセブン……」

ほたる「待ってどうやったのそれ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:36:15.60 ID:cL3fKQPzO

ほたる「……お手入れとか大変だよね。自分でやってるの?」

雪美「出来るだけ……」

ほたる「偉いなぁ。私、お母さんに頼りきりだったっけ……あっ」

雪美「…………でも、ほたる……切った……」

ほたる「……そうだね。みんな、いろいろあるよね……」

雪美「……伸ばしたく、ない?」

ほたる「今はまだ、いいかな。この髪型も気に入ってるし、それに……」

雪美「……」

ほたる「やっぱり挟まれると危ないからね」

雪美「…………」

ほたる「雪美ちゃんも、突然のゴミ収集車に4km引きずられないように気をつけてね」

雪美「………………それはほたるだけだと思う……」

ほたる「えっ、ゴミ収集車が横通ると背筋がぞくっとするよね。……えっしない? もしかして私だけ……?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:36:49.30 ID:cL3fKQPzO

ほたる「いつまでも洗ってたい綺麗な髪だけど、おしまいっと。次は背中だね」

雪美「……まとめる……ちょっと待って」

ほたる「さすがに暖簾みたいに避けて洗うのは難しいからね……お願いします」

雪美「……いらっしゃいませー」

ほたる「ふふ。うーん、背中も綺麗だなぁ……」

雪美「……背骨なぞったりしない?背骨なぞったりしないよね?背骨絶対なぞったりしないでね?」

ほたる「急に饒舌に確認してきたけど何があったんだろう」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:37:21.00 ID:cL3fKQPzO

雪美「ハァァァァァァー……」

ほたる「背中洗う間ずっと息止めてたね……お疲れ様です……終わりましたよー……」

雪美「……次、ほたるの番……」

ほたる「洗ってくれるの? ありがとう」

雪美「ほい……」椅子ススー

ほたる「あ、シャワー貸して」

雪美「……?」

ほたる「しゃわ~……」※椅子を暖めている

雪美「………………」

ほたる「冷たいとびっくりしちゃうから……えへへ」

雪美「……意外に神経質……?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:37:54.48 ID:cL3fKQPzO

ほたる「わっ、頭くすぐったい。ふふ……」

雪美「わしゃわしゃわしゃー」

ほたる「んー……何だか安心できるって言うか……落ち着くって言うか……」

雪美「ふわふわ……もしゃもしゃ……すごい、さらさらするする……」

ほたる「お手入れは欠かしてないからね。えっへん」

雪美「……ウルトラセブン」

ほたる「張り合わなくても、雪美ちゃんも綺麗だから。すっごく綺麗だから」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:38:23.82 ID:cL3fKQPzO

雪美「………………」

ほたる「……ん? どうしたの、背中じっと見つめて?」

雪美「……色気ヤバい……」

ほたる「ヤバい、って……」

雪美「これが……色気……」

ほたる「あぅ……なんか変に照れちゃうな、そう言われると……」

雪美「……」むんず

ほたる「あふぅん!? い、いきなりおっぱい掴まないで。びっくりしちゃった」

雪美「………………77……ズルい…………」

ほたる「だ、大丈夫だよ。雪美ちゃんもきっと大きくなるよ」

雪美「………………絶対……雫三人分になる……」

ほたる「目指す世界が高過ぎるかな……」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:38:52.00 ID:cL3fKQPzO

カポーン

ほたる「はぁ~……ゆっくり湯船に浸かるって……いいよねぇ~……」

雪美「極楽、極楽……ふぅ~……」

ほたる「それにしても、何度見ても広いお風呂だよね……」

雪美「ん~……」ぶくぶくぶく

ほたる(……雪美ちゃん、髪の毛が湯船に広がって……たこさんみたい……)

ほたる「……」そっ

雪美「…………何で、頭にアヒル……乗せたの……」

ほたる「……なんとなく……」

雪美「そもそも、そのアヒル……どこから……」

ほたる「寮の備品なんだよ。可愛いよね」

雪美「……備品……」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:39:25.94 ID:cL3fKQPzO

ほたる「はぁ~いいお湯だったね……」ほかほか

雪美「ごっきゅごっきゅ……んぐっ。ほぉ~……イチゴ牛乳、美味しい……」

ほたる「ペロさーん、上がりましたよー」

ペロ「ニャァ」

雪美「じっと待ってた……偉い……」

ほたる「あっ雪美ちゃんちょっと待って、髪拭いて乾かさなくっちゃ……」

雪美「……ん」ちょこん

ほたる「はいわしわしわし~」

雪美「んー……」

ペロ「ギャア……ゴロゴロゴロ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/13(金) 01:39:55.40 ID:cL3fKQPzO

ゴォォォォカチッ

ほたる「はい、ドライヤーおしまい……あれ?」

雪美「くぅ……すぅ……」

ほたる「……ふふ、寝ちゃったか。ハードだったもんね、一日……」

雪美「……んむ」ゆさゆさ

ほたる「雪美ちゃん、もう少し頑張って。お部屋で寝よう?」

雪美「……………………ん…………」うとうと

ペロ「……ニャァ」ぺろり

おしまい





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿