TOP > ガールズ&パンツァー > 【ガルパン】優花里「同性愛をカミングアウトします!」

【ガルパン】優花里「同性愛をカミングアウトします!」

1: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:48:19.98 ID:AGqJyPpl0

沙織「ゆかりん、急に呼び出してどうしたの?」

華「言われた通りみほさんには声をかけませんでしたけど……。」

麻子「何か悩みでもあるのか?」

優花里「はい、実は皆さんに折り入ってお願いがあるんです……!」

沙織「水くさいなぁ、なんでも言ってよ!」

華「私たちにできることなら力になりますよ。」


2: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:48:53.38 ID:AGqJyPpl0

優花里「実は私……レズビアンなんです!」

沙織「え?」

華「レズビアンとは、その……。」

優花里「あ!その!大丈夫です!皆さんのことは好きですが、それは友達としてですから!私が好きなのは西住殿なんです!」


3: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:49:21.55 ID:AGqJyPpl0

華「まぁ、だからみほさんを呼んでなかったんですね。」

麻子「なんとなくわかってたけどな。」

沙織「なるほどなるほど、そうとわかれば私の出番ね!恋愛なら私に任せて!」

華「恋人、いたことないですよね?」


4: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:49:50.23 ID:AGqJyPpl0

沙織「それで私たちは何をすればいいの?」

優花里「やっぱりいきなり告白してもさっきみたいに引かれるだけなんで、西住殿が同性愛についてどう思ってるか調査してもらいたいんです!」

沙織「ご、ごめん。」

華「申し訳ございません。」


5: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:50:28.99 ID:AGqJyPpl0

優花里「いえいえ、当然だと思います。でも、皆さんならすぐ受け入れてくれるって信じてましたから!」

沙織「ゆかりん……。」

麻子「女だったら誰でもいいってわけじゃないんだから当たり前だろ。」

優花里「ありがとうございます!それよりも西住殿の調査、お願いしますね!」

華「任せてください!」

沙織「バッチリ調べてくるからね!ゆかりんはこの無線で会話を聞いてて!」


6: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:52:19.58 ID:AGqJyPpl0

~しばらくして~

沙織「みぽり~ん!」

みほ「あ、沙織さん。みんなも、探したよ~。」

華「申し訳ございません。少し用事がありまして。」


7: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:52:46.65 ID:AGqJyPpl0

沙織「そんなことよりさ、みぽりんは同性愛ってどう思う?」

みほ「え?急にどうしたの?」

麻子「沙織が少女マンガに影響されたようでな。すまんが少し話を聞いてやってくれ。」

みほ「そうなんだ。最近の少女マンガにはそういうのもあるんだね。」


8: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:53:27.89 ID:AGqJyPpl0

沙織「それで、みぽりんはどう思う?私は全然ありだなって思うんだけど!」

みほ「うーん、戦車道の選手には少なくないし、私も女の人に対して格好いいって思うこともあるから、抵抗はない、かな。」

華「戦車道ってそうなんですか?」


9: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:54:23.38 ID:AGqJyPpl0

みほ「戦車道に限るかはわからないけど、格好いい女性が多いから。お姉ちゃんとか蝶野さんはモテてたよ。……あと、エリカさんも。」

沙織「エリカさんってあの嫌味ばっか言う人だよね?モテるなんて意外~。」

みほ「エリカさんは凄いんだよ!私と違って運動も勉強も凄くできるし、クラスの友達も多いし、嫌味だって私が悪いだけで普段はそんなことないよ!」


10: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:54:58.66 ID:AGqJyPpl0

沙織「み、みぽりん?」

麻子「珍しいな、西住さんがそこまで語るなんて。」

華「みほさんはエリカさんのことが好きなんですね。」


11: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/18(水) 23:55:27.52 ID:AGqJyPpl0

みほ「へ!?いや、そういうんじゃ……確かに黒森峰にいたころは憧れてたけど……。」

沙織「なんだ、みぽりんもそっちの気があるんじゃん!」

みほ「そうなのかな……?でももう昔のことだよ。私が転校したとき、エリカさんには嫌われちゃったし、それからはそういうこともないから。」


12: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:05:10.54 ID:a3EJdix90

沙織「それならどこが好きだったのか教えてよ!ちゃんと整理しておけば次の恋に繋がるかもよ!」

みほ「うーん、周りの評価に流されないところとか?」

沙織「あー、そういうところありそう。」


13: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:06:02.46 ID:a3EJdix90

みほ「うん、同世代で私を西住の名前だけで判断しなかったのはエリカさんだけだったから。嬉しかったなぁ。」

華「その気持ち、わかります。私も五十鈴流家元の娘として育てられてきましたから……。私も沙織さんと初めて会ったとき、本当に嬉しかったんです。」

沙織「なんだか照れちゃうな。」

麻子「それで、他は?」


14: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:07:49.64 ID:a3EJdix90

みほ「自分の意見をハッキリ言うとこも格好よかったなぁ。エリカさんね、お姉ちゃんにも意見するんだよ!なかなかできることじゃないよ!」

沙織「へー、隊長の言うことは絶対みたいなイメージだったよ。」

みほ「基本的にお姉ちゃんは間違ったこと言わないからそう見えるかもね。」

華「ではどんなときに?」


15: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:09:24.63 ID:a3EJdix90

みほ「1番大きいのは私が副隊長に指名されたときかな。みんなの前で『西住だからって贔屓ですか?ちゃんと実力で選んでください!』って。」

沙織「うわ、私絶対そんなこと言えないよ~。」

華「肝が据わってますね。」

麻子「というか西住さんは実力で選ばれたんじゃないのか?」


16: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:12:31.67 ID:a3EJdix90

みほ「単純に車長としての実力は他の人、それこそエリカさんのほうがあったと思うよ。私はお姉ちゃんと連携が取れるから選ばれたみたい。」

沙織「それでどうなったの?」

みほ「お姉ちゃんと元々副隊長だった先輩が個別にちゃんと説明したみたい。その後正式に私が任命されたときに何もなかったから。」


17: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:13:41.27 ID:a3EJdix90

華「それにしてもみほさんより実力のある方がいるというのが意外でした。」

麻子「優勝校の隊長より上なんていないと思ってたな。」

みほ「隊長と車長は役割が違うから。それに私なんてまだまだだよ。西住流が基本戦術の黒森峰だったら優勝できなかったと思う。」

沙織「そっか、転校してこなければみぽりんは黒森峰の隊長になってたはずだもんね。」


18: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:14:39.35 ID:a3EJdix90

みほ「どうだろう。エリカさんが隊長で私が副隊長だったかも。エリカさんは西住流の考え方が合ってるみたいだから。」

麻子「伊達に副隊長やってないと言ったところか。」

みほ「そうだね。後はなんでもスマートにこなせちゃうとことか格好いいよね。」

沙織「うーん、スマートにこなそうとして失敗してるイメージしかできないけど……。」

麻子「短気だからな。」


19: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:15:21.97 ID:a3EJdix90

みほ「あはは、それはそうだね。でも普段は本当にスマートなんだよ。私がドジしてもフォローしてくれたし。」

沙織「みぽりんがドジしてエリカさんに怒られてる姿しか想像できないよ。」

みほ「うん、よく怒られたよ。でも怒ってくれる人なんて家族以外にいなかったから……。でもフォローは本当にしてくれてたよ。『仕方ないわね!』って。」

華「ツンデレというやつですね。」


20: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:22:48.58 ID:a3EJdix90

みほ「あの頃はいつもエリカさんが横にいてくれて、怒ってくれて、守ってくれて……。」

沙織「みぽりん、思い出しちゃった?ごめんね。」

華「ハンカチ、使ってください。」

みほ「ごめんね。ありがとう華さん。」


21: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:23:18.03 ID:a3EJdix90

沙織「……まだ好きなんだね。」

みほ「……うん。」

沙織「行ってきなよ。」

みほ「え?」


22: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:23:44.55 ID:a3EJdix90

沙織「好きなんでしょ?行って告白しなよ!」

みほ「え、えぇ!?そんなの無理だよ!私、エリカさんに嫌われてるし!」

沙織「そんなことないよ!」

麻子「前から言おうか迷ってたが、あの人普通に西住さんのこと好きだぞ。」


23: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:24:24.94 ID:a3EJdix90

みほ「え?いや、でもこの前会ったときも睨まれたし……。」

華「表面上はそうかもしれないですけど心の中ではみほさんのことを悪く思っていないはずですよ。」

みほ「でも、勇気でないよ。拒絶されたら、どうしていいかわからないよ。」


24: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:24:53.44 ID:a3EJdix90

沙織「どうして告白してもいないのにフラレたときのこと考えるの!?恋の作戦はいつだって突撃だよ!」

麻子「知波単みたいだな。」

華「怖い気持ちはわかりますけど、前に進んでみましょう?私たちがついてますから。」


25: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:26:04.28 ID:a3EJdix90

みほ「う、うん。でも今から黒森峰の学園艦に行くのは無理だし、また後日で……。」

優花里「西住殿!話は聞かせてもらいました!」

みほ「優花里さん!?」


26: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:26:58.38 ID:a3EJdix90

優花里「ヘリを用意してあります!近くに黒森峰もいるんですぐ行けますよ!」

沙織「ゆかりん……!みぽりん!行ってあげて!ゆかりんの頑張りをムダにしちゃダメだよ!」

華「私たちはそばにいれませんが、心はずっと一緒ですからね。」

麻子「頑張れ、西住さん。」

みほ「……うん!わかった!行ってくるね!」


27: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:29:00.27 ID:a3EJdix90

沙織「行っちゃったね。」

華「そうですね。」

沙織「……ゆかりんのこと、忘れてたね。」

華「……そうですね。」


28: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:29:33.87 ID:a3EJdix90

沙織「ごめんね!ごめんねゆかりん!」

華「本当に申し訳ございませんでした!」

麻子「西住さんの話につい盛り上がってしまって……本当にすまない。」

優花里「い、いえ!いいんですよ!もうフラレたようなもんでしたから!」


29: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:30:08.99 ID:a3EJdix90

沙織「でも、私たちが調子に乗らなければ……。」

優花里「本当に大丈夫ですから!逆に諦めがつきました!」

麻子「でもなんでヘリなんか用意したんだ?西住さんは諦めようとしてたのに。」


30: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:30:43.92 ID:a3EJdix90

優花里「好きな人のことを応援するなんて当たり前じゃないですか。西住殿が幸せならそれでいいんです。」

沙織「ゆ、ゆかりん……!」

華「優花里さん……!なんて見事な……!」

麻子「大した漢だ……!」

優花里「ちょ、なんで皆さん泣いてるんですか!」


31: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:31:24.51 ID:a3EJdix90

沙織「ゆかりん!私だったらいつでもお嫁にいくからね!」

華「私も優花里さんでしたら大歓迎です!」

麻子「私はいつまでも友達でいるぞ!」

優花里「あ、ありがとうございます?」


32: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:32:21.69 ID:a3EJdix90

優花里(あれから数日後、西住殿から『エリカさんと付き合うことになりました!』と報告をもらいました。)

優花里(失恋の悲しみがないと言えば嘘になりますが、今は西住殿の幸せそうで私も嬉しいです!)

優花里(私もその内素敵な人と……!その時は西住殿にもちゃんと報告しますからね!)


33: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:33:38.63 ID:a3EJdix90

ケイ「ハーイ!オッドボール!また会いに来ちゃったわ。」

エルヴィン「グデーリアン、今日も大いに語り合おうじゃないか!」

沙織「ゆかりん!」

華「優花里さん!」

優花里「この世界のどこかにいる私のパートナーを探しだしてみせますからね!西住殿!」


34: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/04/19(木) 00:39:51.04 ID:a3EJdix90

以上です。

当初はエリみほにするつもりなかったんですが気がついたらエリみほになっていました。
もう脳に刻み込まれてるレベルですわ。
ゆかりんにはひどいことしちゃったんで最後にハーレム化させておきました。
実際ケイとエルヴィンはゆかりんのことめっちゃ気に入ってそう。

次回はギャグに寄せようと思ってます。
では、ここまで読んでいただきありがとうございました。





『ガールズ&パンツァー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿